中卒 正社員 無理
中卒で正社員に就職したい人『今まで非正規で働いてきたけど収入が不安定で将来に希望が持てない。でも中卒は就職できないって聞くから、やっぱり正社員になるのは無理なのかな…』

このような方に向けて、記事を書いています。

いまの時代は学歴社会といわれていますが、家庭の事情で高校進学を諦めなければならず、中学卒業後すぐに働き始める人もいます。

でも中卒だと正社員の求人が少ないので、アルバイトや派遣社員などの非正規労働者として働く人も多いですよね。

非正規だと給料が安かったり、会社都合で急に解雇されたり…というリスクがあるので、なかなか将来に希望を持てません。

『今よりも収入を増やすために正社員になりたい!』と思いつつも、中卒の学歴がネックになって、なかなか正社員になれない…という人も多いです。

では、中卒の方は正社員を諦めるしかないのでしょうか?

結論からいうと、中卒でも転職のプロのサポートを受けつつ、転職活動を続けていけば、正社員に就職することはできます。

正社員になりたい中卒の方が頼るべきなのは、『中卒の転職に強い転職エージェント』ですね。

転職エージェントに登録すると、担当アドバイザーが求人を探してくれて、書類作成から面接対策まで手厚くサポートしてくれます。

しかも全て無料で利用できるので、求職者のリスクはゼロです。

ただし、中卒の学歴が就職でネックになる現実はあるので、絶対に正社員になる!という覚悟を持って転職活動を進めてくださいね。

ドフラ
こんにちは。26歳まで倉庫作業員アルバイトだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計164名の方にインタビューしてきたので、様々な業界で働く方のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に話を聴いた、中卒の古田義之さん(28歳男性・仮名)の実体験をもとに、『中卒でも正社員に就職できる理由』から『中卒が転職で失敗しない方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、正社員に就職して人生やり直す方法がわかるので、中卒の方でも未来に希望を持てるはずです。

3分で読める内容ですので、それではいきましょう〜。

中卒には正社員就職は無理?いやいや本気出せば正社員になれるって!

中卒 正社員 無理

まずは今回紹介する、中卒の非正規労働者だった『古田義之さん(28歳男性・仮名)』の簡単な経歴を紹介しておきます。

古田義之さんは家庭の事情で高校に進学することができず、中学卒業後すぐに働き始めることになります。

中卒だったので正社員で雇ってくれる会社などなく、肉体労働の日雇いアルバイトが中心でした。

たとえば、とび職、解体工事、倉庫作業、工場などですね。

こんな感じで、15~18歳までは日雇い労働者として、頑張って働いていました。

ただ当時の職場では、高卒の正社員たちから中卒の学歴をバカにされたり、仕事でミスをすると暴力を振るわれたりしていたので、仕事のストレスもたまっていました。

それに加えて、同世代の人間が大学生になり学生ライフを楽しんでいる姿をみて、『なんで俺だけ中学出てからずっと働かなきゃいけないんだ!』と思うようになり、それからは真面目に働かなくなったそうです。

古田義之さんは18歳から約2年間、たまに日雇いの仕事をしてお金を稼ぎ、そのお金を全てパチスロにつぎ込む、という生活を続けていました。

そんなある日、古田義之さんはパチスロからの帰り道にホームレスをみて、『今の生活を続けていたら自分もホームレスになるかもしれない…』という強い危機感を感じたそうです。

これがきっかけで、古田義之さんは正社員になることを決心し、とにかく多くの求人に応募して面接を受けまくり、最終的にIT系ベンチャー企業に転職することができました。

入社後はめちゃくちゃ頑張って、入社後1年で支店長まで出世して年収1,000万円になり、その後起業してIT企業の社長になり、現在は年収3,000万円稼いでいるようです。

中卒の方にとっては、なかなか夢のある話ですよね。

ここからは、中卒の古田義之さんの体験談を踏まえつつ、『中卒でも正社員に就職できる理由』について詳しく解説していきます。

中卒でも大卒以上に稼ぐ人はたくさんいる!年収500万円は目指せる

『自分は中卒だから稼げなくても仕方ない…』

このようにお金を稼ぐことを諦めてしまっている、中卒の方もいると思います。

たしかに一般的には、【大卒→高卒→中卒】の順に年収が下がっていきます。

実際に厚生労働省が発表した『平成28年賃金構造基本統計調査』によると、30~34歳の学歴別の年収は次のとおりです。

大卒:約484万円
高卒:約392万円
中卒:約358万円

これをみると、中卒の年収は大卒よりも約120万円安いことになります。

年間120万円の収入差は、結構デカいですね…。

でも世の中には、中卒でも大卒以上に稼いでいる人がたくさんいます。

では、なぜ中卒なのに稼げている人がいるのか?

