スーパー 辞めたい
スーパーを辞めたい人『スーパーの正社員を辞めたいけど、何から始めればいいのかわからない…』

このような悩みを持つ、スーパーの正社員の方に向けて、記事を書いています。

スーパーの仕事にはやりがいもありますが、20代半ばを過ぎると、体力的な問題や将来に対する不安によって、退職を検討する人も増えるようです。

でも、今までスーパーの正社員として働いてきた方の中には、転職活動のやり方がわからず、なかなか行動できない人も多いようです。

結論からいうと、スーパーを辞めたい人がやるべきことは、次の3つです。

  • 転職する目的を明確にする
  • スーパー時代の実績をまとめる
  • キャリアアドバイザーに無料相談する

退職してから転職活動を始める人もいますが、転職活動が長引くこともあるので、在職中に準備しておくのが安全です。

最低でも、上記の3つはやっておくのが、おすすめですよ。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、これまでに157名の会社員の方にインタビューしてきたので、様々な業界で働く人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に話を聴いた、西山優二さん(26歳男性・仮名)の実体験をもとに『スーパーを辞める前にやっておくべきこと』から『おすすめの転職支援サービス』までを解説します。

この記事を読めば、スーパーを辞めたいと思ったときに、具体的に何をするべきかがわかります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

※すぐに『おすすめの転職支援サービス』を知りたい方は、第3章の『スーパーを辞めたい人におすすめの転職支援サービスとは?』から先に目を通してくださいね!

スーパーの正社員を辞めたいと思う理由とは?

僕が今までにインタビューした、スーパーの正社員の退職理由は、次のとおり。

西山優二さん(26歳男性・仮名)
将来のキャリアに限界を感じて…

小島聡さん(25歳男性・仮名)
シフト制でオンオフの切り替えができなくて…

佐藤未央さん(23歳女性・仮名)
転勤が多すぎてストレスになってしまって…


ちなみに、一般的にはスーパーの正社員を辞める理由は、『長時間労働』体力的な限界』『将来に対する不安』などが多いです

スーパーの正社員は年末年始が休めなかったり、サービス残業が多かったり、休日出勤があったり、と長時間労働になりがちですね。

また仕入れ担当になると、早朝3〜4時に出勤することも多く、体力的なきつさが原因で『長くは続けられない…』と判断する人もいますね。

そのほかには『バイトの指導がストレスになる』『上司からバカにされる』『スーパーで働くのが恥ずかしい』という退職理由もあるようです。

スーパーを辞めたい人必見!転職する前にやるべき3つのこと

スーパー 辞めたい

『スーパーから転職するために今すぐスーパーを辞めたい!』と思っているそこのあなた、ちょっと待ってください。

そのまま勢いに任せて、スーパーを辞めると失敗します。

転職で失敗したくないなら、準備が大事です。

ちなみに、元スーパー社員の西山優二さん(26歳男性・仮名)は、勢いでスーパーを辞めたものの、なかなか転職先が決まらず、最終的に工場勤務の派遣社員に転落したそうです。(※その後の転職には成功していますが。)

このような失敗をしないためにも、転職前にやるべきことを抑えておきましょう。

転職する前にやるべきことは、次の3つです。

  • 転職する目的を明確にする
  • スーパー時代の実績をまとめる
  • キャリアアドバイザーに無料相談する

スーパーを辞めたい理由には、『体力的にきつい』『将来が不安』というネガティブな理由が多いと思います。

しかし転職する目的が『嫌なことから逃げるため』だけだと、なかなか転職活動がうまくいきません。

転職する目的がネガティブだと、面接で転職理由や志望動機を質問されたときに、言葉に詰まってしまいますからね。

『スーパーを辞めたい』と思ったきっかけが、ネガティブな理由だったとしても、できるだけポジティブな理由を用意して、転職活動を進めていきましょう。

また、スーパー時代の実績をまとめておくのも大事です。

  • 毎月いくらの売上がある店舗だった?
  • 年商どれくらいの規模の店舗だった?
  • 何名の社員と何名のパートがいた?
  • 数字で表現できる仕事での実績は?
  • 仕事の中で工夫した点は?

