フリーター 辞めたい
フリーターを辞めたい人『なんとなくフリーターを続けてきたけど、さすがに就職しないとヤバい気がする…。でも就活のやり方がわからない…。どうしよう?』

このような方に向けて、記事を書いています。

やりたいことが見つからなくてフリーターになったり、なんとなく就職するのが嫌でフリーターになったり…、さまざまな理由でフリーターを続けている人は多いです。

でも年齢を重ねるとともに、周りの友人にフリーターがほとんどいなくなり、バイト先も年下ばかりになるので、『自分もそろそろ就職しないと!』と焦りますよね。

ただ、いざ就活しようと思っても、就活のやり方がわからず、結局何も行動できないフリーターの方もいるようです。

結論からいうと、フリーターの就活のやり方は、次のとおり。

フリーター向けの就職支援サービスに登録する

担当アドバイザーのカウンセリングを受ける

求人を紹介してもらう

応募する求人を選び、書類選考に進む

書類選考に合格したら、面接に進む

企業から内定をもらう

入社日を決定する

企業に入社し、正社員デビューする

とりあえず、最初に『フリーター向けの就職支援サービス』に登録すれば、あとは担当アドバイザーが進めていってくれるので、かなり楽ですよ。

記事を書いている僕は、実際にこの方法でフリーターから正社員に就職できました。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

この記事では、僕の実体験をもとに『フリーターの就活のやり方』から『フリーターにおすすめの就職支援サービス』までを解説していきます。

この記事を読めば、フリーターの未来に絶望している方でも、人生をやり直すための一歩が踏み出せるはずです。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

※すぐに『フリーターにおすすめの就職支援サービス』が知りたい方は、第5章の『フリーターにおすすめの就職支援サービスとは?』から目を通してくださいね!

【フリーターを辞めたい人向け】就活のやり方を3分で解説します

フリーター 辞めたい

くり返しになりますが、フリーターの就活のやり方は、次のとおり。

フリーター向けの就職支援サービスに登録する

担当アドバイザーのカウンセリングを受ける

求人を紹介してもらう

応募する求人を選び、書類選考に進む

書類選考に合格したら、面接に進む

企業から内定をもらう

入社日を決定する

企業に入社し、正社員デビューする

この中で1番大事なのが、就活のはじめ方です。

フリーターが就活する方法には、ハローワークに行く、転職サイトを利用する、求人誌から探す、などがあります。

でも就職経験のないフリーターが、自分ひとりで就活を進めると、失敗するリスクが高いです。

これはフリーターだった僕の失敗談です。最初は自分ひとりでハローワークや転職サイトを利用しつつ、就活を進めていたのですが、次の問題に直面しました。

  • 求人に応募しても書類選考で9割落ちる
  • 応募する求人を探すのに時間がかかる
  • 面接対策が不十分で面接で説教される
  • 半年経っても内定ゼロだった
  • 就活するのが嫌になってダラけてしまう

上記のとおり、本当にダメダメでしたね…。

その後、たまたま友人に『フリーター向けの就職支援サービス』を紹介してもらい、登録してから約1ヶ月でIT業界の正社員に就職できました。

ちなみに、僕が書類選考でほぼ落ちた理由は、応募していた会社の選び方に問題がありました。

世の中には『フリーターでも採用してくれる会社』『フリーターを採用してくれない会社』があります。

そのためフリーターの方が、フリーターを採用してくれない会社にどれだけ応募しても、ほぼ書類選考で落選するのです。

これは、まさに僕がやっていた失敗です…。

就職支援サービスから紹介してもらう求人は、大前提として『フリーターでも採用してくれる会社』の求人なので、書類選考の合格率も高めです。

僕の失敗談からもわかるように、フリーターは就活のはじめ方で9割決まります。

フリーターの就活の仕方がわからない…という方は、とりあえず『フリーター向けの就職支援サービス』に登録しておけばOKです。

記事を読んでくれているあなたは、くれぐれも僕のような失敗をしないでくださいね。

フリーターからなれる職業を紹介!失敗しない仕事の選び方

『フリーターからなれる職業って何があるの?』

ここでは、このような疑問に答えます。

フリーターだった僕が、就職支援サービスの担当アドバイザーに『この求人なら就職できるチャンスがありますよ〜』と紹介された職業は次のとおりです。

ITエンジニア
ホームページ制作の法人営業
アプリ制作の法人営業
電力会社の法人営業
人材派遣の法人営業
エコ商材の個人営業
ネット回線の個人営業
建設業界の施工管理
機械設備の点検スタッフ
ビル管理スタッフ
アパレルショップの販売員
携帯ショップの販売員
飲食店スタッフ
宅配ドライバー
タクシードライバー

