「セコムに転職しようか迷っている…」という方のための記事です。

結論からいうと、セコムの求人のメリット・デメリットは以下のとおりです。

セコムで働くメリット

・大企業だから安定している
・給与水準は業界で1番高い
・未経験でも年収400~500万円稼げる

セコムで働くデメリット

・拘束時間が長い
・夜勤がある
・ワークライフバランスがちょっと悪い

セコムが求人募集する中途採用の職種、求人の評判、年収・給料、面接対策、教育・研修、人事制度までをまとめたので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

セコムの求人って大丈夫?【評判・仕事内容をもとに調べてみた】

セコムが目指すのは、誰もが安心して暮らせる社会を創ること。

このビジョンを叶えるために、ビジネスの枠にとらわれず、さまざまな挑戦を続けている会社です。

「人の役に立ちたい」「世の中のためになる何か新しいものをつくりたい」と思っている人材が求められています。

セコムの中途採用の求人は、ビートエンジニア、常駐警備員、現金護送隊員。この3職種が大きく募集されていますので、それぞれ紹介していきます。

ビートエンジニアとは?

ビートエンジニアとは、契約先に設置された防犯センサーが異常を検知したときや、火災信号・救急信号を受信したときに、現地に駆けつけて、安全を確保する仕事です。

<やりがい>
・お客様と接する機会が多い
・感謝の言葉を直接もらえる
・誰かの役に立ってる感が味わえる

<大変なところ>
・臨機応変な対応が求められる
・指示通りの適切な処置をする能力が必要

ビートエンジニアは、セコムが提供するサービスの最前線で、セキュリティのプロとして活躍する職種です。

常駐警備員とは?

常駐警備員とは、施設内の立哨・巡回・出入管理・緊急対処・設備監視など、建物内外の安全管理をする仕事です。

<仕事内容>
・施設内で、人・車・物の出入りを管理
・施設内の点検・安全確認
・施設内の異常発生時の状況確認と正常化
・施設の防犯センター内での監視・異常発生時の対応

常駐警備員は、お客様が安全・安心・快適・便利に施設内で過ごせるように、契約先の業務内容を把握して、セキュリティ体制のコンサルティングも行います。

セコムの原点に位置するプロフェッショナルです。

現金護送隊員とは?

現金護送隊員とは、二人一組で、現金や有価証券などの貴重品の護送、ATMへの現金補填などを行なう仕事です。

<仕事内容>
・契約先への現金・有価証券の護送、回収
・ATMへの現金の補充や障害対処
・機器内部のランプ・シールの識別
・警報音・物音を聞き分け的確に対処
※制服・ヘルメット・ベストの装着義務あり

現金護送隊員は、現金護送のスペシャリストだ。他を寄せ付けない威厳さと、お客様への丁寧な対応が求められます。

セコムが求める人物像とは?

セコムが求める人物像は「誰かの役に立つことを喜びと感じ、挑戦意欲の高い人」です。

セコムの理念「社業を通じて社会に貢献する」に共感できるかもポイントになります。

<セコムに向いている人>
・真面目で素直な人
・誠実で信用できそうな人
・社会の役に立ちたいと考えている人

<セコムに向いていない人>
・見た目が軽そうな人
・だらしなさそうな印象を持たれる人
・夜勤ができない人

<応募条件>
・高校卒業以上
・18歳~34歳位まで
・普通自動車運転免許(AT限定可)

応募条件のハードルは低めに設定されています。

人柄を重視して採用しているため、真面目さや誠実さをアピールできれば、フリーターやニートなどの社会人未経験の人でも、入社のチャンスは十分にあります。

特にやりたいことがなく、漠然と「正社員になりたい」と考えているフリーターにはおすすめです。

セコムの人事制度

セコムは人事制度が充実しています。

・職務に対する取り組み姿勢・業績・成果等の評価(年2回)
6ヶ月ごとに、本人が申告した担当内容・成果・反省点を踏まえて、取り組み姿勢・業績・成果等を上司が評価。

・保有能力の評価(年1回)
資格級審査の前に、知識技能の吸収力、コミュニケーション能力、実績、応用力などの保有能力を評価。

・賞与審査(年2回)
半期の努力と業績に基づいて、7段階の評価を決定し、賞与支給に反映。

・資格級審査(年1回)
上位資格級に期待される能力が発揮できるかを総合的に判断して、資格級を決定。セコムには、独自の資格級体系があり、会社が社員に期待する役割に応じて6階級に区分されます。

・自己申告制度(年1回)
社員は、評価とは別に、会社に対して「担当業務についての所感」「今後希望する職務・時期・理由」をアピールできます。

・チャレンジサポート制度
ほかの職種に挑戦したい社員の希望を支援する制度。いつでも申請できます。

セコムは教育・研修制度が充実

セコムは、社員の個性と能力を伸ばすために、教育・研修制度が充実しています。

若手社員、中堅社員、幹部社員のそれぞれに合わせたカリキュラムが用意されています。

<研修例>
・新入社員入社時研修
・フォローアップ研修
・基礎研修
・各種Eラーニング
・社外セミナー
・中堅研修
・選抜研修
・幹部研修
・通信教育助成制度
・海外留学制度

