30代フリーターどうする

「30代フリーターから人生やり直したい…」
「30代から社会人デビューしたい‥」
「そろそろ正社員として働きたい…」

このような悩みを抱える方に向けて、この記事を書いています。

なんとなく会社員になりたくなくて、とりあえずフリーターを続けていたら、あっという間に30代になっていた…という方は意外と多いです。

20代のときはフリーターでもやっていけますが、30代になると世間の目が気になってきますよね…。

「いつになったら働くんだ!」と親から言われたり、「まだフリーターやってるの?」と友達から言われたりして、結構つらいですよね。

「そんなこと言われなくてもわかってるよ!」というのが、あなたの本音だと思います。

では、30代フリーターが就職するためには、どうすればいいのか?

ぶっちゃけてしまうと、社会人未経験の30代でもサポートしてくれる『就職エージェント』を利用するしかないです。

なぜなら30代までフリーターを続けてきた方が、自分ひとりで就職活動しても失敗するリスクが高いからです。

ただし、世の中にある大半の就職エージェントは『20代向け』なので、30代フリーターの方は就職エージェントを慎重に選ぶ必要があります。

とはいえ、『どうやって30代フリーター向けの就職エージェントを探せばいいの?』って感じですよね。

結論をいうと、30代フリーターが利用するべき就職エージェントは『JAIC(ジェイック)』の一択かと。

ほとんどの就職エージェントが『29歳まで』を対象としている中で、JAICは『39歳まで』を対象として就職サポートをしており、さらに『30代向けの就職講座』を用意しているほどの手厚さです。

ですから、30代フリーターから正社員に就職したいと思っている方は、とりあえずJAICに登録しておくべきですね。すべて無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロです。
JAIC

ドフラ
こんにちは。フリーターからIT業界に転職した、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代30代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

この記事では、「30代フリーターがやばい理由」から「30代フリーターが就職するための方法」までを解説します。

この記事を読めば、30代フリーターから人生やり直す方法がわかるので、将来に希望が持てるようになります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、JAICに登録するほうが早いかもです。
JAIC

30代フリーターどうする!?就職に失敗しない方法は1つだけです

30代フリーターどうする

「30代でフリーターはやばいかも…」

わかってはいるけど、なかなか行動に移せない、というのが本音ですよね。

学校を卒業して、そのままフリーターになった人。

一度は正社員に就職したものの、正社員についていけず、すぐに辞めてしまって、そのままフリーターになった人。

30代でフリーターを続けている人には、それぞれ理由があると思います。

でもぶっちゃけ話をすると、やはり30代でフリーターのままだと将来やばいです…。

その理由は、年齢が高くなるほど、未経験からチャレンジできる仕事が少なくなっていくからです。

未経験者を採用する企業からすると、「イチから育てるなら若い人材の方がいい」と考えるのは当たり前です。

ドフラ
なぜなら30代より20代の方が、定年まで働ける年数が長いですからね。

このように30代フリーターが、転職市場で不利なことには変わりませんが、まだ諦めてはいけません。

30代フリーターの就職が厳しい理由を理解した上で、就職で失敗しないコツを実践すれば、人生をやり直すことはできます。

僕自身がフリーターから人生をやり直していますし、世の中には30代フリーターから社会人デビューした人はたくさんいます。

ここからは、転職市場における、30代フリーターの現実をみていきましょう。

30代フリーターは書類選考でほぼ落選する!

30代フリーターどうする

30代フリーターが転職市場で不利になる理由は、書類選考でほぼ落選するからです。

実際に書類を応募してみればわかりますが、ほぼ通過しません。

これはなぜか?

「30代」という年齢と「正社員経験なし」という経歴が原因です。

とはいえ、世の中には、たくさんの求人がありますよね。ハローワークにも、転職サイトにも、求人誌にも、多くの求人が出ています。

なぜ、これだけ多くの求人があるのに、30代フリーターの書類が通らないのか?

