転職したいけど自信がない

「転職したいけ自信がない…」
「自信がなくて転職に踏み出せない…」
「自分にできる仕事がわからない…」

このような方に向けて、記事を書いています。

転職したいけど、自分のスキルや経験に自信がなくて、なかなか行動に踏み出せないという人は多いです。

しかし転職したいと思っているということは、今の仕事に何かしらの不満があるのだと思います。

「給料が安い」「労働時間が長い」「休みがとれない」「生活が不規則」「将来に不安がある」などの不満ですね。

スキルがないからという理由で、転職を後回しにしても、現実は何も変わりません。

あなたが行動しない限り、ずっとそのままの人生を送ることになります。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

今回は僕の経験をもとに、自信やスキルがない人が転職するための考え方や、具体的な方法までを解説していきたいと思います。

3分で読める内容なので、それではいきましょう。

転職したいけど自信がない!そんな人が選ぶべき職業とは?

サラリーマン 辛すぎる

「転職したいけど、自信もスキルもない…」

このような悩み解決する方法は、あるのでしょうか?

結論からいうと、自分のスキルに自信がない人は、営業に転職するのがおすすめです。

その理由は、営業の仕事はスキルがなくてもチャレンジできますし、営業を経験すればスキルも自信も身につくからです。

これまでの経験に自信がなかったり、スキルも知識も身に付けていなかったり…。

いろいろと事情はあると思いますが、言い訳を並べていても何も変わりません。

大事なのは「これからどうするか?」です。

アピールできる経歴がない人は、失うものがないという強みもあるので、ゼロから人生をやり直すという意識で転職活動を進めれば、転職できる可能性はあります。

「転職したいけど自信がない」はただの言い訳かも?

「転職したいけどスキルがない…」

気持ちはわかりますが、これって言い訳じゃないですか?

転職したいという気持ちがあるなら、どうすれば転職できるかを考えましょう。

転職できない理由を並べても、今の人生がそのまま続くだけです。

行動しないままでいると、転職できない自分に対して、「どうせ俺はダメな人間だ…」「俺は一生底辺を生きるんだ…」というネガティブな感情を抱くようになります。

人間は楽な方に流れてしまう生き物なので、現状を打破するために転職するという大変な道は選ばずに、現状に文句を言って行動しないという楽な道を選びがちです。

今の自分にスキルがないなら、これからスキルを身に付けていくしかありませんよね?

今の自分を変えたいなら、行動するしかないのです。

自信やスキルがなくても転職できる!失うものがない人は強い

サラリーマン 辛すぎる

「スキルがない」という理由で、転職を後回しにしている人も多いです。

しかし、スキルがなくても転職はできます。

「スキルがない=転職できない」というのは、ただの思い込みです。

世の中には、未経験者を採用する企業がたくさんあるので、そのような企業が募集する求人に応募すれば、スキルがなくても転職のチャンスはあります。

スキルがなくても、転職できるチャンスのある職種としては、このようなものがあります。

  • 法人営業
  • 個人営業
  • 販売職
  • ITエンジニア
  • 施工管理
  • セキュリティスタッフ
  • 介護職
  • 飲食店スタッフ
  • トラックドライバー
  • タクシードライバー

これだけたくさんの職種があるわけですから、どこかの会社には入社できると思いませんか?

過去の経歴に自信がない人は、失うものがないことが最大の強みになるので、とにかくイチから人生を立て直すという気持ちで、積極的に転職活動を進めていきましょう。

転職したいけど自信がない人におすすめの職種は「営業職」

スキルがなくても、転職できる職種はたくさんありますが、その中でも特におすすめなのが「営業職」です。

業種や企業にもよりますが、営業職は未経験からチャレンジしやすい職種です。

営業職に求められるのは、基本的にコミュニケーション能力なので、スキルや経験がなくても、コミュニケーション能力さえあれば、入社後に活躍できる可能性が高いです。

実際に営業職の中には、元アパレル店員、元美容師、元美容部員、元エステティシャン、元飲食店スタッフなど、サービス業出身の人が多いのも特徴です。

元気で明るく人に好かれやすい性格の人、相手の話を親身になって聴ける人、相手に何かを提案するのが好きな人は、営業職に向いています。

また営業職を経験すると、基本的なビジネスマナーやビジネススキルが身につくので、人材としての市場価値が一段階上に上がるイメージです。

営業をやれば自信もスキルも身につく!どこでも活躍できる人材になる

サラリーマン 辛すぎる

営業を経験すると、ビジネスマナーやビジネススキルが身につくので、「どこの会社に行ってもやっていけるかも!」という自信が出てきます。

営業の仕事は「お客様の課題をヒアリングして、その課題を解決するための商品やサービスを提案すること」なので、ほかの業界や会社に行っても応用ができます。

実際に営業を経験した僕は、「WEB業界→コンサル業界→セミナー業界→広告業界→人材業界」という感じで、業界を何度も変えています。

各業界で仕事をする上でのベースになっているのは、1社目の営業経験で身に付けた考え方やスキルです。

今の時代は、いつ何が起こるかわからないので、いつでも転職できる状態をつくっておくことも大事です。

長期的な将来を考えると、できるだけ早い段階で営業を経験しておくことは、自分の資産になると思います。

転職するしないは別として、世の中にどのような営業の仕事があるのかを、一度調べてみてくださいね。

まとめ

この記事のまとめです。

  • 転職したいけどスキルがない!だったら営業に転職しよう!
  • 「転職したいけどスキルがない」はただの言い訳
  • スキルがなくても転職できる職種は「営業職」
  • スキルがなくても転職できる!失うものがない人は強い
  • 営業をやればスキルも自信も身につく

申し訳ありませんが、転職したいけどスキルがないというのは、ただの言い訳です。

多くの人は行動しない方が楽だと思っているので、無意識に行動しない理由をつくってしまうのです。

しかし転職することを放置して、そのまま何もしないでいると、スキルがないまま年齢だけ上がってしまい、どんどん転職が難しくなっていきます。

理想をいうと、20代のうちに行動するのがおすすめです。

年齢を重ねるほど、フットワークが重くなってしまいますし、未経験からの転職も難しくなってしまうので、人生がどんどん詰んでいきます。

この記事を読んでくれたあなたは、ぜひこの機会に行動してみてくださいね。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円の正社員に転職できました。