大卒フリーター やばい
大卒フリーターから就職したい人『さすがに大卒フリーターのままだとやばいよな…。年齢的にもそろそろ就職したい。どうすればいいの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

就活に失敗して仕方なくフリーターになった人、一度は就職したものの仕事が合わずにフリーターになった人など。大卒でフリーターになった人には、それぞれ事情があると思います。

でも24歳25歳と年齢を重ねていくうちに、バイト先に同年代が減っていき、バイト先で働く正社員が自分よりも年下…という状況になり、『大卒フリーターのままではやばい!』と思う方も多いです。

しかし、いざフリーターから就職しようと思っても、自分に合う仕事の選び方がわからない、書類選考が通らない、面接で落とされる、などの理由からなかなか就職できない人もいますよね。

結論からいうと、大卒フリーターはやばいかも…と思ったら、とりあえず、フリーターに特化した転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーに相談してみるのが1番早いです。

大卒フリーターから就職する場合、転職市場に出ている求人に応募することになりますが、フリーターは正社員よりも転職で不利になりやすいです。

そのため本気で正社員になりたいなら、転職のプロのサポートを受けつつ、転職活動を進めるのがおすすめですね。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

この記事では、フリーターからIT業界に転職した僕の体験談もとに、『大卒フリーターがやばい理由』から『【失敗談あり】大卒フリーターにおすすめの就活方法とは?』までを解説していきます。

この記事を読めば、いま大卒フリーターの未来に絶望している方でも、人生をやり直すための第一歩が踏み出せるようになります。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう~。

ドフラ
『フリーターだった僕が利用した転職エージェント』はこちらをどうぞ。

大卒フリーターがやばい理由【正社員に就職するまでクズだった実話】

大卒フリーター やばい

まずは、大卒フリーターだった僕のクズなエピソードを紹介して、あなたを勇気づけたいと思います。

僕はいわゆるFラン大学を卒業後、某アパレル企業に就職し、商品企画の仕事をしていました。

仕事はそこそこ面白かったのですが、先輩や上司の姿を見て、『自分も5年後10年後、あんな感じになるのか〜』と思ったら、このまま今の会社で働き続けるのが嫌になりました。

その後、『仕事を続けながら転職活動をするのは無理だ』と考えて、転職活動を始める前に会社を辞めました。この会社の勤続年数は3年です。

会社を辞めた後、すぐに転職活動を始めれば良かったのですが、会社員のストレスから解放されて、時間がめちゃくちゃあって、貯金も70万円くらいあったので、遊んでしまいました…。

東京や大阪に洋服を買いに行ったり、神戸の友人に会いに行ったり、彼女と旅行に行ったり…。転職活動を放棄して娯楽に夢中になる、というクズな生活を約2ヶ月ほど続けていました。

この間、週1回くらいハローワークに行って仕事を探したり、転職サイトに登録して求人を見たりしていましたが、ほぼ何もしていなかったと言っても過言ではないですね。

結局僕は、新卒で入社した会社を辞めた後、1年2ヶ月間ニートとフリーター生活を続けることになりました。本当にクズでした…。

大卒フリーターはクズ?自分をクズだと思った瞬間

大卒で入社した会社を辞めた後の僕は、世の中的には就職活動中といえますが、実際はほぼニートでしたね。

実家で暮らしていたので生活には困らず、一応貯金もあったのでそれなりに遊べるという、人間をダメにするような環境だったのです。(ただの言い訳ですが…。)

さらに貯金がなくなりそうになったタイミングで、失業手当が支給されるようになり、その後も最低限の生活を続けることができました。

一応、転職活動はしていましたが、転職する目的がブレブレだったので、全然うまくいきませんでした。

面接で『君は今日何しに来たの?』と説教されたり、『とりあえず不採用ね!これからどうするつもりなの?』と諭されたり…。本当にダメダメでした。

挙げ句の果てに、もともとアパレル企業で働く自分の未来に絶望して、退職したにも関わらず、またアパレル企業に転職しようと考えた時期もあったほどです。

その後も結局、転職することはできず、失業手当の90日分が全て支給されるまで、ニート生活を続けてしまったのです…。

今振り返ると、この時の自分は、最強にクズだったと思いますね。

【要注意】大卒フリーターの末路がヤバい!

