転職活動を始めるときに、会社を辞めてから転職活動を始めるか、会社を辞めずに転職活動を始めるかで悩む方がいらっしゃいます。

結論からいうと、会社を辞めてからの転職活動はオススメできません。

会社を辞めてから転職活動を始めると、面接や選考で不利になることが多いので、転職活動を始めるのは在職中の方がいいです。

ということで、今回は「会社を辞めてから転職するより、会社を辞めずに転職するほうがいい理由」という話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

会社を辞めてから転職するより辞めずに転職する方がいい理由

転職を考えている方から「転職活動は会社を辞めてから始めるのと会社を辞めずに始めるのとでは、どちらがいいか?」という質問を受けることがあります。

転職を成功させたいなら、会社を辞めずに転職活動を始めた方がいいです。

会社を辞めずに転職活動を始めるより、会社を辞めてから転職活動を始める方が頭の中が切り替わって転職もうまくいくのではないか、と考えている方もいらっしゃいますが、それだと転職で不利になることが多いです。

会社を辞めてからの転職活動がオススメできない理由は次の3つです。

  • 面接時に不利になる
  • 離職期間が長くなるほど選考で不利になる
  • 焦ってしまい、希望の転職ができなくなる

ここからは、それぞれの理由について詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

会社を辞めてからの転職は面接で不利になる

会社を辞めずに転職活動を始めた方がいい理由の1つ目は「面接時に不利になる」です。

一般的な考えとして、転職先が決まってから現在の会社をやめるというのが多数派です。

会社を辞めてから転職活動をしていると、企業の採用担当は「この人はどうして会社を辞めてしまっているのだろう?」と思います。

会社を辞めてからの転職はネガティブ要素になる

会社を辞めてからの転職は採用担当にネガティブなイメージを持たれてしまい、この人は計画性がない人なのか、前職をクビになってしまった人なのか、会社でトラブルを起こした人なのか、と思われてしまうのです。

面接の時間は限られているので、このようなネガティブなイメージを少しでも持たれてしまうと、面接で不利になります。

面接時はネガティブな要素をできるだけ排除したいので、ネガティブ要素となる「会社を辞めている」という事実を排除するためにも、会社を辞めずに転職活動を始めた方がいいです。

スポンサーリンク

離職期間が長くなるほど選考で不利になる

会社を辞めずに転職活動を始めた方がいい理由の2つ目は「離職期間が長ければ長いほど選考で不利になる」です。

離職期間が長いことも転職では不利になります。

離職期間が1ヶ月〜2ヶ月くらいであれば、特に何も思われませんが、これが半年以上になってくると話が変わってきます。

離職期間が半年以上ある転職はネガティブ要素になる

採用担当者は離職期間が半年以上空いている人に対して、「この人はどこの企業からも採用されない人なのではないか?」「能力が低い人なのではないか?」というネガティブなイメージを持つようになります。

会社を辞めてから1ヶ月〜2ヶ月で希望の転職先に転職できればいいですが、転職先を厳選していたり、予想以上に転職に苦戦したりすると、あっという間に半年以上の時間が過ぎてしまいます。

半年以上の離職期間があることでネガティブなイメージを持たれてしまい、選考でも不利になり、転職がうまくいかないという負のスパイラルに入ってしまいます。

このことからもわかるように、転職を成功させたいなら、離職期間がない状態で転職活動を始めた方がいいのです。

会社を辞めてからの転職は焦ってしまい、希望の転職ができなくなる

会社を辞めずに転職活動を始めた方がいい理由の3つ目は「転職が決まらずに焦ってしまい、希望の転職ができなくなる」です。

先ほどの離職期間の話と同じように、会社を辞めて1ヶ月〜2ヶ月で希望どおりの転職ができればいいのですが、こだわって転職活動をしていると、すぐに転職が決まらない場合があります。

転職が決まらない焦りから希望していない転職をしてしまう

離職期間が1ヶ月〜2ヶ月くらいならまだいいのですが、3ヶ月くらいになってくると、生活費や家族の目なども厳しくなってきて、転職が決まらないことに対して徐々に焦ってきます。

このようなプレッシャーによって、「とにかく転職しないと!」という気持ちが前面に出てしまい、希望していない転職をしてしまうことがあるのです。

当然、希望していない転職先に入社すると、入社後にギャップが出てくるので、そのうちまた会社を辞めたくなり、転職活動を再開することになってしまいます。

これで職務経歴書に変な転職履歴が残ってしまうと、今後の転職活動にも悪影響が出てしまいます。

会社を辞めてから転職するならデメリットを理解しておく

ここまで話してきたように、会社を辞めてからの転職はデメリットがたくさんあるので、転職活動を始めるなら会社を辞めずに始めるのをオススメします。

もし、今の仕事が忙しすぎて会社を辞めてからじゃないと転職活動できないという方は、ここまでのデメリットを理解したうえで転職に臨んでください。

会社を辞めてから1ヶ月〜2ヶ月で必ず転職先を決めるという意思を持って転職しないと、転職で失敗する可能性が高くなりますからね。

まとめ|会社を辞めずに転職するべき理由

今回のまとめです。

  • 会社を辞めてからの転職活動はオススメできない。
  • 会社を辞めてからの転職は面接で不利になる。
  • 離職期間が長ければ長いほど選考で不利になる。
  • 会社を辞めてからの転職だと焦ってしまい、希望の転職ができない可能性が高くなる。
  • 会社を辞めてから転職するなら2ヶ月以内に転職を決める意思を持つ。

「自分を変える思考法」について

申し遅れましたが、私は採用コンサルタントのドフラエジルです。

このブログには自分を変えるための思考法をまとめており、皆さんが転職や仕事で悩んだときに、このブログを使っていただければと考えて運営しております。

これからも引き続き、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事