SEO キーワード 選び方

『SEO対策のやり方がわからない…』
『キーワード選定の方法が知りたい…』
『とにかくホームページの効果を高めたい…』

このような方に向けて、記事を書いています。

SEO対策が重要なのは知っているけど、具体的に何をすればいいのかわからず、ホームページがずっと放置状態…という会社は多いです。

『中小企業の9割はちゃんとSEO対策をしていない』といっても、過言じゃありません。

では、SEO対策って具体的に何をすればいいのか?

結論からいうと、ニッチなキーワードを選んで記事を量産するのがおすすめです。

ホームページの効果を出したいと考える企業の多くが、検索ボリュームの大きいビッグキーワードを狙おうとします。

もちろんビッグキーワードで上位表示できれば、ホームページに大量のアクセスが集まります。

しかし、中小企業がビッグキーワードで戦うのは無理ゲー…。

なぜならビッグキーワードは、大手企業を含めた競合他社もたくさん狙っているからです。

この場合、広告費や外注費など資金力の勝負になってくるので、中小企業だと勝ち目がないかと。

ですから、中小企業がSEO対策で狙うキーワードは『ニッチなスモールキーワード』がおすすめです。

スモールキーワードでも、検索上位にホームページを表示できれば、稼げるチャンスは十分にありますからね。

ドフラ
こんにちは、WEB歴10年のドフラです。

記事を書いている僕はWEB業界で10年のキャリアがあり、172社の企業HPをディレクションしました。自己所有のWEBサイトは合計で月間50万PVを超えています。

この記事では、WEB業界で10年の経験をもつ僕が、『SEO対策のキーワードの選び方』を解説していきます。

この記事を読めば、これからSEO対策を始めようと思っている方でも、初歩的な失敗は回避できるはずです。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

SEO対策のキーワードの選び方を3分で解説【9割が失敗する理由】

SEOキーワード 選び方

SEO対策のキーワードを選ぶ上で、『検索ボリュームがどれだけあるか?』は重要です。

しかし、検索ボリュームだけが全てではありません。

キーワードは検索ボリュームによって、『ビッグキーワード』『ミドルキーワード』『スモールキーワード』の3つに分けられます。

【ビッグキーワード】
・ホームページ

【ミドルキーワード】
・ホームページ制作
・ホームページ作成

【スモールキーワード】
・ホームページ制作 名古屋市北区
・ホームページ制作 名古屋市西区
・ピアノ教室 ホームページ制作 名古屋

上記のとおり。

検索ボリュームの大きいビッグキーワードほど、検索意図がぼやけるんですよね。

たとえば、『ホームページ』というキーワードで検索するユーザーは、ホームページの何を知りたいのでしょうか?

  • ホームページを自分で作る方法が知りたいのか?
  • ホームページのデザインが見たいのか?
  • ホームページの活用方法が知りたいのか?
  • ホームページ制作会社の求人を調べたいのか?
  • ホームページ制作のスクールが知りたいのか?

このように、情報を調べている目的がよく分かりません。

ですから『ホームページ』というキーワードで集客しても、ホームページを販売できるとは限らないのです。

そのいっぽうで、検索ボリュームの小さいスモールキーワードである『ピアノ教室 ホームページ制作 名古屋』であれば、その検索意図は明確ですよね。

『ピアノ教室 ホームページ制作 名古屋』で検索するユーザーは、おそらく名古屋市内でピアノ教室を運営する人で、ホームページを制作できる会社を探していることが予想できます。

このようなニッチなキーワードはロングテールキーワードとも呼ばれており、ここをSEO対策で狙う方法を『ロングテールSEO』といいます。

ロングテールSEOには、次のメリットがあります。

  • 競合他社が少ない
  • 上位表示が取りやすい
  • 成約につながりやすい

初心者はSEO対策でビッグキーワードを狙いがちですが、スキルも経験もない状態で参戦すると撃沈します…。

ですから中小企業がSEO対策するなら、最初は2語や3語を組み合わせた複合キーワードから狙うのがおすすめですよ。

SEO対策のキーワードを選ぶときは『1記事1キーワード』が基本です!

