こんにちは、ドフラです。

将来、独立して起業しようと思っている方の中には、起業して会社経営をするなら、その会社を上場企業のような立派な会社にしなければいけない、と思っている方も多いのではないでしょうか。

結論を言ってしまうと、特に理由もなく会社を大きくしようとすると、仕事に追われる日々が待っています。せっかく会社奴隷という立場から抜け出すために起業しても身の丈にあった会社経営をしないと、結局は縛られることになってしまうのです。

ということで、今回は独立起業を考えている方に向けて、仕事に追われるのが嫌なら身の丈にあった会社経営をするべきという話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

仕事に追われるのが嫌なら身の丈にあった会社経営をする

会社に雇用されるという立場から抜け出して、起業家になるという選択をしようと思っている方は個人的にとても素晴らしいと思いますし、応援したいと思っています。皆さんに注意しておいてほしいのが、自分が求めている以上のことをしようとすると失敗するので、身の丈にあったことをするのが大切ということです。

会社経営にはいろいろなスタイルがあります。1人だけでビジネスをまわす会社経営や東証一部上場を目指して組織を大きくしていく会社経営、誰を顧客にしてどんなサービスを扱うかによって会社経営のスタイルが異なります。

仕事に追われる日々を避ける方法

1番重要なことは起業して何を手に入れたいのかです。起業して手に入れたいものの優先順位をつけておかないといけません。たとえば、仕事に追われる日々から抜け出したいのか、大きな会社を経営してみたいのか、チームで新しいものを生み出したいのか、お金をとにかく稼ぎたいのか、組織に縛られて働くのが嫌なのか、など。起業するための1番の目的が何かを自分で決めておく必要があります。

今回は「仕事に追われるのが嫌な方」に向けてお話をしていますので、この方の場合は、会社員時代と同じもしくはそれ以上の生活水準を保った上で会社の仕事に追われない生き方ができるというのが最大の目的です。それが実現できるのであれば、必要以上の売上をつくる必要もありませんし、必要以上の社員もいりません。

会社が大きくなればなるほど、社長がやるべきことや責任が大きくなるので、むやみに会社を大きくする必要はないということです。

スポンサーリンク

仕事に追われる社長になりたくないなら少数精鋭組織をつくる

今の会社の経営スタイルとして、部下をつくることや新入社員を先輩が育てて一人前にするというのが当たり前になっています。これは従業員が何千人、何万人といる大手企業であればうまくいくかもしれませんが、これから起業しようと思っている方が将来起業する会社は、スタート時点では中小零細企業の中でも弱小起業です。

大手企業と同じような経営スタイルでは絶対にうまくいきません。部下をつくったり、新入社員を育てたりするよりも社内外で優秀な仲間をつくることが大切です。

中小零細企業で社員数名でも強い会社は少数精鋭で皆が優秀な人材です。また、協力企業にも優秀な人材が揃っており、社内外で優秀な仲間が集まるチームをつくっています。

仕事に追われるのが嫌なら優秀な仲間をつくる

強い中小零細企業の社員たちは全員がプロフェッショナルです。全員プロ意識が高く、全員が営業活動も行います。社員全個人がリーダーとしての考えを持って行動ができるので、いちいち管理しなくてもいいですし、勝手に皆がアイディアを出し合って事業を成長させていきます。

ただでさえ今は採用難が続いており、中小零細企業が優秀な人材を採用するのはとても困難です。部下をつくるために採用活動しても、大手企業から不採用を受けた能力もモチベーションも低い人材しか集まってきません。

無理に人を採用して、将来の見込みが低い部下への教育に時間を使うのではなく、まずは1人で行動して、外部の優秀な人たちを仲間にできるように努めましょう。たとえば、自分と同じように1人で起業している方で能力の高い方を10人仲間にできれば、すごく強いチームになります。

仕事に追われる社長と追われない社長の違い

仕事に追われるのは経営が安定していないからです。経営が安定していない会社の社長は、目の前の売上目標を達成するために営業活動を行わなければならず、そのために多くの時間が取られて全然余裕がない状態が常に続いているのです。

仕事に追われる社長も当然経営を安定させたいとは思っていますが、ビジネスモデルを改善しようにも学ぶ時間がなく、自分の会社のことしか目に入っていません。自分の会社の中を見ても、会社内は現状維持を考えることに必死なので、新しいアイディアが出てこないのです。

仕事に追われない社長が見ているものとは

仕事に追われない社長は自分の会社ではなく、外の世界を常に見ています。海外でうまくいっているビジネスモデルや同業他社の動向、これから伸びそうな業界の情報などを常に収集しています。

それらの情報をもとに自分のビジネスを常に改善して、成長させていくのです。大手企業であれば資本力にものを言わせて市場で勝つことができますが、中小零細企業には資本力がありません。だから、中小零細企業の社長は自分たちの知恵を武器に市場で戦うのです。

仕事に追われるのが嫌な方に向けてのまとめ

ということで、今回は起業を目指している方に向けて、仕事に追われない社長になるための方法をお話しました。仕事に追われる社長になりたくなければ、常に自分が情報収集できる環境をつくっておかなければいけませんし、むやみに会社を大きくしてはいけないということです。少数精鋭で知恵を使って大きな利益をつくれる会社経営を目指した方がいいということですね。

でも、もし会社を大きくしたいと思った時には「何のために会社を大きくするのか?」を考えて、それが自分が納得できる目的であれば会社を大きくすることを目指してもいいと思います。社員を安心させるため、産休制度を整えるためなど会社を大きくするための目的も様々ありますからね、それではまた。

スポンサーリンク
おすすめの記事