転職を考えている方から「前職を辞めてからブランクがあっても転職することはできますか?」という相談を受けることがあります。

転職ではブランクはあるよりもない方がいいですが、様々な理由でブランクがある方もいらっしゃいます。

ブランクのある方が転職を成功させるためには、「なぜ、ブランクがあるのか?」をしっかり説明できれば大丈夫です。

採用する企業側はブランクがあることを嫌がるのではなく、ブランクが空いていることに理由がない人を採用するのを嫌がるのです。

今回は「転職ではブランクが1年以上あると内定が取りにくい理由」について話していきたいと思います。

スポンサーリンク

転職ではブランクが1年以上あると内定が取りにくい理由

これから転職を考えている方の中には、前職を辞めてから3ヶ月、6ヶ月、1年とブランクが空いている方もいらっしゃると思います。

ブランクが空いている方は、「ブランクがあっても転職することはできるのか?」という不安を抱えていることだろうと思います。

結論から言うと、ブランクがあっても、その理由をしっかり説明できれば大丈夫です。

企業はブランクがあることよりもブランクに理由がないことを嫌がる

転職ではブランクがあるよりも、ブランクがない方がいいです。しかし、親の介護や自分の病気、または自分を見つめ直すためなど、様々な理由で仕方なくブランクが空いている場合、その理由を転職希望先の企業にしっかりと説明すれば大丈夫です。

採用する側の企業が嫌がるのは、ブランクが空いていることではなく、ブランクに理由がないことです。6ヶ月とか1年の間、なんとなく仕事をしていなかったという説明しかできない人は、企業の印象は良くありません。

スポンサーリンク

転職ではブランクの理由をしっかり説明できないといけない

ブランクがある方は、「なぜ、自分はブランクが空いているのか」を転職希望先の企業にしっかりと説明できないといけません。

ブランクの期間が3ヶ月〜6ヶ月くらいであれば、まだ印象はそこまで悪くなりませんが、ブランクが1年以上あると、企業への印象はマイナスになってしまいます。

1年以上のブランクがある方は、面接でブランクの理由をしっかり説明できないと、不採用になりやすいです。1年以上のブランクがある方は、面接でブランクの理由をしっかり説明できるくらいに準備をしてから、転職活動をするようにしてください。

ブランクがあっても転職しやすい業界がある

ブランクがあるという事実は変えられないので、その事実をプラスに変えられるような理由を考えて、すぐに行動していきましょう。

介護業界や運送業界の会社は、経営課題として人材不足の悩みを大きく抱えている会社が多く、ブランクがある方の中途採用も積極的に行っている会社もあります。

また、ブランクがあっても20代であれば、無資格・未経験からIT業界でエンジニアとして仕事をするチャンスもあります。

どこのIT企業もエンジニアが不足しているので、20代限定で入社後にプログラミングを1から学べる研修プログラムを用意して、未経験からエンジニアとして仕事ができるくらいまでスキルを身につけられる環境を整備しているIT企業も増えてきています。

スポンサーリンク

転職を考えているならブランクを空けない方がいい

現在、ブランクがある方は、ここまでの内容を参考にして転職活動をしていただくしかありませんが、在職中の方で転職を考えている方は、あまりブランクを空けない方がいいです。

ブランクがある人よりもブランクがない人の方が転職活動はしやすいです。

在職中なら次の仕事を決めてから会社を辞めるべき

在職中の方で転職を考えている方は、今の仕事を辞める前に次の転職先からの内定をもらっておいた方がいいです。

在職中だと仕事が忙しすぎて転職活動ができないから、止むを得ず会社を辞めなければいけない場合は、1ヶ月〜2ヶ月の短期間で転職先を決めるようにするのがベストです。

ブランクが3ヶ月以上空いてくると、どうしても心がダラけてしまいますし、ブランクが空くほど内定をもらいにくくなり、さらにブランクが伸びていくという負のスパイラルに入ってしまいます。

転職は短期間に集中して行うか、在職中から常に転職先を探しておくという行動を心がけましょう。

まとめ|ブランクがある人の転職

ここまでの内容をまとめると、このようになります。

  • 企業はブランクがあることよりもブランクの理由がないことを嫌がる
  • ブランクは1年以上空くと内定がもらいにくくなる
  • ブランクがある方はブランクの理由を企業にしっかり説明できればOK
  • 在職中の方はブランクを空けない方がいい
  • 転職は短期間に集中してやるべき

転職では自分に不利になる行動はできるだけしないようにして、過去は変えれらないので過去をいかにプラスの印象に変えられるかという思考を持って、転職活動をすることが大切ですね。

申し遅れましたが、私は採用コンサルタントのドフラエジルです。このブログには自分を変えるための思考法をまとめてあります。微力ながら、このブログの中の言葉が皆さんの人生の小さなヒントになれば幸いに思います。これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事