年収500万 職業

「年収500万円稼げるようになりたい…」
「底辺の生活から抜け出したい…」
「転職して人生をやり直したい…」

このような方に向けて記事を書いています。

もっと稼げるようになりたいと思いながらも、自分の学歴や職歴に自信がなくて、仕方なく低収入の仕事を続けている、という方も多いです。

しかし20代後半になってくると、さすがに年収300万未満のままだと、その後の人生が不安になりますよね…。

では、自分の経歴に自信のない方が、年収を上げるにはどうすればいいのでしょうか?

結論からいうと、底辺の状態から年収500万円稼ぎたいなら、IT系ベンチャー企業の営業職に転職するのが1番早いです。

その理由は、未経験からでもチャレンジできて、自分のやる気次第で給料を稼げるからです。

ベンチャー企業は仕組みが整っていない分、広範囲の業務経験を積める点も、自分の成長に大きくつながります。

ドフラ
こんにちは。元底辺労働者のドフラです。

記事を書いている僕は、26歳まで年収200万円の倉庫作業員でした。その後、IT系ベンチャー企業の営業職に転職して年収500万円になり、人生をやり直すことができました。現在は20代向けにキャリアアドバイザーをやっています。

この記事では、僕の経験をもとに「年収500万稼げる職業」から「底辺から転職して人生やり直す方法」までを解説しています。

この記事を読めば、いま年収300万円未満の人が、どうすれば年収500万円稼げるようになるかがわかります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

年収500万の職業をこっそり教えます【元倉庫作業員の僕の体験談】

年収500万 職業

この記事は、現在の年収が「300万円未満の人」に読んでもらえると、かなり役に立つと思います。

なぜなら記事を書いている僕自身が、年収300万円未満から年収500万円になった経験があるからです。

ちなみに、実際は「年収200万円」でしたけどね…。

僕は26歳まで、倉庫作業員のアルバイトとして働いていましたので、かなりショボい職歴でした。

実家暮らしだったので、なんとか生活できていましたが、「このままだと人生ヤバいよな…」と常に不安を抱えていました。

年収が低いと、欲しいものが買えない、金銭的な理由で友人とも遊べない、彼女もできない、実家でもちょっと気まずい、自己肯定感が低くなる…という辛さがありますよね。

こんなダメダメな僕でも、転職したおかげで、20代のうちに年収500万円稼げるようになったのですから、人生捨てたもんじゃありません。

僕は自分の経験から「正しい場所で正しい働き方をすれば、誰でも年収500万円は稼げる」ということを実感しました。

年収500万稼ぐのに学歴も職歴も関係ないというマインドを持つ

「年収500万円を稼ぐのは難しいんじゃないか?」

このように考えている限り、絶対に年収500万円は稼げません。

「思考は現実になる」という言葉があるように、何を考えているかで、人生はどうなるか決まります。

僕も26歳までは、学歴や職歴に自信がなかったので、「自分が年収500万稼ぐなんて無理なんじゃないか?」と思っていました。

しかし実際にチャレンジしてみたら、意外と簡単に年収500万円稼げました。

経歴に自信のない方が、年収500万円を稼ぐためには、業界選びや職種選び、正しい努力の方法など、さまざまなコツがあります。

でも、大前提として「年収500万稼ぐのに学歴も職歴も関係ない」というマインドを持つことが1番大切です。

年収500万稼げるかどうかは業界選びで95%決まる

年収500万 職業

年収500万円稼ぐためには、どの業界を選ぶのかが、めちゃくちゃ重要です。

「稼げる給料は業界選びで95%決まる」と思ってください。

僕が経験した業界と年収の違いは、次のとおりです。

  • アパレル業界(正社員):年収280万円
  • 倉庫業界(アルバイト):年収200万円
  • IT業界(正社員):年収500万円

どれも「僕」という同じ人間が稼いだ年収なので、どの業種で働くかによって、稼げる給料が違うことがわかりますよね。

業界ごとに稼ぎやすさが違う理由は、従業員一人当たりの生産性が違うからです。

生産性とは「従業員がどれだけ会社に利益をもたらすか?」の指標ですね。

生産性が高い業界は従業員の給料も高く、生産性の低い業界は従業員の給料が低くなります。

TKCグループが公開する「BAST速報版」をみると、業界別の従業員1人当りの年間人件費は次のとおりです。

  • レストラン業:210万円
  • ビルメンテナンス業:235万円
  • 婦人服小売業:275万円
  • 広告業:536万円
  • 受託開発ソフトウェア業:568万円

