「仕事を辞めようか迷っている」

「仕事を辞めるタイミングがわからない」

「転職した方がいいのではないかと思っている」

この悩みを解決します。

結論から言うと、仕事を辞めるべきかどうかを判断するときは、5つの判断基準を確認すればOKです。

  • 結果を出した上で仕事に飽きてしまった
  • 年収の伸びしろに不満がある
  • 仕事内容に興味を持てない
  • 職場の人間関係にうんざりしている
  • 労働環境に不満がある

この5つの判断基準のうち1つでも当てはまっていたら、仕事を辞める決断のタイミングです。

今回は「仕事を辞めるべきかどうかの判断基準」について解説します。

スポンサーリンク

結果を出した上で仕事に飽きた人は仕事を辞める決断をしよう

1つ目の判断基準は「結果を出した上で仕事に飽きてしまった人」です。

数年、仕事をしたうえで結果を出して、年収も役職もそれなりにあるけど、最近やる気が出なかったり、仕事を面白いと感じられなかったり、毎日の同じ仕事に嫌気を感じている人は仕事を辞めてもいいです。

数年、会社に勤めて結果を出している人であれば、どんな業界や会社に行っても結果をつくれる可能性が高いからです。

それよりも1番良くないのは、現状に甘んじてぬるま湯に浸かり続けることです。

現代はいろいろな選択ができる時代で、働き方もいろいろ選べます。転職、フリーランス、派遣社員、起業など、自分に合った働き方ができる時代です。

こんな時代だからこそ、会社に依存する働き方ではなく、個人のスキルに依存する働き方を選ぶほうが長い目で見た時にプラスになります。

ですから今の会社でやりきった感覚があって、面白くないと思っているなら、今の会社を辞めて自分のスキルを磨ける環境に飛び込んだ方がいいです。

年収の伸びしろに不満があるなら仕事を辞める決断をするべき

2つ目の判断基準は「今の会社の年収の伸びしろに不満がある人」です。

仕事で成果を出しても、その評価として年収が上がらないというのはモチベーションが上がりません。会社によって評価の仕方や年収の伸びしろは全然違ってきます。

自分の評価や年収に納得していないのなら、今の会社を辞めた方がいいです。

どれだけ優秀でも、どれだけ大きな実績をつくったとしても、会社の給与体系を変えることはできません。

ですから社内で通るかどうかわからない年収の交渉をするよりも、さっさと外の会社に転職したほうが効率がいいのです。

例えば、1,000万円の売上を作った時に、その対価として100万円を支払うA社と500万円を支払うB社があった場合、どちらの会社を選びたいかという話です。極端にいうと、これくらい会社によって待遇は変わってくるのです。

もし今の自分の評価や年収に満足していないのなら、自分をもっと高く評価してくれる会社があるはずなので、すぐに今の会社をやめるべきです。

仮に転職した後で年収が上がらなかっとしても、その後で年収の伸びしろが大きい会社であれば、その転職は成功といえるのです。

仕事内容に興味を持てないなら仕事を辞める決断のときです

3つ目の判断基準は「今の仕事内容に興味を持てない人」です。

興味があって入社したとしても、入社した後で実際に仕事をしてみて、「なんか違うな」「面白くないな」と思うことは結構あることです。

興味を持てない仕事を続けるのは時間の無駄です。

世の中にはたくさんの仕事があって、せっかくたくさんの仕事を選べる時代に生まれてきたのだから、興味のない仕事を続けるということは本当にバカらしいことなのです。

人生において仕事をする時間はめちゃめちゃ長いので、自分の大切な時間をつまらない仕事に使ってもいいのか?ということです。

仕事を楽しいと思えたり、面白いと感じれたり、やりがいを感じることは、仕事をするうえでとても大事なことです。

ネガティブな気持ちで働いているのであれば、外の世界を見てみることをオススメします。

せっかく仕事を選べる時代に生まれてきたのだから、楽しめる仕事をした方がいいと思いませんか?

仕事内容に興味を持てない人は会社を辞めた方がいいです。

職場の人間関係にうんざりしたら仕事を辞める決断のタイミングです

4つ目の判断基準は「今の職場の人間関係にうんざりしている人」です。

会社で働くということは、自分以外の誰かと一緒に仕事をしないといけないということです。

毎日その人たちと一緒に働くことになり、場合によっては家族よりも一緒にいる時間が長くなることもあります。

一緒に働く人たちとの人間関係は仕事をするうえで、めちゃめちゃ大切なことです。

自分の大好きな仕事をできたとしても、自分が満足できる年収をもらっていたとしても、働く人たちとの関係が悪いと大きなストレスを感じてしまいます。最悪の場合、病気になる人もいます。

もし、今の仕事の人間関係に悩んでいるのであれば、会社を辞めてもいいと思います。

自分の何かを変えることで、職場の人間関係をよくすることができると思っている方がいるかもしれませんが、そんなに簡単に他人を変えることはできません。

人間関係が良くなるまでには多大な時間がかかり、大きな労力とストレスもかかるのです。

人間関係のせいでどうしても仕事が辛いなら、会社を辞める方がはやいです。

精神的なダメージが大きいとうつ病などになってしまう人もいるので、そうなってしまう前に会社を辞めるべきです。

労働環境に不満がある人は仕事を辞める決断をした方がいい

5つ目の判断基準は「今の会社の労働環境に不満がある人」です。

働き方、残業、年間休日、転勤などの労働環境に不満があるなら会社を辞めた方がいいです。

労働環境も会社によって様々なので、今よりも快適な労働環境で仕事ができる会社を見つければいいのです。

日本企業の古い体質の企業にありがちなのが、残業している人は偉い、休日出勤している人は偉い、用もないのに会社に顔を出さなきゃいけない、非効率な会社のルールや無駄な会議などの企業文化を持っていることです。

