キャリアアドバイザー きつい

『キャリアアドバイザーはきついの?』
『キャリアアドバイザーは何が大変なの?』
『キャリアアドバイザーは辞めるべき?』

このような疑問に答えるために、今回は元キャリアアドバイザーの『津田恵梨香さん(26歳女性・仮名)』から聞いた体験談を紹介します。

ドフラ
こんにちは、26歳まで年収190万円だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、WEB業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計211名の会社員の方にインタビューしてきたので、様々な業界で働く人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、元キャリアアドバイザーの津田恵梨香さんの体験談をもとに、『キャリアアドバイザーの転職がきつい理由』を解説します。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

元キャリアアドバイザーの転職がきつい理由【26歳女性の体験談です】

キャリアアドバイザー きつい

津田恵梨香さんは、人材紹介会社のキャリアアドバイザー(営業職)として、約2年間働いていました。

キャリアアドバイザーを辞めた理由は、『県外に住んでいる彼氏と同棲するため』です。

津田恵梨香さんはキャリアアドバイザーを退職後、転職活動を続けていますが、なかなか転職先が決まりません。

では、なぜ転職できないのか?

津田恵梨香さんが転職できない理由は、26歳で転職回数がすでに3回あるからです。

転職市場では『20代で経験社数が4社以上ある』と、かなりネックになります。

同業界や同職種でのキャリアアップ目的の転職なら、転職回数は何回でも問題ありません。

しかし、未経験からの転職だと不採用になる確率が高いです。

津田恵梨香さんの最終学歴は専門卒なので、20歳から働いていることにはなりますが、6年で経験社数4社ということは、1社あたり1年〜2年で辞めていることになる。

これでは、企業に『早期離職の恐れがある』と判断されても仕方ないですよね…。

『うちに入社してもすぐ辞めるのでは?』
『この人は持続性が低いのでは?』

このように思われたら、内定はもらえません。

キャリアアドバイザーでも希望条件が高すぎると転職できない!

キャリアアドバイザー きつい

津田恵梨香さんは転職活動を半年ほど続けていたが、どこからも内定をもらえていません。

しかし本人としては、『自分にはキャリアアドバイザーとして、そこそこの実績がある!』と言っており、実際にキャリアアドバイザー時代は『月5名の決定、月平均130万円の売上達成』をしていたとのこと。

では、なぜ内定をもらえないのか?

結論をいうと、希望条件が高すぎるからです…。

津田恵梨香さんの希望条件は、以下のとおり。

  • 希望業界:人材紹介業
  • 希望職種:営業職
  • 希望年収:手取りで月20万円以上
  • 希望休日:土日祝休み
  • 通勤手段:公共交通機関
  • 勤務時間:自宅から30分以内
  • 仕事内容:新規開拓の電話はやりたくない。
  • 労働時間:残業なし(19時までに家に帰りたい)
  • 社内環境:若い人がいる職場。飲みに行ける仲間がほしい。

こんなに希望条件が多いと、内定を獲得するのは無理ですね…。

『彼氏と同棲すること』が転職の最大の目的なので、彼氏が返ってくるまでに夕食をつくらなければならず、休日も彼氏と合わせなければならない、とのこと。

このような状態では、アルバイトしか選べないのが現実です。

『希望条件が高い+20代で経験社数4社』という状況では、元キャリアアドバイザーでも正社員に転職するのはきついです…。

20代で経験社数4社のキャリアアドバイザーはきつい!転職先を選べる余裕はない…

キャリアアドバイザー きつい

津田恵梨香さんはキャリアアドバイザーに転職する前に、ブライダル業界のプランナー、アパレルショップの販売員、ほかの人材紹介のキャリアアドバイザーを経験しており、26歳時点で経験社数は4社。

ぶっちゃけ20代で経験社数が4社もあると、企業からの印象は『長続きしない人』となってしまう。

短期離職をくり返している人は、書類選考でほぼ落とされます。

ものすごい実績のある人材なら、『転職回数が多くても、ぜひ採用したい!』と言ってもらえる可能性もありますが、津田恵梨香さんレベルの実績だと状況はきついですね…。

どこかで折り合いをつけないと、そのままニート生活に転落するリスクがあります。

  • 正社員を諦めるか?
  • 土日休みを諦めるか?
  • 残業時間を諦めるか?
  • 彼氏を諦めるか?
  • 就職を諦めるか?

何かを諦めない限り、一生転職はできません。

企業の中には『結婚したら会社を辞めてしまうのではないか?』も想定して、採用するかしないかを決める会社もあります。

20代で経験社数が4社ある人は、転職先を選べる立場じゃない…

これは認めたくない事実かもしれませんが、現実を受け入れて行動しないと、将来的に理想の未来を手に入れることはできません。

津田恵梨香さんと同じような立場の方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてくださいね。

ドフラ
僕は26歳の時にフリーターからIT企業に転職して、なんとか人生をやり直せました。