こんにちは、ドフラです。

6月は賞与が出る時期なので、採用市場では6月〜7月は人が動きやすい時期といわれています。実際に転職者のデータを見てみると、この時期に転職活動は活発になっているのがわかります。

ということで、今回はこれから転職活動を考えている方に向けて「転職面接で落ちる人と受かる人の違い」について話していきたいと思います。

転職面接で落ちる人と受かる人の受け答えの違い

転職活動では転職者の学歴や資格などを重視する企業もありますが、対面で実際に話をする面接を重視する会社が圧倒的に多いです。履歴書や職務経歴書は偽りの自分を演出することができますが、対面で実際に話すと必ずぼろが出て、転職者の本来の姿を確認することができるからです。

これは別に企業が転職者に不採用を出したくてやっているわけではなく、入社後のミスマッチを少しでも減らすためにやっているのです。偽りの自分を取りつくろって、なんとか入社できたとしても、入社後の業務や社風が自分に合わないとまた会社を辞めることになってしまいます。これは企業にとっても、転職者にとってもマイナスでしかないのです。

今回は「転職面接で落ちる人と受かる人の違い」についてお伝えしますが、私は皆さんに転職面接を切り抜けるテクニックをお伝えしたいわけではありません。転職面接で想定される質問に対して、そもそも自分のしっかりした答えが持てないのなら転職するタイミングではない可能性があります。何のために転職するのか、転職した後で、どんな自分になりたいのかを今一度見直していただけるきっかけになれば幸いに思います。

スポンサーリンク

あなたはなぜ今の会社を辞めるのか?

「あなたはなぜ今の会社を辞めようと思っているのか?」。この質問に対して、どれだけ具体的に答えられるかは転職する上でとても重要なポイントです。

会社を辞める理由として「残業が多いから」「上司とソリが合わないから」「給料が安いから」などの会社の悪口になるようなネガティブな理由だと、面接する側の企業の印象はあまり良くないです。このような人たちは、転職した後も会社のグチや悪口をいう人間なのではないか、と疑われてしまい、内定から遠ざかってしまいます。

残業が多いなら仕事を業務時間内に終わらせるような努力はしたのか。上司とソリが合わないなら良好な人間関係を築くために自分は何をしたのか。給料が安いと思うなら売上を増やしたり、役職者を目指したりして、自分の給料を上げるための取り組みをしたのか。これらを振り返ってみて、あなたがもし、何もしていないのならまだ今の会社でやれることがあるかもしれません。

世の中の課題はだいたい解決できるので、グチや悪口を言って終わりだと思考停止している人だと思われてしまうのです。これからの時代に必要とされる人材は思考停止状態の指示待ち人間ではなく、自ら課題を解決していけるようなバイタリティーのある人間なのです。

今の会社を辞める最適な理由

「あなたはなぜ今の会社を辞めるのか?」。この質問に対しては、自分のキャリアプランや将来の目標達成のためという理由が最適な回答です。

「自分のキャリアプランを考えたときに御社での経験が不可欠なので」「将来こうなりたいからこのタイミングで御社で働きたい」などの理由だと、しっかりと自分のキャリアプランや将来のことを考えて転職を決断しているのだな、ということがわかるので、転職面接でも内定をもらいやすいですし、自分の中でも転職する理由が明確なので転職の軸がブレなくなります。

どこかの企業の転職面接を実際に受ける前に、ぜひ一度「今の会社を辞める理由」を自分なりに考えてみてください。これが明確になれば、転職後に自分がなりたい自分像もみえてくるので、いろいろな選択をするときに迷わなくなります。

あなたの前職での実績を教えてください

会社を辞める理由と同じくらいの重要度で質問されるのが「あなたの前職での実績」です。採用する企業側は、あなたが前職でどれだけの実績を出してきたかを知ることで、入社後にあなたが自社にもたらしてくれる利益の期待値をイメージすることができます。

人材採用は企業にとって投資です。投資した金額以上のリターンを得ることができなければ、企業は投資する必要がないのです。無駄な投資は企業にとってマイナスになるだけなので、企業側も人材採用にはとても慎重に行います。

また、前職の実績をただ説明するだけではなく、その中に「あなただからこそ実績が出せた理由」も説明できると、あなたは自分の強みをしっかりと分析できている人だと思ってもらえます。こういった人材は、会社の中で自分がどのように動けば会社の利益を最大化できるかを知っているので、採用できれば会社の資産になると重宝されます。

もしも今、あなたが前職での実績をしっかりと説明できないのであれば、今すぐに転職するのではなく、今の職場で胸を張れる実績をつくってからでも遅くないかもしれません。または、自分が気づいていないだけで、しっかりと実績を残せていることもあるので、今一度自分がこれまでに会社でやってきたことを振り返って自分の実績をまとめることから始めてみるといいと思います。

明日の9時から出社する自分をイメージできるか?

最後にキラー質問をご紹介します。それは「もしも、あなたのパソコンや名刺などの業務に必要なものが全て会社に用意されていたとして、明日の9時から出社してくださいと言われたら、あなたは会社で何をしますか?」という質問です。

この質問に対して、具体的に答えられる転職者の方は内定をもらいやすいです。なぜなら、この質問に迷わず答えられるということは、自分が面接を受けている会社で何をするのかを具体的にイメージできているということだからです。

その会社でやりたいことが決まっていれば、その会社の情報をしっかり確認して、自分ならどのような仕事ができるかを考えようとします。ここまで深く考えて、自分が働いている姿をイメージできる会社はあなたの転職先として最適である可能性が高いです。

あなたが転職を考えているなら、適当に転職先を決めるのではなく、入社後の自分のイメージがしっかりできるまでその会社のことを調べたり、自分のキャリアプランのことを考えたりするべきです。これができると、入社後のミスマッチも少なくなるので、転職者にとっても、採用する企業側にとってもプラスになるのです。

自分を変えるためのブログ|ドフラCEO

ということで、今回は転職面接で落ちる人と受かる人の違いについてお伝えしました。あなたが転職を考えているのなら、転職面接の質問対策として答えを用意するのではなく、しっかりと自分の頭で将来のキャリアプランを考えて、転職の軸を持った上で転職活動をしてください。人生100年時代、これから何が起こるかわかりませんが、自分の将来について真剣に考えることは必ず自分にプラスになるはずです。ぜひ、あなたも豊かな人生を手に入れてください。それではまた。

スポンサーリンク
おすすめの記事