中途採用の転職面接では質問に対する受け答えが内定を獲得するカギです。

ただ、企業の採用担当によって、面接の場でどんな質問をされるかわからないので、全ての質問に対して答えを準備するのは不可能です。

今回は面接の質問で、答えられるようにしておいたほうがいい2つの質問について話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

面接の質問でこの2つだけは答えられるようにする

面接の質問でこの2つだけは答えられるようにしておいてください。

それは、「なんで今の会社を辞めるのか?」「自分が今の会社で残した実績は、なぜ自分でなければできなかったのか?」です。

中途採用の転職面接では、この2つの質問に対して、自分の意見で的確に答えられる人は内定を獲得しやすいです。

私が担当している企業の人事担当の方たちは、面接で複数の質問をしますが、特にこの2つの質問に対しての答えを重視して、求職者に内定を出すかどうか決めています。

ここからはこの2つの質問に対して、それぞれ詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

面接の質問「今の会社を辞める理由」

「なぜ、あなたは今の会社を辞めるのですか?」

この質問に対して、あなたはどのように答えますか?

この答え方で大切なのは「上昇志向で回答できているかどうか」です。

中途採用の転職面接で内定をもらえるのはだいたい20%の人なので、残りの80%の人は不採用になります。

不採用になる人たちは、自分が会社を辞める理由がネガティブな理由であることが多いです。

「人間関係に問題がある」「給料が安い」「休みが少ない」「残業が多い」など、今の会社に対する不満を転職理由として、面接で話しているのです。

これらの会社に対してのネガティブ要素が転職理由の場合、あなたを面接する採用担当は「この人はうちの会社でも不満が出てきたら、またすぐに辞めるんじゃないか?」と思います。

すぐに辞めてしまいそうだと思われる人は、当然、不採用になってしまうのです。

上昇志向が伝わる面接の質問での答え方

採用担当に「この人は上昇志向がある人だ」と思ってもらうためには、会社を辞める理由をポジティブな印象にする必要があります。

たとえば、こんな感じです。

現在、営業として仕事をしているが、今の会社では30万円〜200万円くらいの商品しか扱っていないので、これからは数億円単位の商品を営業で売ってみたいと思い、自分のレベルアップのために転職を考えている。

現在、マーケティングの仕事をしているが、会社で扱える広告費用の額が小さいので、もっと大きな広告費用を扱えて、いろいろな経験を積めるチャンスがある会社に転職を考えている。

この2つの答えは、どちらも自分を成長させたいという上昇志向のある答えなので、採用担当にポジティブな印象を与えます。

これは、「今の会社でもしっかり仕事をしていて成果も残しているけど、もっと大きな仕事がしたい」というスタンスでの転職なので、内定も獲得しやすいです。

中途採用をする企業は、自社で成果を出してくれそうな人を求めているのです。

面接の質問「自分しかできない仕事」

中途採用の面接では、採用担当に自分をアピールするために、前職での実績を自己PRとして話すと思います。

ここでは自分が残した実績だけでなく、この質問にも答えられるようにしておきましょう。

「あなたが残した実績は、なぜ、あなたでなければできなかったのですか?」

自己PRで、今の会社で自分が残してきた実績を話せる人は多いですが、もう一歩踏み込んで、自分の実績が自分でしかできない理由について明確に話せる人は少数です。

これを面接で明確に話せる人は、自分のことをしっかりと分析できているので、転職した後でも仕事で成果を出すことができる人なのです。

自己PRは実績の中に自分らしさも入れる

仕事の大きい小さいではなく、小さな実績でもいいので、その中に自分らしさが入っていれば、採用担当にあなたのことが伝わります。

たとえば、あなたがどのように仕事を進めていく人なのか、仕事に対する姿勢はどうか、チームメンバーとの関わりかはどうか、コミュニケーションスキルはあるか、あなたらしいユニークなところはどこか、などが伝わるといいです。

企業の社風とあなたらしさの方向性が合っていれば、入社後のミスマッチも防げるので、企業は安心してあなたを採用することができるのです。

おわりに|ドフラエジルからひとこと

どうも、採用コンサルタントのドフラエジルです。

「なんで今の会社を辞めるのか?」と「なぜ、自分しかその実績を出せなかったのか?」の2つの質問に対して、面接でしっかりと答えられるようにすることが内定を獲得するためには大切だということですね。

ポジティブな転職理由と自分なりの仕事の価値観があれば、表面的な小手先のテクニックではなく、自分の本質の部分で転職活動できるので、転職で失敗する可能性が低くなると思います。

このブログには自分を変える思考法をまとめてあります。微力ながら、このブログが皆さんの小さなヒントになれば幸いに思います。これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事