こんにちは、ドフラです。

キャバ嬢の世界では、お客様のことを太客(ふときゃく)、そこそこ客などと区別するそうです。太客とは1回で何百万円、何千万円とお金を落としてくれる客単価の高いお客様のことで、そこそこ客とはそんなに高いお金は払ってくれないが、毎月安定的に利用してくれるお客様のことです。

これを私たちがやっているビジネスの世界で考えたときには、太客とそこそこ客はどちらを重視するべきかという疑問がわいてきます。ということで、今回は「太客を増やすのとそこそこ客を増やすのは、どっちがいいの?」という話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

太客を増やすのとそこそこ客を増やすのはどっちがいい?

キャバ嬢の世界をよく知らなかった私は、キャバ嬢で成功するためにはそこそこ客よりも太客を多く抱えていることが重要だと思っていました。1回に何百万円、何千万円というお金を落としてくれる太客を自分の指名客にして、ナンバーワンまでのぼりつめていくというイメージがあったのです。

でも、実際にキャバ嬢で働いている方たちは、意外にも「太客を増やすよりも、そこそこ客を増やす方が大事」と言っています。これはどういうことなのでしょうか。

キャバ嬢の方が言うには、太客は自分のところでお金を落としてくれているうちはいいが、自分に飽きてしまうと、他のキャバ嬢や他のお店に移っていってしまうこともあるそうです。そうすると、太客によってつくられていた自分の売上がガタ落ちして、一気にナンバーワンの座から引きずり下ろされてしまうのです。

上位20%のお客様が売上の80%をつくっている

これはビジネスの世界にも共通している面白いポイントです。「上位20%のお客様が売上の80%をつくっている」というのは有名な法則で、この場合、キャバ嬢が抱えている20%の太客が自分の売上の80%をつくっていることになるので、太客が自分のところから離れてしまうと、自分の数字に大打撃を与えてしまうのです。

だから、優秀なキャバ嬢は高単価の太客を増やすことよりも、安定的に自分にお金を落としてくれるそこそこ客を増やすことに注力します。これは自分の売上が突然ガタ落ちしないためのリスクヘッジということですね。

では、私たちが自分で事業を始めるときはどうなのでしょうか。キャバ嬢と同じようにそこそこ客を集めることに注力するべきなのでしょうか。ここからは新規で事業をスタートするという視点で太客とそこそこ客について見ていきましょう。

スポンサーリンク

新規事業スタート時の太客とそこそこ客の優先順位

私たちが新規で事業をスタートさせるときには太客とそこそこ客のどちらを優先して営業戦略を立てていくべきなのでしょうか。キャバ嬢の法則からいくと、まずは、そこそこ客を集めるということになりますが、これを私たちの事業で取り入れていくと、最初は低単価のお客様をどんどん増やすという戦略になります。

低単価のお客様をどんどん増やすということは、1件あたりのお客様に対してそこまで多くの時間は割けないということになります。また、お客様1件あたりの利益が少ないので、事業として成立させるためにはお客様の数をどんどん増やさなければいけません。つまり、集客のために多額のお金と多くの労力が必要ということになります。

新規事業スタート時に多額のお金を集客のために投資できるほどの潤沢な資金があればいいのですが、開業時にそれだけお金に余裕がある方は少ないと思います。労力は気合と根性でなんとかなるかもしれませんが、お金が底をついてしまうと問答無用でゲームオーバーになります。

新規事業スタート時は太客が大事

低単価のお客様を増やすというビジネスモデルの場合、一定数のお客様を集めるまでは赤字が続きますので、資金力に余裕のある経営状態でないといけません。他にも安定したビジネスモデルを持っているとか、経済的に余裕のある状態であれば、そこそこ客を重視するビジネスモデルに取り組んでもいい段階だと思いますが、そう出ない場合は、太客を最初に集めてビジネスを展開していく必要があります。

つまり、新規事業をスタートするときは、最初から低単価のサービスを売るのではなく、最初は高単価のサービスを売るべきなのです。最初は自分の事業を軌道に乗せなければいけないので、付加価値の高い高単価のサービスを買ってくれる人を探すことから始めていきましょう。提供するサービスが高単価であれば、自分の時間も労力も十分にかけることができるので、お客様の満足度も高められます。

1件1件のお客様に対して手厚くサポートして、お客様の課題をしっかり解決できるようになれば、リピート購入や紹介なども期待できるようになります。このようにして、高単価のサービスを買ってくれる太客が一定数集められて、事業が安定してきたら、低単価のそこそこ客を集めるフェーズに入っていきます。

事業が安定したらそこそこ客を増やす段階

低単価を集めるためには集客のための資金が必要になりますので、ここに投資できるくらい経営に余裕が出てきたなら、メルマガ、ブログ、SNS、YouTube、書籍などを活用して、どんどんお客様を増やしていきましょう。ここで大切なのは低単価のお客様なので、高単価のお客様ほどに労力をかけなくてもいいビジネスモデルになっていることです。

動画、セミナー、ブログ記事、書籍などは、一度つくってしまえば勝手に売れていく商品なので、少ない労力で一気にシェアを広げることができます。また、汎用性も高いので、いろいろなビジネスと絡めて横展開することもでき、売上をさらに拡大していくことができるようになります。

少ない労力で最大限のリターンを得るためには最終的にそこそこ客を増やすというビジネスモデルにしていくことが大切ではありますが、事業立ち上げの段階では太客をしっかりつかまえて事業を安定させる必要があるということですね。あなたも新規事業を考えているなら、この考え方を参考にしてみてくださいね。それではまた。

自分を変えるためのブログ|ドフラCEO

このブログでは自分を変えるための話を毎日更新しています。人生100年時代、定年70歳、終身雇用の崩壊、45歳定年説などの情報が飛び交い、私は現在30代ですが、私たち若手世代がこれから生きていく時代は何が起こるかわかりません。既存の固定概念に縛られたままの思考では、今後の人生を乗り切ることは困難になるのではないかと考えています。

私たち若手はこれからの日本を支えていく立場だと思いますので、私自身も含めて、同じ若手世代がどんどんチャレンジしていけるような世の中になると楽しそうだなと思い、微力ながらブログを運営しています。

このブログが、誰かの小さな気づきになってもらえれば、とても幸せです。引き続き、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事