ダメなホームページ

『会社のホームページの効果がない…』
『ホームページをうまく活用したい…』
『でも何をどうすればいいのかわからない…』

このような方に向けて記事を書いています。

せっかくホームページをつくっても、期待する効果が出ないと、ちょっとムカつきますよね…。

でもホームページは、作っただけでは効果がありません。

ホームページの効果を出すためにはコツがありますし、効果を実感できるまでに、少なくとも半年~1年の期間はかかると思っておいた方がいいですね。

ドフラ
こんにちは、SEOコンサルタントのドフラです。

記事を書いている僕はWEB業界で10年のキャリアがあり、172社の企業HPをディレクションしました。自己所有のWEBサイトは合計で月間50万PVを超えています。

この記事では『ダメなホームページの7つの特徴』について解説しています。

この記事を読めば、ホームページを運用する上で絶対にやってはいけないことがわかるので、今日からすぐにホームページの改善に取り組めます。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

ダメなホームページの7つの特徴【絶対にやってはいけないこと】

ダメなホームページ

この記事を読んでいるあなたは、自社のホームページの効果や反響に、不満があるのだと思います。

ぶっちゃけホームページの効果が出るかどうかは、会社がどれだけ積極的に運用しようとするか次第です。

僕の経験上、ダメなホームページの特徴は、次の7つです。

  • ユーザー目線で考えていない
  • 更新が止まっている
  • 業者に丸投げになっている
  • サイト内に記事が足りてない
  • キーワード対策をしていない
  • 実行と改善をくり返していない
  • ゴールを設計していない

『業者にお金を払ってホームページをつくれば、効果があるんでしょ?』という思考だと、ホームページの効果は期待できません。

ホームページは公開がゴールではなく、公開してからがスタート。

これを理解していないと、『ホームページをつくったのに効果がないじゃないか!』という的外れのクレームに労力を使うことになります。

ちなみに、ホームページ業者を選ぶときも『その業者が売ることをゴールにしているのか?』『ホームページから効果を出すことをゴールにしているのか?』を見極めるのは超重要です。

ここからは、ダメなホームページの特徴をそれぞれ解説していきますね。

ダメなホームページの特徴①:ユーザー目線で考えていない

ダメなホームページの特徴その1は、『ユーザー目線で考えていない』です。

自分たちが発信したい情報だけを掲載した自己満足のホームページ、動画や画像だらけで表示スピードが遅いホームページ、情報量がスカスカで何も伝わらないホームページ…。

このようにユーザー目線に立っていないホームページは、残念ながら効果が出ません。

ホームページから効果を出すためには、ユーザーが問合せしたくなるようなホームページでなければいけません。

あなたの会社のホームページは、いかがでしょうか?

見やすくて、使いやすくて、必要な情報が掲載されていて、ユーザーが納得できるようなホームページになっていますか?

実際にパソコンやスマホを使って、自分がユーザーになったつもりで、ホームページを確認してみてください。

『これじゃ問合せしないでしょ!』と思ったら、改善の余地ありです。

どんな商売も同じですが、お客様目線を見失うと、必ず失敗します。

ダメなホームページの特徴②:更新が止まっている

ダメなホームページの特徴その2は、『更新が止まっている』です。

あなたも経験がありませんか?

ホームページを見たら、新着情報が『2011年で止まっている…』みたいな経験。

更新が数年前で止まっているようなホームページから、誰も問合せしようなんて思わないですよね?

そもそも会社がまだやっているのかどうかも、疑ってしまいます。

これは仕事の依頼をするお客様だけでなく、会社の求人に応募する求職者にも言えることです。

『ホームページの更新ができない=従業員の管理もできない』と思われます。

いまの時代、求人に応募する求職者の9割以上は、事前にホームページで会社の雰囲気を確認していますからね。

ダメなホームページの特徴③:業者に丸投げになっている

ダメなホームページの特徴その3は、『業者に丸投げになっている』です。

ホームページの効果を出すためには、業者任せにしていてはいけません。

なぜなら自社のことを1番よく知っているのは、会社の社長である『あなた』だからです。

ホームページの効果を出すためには、自社の情報を熟知している必要があります。

たとえば、次のような情報ですね。

  • 自社の強みは何か?
  • どんなお客様が商品を買うのか?
  • 他社商品との違いは何か?
  • どんな時に商品が必要かになるのか?
  • 購入するときのお客様の不安は何か?

挙げればキリがないですが、こんな感じです。

ホームページから商品を受注するためには、上記のような情報を全て把握した上で、ホームページを運用する必要があります。

それにもかかわらず、自社のことを全て把握していない業者に、ホームページの運用を丸投げしていいと思いますか?

