年収500万稼ぐには

「年収500万円稼ぎたい…」
「転職して年収アップしたい…」
「自分の市場価値を高めたい…」

このような方に向けて記事を書いています。

年収500万稼げたら人生もっと楽しいのになぁ…と思いながらも、どうすればいいのかわからず、年収300万円くらいで働き続けている人は多いです。

では年収500万稼げるのは、高学歴な人や実績のある人など、特別な人だけなのでしょうか?

結論からいうと、年収500万稼ぐのに、学歴も実績も関係ありません。

大事なのは、「どこで何の仕事をするか?」だけです。

自分の経歴に自信のない人が、1番簡単に年収500万稼ぐ方法は「ベンチャー企業の営業職に転職すること」です。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

記事を書いている僕は、26歳まで年収200万円のフリーターでした。その後、IT業界の正社員に転職して年収500万円になり、人生を変えることができました。現在は20代向けにキャリアアドバイザーをやっています。

この記事では、僕の実体験をもとに「大した経歴がなくてもベンチャー企業に転職すれば年収500万稼げる理由」を解説していきます。

最後まで記事を読めば、あなたも年収500万稼ぐチャンスを手にしているはずです。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

年収500万稼ぐにはベンチャー企業の営業職が1番簡単な理由

年収500万稼ぐには

「自分には絶対に年収500万も稼げない…」

このように思っている限り、あなたは年収300万円止まりです。

ドフラ
僕は26歳まで倉庫作業員のアルバイトをするフリーターで、年収は200万円しかありませんでした。

年齢が30歳が近づくにつれて、さすがにこの年収ではマズいと思うようになり、26歳で正社員になることを決意しました。

しかし経験も実績もない自分には、せいぜい年収300万円ぐらいの仕事しかないかもな…と思っていました。

転職活動を進める中で、業界や職種について調べていくと、どうやら「営業職」が1番稼げて成長できそうだ、ということに気づきました。

「でも、営業職って未経験からチャレンジできるのか?」って思いますよね。

ぶっちゃけてしまうと、人気企業や有名企業の営業職に転職するのは、無理だと思った方がいいです。

そのような企業は、新卒採用で若手人材を確保しますので、実績のない中途社員が採用されることは、まずありません。

では、どのような企業の営業職ならチャンスがあるのか?

それは「IT業界のベンチャー企業」です。

実際に僕自身が、フリーターからIT業界のベンチャー企業の営業職に転職して、年収500万稼げるようになったので、あなたにも再現できるはずです。

年収500万稼ぐには会社選びが超重要です

「年収500万稼ぎたい」と思ったときに、多くの人が転職を考えると思います。

しかし転職先を選び間違えると、年収500万稼ぐことは無理ゲーになってしまうので、注意が必要です。

どういうことかというと、そもそも業界的に、年収500万も稼いでいる社員がいない会社があるのです。

業界別の年収を確認するために、TKCグループの「BAST要約版(505業種14分析項目)」を参考にしてみましょう。

こちらを参考にすると、次の業界に就職してしまうと、年収500万稼ぐのは難しそうです。(※()内の数字は1人当たりの年間人件費です。)

なぜなら従業員1人あたりの年間人件費が、ほかの業界と比べて、圧倒的に低いからです。

  • 訪問介護事業(274万円)
  • ビルメンテナンス業(235万円)
  • 菓子小売業(220万円)
  • そば・うどん店(217万円)
  • 酒場、ビヤホール(215万円)
  • 配達飲食サービス業(214万円)
  • 学習塾(200万円)
  • パン小売業(171万円)

ちなみに、僕が転職したIT業界や広告業界の年間人件費は、次のとおりです。

  • 受託開発ソフトウェア業(568万円)
  • 広告業(536万円)

年間の人件費の金額が、そのまま年収に比例しますので、転職先を選ぶときは、どの業界を選ぶのかが、めちゃくちゃ重要になります。

僕の場合は、たまたまIT業界に転職できたので、かなり運が良かったです。

年収500万稼ぎたい人は、業界選びに気を付けてくださいね。

前章のとおり、IT業界のベンチャー企業を選んでおけば、とりあえず間違いないです。

年収500万稼ぐにはそれなりに努力が必要です

年収500万稼ぐには

ここまで、年収500万稼ぎたい人は、IT系ベンチャー企業の営業職に転職しよう、という話をしてきました。

でも、ちょっと厳しい話をすると、年収500万稼ぐためには、それなりの努力が必要です。

営業職が評価されるポイントは、「どれだけ会社に利益を生み出せたか?」になります。

  • どれだけ契約件数を伸ばせたか?
  • どれだけ売上や利益を残せたか?
  • どれだけ会社に貢献できたか?

未経験から営業に挑戦すると、最初はなかなか成果が出ないと思います。

そのため入社後に、優秀な先輩にアドバイスを求めたり、営業スキルが学べる書籍を読んだり、実践で失敗経験を積んだりして、努力できる人じゃないと年収500万には近づけません。

ですから「楽して稼ぎたい」というような考えの方は、残念ですが、年収500万稼ぐのは諦めたほうがいいです。

ここから先の内容は、「自己成長のために努力できる」という方だけに、読んでもらえれば大丈夫です。

経歴に自信がない人はベンチャー企業で人生やり直そう

僕は26歳までフリーターだったので、学歴や職歴はもちろん、ほかに誇れるものは何もありませんでした。

僕のように経歴に自信のない人は、失うものがないので、ある意味でめちゃくちゃ強いです。

邪念がない状態で、目の前の仕事に集中できるので、このハングリー精神をうまく利用すれば、圧倒的な成果を出せます。

僕も転職して間もない頃は、とにかく仕事で成果を出すために、100%の脳と時間を使っていました。

当時は毎日のように、帰宅後は営業トークの練習をしましたし、移動中は常に先輩の営業録音を聴いていました。

ベンチャー企業には、仕事に対して情熱を持った若手人材が集まっているので、それも自分を高める要因になっていたと思います。

結局僕は、入社2年目で年収500万円を達成できたので、僕と同じように経歴に自信のない方には、本気でベンチャー企業への転職をおすすめできます。

年収500万稼ぐには転職のプロを頼るのが最短ルートです

年収500万稼ぐには

ここまでの内容から、年収500万稼ぐための方法が、明確になってきたと思います。

では具体的に、どうやって転職活動を進めていけばいいのでしょうか?

結論をいうと、転職のプロを頼るのが、年収500万稼ぐための最短ルートです。

転職のプロとは「転職エージェント」のことです。

転職エージェントを利用すると、自己分析・企業選び・応募書類の作成・面接対策・企業との交渉など、転職するために必要なことをすべて手伝ってくれます。

特に大きなメリットは、転職エージェントに相談することで、「世の中にある仕事の中で、年収500万稼げる仕事には何があるか?」を知ることができる点です。

転職エージェントから紹介してもらう求人を参考にしながら、自分でも並行して年収500万稼げる仕事を探せるようになるので、一石二鳥ですよね。

実際に僕は、転職エージェントから紹介された、IT系ベンチャー企業の営業職に転職して、20代で年収500万稼げるようになりました。

「年収500万稼げるようになりたい!」と本気で思っている方は、ぜひこの機会に転職エージェントに登録してみましょう。

待っているだけでは、人生は何も変わらないので、まずは今日から行動してみてくださいね。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。