大卒フリーター やばい

失業手当を全て受け取った僕は、とりあえず収入源を確保するために、アルバイトをしながら転職活動をする道を選びました。

このときにやっていたアルバイトは、CADで図面を書くアルバイトと倉庫作業員のアルバイトです。

なぜ2つのアルバイトをやっていたのかというと、短期間でお金を貯めて海外旅行に行くため、です。

半年間ニート生活を続けたにも関わらず、まだ懲りずに遊びを最優先に考えていたのです…。

『インドに行ったら人生が変わる』という謎の言葉を信じて、とにかくインドに行く旅費を貯めるために、週7日でアルバイトする生活を数ヶ月続けました。

当時のアルバイト先には、年上の大卒フリーターの人もいて、『これが大卒フリーターの末路なのか…』と衝撃を受けたのを覚えています。

38歳男性の大卒フリーターはバイト代で競馬をしまくっていて、42歳男性の大卒フリーターはバイト代でパチンコにハマっていました…。

2人とも良い人でしたが、当時26歳だった僕は『ここで人生やり直さないと絶対にヤバい!』と思い、インド旅行から帰ってきた後に、絶対に正社員に就職する!という決意を固めました。

大卒フリーターの割合は?【20代の8割は正社員です】

大卒フリーターの割合は、どれくらいいるのか?

最終学歴が大卒のフリーターは、約7%といわれています。

たった7%しかいないのですね…。

つまり、大卒100人のうち93人は正社員、ということになります。

ちなみに20代男性全体で見た場合、約8割が正社員です。

厚生労働省が発表した『平成30年若年者雇用実態調査の概況』によると、20~24歳の男性の73.5%が正社員、25~29歳の男性の82.4%が正社員、というデータがあります。

要するにフリーターとして働いている人は、かなり少数だということです。

『皆が正社員で働いているのに、なぜフリーターになったの?』という色メガネで見られるのも仕方ないですよね…。

夢や目標があってフリーターになるならまだしも、僕のようにただ何となくでフリーターになってしまうと、かなり生きづらいと思います。

将来のことを考えると、大卒フリーターの方は、1日も早く正社員になっておくのが無難ですね。

【失敗談あり】大卒フリーターにおすすめの就活方法とは?

大卒フリーター やばい

ここでは、大卒フリーターにおすすめの就活方法を紹介します。

まず大前提として、大卒フリーターの方は、自分ひとりで転職活動しない方がいいです。

それは、なぜか?

大卒フリーターは転職市場において不利な上に、転職活動に慣れていないため、転職活動を続けても内定ゼロ…という悲劇になる可能性が高いです。

『なんでお前にそんなことが言えるんだよ?』と思った方もいますよね?

それは、僕自身がこの失敗をしたからです…。

大卒フリーターだった僕は、自分ひとりで転職活動をした結果、次のような悲劇となりました。

30社応募⇒28社書類落ち⇒2社面接落ち(しかも説教される)⇒内定ゼロで絶望…

これは、かなりきつかったですね〜。自分が世の中から必要とされていない感じがしましたね…。

でも、そんな僕が人生をやり直せたのは、友人から紹介された転職エージェントに登録したおかげです。

転職エージェントの担当アドバイザーに導かれるがまま、カウンセリングをしてもらい、キャリアプランを考えてもらい、求人を探してもらい、面接対策をしてもらい…。約1ヶ月で大卒フリーターからIT業界の正社員に転職できたのです。

友人と転職エージェントには、本当に感謝しかないですね。

あのまま転職できずにいたら、38歳で競馬にのめり込む大卒フリーターや42歳でパチンコにハマる大卒フリーターのような、末路になっていたと思います。

世の中には『大卒フリーター向けの転職エージェント』があります。

あなたは僕と同じ失敗をしないように、最初からプロのサポートを受けてくださいね。

どの転職エージェントも全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロです。

大卒フリーターは行動を後回しにすると、どんどん就職が難しくなります。ぜひこの機会に行動してみてくださいね。

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。