アパレル販売員 ストレス

「アパレル販売員をやっているけど、仕事のストレスがきつい…」

このような方に向けて記事を書いています。

アパレル販売員は若者に人気の職業ですが、仕事のストレスに悩んでいる方も多いです。

アパレル販売員の主なストレスは『給料が安い・キャリアアップが止まる・体力的にきつい』の3点が原因です。

やりがいのある仕事ですが、年齢が上がるにつれて、どうしても続けられなくなり、辞めざるを得なくなるというのが、アパレル販売員のリアルです。

こんにちは。25歳までアパレル店員だった、ヤンニシです。

記事の信頼性

記事を書いている僕は25歳まで年収250万円のアパレル店員でした。その後、大手上場企業の営業職に転職して年収600万円になり人生が変わりました。現在は20代30代のアパレル社員の方向けに転職に役に立つ情報を発信しています。

この記事では「アパレル販売員が抱えるストレス」から「アパレル販売員の実態」までを解説しています。

この記事を読めば、仕事のストレスに悩むアパレル販売員の方が、これからどのようなキャリアを選ぶべきかがわかります。

それでは、さっそく見ていきましょう〜。

ドフラ
『アパレル社員だった僕が利用した転職エージェント』はこちらをどうぞ。

アパレル販売員のストレスをぶっちゃけます【26歳男性の体験談】

アパレル販売員 ストレス

アパレル販売員の仕事は、楽しくてやりがいもありますが、数年続けていると、それなりにストレスがたまっていきます。

僕も26歳までアパレル販売員をやっていましたが、仕事のストレスをやりがいでカバーできたのは、入社2年目まででした。

入社3年目になり、年齢が25歳過ぎたあたりから、「このまま30歳になっても、俺の人生は大丈夫か?」と思うようになり、アパレルを続けることへの不安が増大していきました。

