フリーター やめとけ
フリーターから就職しようか迷っている人『なんとなくフリーターを続けてきたけど、そろそろ年齢的にも就職しないとやばいかな…。もうフリーターは辞めた方がいいの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、フリーターから就職しようか迷っている段階の方は、今すぐにフリーターを辞めないと人生損します。

フリーターを辞めようか迷っているということは、『特に理由もなくフリーターを続けている』ということですよね?

たとえば、音楽でデビューを目指しているとか、役者で売れたいと思っているとか、明確な目標がある人はフリーターを続けるのもアリだと思います。

『夢や目標を目指して頑張った経験』から得られるものもがありますし、もし就職することになっても、努力してきたことを面接でアピールできます。

でも、なんとなくフリーターを続けてきた人は、『なぜフリーターを続けていたのですか?』という質問に対して、面接官が納得する答えができません。

年齢が若ければ、『若い頃はそういうときもあるよね〜』と言ってもらえるかもしれませんが、26歳27歳28歳と年齢が上がるにつれて、面接官の目も厳しくなります。

ですから、フリーターか正社員かを迷っている人は、今すぐに就職活動を始めるのがおすすめですよ。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円のフリーターでした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計57名のフリーターにインタビューしてきたので、フリーターのリアルな就職事情をお伝えできると思います。

この記事では、『フリーターはやめた方がいい理由』から『フリーターが最短で人生逆転する方法』までを解説します。

この記事を読めば、なんとなくフリーターを続けてきた方でも、今日から人生やり直すことができます。

3分で読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐに正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

フリーターはやめとけ!今すぐ就職しないと人生損する理由

フリーター やめとけ

『まだ正社員になりたくないから』とか『特にやりたい仕事が見つからないから』という理由で、なんとなくフリーターになる20代は多いです。

たしかに、フリーターは好きなときに休めて、嫌なことがあればすぐに辞めれるので、本当に気楽ですよね?

人間は基本的に『楽をしたい生き物』なので、わざわざ自分から大変な道は選びません。

だからフリーターの人は、大きなきっかけがない限り、そのまま何年もフリーターを続けることになります。

でも、この選択が、5年後10年後の自分を苦しめることになる…。

世の中的には『フリーター=就職から逃げた人』というイメージなので、年齢が上がるほど、フリーターに対する周囲の目は厳しくなります。

たとえば、フリーターの収入面や将来性に不安を感じて、30歳間近で正社員を目指そうとしたときに、面接官から必ず『なぜ今まで就職しなかったんですか?』と質問されます。

20代前半のフリーターの場合はそこまで突っ込まれませんが、27歳28歳29歳のフリーターはかなり突っ込まれます。

一般的には『年齢に対するキャリアのイメージ』は、次のとおりです。

  • 27歳=大卒の正社員6年目
  • 28歳=大卒の正社員7年目
  • 29歳=大卒の正社員8年目

年齢が上がるほど、フリーターと正社員の差が大きくなってしまうので、なんとなくフリーターを続けている人は、今すぐに就職するのが安全です。

『フリーターを続けてきた過去』は変えれませんが、今から行動すれば、人生はやり直せますよ。

フリーターはそんなに悪い?【未来に納得できるかどうかです】

『フリーターはそんなに悪いの?』

このような疑問もあると思います。

結論をいうと、あなたが『フリーターを続けた未来』に納得できればOKです。

人生の価値観は人それぞれなので、正解も不正解もありません。

自分が納得できていれば、問題ありません。

では、フリーターを続けると、どんな未来が待っているのか?

たとえば、29歳までフリーターを続けると、次のような未来になります。

  • 年収200万円以下から抜け出せず、同年代より年収が250万円も低い。
  • バイト先に10代や20代前半の学生しかいなくなり、居場所がなくなる。
  • 年齢を理由にバイトの面接で落ちるようになり、肉体労働しか選べなくなる。
  • 正社員に就職しようとしても、書類選考でほとんど落とされる。
  • 家族や友人の視線が厳しくなり、人生がどんどん孤独になっていく。

僕は57名のフリーターの方に直接話を聞きましたが、これがフリーターを続けた人のリアルな未来です。

あなたは、この未来に納得できますか?

もし納得できないなら、今から行動して、少しずつ未来を変えるしかありませんね。

フリーターが負け組といわれる理由【正社員との年収格差がやばい!】

フリーター やめとけ

世の中的には、『フリーター=負け組』という印象が強いです。

これは、なぜか?