その理由は、学歴がなくても稼ぎやすい職種を選んで働いているから、です。

たとえば、中卒でも稼げる職種は次のとおり。

・営業職
・ITエンジニア
・現場仕事
・トラックドライバー
・タクシー運転手
・公務員

この職種の中で、どんな人にでも稼ぐチャンスがあるのは『営業職』ですね。

トラックドライバーやタクシー運転手、現場仕事は確かに頑張れば稼げますが、肉体労働なので40代50代になると体力的にかなりきついです。

また公務員試験の中には学歴不問でチャレンジできる試験もありますが、「高校卒業程度」や「大学卒業程度」の学力が求められるので、中卒からここまでの学力に持っていくのは大変すぎます。

時代的にIT業界は伸びているので、ITエンジニアになるのも良いと思いますが、プログラミングは向き不向きがあるので、たとえばパソコンをずっと触っているのが苦手な人だと厳しいですね。

こうなってくると、誰でも稼げるチャンスがある職種は営業職、ということになるのです。

実際に営業職なら年収500万円稼ぐ人は珍しくないので、中卒から年収500万円稼ぎたい方には、かなりおすすめですよ。

中卒が就職で失敗する理由【面接で常識がないクズだと思われるな!】

中卒 正社員 無理

企業の採用担当者の中には、中卒の求職者に対して、『常識がない人』『途中で逃げ出す人』『学ぶ意欲の低い人』というマイナスイメージを持っている人もいます。

そのため、中卒の方が就職を成功させるためには、面接で『常識がないクズ』だと思われないことが重要です。

中卒の方が、面接で好印象を与えるためにやるべきことは、次のとおり。

・しっかり目を見て会話をする
・最低限の敬語を使えるようにする
・転職理由や志望動機を明確に伝える
・将来のビジョンをしっかり考えておく

最終学歴が中卒だとあまり良い印象を持たれない分、面接での立ち振る舞いがバッチリだと、かなりの高得点を稼げます。

しかしそのいっぽうで、面接の印象が悪いと、『やっぱり中卒はダメだな…』となり、秒速で落選します。

ですから正社員になりたいなら、中卒のイメージを良い意味で裏切るくらい、徹底的に面接対策をしておきましょう。

中卒の末路がやばい!現実と向き合わないと一生底辺です

中卒は就職で不利だったり、年収が低かったり、世間的なイメージが悪かったり…。中卒だとデメリットがたくさんあります。

とはいえ、10代20代の若いうちはアルバイトや派遣社員などの仕事もたくさんありますし、独身なら最低限の給料がもらえれば生きていきます。

実際に厚生労働省が発表した『平成25年若年者雇用実態調査の概況』によると、15~34歳までの労働者の正社員の割合は次のとおり。

中卒の正社員:37.5%
高卒の正社員:57.1%
大卒の正社員:79.6%

これをみると、中卒の正社員比率が圧倒的に低いことがわかりますよね。

中卒の正社員の割合は、大卒の半分以下です。

10代20代のうちは、非正規労働者でも何とかやっていけますが、30代40代になると結構やばいです…。

中卒で正社員就職をしなかった人たちの末路は、ネットカフェ難民の日雇い労働者です。

10代20代のうちはアルバイトや派遣社員の仕事も多いですが、30代以上になるとアルバイトの面接で落とされたり、派遣社員の仕事がもらえなったりして、どんどん仕事がなくなっていきます。

『それなら正社員になろう!』と思っても、30代で正社員経験のない人を採用してくれる会社はほとんどないので、何社応募しても書類選考でほぼ落とされる…という悲劇になります。

そうなると、働ける仕事を求めて日雇い労働に登録することになり、住む部屋が借りれなくなって、ネットカフェで生活することになるのです。

一度でも日雇い労働の世界に入ってしまうと、そう簡単には抜け出せないので、1日も早く正社員になるべきです。

現実から目を背けて楽な道を選んでいると、中卒のやばい末路をたどることになり、底辺の蟻地獄から抜け出せなくなりますからね…。

中卒が転職で失敗しない方法とは?転職エージェントが1番早いです

中卒 正社員 無理

『転職で失敗したくない!』という中卒の方は、転職エージェントを利用するのが1番早いです。

転職エージェントに登録すれは、担当アドバイザーが求人選びから面接対策まで、手厚くサポートしてくれますからね。

中卒の方は間違っても、自分ひとりで転職活動しない方がいいです。

たとえば、世の中には『中卒でも採用してくれる会社』と『中卒だと絶対採用されない会社』がありますが、一般人の求職者がこれを見分けるのはほぼ無理です。

また企業の人事担当によって、面接で質問する内容やチェックする項目が違うので、企業ごとに面接対策を変えないといけないのですが、これも個人でやるのは難しいです。

転職エージェントに登録すれば、担当アドバイザーが全てサポートしてくれるので、中卒という不利な状況の中でも、万全の対策をした上で転職活動を進めていけます。

『中卒だけど絶対に正社員になりたい!』という方は、ぜひこの機会に転職エージェントに登録しておきましょう。

ちなみに、古田義之さんが利用した転職エージェントは、10時間以上のフォローがある『【第二新卒エージェントneo】 』だそうです。

ぶっちゃけ転職エージェントに登録すれば、担当アドバイザーがほぼやってくれるので楽ですね。(アドバイザーは大変だと思いますが…感謝)

ドフラ
中卒で転職したい方には、こちらの転職エージェントがおすすめです。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント2社【すべて無料で利用できる】

【第二新卒エージェントneo】 :未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

【ハタラクティブ】 :10代20代の未経験転職に強い。ニート・フリーター・契約社員・派遣社員でもOK。内定率80.4%。