SEOキーワード 選び方

SEO対策をするなら、『1記事1キーワード』が基本です。

『せっかく記事を書くなら、いろいろなキーワードから集客したい!』という方も多いと思います。

しかし、その考えだとSEO対策は失敗する…。

1つの記事の中に、あれもこれもキーワードを入れると、結局何が伝えたいのかがわからなくなります。

このような検索ユーザーのニーズを満たせない記事は、検索順位も上がりません。

たとえば、『ピアノ教室』で記事を書いていくなら、下記のとおり。

  • ピアノ教室 大人
  • ピアノ教室 子供
  • ピアノ教室 中学生
  • ピアノ教室 大学生
  • ピアノ教室 個人
  • ピアノ教室 どこがいい
  • ピアノ教室 選び方
  • ピアノ教室 月謝

上記の各キーワードごとに、1記事ずつ書いていくイメージです。

記事内容のイメージは、こんな感じですね。

  • ピアノ教室 大人➡大人向けのピアノ教室のまとめ
  • ピアノ教室 子ども➡子ども向けのピアノ教室のまとめ
  • ピアノ教室 中学生➡中学生向けのピアノ教室のまとめ
  • ピアノ教室 大学生➡大学生向けのピアノ教室のまとめ
  • ピアノ教室 個人➡個人教室と大手教室の比較
  • ピアノ教室 どこがいい➡ピアノ教室の比較方法を紹介
  • ピアノ教室 選び方➡ピアノ教室を選ぶ基準を紹介
  • ピアノ教室 月謝➡ピアノ教室の月謝の相場を紹介

ちょっとざっくりしていますが、記事の作り方の大枠はこれでOKかと。

ちなみに、検索キーワードを調べるときは『ラッコキーワード』というツールがおすすめです。

ラッコキーワードのサイト内でキーワードを一つ入力すると、サジェストキーワードが一覧で表示されます。

たとえば、『ピアノ教室』の場合は、736個のサジェストキーワードを探せましたよ。

ラッコキーワードは無料でも利用できるので、ぜひ使ってみてくださいね。

SEO対策のキーワードの選び方で失敗する人の特徴とは?

SEOキーワード 選び方

SEO対策でキーワードを選ぶときの注意点は、『検索ユーザーの具体的なニーズまで考えること』です。

たとえば、『ピアノ教室 大人』というキーワードには、次のようなニーズがあるかもしれません。

  • ピアノ教室 大人➡大人向けのピアノ教室がどこにあるか知りたい
  • ピアノ教室 大人➡大人向けのピアノ教室の口コミが見たい
  • ピアノ教室 大人➡大人向けのピアノ教室の開業方法が知りたい

このように、さまざまなニーズが予想できますよね。

ですから、キーワードごとにニーズを細かく分析して、検索ユーザーの疑問を解決する方法を考えるのが重要です。

では、ユーザーの具体的なニーズはどうやって調べればいいのか?

1番簡単な方法は、『Googleの検索窓にキーワードを打ち込んでみること』です。

実際に『ピアノ教室 大人』と入力すると、次のようなサジェストキーワードが表示されます。

  • ピアノ教室 大人 初心者
  • ピアノ教室 大人 名古屋
  • ピアノ教室 大人 安い
  • ピアノ教室 大人 おすすめ
  • ピアノ教室 大人 経験者
  • ピアノ教室 大人 東京
  • ピアノ教室 大人 短期

上記の中から、どのキーワードを狙えばいいのか?

答えは、全部…。

なぜなら、各キーワードごとに『検索ユーザーが知りたい情報が違うから』です。

ですから、全部のキーワードごとに記事を書くわけですね。

『全部書くとか無理でしょ?』と思うかもしれませんが、これくらいやらないとSEO対策はうまくいきません。

とはいえ、中小企業の9割はここまでやりません。

しかしだからこそ、徹底的にSEO対策を実践すれば、チャンスがあるのです。

SEO対策のキーワードの選び方【まとめ】

最後に『SEO対策のキーワードの選び方』のポイントをまとめておきます。

  • 資金力がないとビッグキーワードでは勝てない
  • 検索ボリュームの小さいキーワードを狙う
  • スモールキーワードは検索意図がわかりやすい
  • 集客できても成約に繋がらないキーワードもある
  • SEOの基本は1記事1キーワード
  • 検索意図を満たせないと上位表示できない
  • ラッコキーワードでサジェストキーワードを選ぶ
  • 具体的なニーズまで調べて記事を書く
  • 徹底的に記事を書けば中小企業にもチャンスがある

多くの中小企業が、SEO対策でビッグキーワードを狙おうとします。

『検索回数の多いキーワードで上位表示できれば効果が出る』と考えるのは普通ですからね。

しかし忘れてはいけないのが、『大手企業や競合他社も同じキーワードを狙っている』ということ。

悔しいかもしれませんが、中小企業は資金力や組織力で大手企業と戦っても、絶対に勝ち目がありません…。

ですから、中小企業は『ニッチキーワードを攻める』という戦略で、着実に自分たちの収益を増やしていきましょう。