どうも、ドフラです。私はこれまで7年間、個人事業主から上場企業まで500社以上の企業に対して、経営・採用・WEBコンサルティングを行い、多くの成功者たちに出会ってきました。今回はこの経験を活かして、成功したいけど自分は何の能力もない弱者だから、と諦めかけている方に向けて成功するために必要な成功者の考え方について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

弱者が成功するために必要な成功者の考え方とは

世の中には成功できる人と成功できない人の2種類の人間が存在します。両者の違いは頭の良さでも、家庭環境でも、身体的能力の差でもなく、成功に対する考え方の違いです。思考の違いによって人生は左右されるということです。

自分のことを弱者だと思っている人たちは、成功することは難しいことだと思っています。それがメンタルブロックとなり、何に対しても挑戦でず、その結果として底辺労働者と呼ばれる弱者層に入ってしまうのです。

成功はめちゃめちゃ簡単なこと!

弱者が成功者になるためにはまず、成功は難しいものだという思考を捨てる必要があります。成功が難しいというイメージが自分をどんどん成功から遠ざけていき、目の前にチャンスがきたときも心理的ブレーきがかかり、「私にはまだできない」「私にはまだハードルが高い」とチャンスを見逃してしまうのです。

本来成功とははめちゃめちゃ簡単なことなのです。自分ができると思ったことは全てできるようになっているので、スタートラインから絶対に成功できるというイメージを持って取り組めば自分の思い通りの結果を得られるのです。

あの社長は明るいから成功したんだ、とか。あの人は容姿がととのっているから成功したんだ、とか。あの人は話がうまいから成功したんだ、とか。そうやって成功者のことを勘違いしている人もいますが、何も関係ありません。

弱者に必要なのは「自分は簡単に成功できる」と信じ込むことです。それだけでその他大勢の人たちと一気に差が開き、成功にグッと近づきます。ここからは具体的な成功者の考え方について解説していきます。

スポンサーリンク

成功者の考え方【3つのポイント】

①成功者は多くのことをやらない

成功者は多くのことをやりません。自分がやるべきことを最小限にします。なぜかというと、成功者は自分の成果に集中するからです。

たいていの人間がすべてをパーフェクトにこなせるわけではありません。ほとんどの人は凡人です。だから、成功するためには「ブログを運営できるようにしないといけない」「プログラミングを覚えないといけない」「話すの上手にならないといけない」「動画の編集をうまくできるようにならないといけない」みたいに、やらないといけないことがいくつも出てきます。

これらを全部やろうすると、成功する前に人生が終わってしまいます。だから、成功者は自分がやるべきことを最小限にして、自分の課題に集中しているから成果を出せるのです。

②成功者は決断力と切り捨て力が高い

多くのことをやらないということは成功者は多くのことを切り捨てているということになります。成功者にはこの「決断力」も非常に大切です。優柔不断で決断できない人は成功できません。

成功する人は自分で決断する力と自分に必要ないと思うものを切り捨てる力を持っています。だから他より秀でることができるのです。

③成功者は新しいジャンルでチャレンジする

成功者は常に新しいジャンルで挑戦しています。成熟しきっていてこれから先は衰退するしかない分野に参入しようとする成功者はいません。誰も挑戦していない狭い分野でナンバーワンを取りにいきます。

新しいジャンルで自分がやるべきことを絞っているからこそ、そのジャンルでナンバーワンを勝ち取れるのです。ナンバーワンになれる分野を探して無駄なことはすべて切り捨てて、自分がやるべきことに集中してください。

ナンバーワンになれば待っていても勝手にあなたに仕事が舞い込んできます。必ず成功できると深く信じて、自分だけのナンバーワンを探してください。それが弱者から成功者になるための近道です。弱者から抜け出したいのなら、成功者の考え方を取り入れてこれからの人生を歩んでみてください。きっと世界が変わりますよ。それではまた。

スポンサーリンク
おすすめの記事