上記の内容は、転職活動でアピールするための項目ですが、会社を辞めた後だと、具体的な数値がわからないことも多々あります。

そのため、在籍中にあらゆる実績をまとめておくのが、おすすめです。

そして1番大事なのが、『キャリアアドバイザーに無料相談すること』です。

  • スーパーから転職できる仕事は何か?
  • 自分に向いている業界や職種は何か?
  • 将来性があるのはどんな仕事か?
  • どんなキャリアプランを作るべきか?
  • 今の転職市場はどんな状況か?

スーパーを辞める前に、上記の内容を確認しておくのがおすすめです。

何も準備せずに退職してしまうと、辞めたけど転職先が見つからない…という悲劇になります。

そのためスーパーを辞める前に、転職支援サービスに登録して、担当アドバイザーに相談しておきましょう。

常に転職市場をチェックしているプロのアドバイスは、あなたの転職活動にプラスになるはずです。

スーパーを辞めたい人におすすめの転職支援サービスとは?

スーパー 辞めたい

『スーパーを辞めたいから転職支援サービスに登録しよう!』と思った後に、こんな悩みが出てきます。

転職支援サービスが多すぎて、どこに登録すればいいかわからない…。

それもそのはず。世の中には、2万社を超える転職支援サービスがあるので、そこから自分に合う会社を探すのは大変ですよね…。

じゃあ、どうすればいいのか?

結論をいうと、とりあえず、次の3社に登録しておけばOKです。

【第二新卒エージェントneo】 :未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

JAIC:20代30代の未経験転職に強い。フリーター・契約社員・派遣社員でもOK。7日間の無料就職講座あり。入社後も1年間サポート。

マイナビジョブ20's :圧倒的な知名度。20代大卒の転職に強い。全求人が20代向け。無料適性診断テストあり。

転職支援サービスには『ハイクラス向け』『職歴や学歴に自信のない方受け』があります。

失礼ながら、スーパーから転職したい方が『ハイクラス向け』の転職支援サービスに登録しても、書類選考が全く通らない…という悲劇になりやすいです。

ちなみに過去の僕は、『26歳フリーター』というショボい立場でありながら、ハイクラス求人にばかり応募してしまい、転職活動を半年やっても内定ゼロでした。

あなたは、僕のような失敗をしないでくださいね。

まとめ:未来は自分の行動で変えられる

『スーパーを辞めたい…』という今の辛い状況は、あなたが行動しない限り変わりません。

ちなみに悩む時間と悩んだ後の結果って、ほとんど関係ないんですよね。

極端な話をすると、1時間悩もうが、1ヶ月悩もうが、1年悩もうが、『行動の結果はほぼ同じになる』ということです。

それなら、早く行動した方が得ですよね。

行動を先延ばしにすると、次のようなデメリットがあります。

  • 未経験からのキャリアチェンジが難しくなる
  • 年齢とともにフットワークが重くなる
  • 転職先の先輩に年下が多くなる
  • 個人に何のスキルも身についていない

上記のとおり。手遅れになってからでは、もう遅いです…。

あなたの会社にいる先輩や上司は、数年後のあなたの未来です。

もしそれに納得できないなら、今日とは言わず、今から行動してみませんか?

ドフラ
僕は26歳の時に転職支援サービスを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できましたよ〜。

✔記事で紹介した転職支援サービスリスト【全て無料です】

【第二新卒エージェントneo】 :未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

JAIC:20代30代の未経験転職に強い。フリーター・契約社員・派遣社員でもOK。7日間の無料就職講座あり。入社後も1年間サポート。

マイナビジョブ20's :圧倒的な知名度。20代大卒の転職に強い。全求人が20代向け。無料適性診断テストあり。