その理由は、世の中の未経験OK求人のほとんどが、「20代を対象」にしているからです。

ドフラ
もちろん法律によって規制されているため、「20代限定の求人」という情報は公開されていません。

しかし多くの企業が、社内の選考基準として「30歳以上は採用しない」という基準を設定しているのが現実です。

ですから、ハローワークや転職サイトから求人を選ぶと、20代しか受からない企業に応募する確率が高くなり、結果的にほぼ書類で落選することになります。

「じゃあ。30代フリーターはどうすればいいんだよ!」

こうなりますよね。

結論をいうと、自分ひとりで就職活動せずに、就職のプロを頼るべきです。

就職を成功させるためには、自己分析やビジネスマナー、企業研究や面接対策など、やることが結構あります。

ぶっちゃけ、30代まで社会人経験のない人が、これを自分ひとりでやるのは無理があります。

だから30代フリーターは、就職のプロに助けてもらうべきなのです。

フリーターから就職で失敗したくない方は、30代でも利用できる就職エージェント『JAIC(ジェイック)』を利用するのがおすすめですよ。
JAIC

30代フリーターが就職で失敗しないコツとは?

30代フリーターどうする

30代フリーターが就職で失敗しないためには、どうすればいいのか?

まずは自己分析をして、自分の強みをまとめていきましょう。

  • 昔から得意なことは何か?
  • 喜びを感じる瞬間はどんなときか?
  • アルバイト先で褒められたことは何か?
  • 何時間やっていても飽きないことは何か?

このような感じで、自分のことを客観的に分析していきます。

自分の強みは、面接でアピールする大切な武器になるので、じっくり時間をかけて、できるだけ多くピックアップしておくのがおすすめです。

また面接を受ける上では、最低限のビジネスマナーを身に付けておくことも必要です。

挨拶、言葉づかい、身だしなみ、好印象を与える態度など、内定をもらうためには、相手に対する思いやりをベースとした「コミュニケーション」を取れることが重要です。

そして、就職する上で大切なのが「働く目的」を決めることです。

  • 何のために働くのか?
  • 将来どうなりたいのか?
  • なぜ正社員になりたいのか?
  • 10年後の理想の自分の姿は?

これらの質問に対して、自分なりの答えを出しておくと、面接でイレギュラーな質問をされたときも、臨機応変に対応することができます。

就職の軸がしっかりしている人は、「一貫性がある」という好印象の評価を受けやすいですよ。

ドフラ
自己分析や適職診断ができる無料アプリを以下の記事で紹介していますので、よろしければどうぞ。

30代フリーターは就職エージェントを利用しないと失敗する!

30代フリーターどうする

ここまで解説してきたように、30代フリーターが就職を失敗しないためには、さまざまな要素が必要になります。

  • 自己分析で自分の強みを把握する
  • ビジネスマナーを身に付けておく
  • 働く目的を明確にする
  • 業界研究や企業研究をしておく
  • 落選しにくい応募書類をつくる
  • 採用されやすい求人を選ぶ
  • 企業ごとに面接対策をする

上記のとおり…。

ぶっちゃけ、あなたはこれを見て、どう思いますか?

「こんなの無理だ…。正社員はもうあきらめよう…」と思った方もいるはずです。

かつてフリーターだった僕も、書類選考や面接で落選しまくって、完全に自信を失ってしまったので、あなたの気持ちはよくわかります。

ドフラ
そんなときは「自分ひとりで解決しようと思わないことが」大事です。

「餅は餅屋」という言葉があるように、世の中にはその道のプロといわれる人たちがいて、30代フリーターを就職させるのが得意な人たちがいます。

それが、「就職エージェント」です。

ただし、世の中には多くの就職エージェントがあり、その特徴はさまざまです。ハイクラス求人が得意なエージェント、看護師に特化したエージェント、20代専門のエージェントなど…。

この中で、あなたが利用すべきなのは、30代フリーターの就職に強い『就職エージェント』です。

そして、僕がおすすめする就職エージェントは『JAIC(ジェイック)』の一択です。

JAICをおすすめする理由は、次のとおり。

  • 39歳までを対象に就職サポートしている
  • 30代向けの就職講座を無料で受けれる
  • 高卒・大学中退・フリーターの就職に強い
  • 書類選考なしで優良企業と面接できる
  • 企業研究や面接対策までフォローしてくれる

『29歳まで』を対象にする転職エージェントがほとんどの中で、『39歳までを対象&30代向けの就職講座』というのは神レベルの対応だと思いますね。

30代フリーターから就職で失敗したくない方は、就職エージェントの『JAIC』を利用するのがおすすめですよ。
JAIC