僕が勤めていた某アパレル企業は、全国に店舗のあるショップだったので、とにかく転勤が多かったです。

アパレルに約4年間勤めましたが、北海道、宮城、静岡、愛知、岐阜、三重、長野、神戸、広島、福岡、熊本、鹿児島、沖縄…と短期間に転勤しまくりました。

これらの転勤によって、彼女に会えない、友達に会えない、家族に会えない、やることがないからプライベートも仕事のことで埋めてしまう…という状況でした。

ぶっちゃけ当時は無知だったので、「仕事ってこんなもんだろう!」と割り切って考えていました。

でも今振り返ると、なかなかハードですよね。

もう二度と、あの頃には戻りたくないです…。

アパレル販売員はとにかく給料が安い!結婚とか想像できない

アパレル販売員が抱える大きなストレスに、「とにかく給料が安い」というのがあります。

アパレル販売員の平均年収は、「250~300万円」ぐらいが多いです。

店長やマネージャーに昇格すると、年収350~400万円稼ぐ人も出てきます。

しかし年収が上がるにつれて、会社から求められる仕事量や責任も大きくなっていくので、一般のアパレル販売員のときよりもストレスが大きくなります。

いずれにせよ、アパレル販売員の年収は「250~400万円」が相場ということですね。

ぶっちゃけ、マネージャーなどのポジションは席数が限られているので、ほとんどのアパレル販売員が「年収300万円前後までしか稼げない」というのが僕の感想です。

アパレル販売員として働いていた当時の僕には、お付き合いをしていた彼女もいましたが、とても結婚なんて想像できなかったです。

結局僕が結婚したのは、転職して年収が上がったタイミングでしたね。

アパレル販売員から本社勤務に異動するのは無理ゲー

アパレル販売員 ストレス

アパレル販売員の辛いところは、本社勤務に異動できる可能性がほとんどないことです。

もともと僕は、将来バイヤーになりたくて、アパレル販売員に就職したのですが、本社に異動できそうな空気が全くありませんでした。

年に数回、本社の人事担当と面談があったので、その度に「バイヤーになりたい!」という意志を伝え続けました。

しかし、毎回「お前にはもっと店舗で頑張ってほしい!」と説得されて、本社勤務への道は閉ざされていたのです。

これが原因で、「アパレル販売員から本社勤務に異動するのは無理ゲーだな…」と思うようになりました。

僕はその後、ずっと店舗業務を続ける未来は嫌だと思って、もっと大きな仕事に挑戦できる、法人営業に転職することを決めたのです。

アパレル販売員は体力的にきつい!立ちっぱなしがしんどい

アパレル販売員のストレスには、「体力的にきつい」というのがあります。

これはアパレル販売員の仕事が、基本的に店頭での立ちっぱなしの業務になることが原因です。

アパレルの仕事は華やかに見えるので、意外と見落とされがちですが、体力勝負な部分が結構あります。

1日中立ちっぱなしで接客をするのは、気力も体力もかなり使うのです。

20代前半までは体力があるので、ハードワークでもそこまで気にならないかもしれません。

しかし20代後半になると、疲れが取れにくくなったり、身体のいたるところにガタが出たりします。

このように「体力的にきつい」というのが原因で、アパレル販売員を辞めていく人も多いのです。

アパレル販売員を何年続けてもアピールできるスキルが身につかない

アパレル販売員 ストレス

アパレル販売員の辛いところは、アパレル販売員を何年続けても、転職市場でアピールできるスキルが身に付かないことです。

アパレル販売員を経験して、得られる最大のスキルは「コミュニケーションスキル」です。

しかし、アパレル販売員で身に付くコミュニケーションスキルは、ある一定のレベルまで到達すると、そこからレベルアップしなくなります。

その理由は、基本的にアパレル販売員の仕事は「ショップに来店するお客様と会話をして、お客様に合うアイテムやコーディネートを提案すること」だからです。

ぶっちゃけ、このスキルはアパレル販売員2〜3年で、一定レベルまで到達します。

なぜなら、1日数百人のお客様を接客していたら、嫌でもコミュニケーションスキルが身に付きますからね。

これを勘違いして、「とにかく長く勤務することに価値がある」と思い込んでいると、めちゃくちゃ危険です。

30歳以上になると、未経験から異業種に転職するのが、かなり難しくなるので、アパレル販売員の仕事に限界を感じるなら、遅くとも20代のうちに行動しなければいけないのです。

アパレルから転職するのに、理想の年齢は「25歳前後」です。

年齢が若くて社会人経験もあり、コミュニケーションスキルが身に付いている人材は、転職市場において重宝されます。

ですから、アパレル販売員にストレスを感じている人は、1日も早く行動しましょう。

【まとめ】アパレル販売員のストレスとは?

最後に「アパレル販売員のストレス」をまとめておきます。

  • アパレル販売員のストレスは給料・キャリア・体力に原因がある
  • アパレル販売員はとにかく給料が安い!結婚とか想像できない
  • アパレル販売員から本社勤務に異動するのは無理ゲー
  • アパレル販売員は体力的にきつい!立ちっぱなしがしんどい
  • アパレル販売員を何年続けてもアピールできるスキルが身につかない

アパレル販売員は素晴らしい仕事なので、アパレル販売員を経験すること自体には問題はありません。

しかし辞めどきを間違えると、人生きつくなるリスクが高いです。

アパレル販売員のおすすめのキャリア設計は、アパレル販売員で2~3年経験を積んでコミュニケーションスキルを身に付けて、そのスキルを活かせる高収入の業界に転職することです。

どのような業界がいいか?どのような職種がいいか?は、転職活動をしながら見つかることが多いです。

僕自身も最初は商社に転職するなんて、思ってもみませんでした。

転職活動を続ける中で、いろいろな出会いがあり、さまざまな知識が身に付いた結果、今の転職先でキャリアを歩むことを選びました。

年収だけをみると、転職前と転職後では年収が約2倍違うので、どこで働くかがめちゃくちゃ大事なのだと実感しています。

アパレル販売員を続けるべきか迷っている方は、とりあえず転職エージェントに登録して、今後のキャリアの相談をしてみるのがおすすめですよ。

ぜひこの機会に、あなたも行動してみませんか?