働くこと自体向いてない
働きたくないと思っている人『毎日会社に行くのが嫌で仕方ない。自分は働くこと自体向いてないと思う。これって悪いことなのかな?』

このような方に向けて、記事を書いています。

毎日会社に出勤して、毎日好きでもない仕事をして、毎日上司に叱られて、毎日22時まで残業して…という毎日を過ごしているサラリーマンはめちゃくちゃ多いです。

でも、本当にこんな生活を毎日続けなければいけないのでしょうか?

辛すぎますよね。きつすぎますよね。

何のために生きているか、わからなくなってきますよね…。

人生一回しかないのに、自分を押し殺して働く毎日しか選べないなんて、最悪だと思いませんか?

世の中には、『自分は仕事は好きだけど、会社で働くこと自体向いてないと思うんだよな〜』という方もいますよね。

このような方は、どうすればいいのか?

結論からいうと、今の生き方や働き方を180度変えちゃえばOKです。

資本主義の世の中では、他人に依存してお金を稼ぐ労働者と、自分に依存してお金を稼ぐ事業家の2種類が存在します。

今の働き方が自分には合わないという方は、労働者から事業家の方に移動するしかありません。

事業家は全ての責任を自分で取らなければいけませんが、その分仕事で生み出した成果や利益は全て自分のものになります。

ドフラ
こんにちは。ずっと会社員は自分に向いてないと思っていた、ドフラです。

この記事を書いている僕は、26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職してビジネスの知識やノウハウを学び、現在はブログを含めた個人の事業でお金を稼いでいます。

この記事では、『働くこと自体向いてないと思うのは悪くない理由』から『労働者から脱出する方法』までを解説しています。

この記事を読めば、自分はサラリーマンに向いてないな〜と思っている方が、今日から何をすればいいかがわかります。

3分で読める内容なので、それではいきましょう~。

働くこと自体向いてないと思うのは悪くない理由【生き方を変えよう】

働くこと自体向いてない

会社で働く人生って、本当にきついですよね。

毎日決まった時間に起きて、満員電車に揺られて、1日3〜4時間の残業をして、毎月生活できるギリギリの給料しかもらえない…。

会社員でいる限り、このギリギリの生活からは抜け出せないんですよね。

だって、これが資本主義のルールですから。

最近は自由な生き方をする人も増えていますが、僕の感覚としては9割以上の人が、まだ会社員として働いています。

人生はどこにスキルポイントを持ってくるかで、得られるものと失うものが大きく変わってきます。

僕も新卒でサラリーマンになった頃は、『サラリーマンとして出世を目指すのが正しい生き方だ』と本気で信じていました。

でも今では、サラリーマンでいる限り自由は手に入らないし、一生貧乏のままだと思っています。

僕はサラリーマン家庭で育ったので、周りに事業家はおらず、自分の脳をサラリーマン脳から事業家脳に切り替えるために、300冊くらい本を読みましたし、期間も10年かかりました。

『自分は働くこと自体向いてない』なんて家族や友人に言うと、『お前は甘い!』『男は働いてナンボだ!』って言われる人がほとんどだと思います。

僕らは子供の頃からサラリーマンになるように学校で教育されてきたので、これは仕方のないことです。

あなたにとって重要なことは、『働くこと自体向いてない』と思うのは悪いことではなく、資本主義の本質から考えると、かなり正しい考え方だということです。

会社員に向いてない人が選ぶべき生き方とは?

『会社で働くこと自体向いてない…』と思う方は、絶対に会社員に向いていません。

会社員を続けるほどストレスがたまってしまい、本来発揮できる能力の10分の1も発揮できないでしょう。

こうなると、無限の可能性があった人生は、かなりショボくなります。

では会社員に向いてない人は、どのような生き方を選べばいいのか?

結論をいうと、自分で自分の人生をコントロールできる生き方を選ぶべきです。

つまり会社員でお金を稼ぐのではなく、自分の事業でお金を稼ぐということですね。

どれだけ会社員を頑張っても、結局は他人のために働いている人生なんですよね…。

会社で新商品を開発しても、会社で億単位の利益を出しても、後輩や部下の育成を頑張っても、新規事業を軌道に乗せても、すべて経営者の功績になるだけです。

会社員の個人の名前は絶対に外に出ないですし、もちろん給料も大幅に増えるわけではありません。

会社員は『他人が作った会社』という箱の中で仕事をしているので、基本的には守られている環境です。

つまり、会社に守ってもらっている代わりに、自分の時間や功績を会社に捧げているということですね。

会社員に向いてない人がいきなりフリーランスになるのはリスクが高すぎる!

働くこと自体向いてない

会社員に向いてない人は、自分で事業を作るという、事業家の道に進むのがおすすめです。

とはいえ、会社員がいきなりフリーランスになるのは、リスクが高すぎます。

いきなり収入が0円になったら、生活できなくなっちゃいますからね。

ですから、会社員に向いてない人が取るべき行動は、会社員を続けている間に、副業で自分の事業をスタートすることです。

どんな事業も軌道に乗るまでには、それなりの時間がかかります。

しかも全ての事業が成功するわけではないので、失敗も視野に入れて事業を始めなければいけません。

こう考えると、何も見込みのない状態で、いきなりフリーランスになるのはギャンブルと一緒です。

挑戦した事業がうまくいかなかったら、一気に底辺人生に転落することもありますからね。

これは、リスクが高すぎるからやめましょう。

会社員が始めるのにおすすめの副業は、小資本で始められて、失敗のリスクが少なくて、場所や時間を選ばなくて、実名じゃなくてもできる副業です。

この条件を満たす副業で、会社員が始めるのにピッタリなのは『ブログ副業』です。

会社で働く人生に疑問を感じたら今すぐブログ副業を始めよう

あなたがもし、会社で働く人生に疑問を感じているなら、今すぐにブログ副業を始めるのがおすすめです。

ブログ副業を始めるのにかかるコストは年間2万円程度なので、めちゃくちゃ少ない経費で事業をスタートできます。

経費がかからないということは、失敗してもリスクが低いということです。

しかもブログ副業は、早朝や昼休憩や帰宅後など、いつでもどこでも気軽に作業できるところが最強です。

そして、これが1番のメリットですが、ブログは一度構築してしまうと、ある程度放置していても、勝手にお金を生み出してくれるようになります。

不動産のように、毎月勝手に数千円から数万円を生み出してくれるのです。

もちろんブログで収益システムを構築するまでには、時間も労力もかかるので、そんなに簡単なことではありません。

しかし、誰でも作業すれば収益システムが作れる、というのは事実です。

これって最強ですよね。

僕自身が運営するブログの中で、約1年放置しているブログがあるのですが、このブログは今でも毎月3,000円ほどのお金を生み出し続けてくれています。

ブログ構築は時間がかかるので、とにかく早く始めた者勝ちです。実際に僕はブログだけで累計349,514円を稼いでいます。

『会社で働くこと自体向いてない…』という方は、とりあえずブログを始めてみるのがおすすめかと。

ドフラ
ブログ副業を始める方法が知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。