転職を考えている方にとって、転職で年収が上がるか下がるかは重要な問題です。

転職で年収が下がる人には3つの特徴があります。それは「給与水準の低い業界や職種へ転職する人」「経験を活かさないで転職する人」「現在の年収が高すぎる人」です。

ということで、今回は「年収が下がる人の3つの特徴」について、それぞれ解説していきたいと思います。

転職で年収が下がる人の3つの特徴を解説します

今回紹介する「年収が下がる人の3つの特徴」は、転職で年収が下がるのは嫌だと考えている方にとっては有益な情報になると思うので、ぜひ最後までご覧ください。

転職で年収が下がる人の特徴には、給与水準の業界や職種を選んでしまっていたり、経験を活かさずに未経験の業界や職種を選んでしまっていたり、そもそも現在の年収が高すぎる人が転職しようとしていたり、などがあります。

ここからは、それぞれの特徴を1つずつピックアップして紹介していきます。

スポンサーリンク

給与水準が低い業界を選ぶ人は転職で年収が下がる

転職で年収が下がる人の特徴の1つ目は「給与水準が低い業界を選ぶ人」です。

世の中にはたくさんの会社があり、それぞれの会社がそれぞれ違うビジネスをしています。

当然ですが、会社によって売上規模も違えば、かかる経費も違い、残る利益も違います。

ということは、会社がやっているビジネスモデルの構造上、どうしても給与水準が低くなってしまう業界や職種が存在するということです。

転職で給与水準が低い業界や職種を選んでしまうと、もらえる給料が低くなり、年収も低くなってしまう可能性が高くなります。

転職を志望する業界や職種の平均年収を調べておく

ですから、転職で年収を下げたくないと考えている方は「自分がやりたい仕事」という視点だけで転職先を選ぶのではなく、志望する業界や職種の年収を調べたうえで転職先を選ぶ必要があります。

業界や職種の平均年収はネットで簡単に調べることができるので、転職で年収を下げたくないなら事前にチェックしましょう。

また、転職直後の年収だけではなく、転職後の年収に伸びしろがあるかどうかもしっかり確認しておいた方がいいです。

入社時の年収が高くても、将来的に何年勤務しても年収が上がらないなら、それはそれで考えものです。何年も経験を積んで、スキルアップしても年収が上がらないなら、仕事に対してのモチベーションは下がってしまいます。

転職で年収を下げたくないなら、転職を志望する業界や職種の年収を事前に調べて、転職後の年収の伸びしろも確認したうえで転職活動をしてください。

経験を活かさない転職は年収が下がる

転職で年収が下がる人の特徴の2つ目は「自分の経験を活かさないで転職する人」です。

転職で中途入社してくる社員に対して企業が求めるのは即戦力です。

転職市場には同業種・同職種で転職を考えている方も多いので、未経験の業界や職種への転職を考えている方が選考で経験者と競合した場合、不採用になる可能性が高くなります。

企業の立場で考えると、未経験の人を採用して1から育てるよりも、経験者の人を採用して即戦力として活躍してもらう方が良いに決まっています。経験者は未経験者よりも会社に利益を生みだすスピードが早いのです。

つまり、経験を活かさない転職は、そもそも内定がもらいにくいということです。

未経験での転職は年収が下がる可能性が高い

仮に運よく未経験の業種や職種へ転職できたとしても、年収は下がる可能性が高いです。

企業は未経験の人を雇う場合、その人を仕事ができるようになるまで育てなければいけません。

その人が会社に利益をもたらしてくれるまでの間、会社がその人に支払う給料は捨て金になっているということです。

支払う給料よりも多くの利益を生み出せない従業員は、会社にとって負債です。

会社はそのリスクを最小限に抑えたいので、未経験の人を雇う場合、できるだけ低賃金で雇いたいと考えるのです。これは普通のことです。

年収が下がっても経験を積むための転職はアリ

つまり、経験のない業界や職種への転職は年収が下がるリスクが大きいということです。

年収が下がっても、スキルアップや経験を積むために転職をしたいという方は、未経験の業界や職種へ転職をするという選択はアリだと思います。

一時的に年収が下がっても、長期的にみれば年収が高くなるということは業種や職種によっては十分考えられることですからね。

現在の年収が高すぎる人は転職で年収が下がる

転職で年収が下がる人の特徴の3つ目は「現在の年収が高すぎる人」です。

一流大学を出て、新卒で大手企業に入って何年も働いている人たちは好条件・高収入で働いている人が多いです。

この人たちは現在の年収が高すぎるので、ほとんどの人は転職すると年収が下がります。もともと働いていた大企業と同条件でこの人たちを雇い入れたいという企業はとても少ないです。

大手企業で働いている人たちが高収入なのは、別にその人たちが優秀なのではなく、従業員に対して高い給料を還元できる会社の資産とビジネスモデルが優秀なのです。

大手企業で高収入の人は定年まで会社にしがみついた方がいい理由

45歳以上の従業員に対して早期希望退職者を募集する大企業が増えており、人材紹介会社にも大企業出身の40代以上の方が集まってきていますが、人材紹介会社はこの人たちの扱いにとても困っています。

彼らは大企業で働いてきたという自負があるので、ものすごくプライドが高いのです。そのため、転職で待遇が悪くなることや年収が下がることに対して全然納得してくれません。

世の中は人材不足で売り手市場とは言われていますが、大手企業出身でプライドの高い40代以上の人たちを受け入れてくれる会社は、ほとんどないのです。

大手企業出身の40代でも、ものすごい人脈を持っていたり、ものすごいスキルを持っていたりして、個人の力で会社を大きく変えられる人であれば、受け入れてくれる会社はたくさんあります。

しかし、早期退職希望者の募集によって市場に出てくる人材は、スキルや経験がほとんどない人たちばかりです。彼らは今まで、大手企業の看板によってのみ仕事をしてきただけで、ものすごい数の歯車の1つとして仕事をしてきただけなので、1人の力で何かを変えるパワーはありません。

中小企業には、プライドだけ高くて能力がない人材を雇い入れるだけの余裕はありません。

だから、今の年収が高すぎる人は、転職で年収が下がる可能性がとても高いです。年収を下げたくないなら、いまの会社に必死でしがみついて、定年まで乗り切った方が良いです。

まとめ|転職で年収が下がる人の特徴

「転職で年収が下がる人の3つの共通点」のまとめです。

  • 給与水準が低い業界や職種を選ぶと年収が低くなる
  • 転職で志望する業界や職種の年収を調べておく
  • 経験を活かさない転職は年収が下がる可能性が高い
  • 未経験でも経験を積むための転職はアリ
  • 現在の年収が高すぎる人は転職で年収が下がりやすい
  • 大手企業で高収入なら定年まで会社にしがみつくべき

ドフラエジル「自分を変える思考法」

申し遅れましたが、私は採用コンサルタントのドフラエジルです。

このブログには自分を変えるための思考法をまとめており、皆さんが転職や仕事で悩んだときに、このブログを使っていただければと考えて運営しております。

これからも引き続き、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事