中小企業 WEB戦略

『ホームページの効果を出したい…』
『WEBから集客したい…』
『業者に相談してもアドバイスをもらえない…』

このような方に向けて記事を書いています。

今はインターネットで情報を調べたり、商品を購入したりするのが当たり前の時代なので、ほとんどの会社がホームページを持っています。

でも、ホームページを持っている会社の中には、次の2つのタイプがある。

  • WEB戦略が機能している会社
  • WEB戦略が設計できていない会社

ホームページを作っただけでは効果は出ないので、しっかりとWEB戦略を設計して、それが機能するまで育てていく必要があります。

では、中小企業がWEB戦略をうまく機能させるためには、具体的に何をすればいいのか?

結論からいうと、最適なキーワード選びをした上で、ホームページ内に有益な記事を増やしていくこと、がめちゃくちゃ重要。

なぜなら、ホームページの中にキーワード対策をした記事が増えていけば、ユーザーがGoogle検索で情報を調べたときに、さまざまなキーワードで自社のホームページが上位表示されるようになるからです。

そうすれば、ホームページのアクセス数が増えて、WEB経由での問合せや注文につながります。

ドフラ
こんにちは、SEOコンサルタントのドフラです。

記事を書いている僕はWEB業界で10年のキャリアがあり、172社の企業HPをディレクションしました。自己所有のWEBサイトは合計で月間50万PVを超えています。

この記事では『中小企業のWEB戦略はキーワード選びで9割決まる理由』から『キーワードを選ぶときのコツ』までを紹介します。

この記事を読めば、まだ本格的にWEBを活用できていない企業でも、今日からすぐにWEB戦略の設計をスタートできると思います。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

中小企業のWEB戦略はキーワード選びで9割決まる理由【失敗談あり】

中小企業 WEB戦略

中小企業がWEB戦略をうまく機能させれるかどうかは、キーワード選びで9割決まります。

このキーワード選びを間違えると、あなたの会社のWEB戦略は失敗します。

では、ここであなたに質問です。

あなたの会社が、ホームページに求める効果は何ですか?

僕は実際に172社の経営者から話を聞きましたが、多くの会社が『自社の集客アップや採用活動の効率化』のために、ホームページを活用したいと考えていますね。

ホームページのアクセス数を増やす

ホームページ経由の問合せを増やす

問合せの中から受注や採用につなげる

上記のとおり。

ホームページの効果を出すためには、まずホームページのアクセス数を増やさなければいけません。

つまり、ホームページを見てくれる人を増やす、ということですね。

ただしホームページの露出を増やすためには、Googleの検索結果で上位表示される必要があります。

インターネットで情報を調べるときって、検索結果の上から順番に情報を確認していきますからね。

ユーザーが調べるのは、せいぜい3ページ目ぐらいまで。

ホームページのアクセス数を増やしたいなら、1ページ目には入っておきたいところ。

ほとんどのユーザーは、1ページ目に表示されたサイトの中から、自分が欲しい情報を手に入れます。

理想は『1位〜3位』ぐらいに入ること。

ホームページの中に、Google検索で上位表示がとれる記事が増えていけば、WEB戦略の仕組みが徐々にできあがっていきます。

とはいえ、現実は9割以上の会社が、キーワード選びを真剣にやっていません…。

だから逆に考えると、キーワードの理解を深めれば、他社と差をつけるチャンスですね。

検索されないキーワードを選ぶと失敗する

では、中小企業がWEB戦略で失敗しないためには、どうすればいいのか?

まずは大前提として、『検索されないキーワードを選ばない』ように注意してください。

たとえば、キーワード検索で1位を取れたとしても、そのキーワードで検索する人がゼロなら、全く意味がありません

試しに、あなたの個人名でGoogle検索してみてください。

ほとんどの場合、あなたの会社のホームページや個人のSNSのページが、検索結果の上位に出てくるはずです。(ただし、同姓同名の有名人がいる場合は例外ですけどね。)

でも、あなたの個人名で検索する人なんて、あなた自身か家族や友人くらいですよね?