フリーターから正社員になるだけで、とりあえず人材としての市場価値は高くなるので、どの職業に就職しても良いと思います。

ただし欲を言えば、将来性や身に付くスキルを考えると、IT系や営業系の職業を選ぶのがおすすめです。

IT業界は市場が伸びていますし、営業職は経験を横展開しやすいので、将来また転職することになったときに有利です。

フリーターの割合とは?フリーターのままだとやばい理由

フリーター 辞めたい

『いつまでもフリーターを続けるのはダメだと思うけど、まだ20代だし就職は来年でもいいかな〜』

このように考える方もいると思います。

どんな道を選ぶのもあなたの自由ですが、参考までに厚生労働省が発表した『20代の雇用形態に関するデータ』を紹介しておきますね。(参考:平成30年若年者雇用実態調査の概況

日本人における、20代の正社員の割合は次のとおり。

20〜24歳:正社員71.8%
25〜29歳:正社員73.2%

つまり、20代のうち7割以上が『正社員』として働いている、ということです。

ちなみに、20代男性に絞ると、正社員の割合は次のとおり。

20〜24歳:正社員73.5%
25〜29歳:正社員82.4%

25歳以上の男性の8割は正社員として働いているので、25歳以上でフリーターを続けているのが、どれだけヤバい状態かわかります…。

将来のことを考えると、できるだけ早く正社員になるのが無難ですね。

【体験談】フリーターが正社員に就職した後で得られるものとは?

僕は26歳のときに、倉庫作業員のアルバイトからIT業界の営業職に就職しましたが、正社員になって得られらたものは多いです。

正社員になって良かったことは、次のとおり。

  • 年収が310万円増えた。
  • 家族に対する後ろめたさがなくなった
  • 友人と会うときに恥ずかしくなくなった
  • 恋人ができた
  • 自分に自信が持てるようになった
  • 車を買うことができた
  • 一人暮らしを始めることができた
  • 尊敬できる先輩や上司に出会えた
  • 交際範囲が広がって人生が楽しくなった

やはりフリーターとして生きているより、正社員として生きている方が、世間からの目がやさしいですね。

あとは正社員になって、収入面がかなり増えたので、お金を気にせず友人や恋人と遊べたり、一人暮らしを始められたりと、いろいろ楽しいことも増えました。

ちなみに知識やスキル面でいうと、得られたものは次のとおりです。

  • WEBマーケティングスキルが身についた
  • コミュニケーションスキルが身についた
  • ビジネスマインドが身についた
  • 副業で稼ぐスキルが身についた
  • どこでもやっていける自信がついた

僕はIT業界の営業職に就職したので、本当に得られるものが多く、人生が180度変わったくらいの印象です。

個人的には『IT業界の営業職』が、かなりおすすめですね。

フリーターにおすすめの就職支援サービスとは?

フリーター 就職支援 おすすめ

フリーターから就職で失敗したくない方は、とりあえず『フリーターにおすすめの就職支援サービス』に登録しましょう。

でも世の中には、約2万社の就職支援サービスがあるので、どこに登録すればいいか迷いますよね。

結論をいうと、あなたが登録すべき就職支援サービスは、フリーターの就職実績が豊富な就職支援サービスです。

どの就職支援サービスも、全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロです。

これを利用しない手はないですよね。

ちなみに、有名な大手転職エージェントを利用するのもひとつですが、正社員経験のある人も多数登録するため、フリーター向けの求人より正社員向けの求人が多めです。

いっぽうで『フリーター向けの就職支援サービス』は、正社員になりたいフリーターがメインターゲットなので、フリーター向けの求人が多めです。

正社員になれる確率で考えると、『フリーター向けの就職支援サービス』を利用する方が、圧倒的に有利になります。

『フリーターから就職したい方におすすめの転職エージェント』はこちらの記事をどうぞ。