消防士から転職

『消防士を辞めたい…』
『消防士から転職したい…』
『民間に転職して人生を変えたい…』

このような方に向けて記事を書いています。

今まで消防士の仕事を続けてきたけど、体力的にきつくなってきた…という方は多いです。

消防士の仕事は、人の役に立っていることを実感てきて、やりがいを感じるかもしれませんが、30代40代の自分の体力を考えると、何歳まで続けられるのか不安になりませんか?

30代の先輩社員や40代の上司が、あなたの未来の姿なので、『先輩や上司たちって体力的にギリギリな感じだよなぁ…』と思うと、急に辞めたくなりますよね。

ドフラ
こんにちは。元倉庫作業員のドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。僕はこれまでに197名の転職相談を受けた経験があるので、様々な業界で働く人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、消防士よりも低収入の倉庫作業員からIT業界のWEB制作会社に転職した僕が『消防士の将来性がヤバい理由』から『転職で失敗しない方法』までを解説します。

この記事を読めば、消防士の実態を理解した上で、消防士を辞めるべきかどうかを判断できるようになります。

3分で読める内容なので、それでは見ていきましょう。

※すぐに『消防士から転職で失敗しない方法』が知りたい方は、第4章の『消防士から転職して失敗する人、成功する人』から目を通してくださいね!

消防士を辞めたい人へ【消防士から転職して人生を変える方法とは?】

消防士を続けていると、『このまま仕事を続けても大丈夫か…』と思う瞬間がたくさんありますよね。

僕も26歳まで、倉庫作業員として単純労働をしていたので、その気持ちは痛いほどよくわかります。

僕のメインの仕事はピッキングだったので、朝から晩までずっと倉庫内の荷物を手作業で運んでいました。

毎日同じ作業のくり返しで、ただ指示通りに身体を動かすだけ…。

もちろん知識やスキルが身に付くことはなく、給料もめちゃくちゃ低かったです。

倉庫作業員のときは、年収190万円の底辺労働者でしたね…。

こんなダメダメな僕でも、ほかの業界に転職したことで、年収500万円稼げる正社員になれました。

この経験から僕は『働く場所を変えるだけで人生は良い方向に進む』ということを実感しました。

低スペック人間の僕ができたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、絶対に人生変えれると思いますよ。

消防士は将来性がない!20代のうちに行動しないと損します

消防士から転職

もしあなたが『消防士を辞めたい』と思っているなら、20代のうちに行動しないと損します。

『消防士の仕事に心からやりがいを感じている』という方が、消防士を続けるかどうか迷う気持ちはわかります。

しかし『もう辞めたい』と思っているなら、消防士を続ける理由はないはずです。

なぜなら『消防士は将来性がない』といわれているからです。

消防士の主な仕事は、消火活動、救急活動、救助活動の3つです。

この業務の問題点は、消防士以外の仕事に応用が効かないところです。

消防士の退職理由は次のとおり。

・体力的にきつくなった
・人間関係が辛くなった
・給料が上がらない
・退職金で逃げ切れなさそう

消防士の仕事は体力勝負なので、どうしても年齢を重ねると厳しくなります。

また消防士は『公務員だから安定している』という印象はあるものの、元消防士の方の話によると、給料が上がりにくく、退職金もあてにできない…とのことでした。

今の時代は転職が当たり前の時代なので、消防士から転職すること自体は珍しいことではありません。

ただし消防士の方が経験してきた業務は、消火活動・救急活動・救助活動という横展開しにくいものなので、経験を活かせる転職先はめちゃくちゃ少ないです。

そのため消防士から転職するなら、『若さ』という武器をアピールできる20代のうちに、行動しておくのが安全だと思います。

消防士自体はなくならないと思いますが、そこで長く働き続けることは、将来の選択肢を失うリスクが高いです。

消防士がきつい理由とは?離職率は?

消防士がきつい1番の理由は、体力的に厳しいからです。

消防士の現場では、ヘルメットや防火服を着て、重さ10㎏以上の酸素呼吸器を背負って、高所などの危険な場所で消火活動や救助活動を行います。

さらには、消防士は普段から身体づくりのために、訓練やトレーニングを通して、かなりの体力を消耗します。

体力自慢の人が集まる消防士でも、出動が続くと心身ともにきつくなってしまい、消防士を辞めていきます。

では、消防士の離職率はどれくらいなのか?

