見栄を張らない生き方

見栄を張らない生き方ができない人は、自由な人生を手に入れることができません。

見栄やプライドに固執して、他人との競争に勝とうとする生き方は、社畜を象徴する行動です。

社畜たちが競争するさまを、上から優雅に見ている人たちがいるのです。

彼らは「資本家」と呼ばれています。

この世の中は資本主義なので、人間は資本家と労働者の2種類に分けられます。

ドフラ
こんにちは。労働者から抜け出すために日々副業に奮闘している、ドフラです。

記事を書いている僕は、IT企業の会社員として月給40万円ほど稼ぎつつ、副業のブログで毎月5〜10万円稼いでいます。現在は自分のビジネスを構築して、労働者を卒業することを目指しています。

資本主義の仕組みは、1人の資本家が、大勢の労働者を働かせて、お金を稼ぐようにできています。

資本家として生きるか、労働者として生きるかで、使えるお金や時間は全然違ってきます。

使えるお金や時間が多い人生の方が、当然充実して生きれますよね。

多くの人が労働者として生きていると思いますが、労働者から資本家に移動するためには、まず見栄を捨てることが必要です。

ということで、今回はこの部分を解説していきたいと思います。

見栄を張らない生き方をしないと損する理由【競争するのは社畜だけ】

見栄を張らない生き方

「毎日残業しているのに全然お金が貯まらない…」
「どれだけ会社に貢献しても全然自由になれない…」
「給料が増えると出費も増えるので結局お金が残らない…」

このような悩みを抱えるサラリーマンは、めちゃくちゃ多いと思います。

「いつか自由になれる!」と信じて、毎日会社に労働職を投入している人はたくさんいますが、残念ながら会社員をやっている限り、一生自由にはなれません。

会社の仕組みは、大勢の会社員に労働をさせて、その労働によって経営者の資産を増やすようにできています。

経営者にとって会社員は、自分の資産を増やすために必要不可欠な存在なので、なかなか自由の身にはしてくれません。

もし必要以上に報酬を与えてしまい、働かなくても生きていけるようになったら、会社員はもう会社に来なくなってしまいますよね。

それがわかっているので、経営者は必要最低限の報酬で、会社員に労働をさせて、会社に依存しないと生きていけない状態をつくるのです。

自意識とプライドは捨てるべき!見栄を張るメリットはゼロです

見栄やプライドに固執し過ぎると、人生から自由がどんどんなくなっていきます。

自由な人生を手に入れるためには、会社で働かなくても、生きていける状態をつくらなければいけません。

そのためには、ある程度のまとまった資金が必要です。

何かにお金を投資して、自分の労働以外からの収入源を確保する、ということです。

多くの会社員は、明日会社に行かなければ、給料がもらえず、飢えてしまいます。

会社員にとって、唯一の収入源である会社からの給料は、かなり貴重なものなのです。

それなのに自分の見栄を守るために、贅沢品にお金を使ってしまうのはバカげています。

贅沢品はお金を生み出してくれるわけではないので、完全に浪費です。

自分の見栄を満たすのと引き換えに、お金をドブに捨てているようなものです。

会社に依存する人生から脱却したいなら、見栄を守るためのお金の使い方はやめましょう。

見栄を張って高級車を買うな!社員の給料で買うのはただの無駄遣い

見栄を張らない生き方

サラリーマンの中には、高級スーツや高級時計、高級車にお金をどんどん使ってしまう人がいます。

せっかく高収入をもらっているのに、なぜこのような無駄遣いをしてしまうのか?

その理由は、ほかのサラリーマンたちと競争しているからです。

「俺は〇〇よりも高いスーツを着ている!」
「俺は社内で1番高い時計をしている!」
「俺は高級外車に乗っている!」

これらをステータスだと勘違いして、自己承認欲求を満たしているのです。

こんなものにお金を使うなんて、本当にもったいないと思います。

毎日毎日、満員電車に乗って、朝から晩まで労働力を投入して、せっかく稼いだ給料を、自分の見栄やプライドを守るために使うなんて…。

資本家たちは、何にお金を使うのが正しいのかを知っているので、このようなお金の無駄遣いは絶対にしません。

いつもお金を浪費するのは、決まって労働者たちなのです。

見栄を張ると疲れるだけ!プライドを捨てると成功しやすくなる

自由な人生を手に入れたいなら、今すぐに見栄を捨てましょう。

同僚より良いスーツを着ているとか、同僚より高い時計をつけているとか、高級車に乗っているとか、本当にどうでもいい話です。

中でも1番きついのは、35年の住宅ローンを組んで、持ち家を買ってしまうことです。

これはダメージが大きすぎます。

住宅ローンと自動車ローンは、マイナスのキャッシュフローとして、毎月確実にお金を奪っていきます。

労働者から抜け出すためには、自分のビジネスを持つことが必須ですが、ビジネスモデルを作るためには、まとまったお金が必要です。

それなのに、高額ローンの支払いによって、手元にお金が残っていないと、身動きができません。

これはまさに、ラットレースを何十年も全力疾走しなければいけない状態です。

こうなってしまうと、人生が詰んでしまうので、こうなる前に見栄を捨てましょう。

他人との競争に勝つという見栄を捨てて、自由な人生を手に入れることだけに集中することが大事です。

見栄を捨てることができる人だけが、自由に生きるチャンスを掴むのです。

まとめ:見栄を張らない生き方

この記事のまとめです。

  • 見栄を捨てると人生が楽になる
  • 競争は社畜の行動そのもの
  • 見栄やプライドは人生から自由を奪っていく
  • 高級スーツや高級時計は自分が社畜だと公言しているようなもの
  • 住宅ローンや車のローンを組んだら人生詰むしかない
  • 見栄を捨てることができる人だけが真の自由を手にする

今すぐに見栄を捨てましょう。見栄を守っても、1円も稼げません。

それどころか、見栄を守るために他人と競争すれば、マイナスのキャッシュフローを抱えることになります。

これは危険すぎます。

他人に勝つとか、負けるとか、そんな小さいことは、どうでもいいです。

大事なのは、社畜として人生を終えるか、人生の主導権を握って自由に生きるか、ということです。

どちらの人生を選ぶのも、あなたの自由ですが、後悔のないようにしてくださいね。