工場勤務 つらい
工場勤務がつらくて悩んでいる人『今まで頑張ってきたけど、どうしても工場勤務が自分に合わない…。何とかして人生やり直したい。どうすればいいの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

『仕事が楽そうだから』『誰でもできそうだから』という理由で、なんとなく工場勤務を選ぶ方は多いです。

でも実際に工場で働いてみると、人間関係が最悪だったり、体力的にきつかったり、将来が不安だったり…。工場勤務にはつらいことがたくさんあります。

工場勤務のつらい悩みを解決したい…と思いながらも、何から始めればいいのかわからない方もいますよね。

結論からいうと、工場勤務のつらい悩みを即解決したいなら、工場以外の仕事に転職するのが1番簡単です。

『今の職場がつらいから』という理由で、工場から工場に転職する方もいますが、これでは根本の問題は解決されず、また転職先でもつらい思いをするだけです。

工場勤務には人間関係の問題や体力的なきつさは付き物なので、工場に転職し続ける限り、ずっとつらい悩みが付きまといます。

工場から工場への転職は、つらい職場をただ横に移動しているだけなのです。

本気で人生やり直したいなら、思いきって『働く業界』を変えるしかないのです。

ドフラ
こんにちは。26歳まで倉庫作業員だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計164名の方にインタビューしてきたので、工場勤務の方のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に話を聴いた、元工場勤務の木村弘志さん(25歳男性・仮名)の体験談をもとに、『工場勤務がつらい理由』から『工場勤務の悩みを即解決する方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、工場勤務のつらい悩みに苦しんでいる方も、人生をやり直すための一歩が踏み出せるようになります。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう~。

※『すぐに工場からの転職におすすめのエージェントが知りたい!』という方は、『工場から転職したい方におすすめの転職エージェント3社【失敗談あり】』の記事に進んでくださいね!

工場勤務のつらい悩みを即解決する方法【25歳男性の体験談】

工場勤務 つらい

『仕事が簡単そうだから』『覚えることが少なそうだから』という理由で、工場勤務の仕事を選ぶ人は多いです。

外から見ると、工場勤務は楽そうに思えるかもしれませんが、実際に工場で働いてみると、そんなに甘い仕事ではありません。

ライン作業だと『自分のミスで全てのラインが止まる』というプレッシャーがありますし、毎日同じ作業のくり返しなので、時間が経つのがものすごく長く感じます。

元工場勤務の方のほとんどが、『予想以上に工場勤務はつらい…』と口を揃えて言いますね。

工場勤務の仕事が合う人合わない人がいるので、工場勤務が合わない人にとっては、工場の仕事はストレスでしかありません。

そのため『工場勤務がつらい』という悩みを解決する方法は、工場勤務ではない仕事に転職するしかないのです。

ちなみに、最短で工場以外の仕事に転職したいなら、工場からの転職に強い転職エージェントを利用するのが1番簡単ですね。

ここからは、元工場勤務の木村弘志さんの体験談を踏まえて、『工場勤務のつらい部分』について詳しく解説していきます。

工場勤務の陰湿さがやばい!無言の圧力が辛かった

木村弘志さんが働いていた工場では、特に職場の人間関係の悪さが目立っていました。

シンプルにいうと、先輩や上司たちからのパワハラですね。

木村弘志さんは従業員の中でも、わりと仕事ができる方だったので、自分がライン作業の足を引っ張るということはありませんでした。

しかし、誰かがミスしてラインが止まったときや、全体の作業スピードが遅れているときは、職場の雰囲気は最悪だったようです。

作業が順調に進んでいないと、ライン外と呼ばれるライン全体を管理する人間が、鉄パイプで地面を叩き、『カン!カン!カン!カン!』という騒音を立てて、作業員たちにプレッシャーをかけていました。

木村弘志さんは、『何も言わずに無言で鉄パイプを叩く姿は、陰湿としか言いようがなかったですね…』と言っていました。

もちろん人間関係の良し悪しは、各工場で働く人たちによりますが、木村弘志さんが働いていた工場だと、本当につらいですね…。

工場はやめとけ!肉体的疲労で仕事中に何度も倒れた話

工場勤務 つらい

木村弘志さんが『工場勤務はつらい』と思った理由には、過労による肉体疲労が原因で、仕事中に何度も倒れた経験があるからです。

工場には生産目標があり、どうしても納期に間に合わせないといけない!という場合は、残業や休日出勤をすることになります。

どんな工場にも繁忙期があるので、忙しい時期には月40~60時間の残業も珍しくありません。

ただ木村弘志さんの場合は、『残業時間80時間以上、週休1日』というヤバい状況が何か月も続いていたため、職場で倒れる人が続出したそうです。

木村弘志さんは小中高と野球部に所属していたので、体力には自信のある方でしたが、それでも仕事中に倒れるほど仕事がきつかった、ということです。

仕事中に倒れるっていうのは、かなり壮絶な職場ですよね…。

工場勤務に絶望したらまずは転職エージェントに登録しよう

人間関係の悪さや労働環境のひどさが積み重なって、工場勤務に絶望する人は多いです。

では工場勤務に絶望した方は、まず何から始めればいいのでしょうか?

結論をいうと、まずは『転職エージェントに登録すること』から始めるべきです。

工場勤務のつらい悩みは、工場以外の仕事に転職しないと解決しないので、まずは工場以外の求人を探す必要があります。

しかし世の中には、何万件もの求人情報が公開されているので、その中から自分に合った求人を選ぶのは大変です。

しかも求人の中には『未経験者でも応募できる求人』と『経験者向けの求人』があるため、求人を選び間違えると、いつまで経っても転職できない…という悲劇になります。

ですから工場からの転職で失敗したくないなら、とりあえず転職エージェントに登録しておくのが無難ですね。

ドフラ
『工場から転職したい方におすすめの転職エージェント』はこちらの記事をどうぞ。

工場勤務はつらい!抜け出すなら20代のうちに行動すべき!

工場勤務 つらい

『工場勤務をいつか辞めたい…』と思っている方は、遅くても20代のうちに行動しておかないとヤバいです。

なぜなら工場から転職する場合、未経験求人に応募することになりますが、そのほとんどが20代を対象にしているからです。

年を取るほど書類選考に通過しなくなるので、そのうち転職に対するモチベーションが下がってしまい、結局工場に戻る…という末路になります。

こうならないためにも、20代の若いうちに、工場勤務から転職しておいてくださいね。

また工場勤務からほかの職種に転職してみると、自分のスキルのなさを痛感することになります。

これは僕の実体験ですが、26歳のときに倉庫業界からIT業界へ転職したときに、自分のビジネスマナーやビジネススキルの低さを痛感しました。

20代後半で転職すると、先輩社員が年下のこともあるので、『その年でこんなこともできないの?』と思われると、恥ずかしいですし、ムカつきます…。

あなたは、僕のような失敗をしないように、できるだけ若いうちに工場から転職してくださいね。

工場勤務の未来に納得できないなら、今日とはいわず、今から行動してみませんか?

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ転職エージェントに登録してくださいね。