こんにちは、採用コンサルタントのドフラエジルです。

私は仕事で企業の採用コンサルティングを行っており、その中で各企業の人事担当の方に、面接にやってくる求職者の特徴などもヒアリングしているのですが、人事担当に内定を出してもらえる求職者と内定を出してもらえない求職者にはそれぞれ特徴があるようです。

今回は現在、就職活動中の方に向けて「就活に失敗する人の特徴」について、私の経験も踏まえて話していきたいと思います。

ポジティブ思考だと就活に失敗する理由

皆さんは今、就活をしていますか?

就活をしている多くの方が「就職できなかったらどうしよう」「就活で失敗したらどうしよう」と、就活に対して不安を抱えていることだろうと思います。

結論から言うと、就活に成功できるかどうかは、就活に対する不安とどう向き合うかによって決まります。

就活に対して不安を感じるのは人間として正常なことです。ここで大切なことは、不安を感じることがダメなのだと思ってはいけないということです。

色々な書籍に「ポジティブ思考が大切だ」と書いてあるので、ネガティブな思考を持っていることが悪だと考えてしまう人が多いです。しかし、ポジティブ思考だけでは就活に失敗する可能性が高いのです。

スポンサーリンク

ただのポジティブ思考は就活に失敗する

ポジティブ思考は大切だとよく言われますが、そのポジティブ思考がどのような根拠でつくられているかが重要です。

どういうことかというと、世間一般的にポジティブ思考だと言われている人たちは「自分ならできるっしょ!」「まぁなんとかなるでしょ!」と物事に対して、何の根拠もなく楽観的に成功できる自分をイメージしてしまいます。

これは一見すると、ポジティブ思考に思えて就活でも成功できそうな雰囲気ですが、この人たちは就活で成功できません。なぜなら、この人たちは自分の課題と真剣に向き合っていないからです。

将来の不安に対して、「自分はこれだけ頑張ったのだから絶対にうまくいくはずだ」と思う人と「努力しなくても自分ならなんとかなるでしょ」と思う人とでは、その結果と失敗したときのショックの大きさが全然違います。

これは研究結果でも実証されているのですが、将来の不安を乗り越えるために努力した結果、失敗したときよりも、将来の不安から逃げようとして何の努力もせずに挑んだ結果、失敗したときのほうが、受けるショックが大きくなるということがわかっています。しかも、準備しなかった人は準備した人に比べて立ち直れなくなる人が圧倒的に多かったという結果も出ています。

就活とポジティブ思考の関係

就活についても「ここまでやったんだから、なんとかなるだろう」というポジティブ思考であれば、うまくいくことが多くなります。

努力せずに「自分はうまくいっている」と言う人たちは失敗しやすく、しかも失敗したときのストレスが大きくなってしまいます。

なぜ、この人たちは将来に不安を感じているのに、不安と向き合わずに逃げてしまうのか。それはこの人たちが失敗を怖がっていて、チャレンジできない思考になっているからです。

多くの人たちは失敗することを怖がっています。根拠がないのにポジティブ思考な人たちは、別に度胸があるわけでもなく、チャレンジすることを怖がっているだけなのです。行動力が伴わないポジティブ思考はかえってうまくいかなくなることが多いのです。

就活に失敗する人とポジティブ思考の研究結果

2002年にアメリカのニューヨーク大学で発表された「就活に失敗する人とポジティブ思考の関係」についての論文があります。

この論文では、約80名の学生に対して、卒業した後でどのようなキャリアを描きたいかをポジティブにイメージしてもらい、その2年後にその人たちを調査した結果、よりポジティブなイメージを持っていた学生ほど企業からの求人数が少なく、実際に就職した後も給与が少なかったというデータが出ていました。

つまり、根拠のない自信を持っている人ほど希望の就職先に入れる可能性が低く、給料も少なくなってしまっているということです。この研究結果からも、根拠のないポジティブ思考は就活に失敗してしまうということがわかります。

「俺は絶対うまくいく」と大きな声でポジティブな雰囲気を出している人の方が大きなことを成し遂げそうに思えますが、意外にも将来に対して不安を抱いている若干ネガティブにみえる人の方が将来では自分の望むものを手に入れている人が多いのですね。

根拠のある自信が就活を成功させる

根拠のないポジティブ思考ではなく、自分が感じた就活に対する不安を受け入れて、その不安を解消するための準備として、しっかりと努力をすることが大切です。

その結果、自分に自信がついてポジティブ思考になり、結果も出やすくなるということです。

就活に対する不安を恐怖としてとらえるのではなく、その不安を解消するための準備をすることに重きを置いて、努力することが大切で、この思考を持って就活に取り組んでいてる人は就活でも成功しやすいのです。

不安は準備をするための感情なのだということを理解して、不安から逃げずにしっかりと不安を受け入れて行動していくという思考をもちましょう。

そうすれば、就活に失敗したらどうしようという恐怖も和らいで、本来自分が持っている力を就活でも発揮できるようになるはずです。せひ、根拠のあるポジティブ思考で就活に挑んでいただければと思います。

おわりに|ドフラエジルからひとこと」

今回は就活ではポジティブ思考が失敗のもとになるという話をお伝えしました。ポジティブ思考が失敗のもとになるという研究結果が私個人的には意外な事実でした。ポジティブ思考と聞くと、前向きでプラスのイメージを持っていましたが、根拠のない自信は結果も出にくく、失敗した時のダメージも大きいということなので、自分も気を付けたいと思います。しっかり努力して、十分に準備した上で何事にも挑戦する思考で生きていこうと思います。

このブログは毎日更新しており、自分を変えるための思考法を発信しています。自分と関わる人の心や自分が今いる環境を変えることはできません。でも、自分で自分を変えることは誰にでもできます。そのためにはまず、自分の思考から変えていく必要があるので、私自身の勉強のためにも毎日自分を変えるための思考法について情報を発信しています。微力ながら、皆さまのお役に立てるようにブログを運営していきますので、これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事