セコムに入社すると、まず「新入社員入社時研修」からスタートします。

研修期間は1週間で、研修施設のセコムHDセンター(御殿場・名張・阿蘇・多摩)で行われます。

セコムの基本理念、セコム社員としての心構え、警備業法で定められた教育、基本動作や救急法、各業務に必要な知識や技能などを学びます。

その後、現場に合流し、OJTで上司や先輩社員と日常業務を行ない、基本的なことを覚えていきます。

セコム求人の評判・口コミ

セコム社員の評判では、openworkで2.9点、会社の評判で67点がついています。

会社の評判は誰でも口コミが投稿できるため、openworkのデータをもとに分析します。

評価スコアでは、法令順守意識が4.4点、人材の長期育成が2.4点です。

正社員の年収幅は250万円~870万円、平均年収は481万円、年収の中央値は400万円程度。

口コミを見ていると、年収や給料に対する満足度は高い印象です。中途入社でも、賞与100万円以上で、年収600万円~750万円を稼ぐ人もいます。

入社1年目でも年収400万円稼いでいる人もいます。

入社3年なら400~500万円、入社5年なら500~600万円を稼ぐチャンスがあります。

ただし、基本給が13万円~15万円と低く、退職金がないのをデメリットと感じる人もいます。

入社理由の多くは、大企業だから、安定している、信頼がある、給与水準が業界で1番高い、など。

退職理由は、拘束時間が長い、残業代で稼ぐ、基本給が低い、年間休日が少ない、ワークライフバランスが悪い、など。

<セコムの仕事に向いている人>
・大手企業で安定的に働きたい
・20代30代のうちに年収400万円以上稼ぎたい
・真面目にコツコツと努力できる
・稼げるなら仕事を頑張れる

セコムの面接対策とは?

セコムの選考プロセスは「書類選考→1次選考(説明会・適性検査・面接)→最終面接(面接)」です。

内定までの所要期間は、2週間~1ヶ月。

一次面接は管理部門、二次面接は本部長が担当します。

セコムは、24時間・365日稼働する業界なので、面接では「体力に自信があるか」「24時まで飲酒禁止だが大丈夫か」「夜勤には耐えられるか」などの質問が多い。

「夜勤の経験がある」「スポーツ経験がある」などの根拠をもとに、耐えられることをアピールするのが内定獲得のポイントです。

「質問に受け答えするスタイルの面接だった」という口コミが多く、セコムの理念への共感も合せて回答すると受かりやすい。

面接を受ける前に「セコムグループ2030年ビジョン」を理解しておくことは必須です。

セコムグループ2030年ビジョンは「あんしんプラットフォーム構想の実現により、変わりゆく社会に、変わらぬ安心を」。

<面接で想定されるの質問例>
・なぜ、警備に興味を持ったか?
・なぜ、セコムに応募したか?
・前職の退職理由は?
・転職理由は?
・企業選びの軸は?
・セコムに入社後、達成したいことは何か?
・困難な状況で打ち勝った経験はあるか?その方法は?
・運転は大丈夫か?
・履歴書に嘘はないか?
・自分を感じ一文字で表すと何か?
・自分を色で表すと何色か?
・学生時代に何をしていたのか?
・大学で部活動は?

質問に対する答えを準備しておけば、内定獲得のチャンスは十分にあります。

セコム株式会社とは?

セコムは、1962年に日本初の警備会社として創業されました。

1964年、東京オリンピックの選手村の警備をきっかけに認知度を高め、セコムをモデルにした、テレビドラマ「ザ・ガードマン」の大ヒットも追い風となり、警備需要が拡大。

開発したサービスには、法人向けのオンラインセキュリティ、ホームセキュリティ、位置情報提供サービス、ドローンや飛行船を活用したセキュリティなどがあります。

これまでに、セキュリティ事業、防災事業、メディカル事業、保険事業、地理空間情報サービス事業、BPO・ICT事業、国際事業、不動産事業などの事業を展開。

現在、世界18か国まで広がっています。

今後は、AI、ビッグデータ、IoTなどお最新技術を駆使して、サービスの付加価値を高めようとしています。

セコム会長の中山泰男氏は、セコムを「まだ見ぬ安心を追い求めるイノベーション企業」と語る。

セコムの理念「社業を通じて社会に貢献する」と、一人ひとりの想い「よりよい世の中にしたい」が事業の原動力です。

中山泰男氏は「今後も社会の課題解決に向けた、新たな価値を創造するイノーベーティブな企業であり続けます」とコメントしています。

セコム株式会社の基本情報

社名:セコム株式会社

本社所在地:東京都渋谷区神宮前1丁目5番1号

事業所:47都道府県にあり

資本金:664億円(2019年9月末現在)

売上高:3,941億円(2019年3月期)

代表取締役会長: 中山泰男

代表取締役社長:尾関一郎

まとめ

最後に、セコムの求人のメリット・デメリットをまとめておきます。

セコムで働くメリット

・大企業だから安定している
・給与水準は業界で1番高い
・未経験でも年収400~500万円稼げる

セコムで働くデメリット

・拘束時間が長い
・夜勤がある
・ワークライフバランスがちょっと悪い

メリットとデメリットを比べて、メリットの方が大きいと感じれば、セコムの求人にチャレンジするのはアリですね。

「特にやりたいことはないけど、正社員に挑戦したい」というフリーターやニートの方には、おすすめの求人だと思います。

✔20代向けの転職エージェント【とりあえず登録すべき】※全て無料
マイナビジョブ20's

※圧倒的な知名度。全求人が20代向け。年間20,000人以上の登録者数。無料適性診断テストあり。

【公式】第二新卒エージェントneo

※未経験OK求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退・専門卒の20代向け。10時間以上の手厚いフォロー。

【ウズキャリ既卒】

※ブラック企業は徹底排除。フリーター・ニート・既卒の20代向け。内定率86%&入社後の定着率93%。

ハタラクティブ

※18〜29歳のフリーターや第二新卒に特化。完全に未経験から正社員に就職できる求人がメイン。最短2週間で内定獲得。

スポンサーリンク