こんにちは、ドフラです。

「サーバーエンジニアってどんな仕事なんだろう?」

「サーバーエンジニアに将来性ってあるの?」

このような疑問をお持ちの方に向けて、サーバーエンジニアの将来性、資格、年収、仕事内容、向いている人などをまとめましたので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

サーバーエンジニアの将来性【資格・年収・仕事内容・向いている人】

サーバーエンジニアに将来性はあるのか?

結論から言うと、サーバーエンジニアは、将来性のある仕事です。

その理由は、近年、ネットワークのクラウド化が進んでおり、自社にサーバーを置かない企業が増えてきています。

さらに、ビッグデータが注目されるようになり、膨大な量のデータがビジネスに利用されるようになってきています。

そのため、多くの企業が、サーバーの効率化を図るためだけではなく、セキュリティ対策も見据えた強いサーバー構築の需要が高まってきています。

これらの点から、今後もサーバーエンジニアの需要は高まってくるのではないか、といわれています。

最近では、未経験の無資格からでもチャレンジできる求人も増えてきているので、手に職をつけたいという方には、サーバーエンジニアはおすすめの職種です。

サーバーエンジニアの仕事はサーバー構築とサーバー運用・保守

サーバーエンジニアの仕事は、大きく分けると2つあります。

1つはコンピューターシステムを運用する「サーバー機器の構築作業」、もう1つはサーバーの運用・保守作業になります。

サーバーとは、ネットワーク上において、他のパソコンにさまざまな機能やサービスを提供するコンピューターのことを指します。

このサーバーを構築・運用するのが、サーバーエンジニアなのです。

サーバー構築作業とは?

サーバーの構築作業では、サーバーを使用するためにサーバー構成の設計を行ないます。

ネットワーク回線の通信速度や利用電源容量、コストバランスなどが適当かどうかなどを、プログラマーと相談しながら設定して、運用しやすい構成を考えます。

運用に必要なサーバーのスペックや処理能力、必要台数などを検討します。

サーバーの種類には、Webサーバー、ファイルサーバー、メールサーバーなどがありますので、コストはもちろん、設置場所の通信速度や施設の電源容量など、さまざまな要素を考慮する必要があります。

さらに、ランキング(サーバーラックにサーバー機を挿入して固定すること)や配線などの物理作業も、サーバーエンジニアの構築作業になります。

OSやサーバーアプリケーションのインストール・設定なども重要な仕事です。サーバーにはさまざまな種類があるので、サーバーに合わせたアプリケーションを選択し設定していきます。

サーバーの運用・保守作業とは?

サーバーエンジニアに求められるのは、障害を未然に防ぎ、サーバーの状態を良好に保つことで、コンピューターシステムを陰ながら支えるという、大きな役割を担っています。

サーバーの運用・保守作業とは、サーバーを実際に運用しながら、その時々の状況に応じて変更を加え、管理していく業務です。

保守業務は、サーバーの監視、セキュリティチェック、バックアップなど多岐にわたります。

アプリケーションのバージョンアップに伴う設定や負荷対策のためのチューニング、万が一のときのためのバックアップやウイルス対策が主な業務になります。

サーバーに何か障害が起きてしまった場合には、障害の原因を探り、問題なく運用できるよう復旧作業を行います。

また、サーバーが攻撃されていないかの確認や日々のメンテナンス業務も重要な作業の一つです。

サーバーエンジニアに必要な能力とは?

担当するサーバーの種類によって、サーバーエンジニアに求められる知識やスキルは異なります。

サービスエンジニア将来性

サーバーの種類には、以下のようなものがあります。

  • データベースサーバー
  • Webサーバー
  • アプリケーションサーバー
  • ファイルサーバー
  • クラウドサーバー

すべてのサーバーに共通して必要なのが、OS・ネットワーク・セキュリティの知識です。

OSの知識でいうと、「Windows Server」「Mac OS」「Linux」「UNIX」などの、OSに関する深い知識が必要になります。

しかも、どれかひとつの知識ではなく、どのOSに対しても広く知識を習得していることが求められます。

アプリケーションサーバーの場合は、これに加えて、アプリケーション開発の知識も必要になります。

サーバーエンジニアにはセキュリティスキルもあったほうがいい

サーバーエンジニアには、セキュリティスキルもあったほうがいいです。

サーバーエンジニアの仕事には、ネットワークの保守管理という役割があるので、そのセキュリティ対策に関する知識は、当然持っておいたほうがいいのです。

ハッキングやウイルスなどの脅威が、ITの進化とともに増えているので、それらの脅威からサーバーを守ることが必要です。

さらに、万が一、被害が出た時には、それを最小限に抑えるスキルを身に付けておくのが望ましいとされています。

サーバーエンジニアに関する資格は?

