フリーター 就職 何をすれば
フリーターから正社員に就職したい人『この年齢までフリーターを続けてきたけど正社員の方がやっぱり良いよな…。でもフリーターから正社員になるには何をすればいいの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

正社員になった方が良いとは思いつつも、具体的に何を始めればいいのかわからず、行動できていない人は多いです。

記事を書いている僕は、過去にフリーターから正社員に就職した経験があり、そのときに実践した行動が次の3つです。

・自己分析で自分を理解する
・読書で価値観を入れ替える
・転職のプロに相談する

【自分を理解する→価値観をインプットする→プロに手伝ってもらう】の手順で進めていけば、フリーターでも就職しやすいです。

実際に底辺フリーターだった僕が、この手順で就職できていますからね。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

この記事を書いている僕は、26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や人生に役立つ情報を発信しています。

この記事では、フリーターから正社員に就職した僕の実体験をもとに『フリーターから就職するための3つの手順』を解説していきます。

この記事で紹介する手順どおりに就職活動を進めていけば、あなたもフリーターから抜け出せると思います。

それでは、さっそく見ていきましょう~。

ドフラ
『フリーターだった僕が利用した転職エージェント』はこちらをどうぞ。

フリーターから就職したい人は何をすればいい?【3つの手順を紹介】

労働力調査によると、2020年度のフリーター人口は136万人となっていますので、結構たくさんいますよね。

この中には『フリーターから就職しようと思っても、何から始めればいいのかわからない…』と悩む方も多いと思います。

実際に総務省統計局によると2020年度の日本の総人口は約1億2600万人なので、フリーターは日本の総人口の100人に1人という割合です。

100人に1人って、かなり少数派ですよね…。

年齢を重ねるほど、周囲にフリーターが減っていくので、『フリーターのままではヤバい!』という危機感は日に日に増大していきます。

フリーターから就職したいなら、今すぐに次の3つの手順を進めていきましょう。

・自己分析をして自分のことを徹底的に理解する
・大量の読書をして自分の価値観を入れ替える
・転職のプロに相談して自分の市場価値を理解する

ここからは、それぞれ詳しく解説していいますね。

手順1:自己分析をして自分のことを徹底的に理解する

フリーター 就職 何をすれば

フリーターから就職したいなら、まずは自己分析をして自分のことを徹底的に理解しましょう。

自分のことを理解していない状態で就職活動を始めると、就職先を選ぶのに迷ってしまったり、就職後に後悔したりするリスクがあります。

・自分の得意なことは何か?
・自分の苦手なことは何か?
・自分の好きなことは何か?
・自分の嫌いなことは何か?
・自分は就職で何を手に入れたいのか?
・自分は将来どんな未来にしたいのか?

上記のような質問を自分に投げかけて、ひたすら回答していきましょう。

ノートなどに書き出していくと思考が整理されるので、今の自分が何を考えているのかを客観視できます。

自分の頭の中を把握しておくことで、就職先を選ぶときに迷わない、面接で質問されてもパニックにならない、就職後に後悔しない、などのメリットがあります。

自己分析をするときの参考になる記事は、以下にまとめておきますので、よろしければどうぞ。

手順2:大量の読書をして自分の価値観を入れ替える

フリーター 就職 何をすれば

フリーターから就職したいなら、大量の読書をして自分の価値観を入れ替えましょう。

以前の僕もそうでしたが、将来なりたい自分が見つからないと、なかなか行動に移せないものです。

ぶっちゃけ実家暮らしなら、あえて正社員にならなくても、最低限の生活はできます。

だから自分の価値観を変えるほどの大きな衝撃がないと、人って変われないんですよね。

実際に僕は『インドに行けば人生観が変わる』という言葉を信じて、インドやバリ島にバックパッカーをしたこともあります。

たしかに多少は価値観が変わりましたが、それよりも効果的だったのが『大量の読書経験』です。

『思考は現実化する』というナポレオン・ヒルの名著にもあるとおり、人生を変えたいなら自分の思考を変えるのが、1番手っ取り早いです。

とはいえ、20年以上の人生で積み上げてきた自分の思考を変えるのは、そんなに簡単な話ではありません。

新しい思考を吸収しても、1日寝たらもとに戻ってしまうというのは、よくあることです。

ですから『大量』の読書が必要なのです。

僕が実際に読んだ冊数は『200冊』です。

僕の場合は、200冊くらい読んだ段階で『自分のなりたい未来の姿』をイメージできるようになり、そのための手段として『WEB制作会社の営業職に就職する』という道を選びました。

知識量が少ないと『自分のなりたい未来の姿』を想像するのは難しいので、就職活動に本気になれない方は、世の中のことを知ることから始めてみるのがおすすめです。

読書の習慣が身に付くと、就職後もかなり役に立つので、一石二鳥ですよ。

僕が読んだ本の中で、特におすすめなのはこの3冊ですね。

手順3:転職のプロに相談して自分の市場価値を理解する

フリーター 就職 何をすれば

フリーターから就職したいなら、転職のプロに相談して自分の市場価値を理解しておきましょう。

自己分析ができて、価値観を入れ替えたら、いよいよ就職活動スタートです。

ただし何の戦略も立てずに、就活を始めてしまうと、何社応募しても全然内定がもらえない…という悲劇になります。

以前の僕もそうでしたが、無計画に就活した結果、30社応募しても内定はゼロでした。

では、なぜ僕は就活に失敗したのか?

その理由は、自分の市場価値を理解していなかったからです。

わかりやすくいうと、自分が絶対に採用されないような『ハイクラス求人』にばかり応募していたのです。

今ならわかりますが、ショボい経歴のフリーターの僕が、有名企業や大手企業などのハイクラス求人に応募しても受かる可能性は絶望的…。

基本的にハイクラス求人は『経験者向けの求人』なので、フリーターから就職したいなら『未経験者向けの求人』に応募するのが正しいです。

この考え方を教えてくれたのは、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーの方です。

いわゆる『転職のプロ』ですね。

転職エージェントはすべて無料で利用できるサービスで、登録すると担当アドバイザーがカウンセリングをしてくれます。

このカウンセリングの中で、フリーターの自分に『どれくらいの市場価値があるのか?』をリアルに教えてもらえます。

・どれくらいの年収が稼げるのか?
・選べる仕事には何があるのか?
・就職後のキャリアプランはどうなるか?

上記の情報をもとに『自分の中の理想』と『転職市場のリアル』のバランスをとりつつ、就職先を決めていくのが正しい就職活動です。

フリーターからの就職に失敗したくない方は、とりあえず転職エージェントに相談してみるのがおすすめですよ。

ドフラ
『フリーターだった僕が利用した転職エージェント』はこちらをどうぞ。

まとめ:フリーターから就職するための3つの手順

最後に『フリーターから就職するための3つの手順』をまとめておきます。

  • 自己分析をして自分のことを徹底的に理解する
  • 大量の読書をして自分の価値観を入れ替える
  • 転職のプロに相談して自分の市場価値を理解する

フリーターから就職したい方は【自分を理解する→価値観をインプットする→プロに手伝ってもらう】の手順で進めていきましょう。

僕は過去に197名の転職相談を受けた経験がありますが、短期離職をくり返している人は、自分の中の軸がブレブレです。

自己分析をやっていない、年に1冊も本を読まない、自己流で就活をしている、という感じです。

あなたはこのような失敗をしないように、ぜひ手順どおりに就職活動を進めていってくださいね。