転職活動をしている方は、それぞれに悩みを抱えていることだろうと思います。

皆さんが抱えている転職活動の悩みを解決する方法として、「自分の市場価値を高めることを、転職の判断軸にする」、のがオススメです。

転職活動で悩むのは、転職をするかどうかの基準や、転職先を選ぶ基準が、曖昧だからです。この判断軸がしっかり決まっていれば、転職活動の悩みはなくなります。今回は、この部分について、話していきたいと思います。

転職活動の悩みは自分の市場価値を判断軸にすれば解決する

転職活動をすると決意したら、その次にやることは、転職先を選ぶことです。

ここで大切なことは、「転職先の選び方」を間違えないことです。

なぜなら、もし、転職する前と同じような会社に入ってしまったら、またすぐに辞めたくなってしまうからです。

正しく転職先を選ぶためには、まず、自分自身について、理解するところから始めなければいけません。いわゆる、自己分析ですね。

自分が、いまの会社を辞めようと決意した理由を、思いつくかぎり、すべて書き出してみてください。

給料が安い、残業が多い、成長できない、業界の将来が不安、人間関係に不満がある、仕事が単調でつまらない、など、いろいろな理由が出てきたと思います。これらは、あなたが転職先を選ぶときの一つの基準になります。

あなたが会社を辞めようと思った理由と、同じような特徴が想定される会社は、選択肢から除外しなければいけません。

なぜなら、せっかく転職活動をしても、同じような特徴がある会社だと、また同じことが繰り返されて、あなたは、また会社を辞めたくなるからです。

また、これと同じような要領で、いまの会社の気に入っているところを、思いつくかぎり、書き出してみてください。

おそらく、会社の好きなところよりも、会社の嫌いなところの方が多いはずです。

あなたが会社を辞めると決めたのは、会社の嫌いなところと、好きなところを比較した結果、嫌いなところが、好きなところよりも多かったからです。

つまり、次の職場を選ぶときには、想定されるデメリットの項目とメリットの項目を、それぞれ比較して、「このメリットが得られるなら、これくらいのデメリットは耐えらえる」という、自分の許容範囲かどうかを確認する作業が、とても大切だということです。

求人票を見ているだけでは、その求人の本質は、なかなか理解できないので、実際に、書き出して、比較することが、とても大切です。

転職後に、後悔しないように、転職先を決定する前には、必ずこの作業をやるようにしてください。

スポンサーリンク

転職活動の判断軸を自分の市場価値が上がるかどうかにする

いまは、人生100年時代といわれており、これからは100歳まで働き続ける人が、どんどん増えていきます。

年金が受給される年齢もどんどん上がっていき、20代〜30代の人たちは、年金をもらえるかどうかも疑わしくなってきました。

だから、これからの時代は、自分の市場価値を上げられるかどうかが、とても大切です。

終身雇用は終わってしまい、新卒で大手企業に入社すれば、一生安泰という時代は過ぎ去りました。

会社に入った後も、学び続けて、スキルアップし続けなければ、自分の市場価値は、どんどん下がってしまい、当然支払われる給料も、どんどん少なくなっていきます。

年功序列も通用しません。海外では、20代〜30代の若手と呼ばれる人たちが、自分のアイデアを武器に、新しいサービスを次から次へとリリースしています。

アメリカのシリコンバレーや中国の深センには、国家級の巨大企業が集まっており、世界経済を動かしています。

社歴や年齢を重ねているというだけでは、何の価値もないということです。

日本人は、いまだに、就職活動をするときに、大手企業に入ることが、一番優れた選択だと思っています。

しかし、企業の中で、歯車の一つとして働いているだけでは、個人には何の価値もつきません。スキルも経験もない個人のままでは、会社から不要とされて、解雇の通知を受けたときに、何の交渉もできない状態になってしまうのです。

個人としてのスキルや経験が十分にあれば、市場価値が高くなるので、会社に年収を上げてもらうような交渉もできるし、今よりも高待遇の条件を求めて、他の会社に転職することもできるのです。

転職先を選ぶポイントは先行者利益が得られる業界かどうか

転職活動において、目先の給料や条件だけを判断軸にするのは危険です。

自分の将来をもっと長い目でみて、自分の市場価値を高めるための設計しなければいけません。

たとえ、今よりも給料が下がったり、今よりもハードワークになったりしても、これから伸びる業界でスキルや経験を積めるなら、将来的には一番、費用対効果の高い投資になります。

AI、自動運転、ブロックチェーン、VR、バイオテクノロジーなどこれから伸びそうな産業はいろいろあります。

転職先を選ぶポイントは、その業界が、すでにレッドオーシャンになっていると、先行者利益は得られないので、その業界がブルーオーシャンかどうかは、めちゃくちゃ重要です。

転職活動を決意したのなら、自分の将来設計をしっかり立てて、自分の市場価値を高められる会社を選んでください。

自分の市場価値が上げられないのなら、その転職は失敗に終わってしまいます。

まとめ

今回のまとめです。

  • 転職活動の悩みは、自分の市場価値を判断軸にすれば解決する
  • 会社の好きなところと嫌いなところを比較する
  • 自分の市場価値を上げることができる転職先を選ぶべき
  • ブルーオーシャンになっている業界に転職するのがいい

今回は、転職活動の悩みは、自分の市場価値を判断軸にすれば解決する、という話をしました。転職活動をしていると、何を基準に転職先を選ぶべきか、迷ってしまい、なかなか前に進めなかったり、転職しても失敗してしまったりすることがあります。

そんな時に、自分の市場価値を高める、という転職の判断軸があると、迷わずに転職先を選ぶことができます。これから転職活動をされるという方は、自分の市場価値を高めるという判断軸を持って、転職活動をしていってくださいね。

このサイトには、自分を高めるための思考法をまとめてあります。このサイトの中で、人生100年時代を生きていくための、ヒントを見つけてもらえればと思い、サイトを運営しております。これからも引き続き、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
関連キーワード
おすすめの記事