見切りをつけた方がいい会社

『今の会社では成長できない…』
『会社に見切りをつけようか迷っている…』
『でも本当に辞めてもいいのか不安で…』

このような方に向けて記事を書いています。

将来性に不安を感じて、会社を辞めたいと思いつつ、なかなか見切りをつけられずに時間だけが過ぎていく…という方は多いです。

結論からいうと、見切りをつけた方がいい会社は、次の5つです。

  • ずっと同じビジネスをしている
  • 経営者が新しい事業に挑戦しない
  • 新しい経験が積めない
  • 尊敬できる上司や同僚がいない
  • 給料以外に得られるものがない

『自分の将来性』を第一に考えるなら、このような会社は早めに見切りをつけるべきですね。

ドフラ
こんにちは。フリーターから起業家になった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、WEB系ベンチャー企業に転職して起業に活かせる経験を積み、現在は会社員を辞めて独立しています。

この記事では、自己成長のために会社に見切りをつけた経験を持つ僕が、『見切りをつけた方がいい会社5選』を解説していきます。

この記事を読めば、見切りをつけた方がいい会社の特徴がわかるので、会社を辞めるか残るかの判断ができるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐ自分に合う仕事が知りたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

【見切りをつけた方がいい会社①】ずっと同じビジネスをしている

見切りをつけた方がいい会社

見切りをつけた方がいい会社の一つ目は、『ずっと同じビジネスをしている』です。

何年も同じビジネスを続けている会社は、時代の変化によって、突然業績が傾くリスクが高いです。

インターネットが普及する前は、世の中の流れが遅かったので、事業を変化させなくても、企業は利益を確保できていました。

しかし現在はスマホの普及やSNSの拡大によって、情報の格差がほとんどなくなり、人々のライフスタイルは目まぐるしく変化しています。

そうなると、当然それに合わせて、会社のビジネスモデルを変化させる必要が出てきます。

書籍から電子書籍になったり、テレビからYouTubeになったり、ガソリン車から電気自動車になったり。

そんな中で、顧客の変化に見て見ぬ振りをして、今ギリギリの状態で売上を確保している事業にしがみつくことは、リスクでしかないです。

あなたの将来性を考えると、時代の変化に合わせて、ビジネスモデルを進化させようとしない会社は、見切りをつけた方がいいですね。

【見切りをつけた方がいい会社②】経営者が新しい事業に挑戦しない

見切りをつけた方がいい会社

見切りをつけた方がいい会社の二つ目は、『経営者が新しい事業に挑戦しない』です。

新しいことに挑戦していない会社には、将来性がありません。

経営者が現状維持しか考えていなかったり、事業への情熱がなくなったりすると、会社で新しい事業が立ち上がらなくなる。

会社で得られる経験値を考えると、既存の事業に関わるよりも、新規の事業に関わる方が、はるかに大きな経験になります。

ぶっちゃけ、すでに完成している事業の中で働くことは、会社にある大量の歯車のひとつになることを意味します。

代替え可能な歯車社員になってしまうと、個人の成長は期待できません。

会社の売上を安定させるために必要な、ただの1ピースになるだけ…。

ですから、個人のスキルを身に付けたい方は、経営者が挑戦していない会社に、見切りをつけるべきですね。

【見切りをつけた方がいい会社③】新しい経験が積めない

見切りをつけた方がいい会社

見切りをつけた方がいい会社の三つ目は、『新しい経験が積めない』です。

人材の市場価値は、『何を経験してきたか?』で決まります。

つまり、ずっと同じ仕事しかやっていない人は、世の中的な価値が低いということ。

一般的には、次のような考え方です。

・珍しい経験をしてきた人=希少価値が高いから高収入
・どこにでもいるような人=希少価値が低いから低収入

上記のとおり。

希少価値の高い人材になるためには、誰もやってないような経験を積むか、複数の経験を組み合わせることが必要。

とはいえ、誰もやってないような経験を積むのは、かなりハードルが高いので、複数の経験を組み合わせながら、自分の希少性を高めるのが現実的かと。

たとえば、こんな感じです。

WEB制作の新規開拓営業5年 × SEOコンサルタント3年 × WEBマーケター3年 × WEBセミナー講師2年 × 経営者セミナー運営 × 採用コンサルタント2年 × キャリアアドバイザー2年

こうやって自分の経験値を増やしていくと、次に挑戦できる仕事の選択肢が増えるので、どんどん人材の市場価値が高まります。

このような個人の成長戦略をとるためには、新しい経験が積めない会社にいてはいけないのです。

【見切りをつけた方がいい会社④】尊敬できる上司や同僚がいない

見切りをつけた方がいい会社

見切りをつけた方がいい会社の四つ目は、『尊敬できる上司や同僚がいない』です。

『あなたの年収はあなたの周りにいる5人の平均になる』といわれているように、誰と一緒に仕事をするかはめちゃくちゃ大切です。

特に同じ部署の上司や同僚は、毎日顔を合わせて仕事をするわけなので、嫌でも影響を受けてしまいます。

意識が高い人材に囲まれていれば最高ですが、その逆の人材が集まる職場も多いですよね。

文句ばかり言っている人、フットワークが重い人、サボることしか考えていない人、必要最低限の仕事しかしない人…など。

このような低レベルの人が集まる会社で働いていると、どんなに優秀な人でも、仕事に対するモチベーションが下がります。

『上司が凄すぎて追いつけない!』
『優秀な先輩のスキルを盗みたい!』
『ここで仕事すれば絶対に成長できる!』

このように思えない会社で働いても、あなたの成長はゼロです。

もしそうなら、そろそろ見切りをつけるタイミングかと。

【見切りをつけた方がいい会社⑤】給料以外に得られるものがない

見切りをつけた方がいい会社

見切りをつけた方がいい会社の五つ目は、『給料以外に得られるものがない』です。

あなたは何のために、いまの会社で仕事をしていますか?