フリーターが負け組といわれる理由は、年収が低いからです。

  • 年収が高い人=勝ち組
  • 年収が低い人=負け組

これが、世間のイメージです。

国税庁の『令和元年分 民間給与実態統計調査』によれば、フリーターを含む非正規雇用者の平均年収は175万円。

日本人の平均年収は436万円なので、フリーターは全体の平均年収よりも261万円少ないことになる。

たとえば、DODAの『20代の平均年収』によると、29歳男性の平均年収は『423万円』となっています。

ということは、『勝ち組と負け組の定義』を次のように考えることもできます。

  • 勝ち組:20代で年収423万円以上の人
  • 負け組:20代で年収423万円未満の人

フリーターは年収175万円なので、フリーターが勝ち組になるためには、あと248万円も稼がないといけません。

仮に時給1,000円の人が、年間248万円を稼ごうとすると、次のとおり。

・時給:1,000円
・1年間の収入:248万円
・1年間の労働時間:2,480時間
・1ヶ月の労働時間:206時間
・1日の労働時間:6〜7時間
※休日なしで計算してあります。

つまり、年収を248万円増やそうとすると、現在のバイト時間にプラスして、さらに毎日6〜7時間働かないといけないということです。(しかも365日休みはなしです…!涙)

こうやって考えると、いかにフリーターで稼ごうとするのが、無理ゲーなのかがわかりますよね?

フリーターは人生終わり?いやいや今すぐ行動すれば人生やり直せるって!

『自分は今までフリーターを続けてしまったから、もう人生終わりなのか…』

このように思っているあなた、ちょっと待ってください!

フリーターの人でも、今すぐに行動すれば人生やり直せます。

なぜなら記事を書いている僕自身が、26歳のときにフリーターからIT業界に就職して年収500万円になり、人生を変えれたからです。

『今までフリーターを続けてきた過去』は戻せません。受け入れましょう。

大事なことは、『本気で人生をやり直したい!』という熱意があるかどうかです。

  • なぜフリーターから正社員になりたいのか?
  • 正社員に就職して人生をどう変えたいのか?
  • 5年後10年後の未来でどうなっていたいのか?

これらを自問自答して、正社員に就職する目的を明確にしておくと、フリーターを辞める覚悟が決まります。

そうすると、面接でも堂々と話せるようになるので、面接官に『この人は本気で将来のことを考えている!うちの会社でも頑張ってくれそうだ!』と思ってもらえます。

実際に僕は入社後、『なぜフリーターの自分を採用してくれたのですか?』と当時の面接官に質問したところ、『やる気と熱意が伝わってきて、一緒に働きたいと思ったから』と言っていました。

ですから今フリーターの方でも、『本気で人生をやり直したい!』という気持ちがあれば、まだ間に合いますよ。

ドフラ
20代のうちに正社員に就職しないと手遅れになるので、今すぐに行動しておきましょう。

フリーターが最短で人生逆転する方法とは?

フリーター やめとけ

『フリーターに将来性がないのはわかったけど、フリーターからどうやって就職すればいいの?』

このような疑問を持つ方もいると思います。

結論からいうと、フリーターからの就職で失敗したくないなら、就職エージェントを利用するのがおすすめです。

その理由は、実際に僕が就職エージェントを利用して、フリーターからIT業界の営業マンに就職できたからです。

実際に多くのフリーターの方が、就職エージェント経由で正社員への就職を成功させています。

就職する方法には、ハローワークを利用する、転職サイトを利用する、求人誌から探す、などの方法もありますが、これらはどれも自分ひとりで就職活動をしなければいけません。

初めての就職だと、求人の選び方とか面接対策の仕方とかって、よくわからないですよね?

僕もそうでしたけど、自分ひとりで就職活動をやっていたときは、何社書類を応募しても9割くらい落選していました…。

せっかく面接に進んでも『ところで君は今日何しに来たの?』と面接官に叱られるほど、かなりショボい就職活動をしていました。

そんなときに友人から『就職エージェント』というサービスがあることを教えてもらい、とりあえず登録してみました。

就職エージェントを利用して分かったのですが、そもそも世の中には、フリーターからの就職を受け入れてくれる会社とそうでない会社がある、とのことでした。

わかりやすくいうと『未経験者を採用している会社』『経験者しか採用していない会社』の2種類がある、というイメージですね。

さらにキャリアアドバイザーのサポートのおかげで、応募書類の作り方にもコツがあり、面接対策の仕方も企業ごとに違う、ということがわかりました。

正直、こんなの自分でできるわけないじゃん!と思いました…。

僕の経験からもわかるように、フリーターから就職するなら、就職エージェントに頼るのが楽ですよ。

ドフラ
フリーターから就職で失敗したくない方は、こちらの記事で紹介する就職エージェントがおすすめですよ。

【まとめ】フリーターでも行動すれば最高の人生が手に入る!

この記事のまとめです。

  • フリーターは将来性がない
  • フリーターは負け組だと思われる
  • フリーターを続けると人生損する
  • フリーターを辞めると人生が変わる
  • 人生やり直したいなら今すぐ行動しよう
  • 就職エージェントを利用すると失敗しにくい

なんとなくフリーターになって、なんとなくアルバイトを続けていたら、20代後半に差し掛かっていた…という方は多いです。

でもまだ20代なら、人生をやり直す方法はあります。

『自分はフリーターしかやったことがないから…』と言って、正社員への就職を諦めるのはもったいないです。

実際にこんなダメダメな僕でも、IT業界の営業マンに就職できたわけですから、ほとんどの方が就職できるはずです。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
『本気で人生やり直したい!』という方は、今すぐ就職エージェントに登録してくださいね。