このように、ほぼ検索されないキーワードで、検索結果の上位を狙っても、全く意味がないのです。

ですからキーワード対策をする場合は、月間検索結果が『0回』というキーワードは選ばないようにしてくださいね。

ビッグキーワードを狙うと大手企業に玉砕される

中小企業 WEB戦略

中小企業がWEB戦略で失敗しないためには、『ビッグキーワードを狙い過ぎない』のもポイントです。

たとえば、次のようなキーワードですね。

  • 旅行:月間検索回数 110,000回
  • 転職:月間検索回数 201,000回
  • 引っ越し:月間検索回数 90,500回

このようなビッグキーワードは、月間検索ボリュームがめちゃくちゃ多いので、もちろん1位を取れれば、大きな効果が期待できます。

しかし、このような大きいビジネス市場には、莫大な資金を持つ巨大企業が参入してきます。

大量の人員を抱えて、多額の広告費が使えて、複数のWEBサイトを運用している…。

こんな大手企業に、中小企業が資金力で勝てるわけありません。

ですから中小企業がWEB戦略をする場合は、大手企業のライバルサイトが多くて、大きな広告費をかけないと勝てない市場は避けるべきです。

たとえば、『転職』というビッグキーワードではなく、『26歳 転職 おすすめ』『25歳 営業職 未経験 転職』『第二新卒 転職 IT企業 未経験』など。

複数の言葉を組み合わせたキーワードなら、月間の検索回数が少なくなるので、わざわざ大手企業が参入してくる可能性も低いです。

このようなニッチなキーワードなら、中小企業でも勝てるチャンスはあります。

中小企業は資金や人員が限られているわけですから、会社経営と同じようにWEB戦略にも『ランチェスター戦略』を応用するのがおすすめです。

複数のキーワードで対策しないと勝てない理由

中小企業がWEB戦略で失敗しないためには、『複数のキーワードで対策すること』が重要です。

たとえば、『旅行』というキーワードでしか対策をとっていないホームページだと、WEB戦略においてはめちゃくちゃ弱い。

※そもそも『旅行』はビッグキーワードなので、中小企業が狙ってはいけないキーワードですが…。

インターネットで情報を集めるユーザーは、いろいろなキーワードで検索します。

たとえば、旅行を考えているユーザーなら、次のとおり。

  • 沖縄 旅行
  • 沖縄 旅行プラン
  • 沖縄 旅行 補助
  • 沖縄 田舎 観光
  • 沖縄 観光スポット
  • 沖縄 旅行 温泉
  • 沖縄旅行 モデルコース
  • 沖縄旅行 カップル

このようにユーザーは、さまざまなキーワードでネット検索します。

そのため、複数のキーワードで対策することが重要なのです。

ちなみに、ホームページ内に投稿する記事タイトルの例は、こんな感じかと。

  • 愛知県に旅行したい人向けの定番プランとは?
  • 愛知県の観光スポット10選!ここは外せないでしょ!
  • 愛知県旅行で人気の温泉は〇〇で決まり!絶景です
  • 愛知県に旅行するカップルが選ぶおすすめの旅館7選
  • 愛知県に旅行で使える補助を紹介【1万円安くなる方法とは?】

どうですか?

ちょっと、それっぽいですよね?

あなたも自社の顧客になりそうなユーザーが、どんなキーワードで検索するかを想像した上で、複数のキーワードでSEO対策してくださいね。

なおキーワードのピックアップにおすすめのツールには、『ラッコキーワード』がありますので、ぜひ活用してみてください。

まとめ:中小企業のWEB戦略はキーワード選びで全て決まる!

中小企業 WEB戦略

最後に『キーワード選びで失敗しないポイント3つ』をまとめておきます。

  • 月間検索回数が0回のキーワードは選ばない
  • ビッグキーワードよりニッチキーワードを狙う
  • 複数のキーワードで対策しないと失敗する

中小企業のWEB戦略が成功するかは、キーワード選びで9割決まります。

しかし、キーワード選びを真剣にやっていない企業は多い。

ということは、しっかりキーワード選びをおこなった上で、ホームページ内に有益なコンテンツを増やしていけば、SEOで上位表示がとれる可能性は高いです。

この方法は、資本力や社員数で大手企業に勝てない中小企業が、WEB戦略を成功させるための唯一の突破口です。

それぐらい、キーワード選びは超重要。

まずは、あなたの会社の見込み客が、検索しそうなキーワードをピックアップしてみてください。

それを調べてみるだけで、今後のWEB戦略のヒントが見つかると思いますよ。