  • 個人のスキルを身に付けるため
  • 業界の知識を吸収するため
  • 職種の経験を増やすため
  • 上司や同僚から学ぶため
  • 新規事業を経験するため

上記のように、自己成長が目的なら、そのまま会社で仕事をし続けるべきです。

しかし、仕事をする目的が『給料をもらうため』だけになっている場合は、もう見切りをつけた方がいいですね。

給料以外に得られるものがない環境で仕事をすると、あなたは成長するどころか、退化してしまいます。

学びのない環境や刺激のない環境は、どうしても思考停止になるので、自分で考えて行動する力が衰えてしまうのです。

これは、あなたの将来性を考えると、めちゃくちゃリスクが高い。

最近では、大企業のトップたちが『45歳定年制』や『終身雇用の崩壊』などの発言をしていることもあり、同じ会社で一生働くというのは非現実的です。

ということは、自分で考えてキャリアを形成したり、市場価値を高めるために転職したりしないといけません。

そうなると、思考停止で働いている人たちは、完全に取り残されます。

もう『待っていれば会社が面倒を見てくれる時代』ではないのです。

あなたの未来を考えると、給料以外に得られるものがない会社は、絶対に見切りをつけるべきですね。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する無料適職診断テストを受けるのがおすすめですよ。

今すぐに行動しないリスクは転職の可能性が狭まること

見切りをつけた方がいい会社

20代の方が今すぐに行動しないリスクは、『年齢を重ねるほど転職の可能性が狭まること』です。

学歴や職歴に自信がない方でも、年齢が20代なら、未経験から応募できる求人はたくさんあります。

たとえば、20代の未経験がチャレンジできる求人は、次のとおりです。

・ホームページ制作の営業
・アプリ制作の営業
・求人広告の営業
・建築商材の営業
・電気製品の営業
・ITエンジニア
・施工管理
・携帯ショップスタッフ

わりと20代なら、仕事を選べる感じですよね。

でもこれが30代以上になると、未経験から採用してくれる企業が一気に減り、経験者の採用がメインとなります。

20代には若さとエネルギーを求める企業が多く、30代以降は前職の経験や知識を求める企業が多いのです。

ですから、30代まで同じ会社で働き続けた結果、その後の人生を諦めるしかない…という後悔をしないでくださいね。

凡人が将来性のある仕事に転職する方法とは?

見切りをつけた方がいい会社

『20代のうちに転職したほうが良いのはわかったけど、どうやって将来性のある仕事に転職すればいいの?』

このような疑問もありますよね。

結論からいうと、凡人が転職で失敗しないためには、転職エージェントを利用するべきです。

ただし、あくまでも僕のように『学歴や職歴に自信のない凡人』の方に限ります。

※有名大学を出ている方や一流企業に勤めている方は、ヘッドハンティングや知人の紹介で転職する方が、良い条件で転職できると思います。

ちなみに僕は『26歳までフリーター』という底辺の経歴だったため、自分ひとりで転職するのは無謀すぎました。

実際に30社に書類を応募して、そのうち28社が書類選考で落選、残りの2社は面接でフルボッコという結果でした…。

そんな状況のときに、友人から『転職エージェント』というサービスを教えてもらい、とりあえず登録してみたのが良かったです。

転職エージェントに登録した後は、担当のキャリアアドバイザーが求人をピックアップしてくれて、応募書類の作成から面接対策までを手厚くサポートしてくれました。

担当アドバイザーの話によると、世の中には『フリーターからでも採用してくれる会社と採用してくれない会社がある』とのことでした。

要するに、未経験者を積極的に採用する会社と経験者しか採用しない会社がある、ということですね。

ぶっちゃけ、担当アドバイザーがやってくれたことを自分ひとりでやるのは無理でしょ…と思いました。

その後、僕は転職エージェント経由でIT企業の営業職に転職して、5回の社内異動で身につけたWEBマーケティングスキルをもとに起業しました。

当時を振り返ると、20代で行動しておいて、本当によかったと思います。

ここまでの内容からもわかるとおり、特別なスキルや経験のない凡人が、転職で失敗しないためには、とりあえず転職エージェントに登録しておくのが安全ですよ。

『未経験から将来性のある仕事に転職したい!』という方は、ぜひこの機会に行動しておいてくださいね。

ドフラ
僕は26歳の時に転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の営業職に転職できましたよ。

見切りをつけた方がいい会社5選【まとめ】

見切りをつけた方がいい会社

最後に『見切りをつけた方がいい会社5選』をまとめておきます。

  • ずっと同じビジネスをしている
  • 経営者が新しい事業に挑戦しない
  • 新しい経験が積めない
  • 尊敬できる上司や同僚がいない
  • 給料以外に得られるものがない

『今の会社に見切りをつけていいのか迷っている…』と悩んでいる方はたくさんいます。

これからの仕事選びでは、自分の市場価値を高めることが重要になります。

仕事を通して、将来応用できるスキルや経験、知識を身に付けられる環境のある会社を選ぶのがおすすめです。

ぶっちゃけ、最強なのは『個人のスキルが身につく仕事』ですね。

ちなみに僕の場合は、フリーターからWEB制作会社の営業に就職して、その後はWEBマーケティングやWEBコンサルにキャリアを広げていきました。

『自分はスキルも経験もないから…』と言って、異業種への転職を諦めるのはもったいないです。

実際にこんなショボい経歴の僕でも、最終的に起業するところまで行けたのですから、ほとんどの方が転職で人生を変えれるはず。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
今すぐ転職できない方は、とりあえず適職診断テストを受けて、自分に向いてる仕事をチェックしておきましょう。