「やりたいことが見つからないまま、大学生活が終わってしまいそうです」

「やりたいことが見つからないので、就職先を選ぶのに困っています」

大学生からこのような悩みを相談されることが増えてきたので、今回はこのような悩みを抱えている大学生に向けての記事になります。

結論からいうと、やりたいことが見つからない大学生は今日からすぐにスマホを触る時間を削るべきです。

それではその理由について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

やりたいことが見つからない大学生はスマホを見るな!

繰り返しますが、やりたいことが見つからない大学生は今日からすぐにスマホを触る時間を削るべきです。

それはなぜか?

その理由は、やりたいことが見つからないのはドーパミン濃度が低いことが原因だからです。

ドーパミンについてカンタンに説明します。

ドーパミンとは快楽を感じたり、気持ちいいと思った時に分泌される中枢神経系の神経伝達物質です。

人間がやる気に満ち溢れている時はこのドーパミンが大量に分泌されている時です。

つまり、やりたいことが見つからないということはやる気がないという状態なので、ドーパミンの濃度が低いということになります。

このドーパミンの分泌には注意が必要です。

例えば、薬物、お酒、タバコなどを摂取すると一次的にドーパミンが分泌されるので、人間はそれによって快楽を感じるのですが、これらの問題は中毒性があることです。

通常の状態でドーパミン濃度が低い人たちは、自分のドーパミン濃度を早く上げるためにどうしても目先の報酬を選んでしまう傾向があります。

人間は長い時間とたくさんの労力をかけて得られる報酬よりも、短い時間でカンタンに手に入る報酬を選んでしまう傾向があります。

つまり、読書をして自分の知識をつける長期的な自己投資よりも、お酒、タバコ、ゲーム、ギャンブル、スマホなどの短期的に快楽を感じられる方を選んでしまうということです。

ゲームやスマホなどの短い時間で快楽を感じられるものは、ゲームをしている時やスマホを触っている時は一次的にドーパミンが上がるのですが、それが終わったあとはその反動で一気にドーパミンが下がってしまいます。

この反動が中毒性を高めてしまい、依存から抜け出せなくなるのです。

特にスマホを触っている最中はドーパミンの数値が40%も上昇するという調査結果が出ており、これは薬物のコカインを使用した時と同じ数値だそうです。

スマホを見ることがコカイン使用時と同じくらいの中毒性があるのはちょっと衝撃的ですよね。

やりたいことが見つからないなら大学生活の中の悪い習慣を取り除く

やりたいことが見つからないなら、あなたの悪い習慣をすべて取り除きましょう。

目の前の短期的な快楽を追いかける限り、自分のやりたいことが見つからない状態は継続されます。

就職活動の成功、ビジネスの成功、人間関係の構築、肉体改造、アート、資産運用、夢の実現など、人生の中で価値の高いものは結果が出るまでに時間がかかります

報酬を得るまでの労力の大きさや時間の長さに耐えられず、手軽に快楽を得られるスマホに手が伸びてしまう大学生はたくさんいます。

やりたいことを見つけるための1番の近道はそんな大学生活の中の悪い習慣を取り除くことです。

大学生活の中からタバコ、お酒、スマホ、ギャンブル、ゲームなどの悪い習慣につかっている時間を減らすことで、長期的な報酬を得るための時間が増えていきます。

人生の中で価値の高いものに関わっている時間が長くなれば、自然とやりたいことも見つかります。

やりたいことが見つからない大学生はスマホを触る時間を削ろう

やりたいことが見つからない大学生がやるべき第一歩は「スマホを触る時間を減らすこと」です。

コカインと同じくらいの中毒性があるスマホ依存を克服できれば、悪い習慣の多くは改善されます。

そうすれば、努力をした先に待っている成果を求めて長期的な報酬のために時間をつかう習慣を身につけることができます。

短期的な快楽ばかりを追いかけていると、本当にやりたいことは見つかりません。

もしもあなたが今、タバコを吸っていたり、お酒を大量に飲んでいたり、何となくスマホをも見ている時間が長かったりするなら、その時の自分の感情を客観的に書き出してみてください。

客観的に自分の感情をみることで、自分がスマホを触ることでを得ているのかが理解できます。

スマホを触ることで何も得られていない自分に気づくことができれば、あなたの人生から短期的な報酬を追いかける時間は減っていきます。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • やりたいことを見つけるためにはドーパミン濃度のコントロールが必要
  • スマホを触ることは薬物のコカインと同じくらいの中毒性がある
  • やりたいことが見つからない大学生はスマホを触る時間を減らすべき
  • 人生の中で価値の高いものは手に入れるまでに長い時間がかかる

ということで、今回は「やりたいことが見つからない大学生はスマホを触る時間を減らすべき理由」について話しました。

やりたいことを見つけたいと思うのはとても素晴らしいことです。

あなたがやりたいことを見つけるためにあなた自身の悪い習慣を少しずつ変えていってくださいね。

このサイトには自分を変える思考法をまとめてありますので、就活や人生に迷った時のヒントにしていただければと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事