こんにちは、採用コンサルタントのドフラエジルです。

転職を誰かに相談すると、「3年は勤めてからやめた方がいい」と言ってくる人がたくさんいます。

自分は今すぐに転職したいと思っているのに、なんで3年経つまで待たなきゃいけないのか。3年経つ前に会社を辞めると本当に転職で不利になるのか。転職を考えている方の中にはこんな悩みを抱えている方もいると思います。

ということで、今回は転職しようかどうか迷っている方に向けて「入社3年以内の転職は不利になるのかどうか」について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

入社3年以内の転職は不利になるのか?

入社3年以内の転職が不利になるのかどうか、という質問に対して、結論から言うと、別に入社3年以内に転職しても不利にはなりません。

転職するときに前職の在籍期間を気にする人は多いですが、必ず3年間在籍しなければいけないということはありません。

これは採用する企業の人事担当の立場になって考えればわかることですが、新しく人を採用しようと思ったときに、その人が前職の会社に在籍していた期間よりも在籍中にどんな実績を出したかの方が知りたいはずです。

あなたを採用しようと考えている企業側は、あなたが前の会社でどれだけの期間働いていたかよりも、これまでに会社でどれだけのパフォーマンスをしてきたかを重要視します。あなたのパフォーマンスの実績が自社に入った後のあなたへの期待値になるのです。

だから、在籍期間が3年経っていようが、経っていなかろうが関係ありません。でも、もしあなたが今いる会社で何も実績が残せていないなら、実績を残してから転職するのもひとつの選択肢として考えておいた方がいいです。何も実績のない人を受け入れてくれる余裕のある企業はそんなに多くありませんから。

スポンサーリンク

転職では在籍期間は最低1年は必要

前職で実績を出していれば在籍期間は関係ないという話をしましたが、極端に在籍期間が短いのは例外です。たとえば、在籍期間1年未満で何かの実績を出せたからといってすぐに転職しようとすると、あなたを書類選考する企業側はこの実績はマグレだったのではないかと思ってしまいます。

在籍期間が1年未満と極端に短い場合は、どれだけ大きな実績を出していても「これはたまたまでしょ!」ということで、書類選考の時点ではじかれてしまいます。書類選考を通過できないと、どれだけ前職で大きな実績を出せていたとしても自己PRすることができません。

あくまでも在籍期間よりも実績を出していることが重要ですが、それは面接の場までたどり着いてからの話です。自己PRを自分の言葉で話せる機会がなければ内定を勝ち取ることはできないので、書類選考を通過するためにも在籍期間は最低1年以上ある方が無難です。

最初のステップは一次面接で人事担当と合うことをゴールに設定しましょう。人事担当に会えて、初めて実績をアピールできるのです。

スポンサーリンク

転職面接では実績と自己PRが勝負

ここからは書類選考を通過して、一次面接に進んでからの話です。やはり転職面接で大切なのは、前職の在籍期間よりもあなたが残した実績になります。

あなたがどれだけの実績を残してきたかによって、採用する企業側は自社でどんなパフォーマンスをみせてくれるのかを予測できます。

あなたは前職での経験を使って、自社で何をしてくれるのか。あなたは自社にどれだけの利益をもたらしてくれるのか。企業側が中途採用する人材に求めるのは即戦力です。

新卒の社員は社会人として1から育てる必要があるので、新卒社員を採用する場合は会社の即戦力としてではなく、数年後に会社に対して利益を出してくれる人材になってもらうための長期投資的な感覚で企業側は採用活動を行います。

でも、中途採用の場合はそうはいきません。1から教育している手間も時間もありませんから、すぐに会社の戦力として活躍してくれる人を求めます。つまり、面接にきた人のこれまでの実績がわからないと、入社後の活躍度合いがわからないので企業側は採用することができないのです。

前職で実績がないと転職で成功しにくい

一次面接、二次面接と面接に進んだ後で、内定を取れるかどうかは自己PR次第です。結局、人事担当や所属部署の責任者と会って話すときに自己PRできる実績がないと、あなたは企業にとって魅力がない人材となってしまうのです。

何度も言いますが、在籍期間よりもどれだけの実績を残したか、です。

あなたがもし、転職面接で胸を張って自己PRできる実績をまだ出せていないなら、まずは今の職場でしっかりと実績を出すことに集中してみてはいかがでしょうか?

ステップアップを目的にした転職なのであれば、その努力は必ず将来の役に立つはずです。

ただし、もし、あなたが今やっている仕事と本当にやりたい仕事の方向が延長線上にないのであれば、在籍期間とか実績とか関係なく、今すぐに転職活動を始めてしまってOKです。その場合は、細かいことは気にせずに行動に移しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事