アパレル 辞めどき

「もうアパレルを辞めたい…」
「アパレルの正社員がきつい…」
「アパレルの将来が見えない…」

このような方に向けて記事を書いています。

アパレルの仕事はお洒落で楽しそうなイメージがあり、20代の若者に人気があります。

しかし多くのアパレル社員が20代後半になると、アパレルで働き続けることに不安を感じてほかの業界に転職していきます。

では、どのタイミングで転職すればいいのか?

結論からいうと、アパレルの辞めどきは「26歳まで」です。

その理由は、年齢が上がるほど未経験から採用してくれる企業が少なくなるからです。

採用する企業側からすると、26歳前後の人材は「社会人としての基本を身に付けつつまだ若いから教えやすい」というメリットがあります。

ニシオ
こんにちは。26歳までアパレル店員だった、ニシオです。

記事を書いている僕は26歳まで年収280万円のアパレル店員でした。その後、大手上場企業の営業職に転職して年収600万円になり人生が変わりました。現在は結婚して子どもを持ちマイホームも購入することができました。

この記事では、アパレルから異業種に転職した僕の体験談をもとに「アパレルの辞めどきが26歳である理由」を解説しています。

この記事を読めば、アパレルを辞めるべきか迷っている人が「どのタイミングで行動するべきか」がわかります。

それでは、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにアパレルから転職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

アパレルの辞めどきが26歳である理由【元アパレル店員の体験談】

アパレル 辞めどき

「そろそろアパレルで働くのも限界かも…」

このような悩みを抱える、20代後半のアパレル社員の方は多いです。

アパレルの仕事は楽しいので、20代前半まではノリと勢いでなんとかやっていけます。

しかし、年齢を重ねて30歳の自分の姿がリアルに近づいてくると、将来への不安が大きくなっていきます。

アパレル業界の給料の安さ、自分のスキルのショボさ、市場価値の低さ、社内でのキャリアの限界…など。

さまざまな理由によって、多くの人がアパレルの正社員を辞めていきます。

アパレルからの転職で失敗しないためには「26歳までに行動すること」が重要です。

アパレルの辞めどきを逃すと手遅れになる

「アパレルを辞めたいけど、なかなか行動できない…」とずっと悩んでいると、気づかないうちに手遅れになってしまいます。

あなたが今後アパレル業界で10年以上働く気がないなら、今すぐにアパレルの仕事を辞めるべきです。

僕はアパレル店員として5年間働いた経験がありますが、ぶっちゃけ5年続けようが10年続けようが、人材の市場価値はそれほど変わりません…。

「アパレル経験5年の26歳」と「アパレル経験10年の31歳」では、圧倒的に26歳のほうが採用されやすいです。

異業種に転職する場合は、「前職で何を経験してきたか?」よりも「今の年齢が何歳か?」が重視されます。

ですから手遅れにならないように、最低でも20代のうちに行動するようにしましょう。

僕の経験からいうと、アパレルからの転職適齢期は「26歳前後」ですね。

アパレルを辞める人の退職理由とは?

アパレル 辞めどき

アパレルを辞める人の退職理由の多くは、次のとおりです。

  • 給料が安い
  • スキルが身に付かない
  • キャリアアップができない
  • 年齢がブランドに合わなくなった
  • 体力的にきつくなった
  • 将来に不安を感じるようになった
  • 上司が尊敬できない

この中でも特に「給料が安い」と「キャリアアップができない」が多いですね。

アパレル店員を5年間やってみた僕の実体験からすると、アパレル社員の年収は大体300万円未満です。

そのいっぽうで、アパレル以外の業種なら、20代でも年収400万円~500万円は普通に稼げます。

ニシオ
実際に僕はアパレル店長から大手上場企業の営業職に転職して、年収280万円から年収600万円になりました。

またキャリアアップできないことも、アパレル業界で働く人には深刻な悩みです。

アパレル企業は、上のポジションにいくほど空いている席数が少なくなってしまうので、どれだけ努力してもキャリアアップできない…という問題があります。

本社に戻りたいのに「店長のまま、あと3年頑張ってくれ!」とキャリアアップを止められることは普通です。

あなたもこのような不満を感じているなら、そろそろアパレルを辞めるタイミングかもしれません。

ニシオ
僕が元アパレル社員27名にインタビューした退職理由は、以下の記事にまとめてあります。

20代後半だとアパレルがきつくなる

アパレルの仕事は華やかに見えるので、20代前半までは自己顕示欲を満たすことをモチベーションに頑張れます。

でもアパレル店員は立ちっぱなしの仕事なので、20代後半になると体力的にも精神的にもきつくなりますね。

さらにセール時は連勤ですし、品出しなどの肉体労働も大変です。

5年後10年後の未来を想像すると、そのまま仕事を続けることに限界を感じますよね…。

アパレル社員を何年も続けていると、毎年若いスタッフが入社してくるので、自分の年齢的な場違い感を痛感するようになります。

若い社員は元気があってセンスも良いので、ベテラン社員がその環境で第一線を走り続けるのは厳しいです。

ちなみに僕が働いていたアパレル企業の場合は、僕の同期の9割が20代で異業種に転職していきました。

ニシオ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介されている無料適職診断テストを受けるのがおすすめですよ。

アパレルを辞めて良かった僕の体験談

アパレル 辞めどき

僕は26歳でアパレル業界を辞めましたが、あのとき辞めて本当に良かったと思っています。

アパレルから転職したおかげで、年収は倍近くに増えて、自分にできる業務もかなり増えました。

思考の幅も圧倒的に広がったので、アパレルを辞めた後で手に入れたものは大きいです。

ちなみに今もアパレルを辞めずに頑張っている同期の女性は、アパレル歴10年で年収350万円ほど。

いっぽうで僕の場合は、大手上場企業の営業職に転職して年収600万円になり、現在は結婚して子どもを持ち、マイホームも購入することができました。

年収だけが全てではありませんが、収入が増えると色々なことにお金を使えるので、人生の幅は格段に広がります。

もし今あなたがアパレルを辞めようか迷っているなら、1日も早く行動することをおすすめします。

歳をとるほど、未経験からの転職は難しくなりますからね。

ニシオ
アパレルから転職で失敗したくない方は、こちらの記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ。

【まとめ】アパレルの辞めどきが26歳である理由

この記事の要点をまとめておきます。

  • アパレルの辞めどきは「26歳まで」
  • アパレルの辞めどきを逃すと手遅れになる
  • アパレルの給料の安さが退職理由になる
  • アパレルはキャリアアップできない
  • 20代後半だとアパレルがきつくなる
  • アパレルから転職すると年収が2倍になる

「アパレルを辞めたい」と思っているなら、今すぐ行動するべきです。

これは僕がアパレルを経験しているから言えることですが、アパレルの仕事を何年続けても得られるメリットはそこまで大きくありません。

僕はアパレル店員と大手上場企業の営業職の両方を経験していますが、同じ5年でも転職後に得られた知識や経験の方がはるかに多いです。

悩んでいるだけでは、人生は何も変わりません。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ニシオ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、アパレル店員から年収600万円の法人営業に転職できましたよ。