未経験からサーバーエンジニアを目指すなら、基本情報技術者試験やITパスポートを保有していると就職に有利になることがあります。

また、参考書を買って勉強中、プロゲートで勉強中、などのエンジニアになることへの意欲をアピールするのも効果的です。

サービスエンジニア将来性

年収を上げていく場合は、経験年数を積んでいくことや、サーバーエンジニアをしながらネットワークエンジニアの業務を並行して行ったり、自学自習でできることを増やしたりすることが重要です。

ネットワークエンジニアとは、ネットワークインフラの設計・構築や保守管理をメインに作業する職種です。CCNAやCCNPなどの専門の資格を取得しておくと、スキルの証明になり、年収アップする可能性は高くなります。

サーバーエンジニアの資格には国家資格がなく、ベンダー資格(製品に関する知識や技術が一定水準以上であることを認定する民間資格)が多いです。

代表的な資格は以下のとおりです。

MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル):マイクロソフト社の製品についての認定資格。世界中で実施されており、情報システム関連のエンジニア向けの資格。

LPIC(Linux技術者認定資格):MCP同様、世界的に通用するLinux技術者の認定資格。

CCNA(Cisco Certified Network Associate):シスコ社の製品を扱う認定資格。ネットワークの導入や運営、トラブルシューティングの知識を証明できる。知名度も高いので転職の際に有利になる。

CCNP(Cisco Certified Network Professional)CCNAのワンランク上の資格。取得者は、ネットワークエンジニア、サポートエンジニア、システムエンジニア、ネットワーク技術者などのスキルを証明できる。

サーバーエンジニアのキャリアプラン

サーバーエンジニアの仕事は、基本的にチームを組んでサーバーの構築を行ないます。

経験が浅いうちは、上司のサポートを受けながら、与えられた業務を担当していきます。

経験を積んでいった後に、顧客からの要望をもとに仕様を決定して、上流工程と呼ばれる設計をする工程に、携わることができます。

ゆくゆくは、部門別のリーダーやチームリーダーというポジションに昇格していくことになります。

サーバーエンジニアのキャリアプランとしては、以下の3つのパターンがあります。

サーバーエンジニアとして専門分野を極めてスペシャリストを目指す
管理職としてチームリーダーを目指す
チームリーダーとして活躍した後、ITコンサルタントを目指す

どのキャリアプランを選ぶにしても、サーバー関連のスキルや資格だけではなく、IT関連の様々な知識や資格を取得しておくことが有利にはたらきます。

つまり、サーバーエンジニアは勉強し続けていくことで、年収もポジションも高くなるということになります。

サーバーエンジニアの平均年収は?

マイナビAGENTの調査結果によると、20代のサーバーエンジニアの平均年収は418万円です。

ちなみに、20代の男性だと平均年収411万円で、20代の女性だと平均年収438万円となっています。

サービスエンジニア将来性

30代のサーバーエンジニアの平均年収は501万円で、30代男性の平均年収が503万円、30代女性が491万円となっています。

  • 20代のサーバーエンジニア:平均年収418万円
  • 30代のサーバーエンジニア:平均年収501万円

経験やスキル、契約形態によって金額は変わりますが、平均年収でいうとこのくらいです。

サーバーエンジニアに向いている人

サーバーエンジニアに向いている人は、メカニックが好きな人やトラブル解消が得意な人です。

さまざまなメーカーの膨大な量の危機と接して、それらに関する知識を自分に取り入れて、サーバーにかかる負荷を予測したり、必要なメモリーを割り当てたり、CPUの稼働率に気を配ったりして、全体を見ていき、必要なサーバーの同時接続数を見極めて、コストを最小限に抑える、という業務になるので、メカニックが好きな人には向いている仕事だといえます。

また、サーバーエンジニアの仕事にはトラブルが付き物なので、トラブル解消が得意な人や、トラブルを解消することに達成感を感じられる人にも向いています。

未経験からでもサーバーエンジニアに転職できる

インターネット社会では、サーバーエンジニアの需要は高く、今後も多くの企業から必要とされる職種です。

需要が多い状況なので、特別なスキルや経験がない人でも、少しずつ案件をこなしていくことで知識が深まり、スキルアップしていくことが可能です。

また、経験者を求める企業が多いですが、未経験からでもチャレンジできる求人も増えてきています。

入社後に1ヶ月~2ヶ月の研修を受講できて、IT分野の基礎から学べる環境を整えている会社も増えてきています。

まとめ

今回のまとめです。

  • サーバーエンジニアは将来性のある仕事
  • サーバー構築とサーバー運用・保守がメインの仕事
  • OS・ネットワーク・セキュリティの知識が必要
  • MCP、LPIC、CCNA、CCNPなどの資格がある
  • スペシャリスト、リーダー、ITコンサルタントというキャリアプランがある
  • 20代の平均年収は418万円
  • 30代の平均年収は501万円
  • メカニック好きやトラブル解決が得意な人に向いている
  • 未経験からでもサーバーエンジニアにチャレンジできる

サーバーエンジニアに興味のある方は、ぜひ今回の内容を参考にして、転職先の候補にサーバーエンジニアを入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク