フリーターから正社員になるには
フリーターから正社員に就職したい人『専門学校を中退して24歳までフリーターを続けてきたけど年齢的にそろそろ就職したい。でも学歴も職歴も不利な自分でも就職できるのか不安で…』

このような方に向けて、記事を書いています。

専門学校や大学を中退した後で、なんとなくフリーターになる人は多いです。

『とりあえずバイトを続けておくか〜』という感じですよね。

でも年を取るにつれて、そろそろ正社員にならないとマズイかも…という焦りが強くなっていきます。

実際に『20代の約8割は正社員』というデータもあるので、フリーターはかなりの少数派…。

早めに就職した方が、良さそうですよね。

ということで今回は、元バーバイトのフリーター・佐藤裕介さん(24歳男性・仮名)のインタビュー内容を紹介します。

この記事では『フリーターからなれる職業』『正社員に就職するための具体的な行動』を解説しています。

ドフラ
こんにちは。元フリーターのドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、WEB制作会社に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに就職に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログの内容を充実させるために、累計210名の方にインタビューしてきたので、就活や転職のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事を読めば、初めての就職活動に不安を抱える方でも、今すぐに一歩を踏み出せるようになります。

3分で読める内容なので、さっそく見ていきましょう~。

※すぐに『フリーターから正社員に就職する方法が知りたい!』という方は、第6章の『フリーターの僕がIT企業に就職するまでの具体的なステップ』から先に目を通してくださいね!

フリーターから正社員になるには?【元バーバイトの体験談】

フリーターから正社員になるには

まずは、今回紹介する元バーバイトのフリーター『佐藤裕介さん(24歳男性・仮名)』の経歴を簡単に紹介しておきます。

佐藤裕介さんは高校を卒業後、『仕事に困らなさそう』という理由で、看護師の専門学校に入学しました。

しかし授業を受けていくうちに、どうしても看護師の仕事に興味が持てず、専門学校を2年留年してしまっていました。

ちなみに、佐藤裕介さんは母子家庭だったので、専門学校の学費は自分でアルバイトをして稼いでおり、学生ながら月収は手取りで20万円ほどありました。

そんな中で、『このまま興味のない看護師の世界に行ってもダメだな…』と思うようになり、専門学校を辞める決意をします。

専門学校を中退してからは、在学中のバイト先のバーでそのまま働くようになり、しばらくフリーター生活を続けていました。

でも24歳を過ぎた頃から、『俺の人生、このままで大丈夫か…』と悩む瞬間が増えていったのです。

同級生の友人はほぼ就職しており、彼女も社会人として頑張っていました。

それに引き換え自分は、何の取り柄もないただのフリーター…。

この状況に焦りを感じて、佐藤裕介さんは『正社員になること』を決意したのです。

佐藤裕介さんは『専門中退+初めての就職』という不利な状況でしたが、就職活動を続けていった結果、見事にIT企業への就職を成功させました。

現在の佐藤裕介さんは、IT企業の営業として、大卒社員とも対等な立場で仕事ができており、将来的には副業や起業も考えているそうです。

ここからは、元フリーターの佐藤裕介さんのインタビュー内容を紹介しつつ、『フリーターから正社員になるための具体的な行動』について詳しく解説していきます。

最初にフリーターから正社員になる理由を明確にしよう

あなたは、フリーターから正社員になるために何をしますか?

  • ハローワークに行く
  • 転職サイトに登録する
  • 求人誌から仕事を探す
  • 知人に就職先を紹介してもらう

いろいろな方法が思いつきますよね?

でも求人を探し始める前に、やっておくべきことがあります。

それは『フリーターから正社員になる理由を明確にすること』です。

『なぜ正社員になるのか?』が決まっていないと、応募する企業を選ぶときに迷ってしまったり、面接のときにうまく話せなかったりします。

特に長い期間、フリーターを続けてきた方は、正社員になる覚悟が決まっていないと就活でも失敗しやすいです。

正社員になる理由の例は、次のとおり。

  • 夢を叶えるために頑張ってきたけど、年齢的に夢を諦めて就職することに決めた。
  • 周りの友人が就職し始めて、自分もこのままじゃダメだと思った。
  • 社会人としてキャリアをスタートさせて、スキルや経験を身につけて自分の市場価値を高めたい。

上記のように、ポジティブで前向きな理由にするのがコツです。

『親に就職しろと言われたから』とか『バイト先に居づらくなったから』などのネガティブな理由だと、就職に対する意欲が低いと思われて、落とされてしまいます。

ですから、まずは『フリーターから正社員になる理由を明確にすること』から始めましょう。

フリーターからなれる職業を知っておこう!