消防士の離職率は、就職後3年以内の離職率は『約10~15%』といわれています。

消防士は若い人材の離職率が高い傾向にあり、消防士全体の離職率は『0.6%』となっております。

・消防士全体の離職率:0.6%
・就職後3年以内の離職率:約10~15%

若い人材の離職率が高い理由は、退職金で逃げ切るのが無理そうだからです。

40代後半の消防士であれば、退職金でギリギリ逃げ切れるかもしれませんが、20代30代は退職金をあてにできないといわれています。

『給料が上がりにくい』『退職金があてにできない』という理由から、20代の多くが消防士に見切りをつけて辞めていくのです。

消防士から転職して失敗する人、成功する人

消防士から転職

『消防士に将来性がないのはわかったけど、消防士からどこに転職すればいいの?』

このような疑問もありますよね。

結論からいうと、消防士からの転職で失敗したくないなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

その理由は、実際に僕が転職エージェントを利用して、消防士より将来性がない倉庫作業員からIT業界の営業マンに転職できたからです。

消防士から転職する方法には、ハローワークを利用する、転職サイトを利用する、求人誌から探す、などの方法もありますよね。

しかしこれらの問題点は、どれも自分ひとりで転職活動しなければいけないところです。

はじめての民間への転職だと、求人の選び方とか面接対策の仕方とかって、よくわからないですよね。

僕もそうでしたけど、自分ひとりで転職活動をやっていたときは、30社応募しても1社も受からなかったです。

しかも、面接の場で『ところで君は今日何しに来たの?』と面接官に冷静にキレられたこともあります…。

そんなときに友人から『転職エージェント』というサービスがあることを教えてもらい、とりあえず登録してみました。

転職エージェントを利用して分かったのですが、そもそも世の中には、消防士から転職できる会社とできない会社がある、とのことでした。

わかりやすくいうと『未経験者を採用している会社』と『経験者しか採用していない会社』の2種類がある、というイメージですね。

さらにキャリアアドバイザーのサポートのおかげで、応募書類の作り方にもコツがあり、面接対策の仕方も企業ごとに違う、ということがわかりました。

正直、これを自分ひとりでやるとか無理でしょ!と思いました…。

僕の経験からもわかるように、消防士から転職するなら、転職エージェントに頼るのが楽ですね。

ドフラ
僕が選ぶ【消防士におすすめの転職エージェント】はこちらをどうぞ。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】

【第二新卒エージェントneo】 :未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代の転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

JAIC:20代30代の未経験転職に強い。フリーター・契約社員・派遣社員でもOK。7日間の無料就職講座あり。入社後も1年間サポート。

マイナビジョブ20's :圧倒的な知名度。20代大卒の転職に強い。全求人が20代向け。無料適性診断テストあり。

消防士を辞めない方がいい人もいます

ここまで『消防士から転職するべきだ!』という話を強めにしてきましたが、中には消防士を辞めない方がいい人もいます。

消防士から転職してプラスになる人の条件は『本気で人生を変えたいと思っている人』です。

以下のような考えの人は、そのまま消防士を続けた方が良いです。

『身体を動かすだけの仕事がいい…』
『新しいことを覚えたくない…』
『何も考えずに仕事がしたい…』

このような仕事に対する意識が低い人は、どのような職場に転職しても失敗します。

ですから『今が良ければそれでいい』と思う方は、消防士を辞めないでください。

あなたは、どんな未来を手に入れたいですか?

ワクワクした仕事ができて、毎日成長を実感できて、尊敬できる仲間がいて、満足できる給料がもらえて…。

こんな未来を手に入れたいなら、消防士から今すぐ転職しましょう。

人生を変えたいなら今すぐ行動しよう

消防士から転職

人間は基本的に『ラクをしたい』と思う生き物なので、気を抜くとすぐにサボってしまいます。

ダイエットが1週間も続かなかったり、読書が三日で終わってしまったり…。

このように、自分を変えることは、とにかく大変なのです。

『明日からやります』と言って、行動を先延ばしにする人もいますが、この人は1年経っても何もやりません。

ほとんどの人は、以下のような流れになります。

【人生を変えたい→情報を集めよう→良いことを知った→明日からやろう→明日やらない→結局何も行動しない→人生は変わらない】

『明日やろうはバカ野郎だ』という言葉があるように、行動を先延ばしにする人は、人生を変えることができません。

ですから、本気で消防士から人生を変えたいと思っている人は、今すぐに行動してくださいね。

まとめ:消防士から転職すると人生が変わる

この記事のまとめです。

  • 消防士を辞めると人生が変わる
  • 消防士は将来性がない
  • 20代のうちに消防士を辞めないと損する
  • 転職エージェントを利用すると失敗しにくい
  • 消防士を辞めない方がいい人もいる
  • 人生を変えたいなら今すぐ行動しよう

とりあえず公務員だからという理由で、消防士になったものの、40代50代の自分の未来を考えると不安しかない…という方は多いです。

でも20代なら、人生をやり直す方法はあります。

『自分は消防士しかやったことがないから…』と言って、異業種への転職を諦めるのはもったいないです。

実際にこんなダメダメな僕でも、IT業界の営業マンに転職できたわけですから、ほとんどの方が転職できるはずです。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、理想の未来を手に入れませんか?

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【すべて無料で利用できる】

【第二新卒エージェントneo】 :未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代の転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

JAIC:20代30代の未経験転職に強い。フリーター・契約社員・派遣社員でもOK。7日間の無料就職講座あり。入社後も1年間サポート。

マイナビジョブ20's :圧倒的な知名度。20代大卒の転職に強い。全求人が20代向け。無料適性診断テストあり。