これは、絶対にダメです。

本気でホームページからの反響を増やしたいなら、社長のあなたが積極的に運用に参加するべきです。

社長と業者の二人三脚で、ホームページの運用をしていくのが理想です。

ダメなホームページの特徴④:サイト内に記事が足りてない

ダメなホームページの特徴その4は、『サイト内に記事が足りてない』です。

ホームページの効果である『問い合わせ』を増やすためには、ホームページにアクセスを集めなければいけません。

アクセスを集めるためには、自社商品に関連するさまざまなキーワードでGoogle検索した時に、検索結果の上位に表示される必要があります。

このキーワード対策で効果的なのが、『ホームページ内に記事を増やす方法』です。

お客様の役に立つような『自社商品に関連する記事』を増やすことで、ホームページの中に自然とキーワードが散りばめられていきます。

これが、キーワード対策です。

ただし、記事を書けば、すぐに検索結果に出てくるわけではありません。

検索結果に表示されるまでに3ヶ月〜半年はかかりますし、記事の質が悪くて何年経っても表示されないこともあります。

ですから、とにかく記事を書きまくることが大事です。

だいたい100本くらい記事を書くと、検索結果の上位を取れる記事が複数出てくるので、そこからはそのノウハウを活かして記事を書いていくと、検索結果で上位を取れる確率も高まります。

ダメなホームページの特徴⑤:キーワード対策をしていない

ダメなホームページの特徴その5は、『キーワード対策をしていない』です。

ホームページに記事が足りてない場合、まずは記事を書くことが大事になります。

ホームページに数十本の記事を入れて、記事を書くことに慣れてきたタイミングで、キーワード対策もしていきましょう。

キーワード対策とは『自社に関連するキーワードでGoogle検索されたときに、ホームページを検索結果の上位に表示させるための対策』です。

ざっくりな感覚でいうと、検索結果で1位を取れたら、だいたい検索ボリュームの半分の人がクリックしてくれる、というイメージです。

検索ボリュームとは『そのキーワードで月間に何回検索されているか?』の数値です。

キーワードで上位表示させるためには、記事タイトル、見出し、本文の内容、文字数、ディスクリプション、画像、ALT属性、内部リンクなど、あらゆる対策が必要になります。

ある程度の記事数になってきたら、このキーワード対策を行っていきましょう。

ダメなホームページの特徴⑥:実行と改善をくり返していない

ダメなホームページの特徴その6は、『実行と改善をくり返していない』です。

何かの目標を達成するためには、実行と改善をくり返していかないといけません。

これは、ホームページの場合も同じです。

たとえば『ホームページから月10件の受注を獲得する』という目的を立てた場合、問い合わせからの成約率から逆算して、各目標値を決める必要があります。

逆算して考えると、こんな感じの数値目標になりますね。

受注10件←商談30件←問い合わせ50件←アクセス数10,000件

要するに、受注10件獲得するためには、10,000件のアクセスを集めなければいけない、ということです。

この場合に、まずやるべきことは、『アクセス数10,000件を達成するためにホームページ内に有益な記事を書きまくること(最低100本)』です。

アクセス数が10,000件に到達した後は、以下の流れで検証していきます。

問い合わせ件数の50件は達成したか?→商談に繋がったか?→受注に繋がったか?

各段階の数値を確認していき、目標に達していない場合は、目標に到達するまで改善をくり返していくのです。

記事数を増やしたり、キーワードの見直しをしたり、内部リンクを貼り直したり、セールスライティングを書き直したり、セールスページまでの導線を設計し直したり、サイトスピードを改善したり…。

ホームページから反響を出すためには、このように実行と改善をくり返すことが必要です。

ダメなホームページの特徴⑦:ゴールを設計していない

ダメなホームページの特徴その7は、『ゴールを設計していない』です。

ホームページからの問い合わせを増やすためには、まずホームページへのアクセスを集めなければいけません。

アクセスを集めるためには、ホームページ内に記事を増やさなければいけません。

そのため『とにかく記事をたくさん書いてアクセスを集めよう!』という思考になるのですが、ここで一点注意すべきことがあります。

それは、『ただアクセスを集めても問い合わせに繋がらない』ということです。

どういうことかというと、サイトに訪れたユーザーに問い合わせをしてもらうためには、最終的に『セールスページ』を見てもらう必要があるのです。

何かしらの悩みを抱えるユーザーが、ホームページ内の記事に訪れた場合、そのまま放っておくと、その記事の1ページだけで離脱してしまいます。

このユーザーから問い合わせを獲得するために、やらなければいけないことは、『記事を読み終わった後にセールスページに誘導すること』です。

たとえば、記事の最後に『当社では〇〇の悩みを〇〇で解決できますので、ぜひこちらもチェックしてみてください』のような一文を添えて、セールスページに誘導するのです。

そうすることで、記事に訪れたユーザーのうち何割かはセールスページに飛んでくれて、そのうち何割かは問い合わせしてくれる、というイメージです。

ホームページから問い合わせを増やしたいなら、このようにゴールまでの導線設計をしっかりやっておいてくださいね。

まとめ:ダメなホームページは無計画に放置されている

ダメなホームページ

最後に『ダメなホームページの7つの特徴』をまとめておきます。

  • ユーザー目線で考えていない
  • 更新が止まっている
  • 業者に丸投げになっている
  • サイト内に記事が足りてない
  • キーワード対策をしていない
  • 実行と改善をくり返していない
  • ゴールを設計していない

多くの会社が無計画にホームページを作り、無計画にホームページを運用しています。

そりゃあ、ホームページの効果が出ないのも、仕方ないかと…。

ちなみに、あなたの会社と同地域の同ジャンルの中小企業のホームページを検索してみると、ほとんどの会社が『ダメなホームページの特徴』に当てはまっているのがわかると思います。

特に『ホームページ内に記事を定期更新している』という会社は、めちゃくちゃ少ないです。

ですから、まずは記事を更新するだけでも、周りの会社との差をつけれます。

とにかくホームページは公開したあとの運用が大事なので、絶対に放置せず、実行と改善をくり返していってくださいね。