フリーターからなれる職業

『正社員になる覚悟はできたけど、何の職種を選べばいいのかわからない…』

このような悩みもありますよね?

世の中にはたくさんの職種がありますが、経験や実績のないフリーターの方が選べる職種は限られています。

現実的な話をすると、フリーターから就職できる職種は、次のとおり。

  • 営業職
  • ITエンジニア
  • 施工管理
  • 携帯ショップ店員
  • アパレル店員
  • 飲食店スタッフ
  • ドライバー
  • 工場スタッフ
  • 警備員

これが、リアルですね。

この中で、将来性や収入面を考えると、『営業職・ITエンジニア・施工管理』がおすすめです。

この3職種のメリットは、次のとおり。

  • 営業職:コミュニケーションスキルが身につく。給料を上げやすい。転職先に困らない。ビジネスマインドが強化される。起業も視野に入る。
  • ITエンジニア:個人にスキルが身につく。市場価値が高く年収も上げやすい。将来的にフリーランスの道がある。
  • 施工管理:国家資格が取れる。経験と資格取得で年収を上げやすい。安定的に仕事がある。

もちろんメリットがある反面、大変なこともありますが、それはどの仕事も同じですからね。

総合的に考えて、フリーターの就職におすすめなのは、上記の3職種かと。

実際に、佐藤裕介さんは『IT企業の営業職』に就職しています。

ドフラ
それぞれの職種の詳しい情報を知りたい方は、こちらをどうぞ。

フリーターの就活の流れは?

フリーター 就活 流れ

では、フリーターはどのように就活を進めればいいのか?

ざっくり、こんな感じ。

・自己分析する

・キャリアプランをつくる

・応募する職種を決める

・求人を選ぶ

・企業に書類を応募する

・企業の面接を受ける

・内定をもらう

・内定を承諾する

・入社

上記のとおり。

そして、求人を探す方法には、以下の選択肢があります。

  • ハローワークに行く
  • 転職サイトを利用する
  • 求人誌から仕事を探す
  • 知人に就職先を紹介してもらう

これを見て、いかがですか?

『就活ってやること多いな〜。しかも何を選べばいいかわからないし。自分ではちょっと無理かも…』

こう思いませんか?

まさに、佐藤裕介さんが、この状況でした。

『正社員にはなりたいけど就活の方法がよくわからない。ぶっちゃけ面倒くさくて行動できなかった…』とのこと。

では佐藤裕介さんは、どんな方法を使って就職したのか?

それは、『転職エージェントを利用する方法』です。

次章で、この部分を詳しく解説していきますね。

【失敗談】フリーターがハローワークに行ったけど就職できなかった話

もともと佐藤裕介さんは、就職活動をするために『ハローワーク』を利用していました。

ハローワークは無料で利用できる公共職業安定所で、就職するための研修が受けれたり、求人を紹介してもらえたりします。

ただし、無料で求人を紹介してもらえる点は良いのですが、求人の数が膨大過ぎて、そこから自分に合った求人を探すのは、めちゃくちゃ大変なんですよね…。

佐藤裕介さんは、自分が専門中退で初めての就職ということもあり、とても自分ひとりでは無理だ…と思っていたそうです。

そこで、『自分の代わりに求人を探してくれるサービスとかないのかな?』と思ってインターネットで調べた結果、世の中には『転職エージェント』というサービスがあることを知りました。

