転職活動を始める時期は、新しい転職先への入社希望日から逆算して、最低でも入社希望日の3ヶ月前から始めるのがベストです。

入社希望日が決まったら、会社に退職の意思を伝える時期、転職活動を開始する時期、転職活動の準備をする時期がそれぞれ決まってきます。

今回は、転職活動を始める時期の前後では、「いつ、何をするべきなのか?」について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

転職活動を始める時期は3ヶ月前が最適な理由

基本的に転職活動を始める時期は人それぞれなので、絶対にこの時期に始めないといけないというルールはありません。

「こういう業界で働きたい」「この仕事がやりたい」という意思が固まっているのであれば、転職活動を始める時期はいつでもOKです。

ただし、今、働いている会社と雇用契約を交わした際に、会社の規則などの説明を受けていると思いますので、会社の規則に違反しない形で退職した方がいいです。

1ヶ月前には会社に退職の意思を伝える

各企業ごとで、会社に退職の意思を伝える時期の規定は違いますが、一般的には退職希望日の1ヶ月前を退職の意思を伝える時期に設定している会社が多いです。

たとえば、9月1日から新しい職場で働きたいと考えているなら、遅くとも7月末までには、今、働いている会社に退職の話をしなければいけません。

「今の会社で自分が抱えているプロジェクトに区切りがつかない」などの問題から、会社に退職の意思をなかなか伝えられないという方もいると思いますが、会社のプロジェクトに終わりがくることはありません。

今のプロジェクトが終わる前に、次の新しいプロジェクトも並行して始まることが多いので、区切りを待っていたらいつまで経っても転職することはできません。

今の会社の事情を考えすぎて、退職するのに区切りのいい時期を待った結果、会社に退職の意思を伝えるまでに3年もかかってしまったという人が私の知り合いにいます。

大切なのは決断です。転職したい先が決まっているなら、さっさと転職活動を始めて内定をもらい、入社希望日の1ヶ月前に退職の意思を会社に伝えると決断して、あとは他のことは考えずに動き出せばいいのです。

転職の意思を伝える時期までに内定をもらっておく

会社に退職する意思を伝えるのを入社希望日の1ヶ月前と決めたら、次は退職希望日までに転職先の会社から内定をもらっておかなければいけません。

たとえば、9月1日から新しい職場で働きたいなら、7月末までに内定をもらった状態で、今、働いている会社に退職の意思を伝えるということです。

ここから逆算すると、遅くとも7月には面接などをしていないといけませんが、余裕を持って転職活動したほうがいいので、5月〜6月ごろから転職活動を始めるのが最適です。

つまり、転職活動を始める時期は、入社希望日の3ヶ月前までには遅くともスタートしておく必要があるということです。

スポンサーリンク

転職時期の3ヶ月前から準備を始める

ここまで、転職活動を始める時期は入社希望日の3ヶ月前が最適だという話をしてきましたが、これは転職したい会社や業界が既に決まっている人の話です。

転職活動とは、入社したい会社を選んだり、その会社に応募したり、面接を受けたりする活動のことです。

自分にとって正しい転職活動をするためには、自分の転職の軸をつくっておかなければいけません。

転職の軸を持ってない人は転職で失敗してしまう可能性があるので、自己分析をしたり、業界を研究したり、会社について調べたりしながら、自分の転職の軸をつくる必要があります。

転職先を選ぶための判断軸がないと、自分の中で迷いながら転職活動をしなければいけなくなるので、転職を選ぶ基準をしっかり持っておいてください。

ちなみに、転職の軸をつくる方法についてはこちらの記事で解説していますので、参考にしてみてください。

>>転職の軸をつくる方法

スポンサーリンク

おわりに|自分を変える思考法

どうも、採用コンサルタントのドフラエジルです。

今回は「転職活動を始める時期は最低3ヶ月前から」「会社に退職の話をするのは内定をもらった状態で、入社希望日の1ヶ月前までに」というところが重要なポイントでしたね。

決断することは一時的にストレスのかかることですが、行動しないと、何年もストレスを抱えたまま時間を無駄にすることになってしまうので、転職すると決めたら、あとは逆算してスケジュールを立てて、さっさと行動しちゃいましょう。

このブログには自分を変える思考法をまとめてあります。今回は転職の思考法についての内容でした。転職の思考法のその他の記事はここからチェックできますので、ご興味のある方はどうぞご覧ください。

>>転職の思考法のまとめ

微力ながら、このブログが皆さんの小さなヒントになれば幸いに思います。これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事