上記は一部ですが、年収アップが目的の転職では、業界的に稼ぎやすいかどうかを事前にチェックしておかないと、失敗するリスクが高いです。

職種を選び間違えると年収500万は無理ゲーです

転職する業界が決まったら、それと同じくらい重要なのが「職種選び」です。

たとえば、同業界でも「一般事務職」と「営業職」では、稼げる給料に倍近くの差が生まれることも珍しくありません。

では、なぜ職種によって稼げる給料が違うのか?

その理由は、職種によって「従業員の生産性が違う」からです。

一般事務職の人は自分で売上を作ることができませんが、営業職の人は自分で売上を作ることができます。

両者を雇用する会社側からすると、どちらが投資対効果が高いかを基準に、給料を設定しているのです。

つまり「支払う給料に対して、会社にどれだけの利益を生み出せる人間か?」を重視しているということです。

ぶっちゃけ、学歴や職歴に自信のない人が選ぶべき職種は「営業職」の一択になります。

ショボい経歴から年収500万目指すならIT企業の営業職の一択

僕のように、ショボい経歴から年収500万円を目指したい方は、IT企業の営業職に転職するのが1番早いです。

営業職は最低限のコミュニケーション能力があれば、学歴や職歴に関係なく、誰でもチャレンジできる職種です。

もちろん営業として評価されて、年収500万円稼ぐまでには、それなりの努力が必要です。

営業で評価される成果は「契約をとること」ですが、会社ごとに契約をとるための必勝パターンが存在します。

営業で稼ぐためのコツは、入社後、いかに早く必勝パターンを身に付けられるかです。

必勝パターンを身に付ける1番簡単な方法は、社内のトップ営業マンを完コピすることです。

僕はこれを実践したおかげで、入社2年目で年収500万円を達成しました。

さらにIT業界を選ぶ理由は、IT業界で働いた経験は、その後さまざまな業界に横展開しやすいからです。

実際に僕は、IT業界を経験した後、コンサル業界、セミナー業界、広告業界、人材業界などで仕事ができています。

IT業界で働くメリットは、仕事が細切れの単調作業ではなく、広範囲の業務になることですね。

IT業界で身に付けた多様なスキルは、確実に自分の財産になります。

確実に年収500万稼ぎたいなら転職エージェントを利用しよう

年収500万 職業

ここまで、経歴に自信のない人は「IT系ベンチャー企業の営業職に転職するべきだ」という話をしてきました。

しかし、IT系ベンチャー企業の探し方がわからない…という方もいると思います。

結論をいうと、転職先選びで失敗したくないなら、転職エージェントを利用するべきです。

記事を書いている僕は、実際に転職エージェントを利用して、IT系ベンチャー企業を紹介してもらい、転職で年収500万円を達成しました。

ぶっちゃけ、僕はもともと営業職にもIT業界にも、転職する気はありませんでした。

でも、転職エージェントのキャリアアドバイザーとの面談で、転職市場のリアルな話を聴いたり、自分の特性を活かしたキャリアプランを提案してもらったりして、転職に対する考え方が大きく変わりました。

5年後10年後のキャリアプランができてからは、転職の目的がはっきりしたので、転職先を選ぶ基準も明確になりました。

「年収500万円稼ぎたいけど、キャリアプランはまだ決まっていない…」という方は、ぜひキャリアアドバイザーの面談を受けてみてください。

自分ひとりで悩んでいるよりも、その道のプロからアドバイスをもらう方が、かなりの時間短縮になります。

とにかく行動しないと、何も始まりません。

低収入から人生を変えたいなら、今すぐ転職エージェントに登録しましょう。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、底辺労働者から年収500万円の正社員に転職できました。