最終的に、佐藤裕介さんは転職エージェントを利用し始めてから、約1ヶ月でIT企業から内定を獲得し、見事に就職を決めました。

佐藤裕介さんの経験からもわかるように、フリーターから正社員になりたい人は、最初から転職エージェントを利用する方が良さそうですね。

フリーターの僕がIT企業に就職するまでの具体的なステップ

フリーターから正社員になるには

ここでは、元フリーターの佐藤裕介さんが、IT企業に就職するまでの具体的なステップを紹介していきます。

大まかにいうと、次のとおり。

①転職エージェントに登録する
②担当アドバイザーに自己分析を手伝ってもらう
③担当アドバイザーに自分の強みを活かせる求人を紹介してもらう
④担当アドバイザーと相談しつつ、応募する求人を決める
⑤担当アドバイザーに履歴書・職務経歴書を作ってもらう
⑥担当アドバイザーに書類を応募してもらう
⑦担当アドバイザーに面接日程を調整してもらう
⑧担当アドバイザーに企業ごとの面接対策をやってもらう
⑨企業の面接を受ける
⑩担当アドバイザーに面接後の感想を伝える
⑪担当アドバイザーから企業からの選考結果を受ける
⑫担当アドバイザーと相談しつつ、内定が出た会社の中から入社する企業を決める

上記のとおり。

これを見て気づいた方も多いと思いますが、『担当アドバイザーがほとんどやってくれるじゃん!』という感じですね。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーの人が付いてくれて、かなり手厚くサポートしてくれます。

ただし、大手の転職エージェントやハイクラス求人専門の転職エージェントだと、ここまで担当アドバイザーが手厚くフォローしてくれないこともあるので、注意が必要です。

なぜなら、大手エージェントやハイクラス専門エージェントに登録する転職者は、転職経験があったり、社会人としての実績も豊富だったりするので、そこまで手厚くサポートしなくても転職できるからです。

そのためフリーターの人が利用するべきなのは、『学歴や職歴に自信のない方向けの転職エージェント』ですね。

このような転職エージェントは、フリーターや高卒などの就職支援実績が豊富なので、学歴や職歴のない人でも安心して利用できます。

ちなみに、佐藤裕介さんが利用した転職エージェントは、10時間以上のフォローがある『【第二新卒エージェントneo】 』だそうです。

ぶっちゃけ転職エージェントに登録すれば、担当アドバイザーがほぼやってくれるので楽ですね。(アドバイザーは大変だと思いますが…感謝)

ドフラ
フリーターから正社員になりたい方は、今すぐに転職エージェントに登録しておきましょう。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【無料で全て利用できる】

【第二新卒エージェントneo】 :未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

ウズキャリIT :未経験からITエンジニアを目指せる。20代フリーター・ニートの内定率83%以上、無料のIT学習サポートあり。

マイナビジョブ20's :圧倒的な知名度。20代大卒の転職に強い。全求人が20代向け。無料適性診断テストあり。

フリーターを辞めてよかった理由:IT企業なら大卒とも対等に働ける

ここまで『フリーターからなれる職業』から『正社員に就職するための具体的な行動』までを解説してきました。

今回紹介した、元バーバイトの佐藤裕介さん(24歳男性・仮名)の体験談からも、フリーターでも就職できることがわかりますよね。

しかも、就職するために必要な行動は『転職エージェントに登録すること』くらいでした。

もちろん転職理由や志望動機を考えたり、最終的に入社することを決めたり、といった最低限のことはやらなければいけませんが、転職のプロに相談しながら進められるのは安心ですよね。

実際に佐藤裕介さんは、以下のようにコメントしています。

『あのときにフリーターを辞めて本当に良かったです。あのままフリーターを続けていたら、年齢的に就職は難しかったかもしれません。いまは大卒の同僚とも対等に仕事ができているので、現状にはかなり満足していますね!』

『フリーターを続けてでも、どうしても叶えたい夢がある!』という方が、フリーターを辞める必要はないと思います。

でも『フリーターを辞めたい…』『そろそろ正社員になりたい…』という方が、就職活動を始めない理由はないですよね?

もしあなたが、本気で人生を良くしたいと思っているなら、今すぐに転職エージェントに相談してくださいね。

✔とりあえず登録すべき転職エージェント3社【無料で全て利用できる】

【第二新卒エージェントneo】 :未経験OKの求人5000件以上。中卒・高卒・大学中退の20代フリーターの転職に強い。10時間以上の手厚いフォロー。

ウズキャリIT :未経験からITエンジニアを目指せる。20代フリーター・ニートの内定率83%以上、無料のIT学習サポートあり。

マイナビジョブ20's :圧倒的な知名度。20代大卒の転職に強い。全求人が20代向け。無料適性診断テストあり。