どれだけ優秀な人でも、この労働環境を変えることはとても難しいです。労働環境を変えるということは会社全体を変えなければいけないので、そんなに簡単にできることではありません。

この環境に不満を感じている人は、いつ変わるかわからない労働環境に我慢して働き続けるよりも、さっさと会社を辞めてしまいましょう。

今は働き方改革によってリモートワークや時短勤務など、合理的に働ける会社も増えています。

今の労働環境に不満を感じているのなら、もっといい労働環境の会社を探した方がいいです。

会社で働くという選択の他に、派遣社員、フリーランス、起業などの選択もできるので、今の会社に依存するという考え方ではなく、広い視点で働くということを考えてみてください。

今回紹介した5つの判断基準のうち、1つでも当てはまるものがあるのなら、仕事を辞める決断のタイミングだと思います。

転職サイトや転職エージェントに登録して、とりあえず情報収集から始めておくのがおすすめです。

会社に残るべきか迷ったら自分に独自の価値がつくかで判断する

会社に残るべきか迷ったら、自分に独自の市場価値がつくかを判断軸にするといいです。

これからの時代を生き抜くためには、いかに自分の市場価値を高められるかが重要です。

ですから自分にオリジナルの価値がつくのであれば、会社に残って仕事をしようが、転職した会社で仕事をしようが、どちらでもいいのです。

今の会社に残ったままでも、新しい経験を積むことができたり、これから伸びそうな分野の仕事に挑戦できるチャンスがあるなら、自分の行動次第で自分にオリジナルの価値をつけることは可能です。このような会社であれば、そのまま会社に残るという選択でもいいです。

しかし、社内でのキャリアチェンジができない、新しい分野への挑戦ができないという会社なら、転職してチャンスを掴みに行くほうがいいです。その会社にそのまま残っていても、あなたの市場価値にオリジナリティは生まれません。

会社の給料、待遇、福利厚生、安定しているかどうか、などの要素も会社選びでは大切ですが、長期スパンで自分の将来をみたときには、自分にオリジナルの市場価値がつくかどうかが最も重要になってきます。

自分の価値に高いオリジナリティがあれば、時代や環境が変わっても「いつでも転職できる武器」を常に持っている状態を保つことができるのです。

これはとても安心で安全な選択だと言えます。

キャリアはアップするより、スライドさせてオリジナルになる方がいい

キャリアアップすることが大切だと思っている方がいらっしゃいますが、これからの時代は、同じ会社や同じ業界でキャリアアップして頂点を目指すよりも、キャリアをスライドさせていくことが大切です。

同じ会社や同じ業界で頂点を目指そうとすると、あなたよりも強い人間が現れたときにその勝負に勝てなくなってしまいます。世の中には自分よりも才能がある人や能力がある人はたくさんいるので、その人たちがあなたの前に現れた瞬間に、頂点を目指すのは無理ゲーになります。

また、キャリアアップして頂点を目指すためには、ライバルたちと差をつけるために多くの時間と労力が必要です。当然ライバルたちも日々努力をしていますから、ライバルよりも上にいくためにはライバルよりも多くの時間を使わなければいけなくなり、1日24時間じゃ足りなくなってしまうのです。

ですから、ライバルがたくさんいるレッドオーシャンの市場で戦うのではなく、ライバルが誰もいないブルーオーシャンで戦うことが大事です。

ライバルがいない市場を選ぶためには、キャリアアップして頂点を目指すのではなく、キャリアをスライドさせて自分にオリジナルの価値を見出していくことが必要です。

今の居場所で一人前に仕事ができるようになったら、思い切って横の山に進みましょう。横の山は会社内で見つかる場合もありますし、転職しなければ見つからない場合もありますので、横の山に進めるかどうかで今の会社に残るべきかどうかを決めればいいのです。

横の山に進むときのポイントは、逆張りです。

ライバルが少ない場所で、自分がアウェイになれる場所にキャリアをスライドして、自分の資質や経験の中からその場所で喜んでもらえることを提供できれば、そこはあなたにとってのブルーオーシャンになります。

逆張りしてキャリアを選ぶと自分のキャラが際立つ

昔は「この道一筋40年」という働き方でも通用しましたが、終身雇用が崩壊した現代では、多くの人にとってその働き方は通用しなくなりました。

ネットの普及によって情報が簡単に手に入るようになりましたし、作業もロボットやAIに置き換わることで技術の価値が下がっています。また、同じような業界で同じような仕事をしている人はたくさんいるので、その中で頭一つ抜け出すことができるのは、ほんの一握りです。

だから、これからは自分がチャンピオンになれる場所に逆張りして、キャリアを選ぶことが大切なのです。

そのためには、まわりから他の人とは違う、自分独自の「ありがとう」をもらえる場所に行く必要があります。まわりの人が苦手なことが、自分に資質があることになる場所を見つけることができれば、その場所でのあなたのキャラクターも際立っていきます。

まわりと同じ土俵で戦おうとすると、「あいつに勝つ」というのを強く意識してしまいますが、「ありがとう」の声を変えた場所ならライバルはいないので、自分の市場とお客様を喜ばせることに集中することができ、簡単にその場所で頭一つ抜け出すことができます。 自分が1番喜ばせられるお客様を知り尽くして、そこにフォーカスできる人間はめちゃめちゃ強いのです。

また、ライバルが苦手な分野で逆張りすることも効果的です。営業会社であれば、交渉力で勝負するのではなく、知識やマーケティング力で勝負する。エンジニアであればプログラミングスキルではなく、営業力で勝負する。などのように、ライバルたちが身につけようとしないスキルや経験を身につけて、自分のキャラクターを際立たせていくことはとても効果的です。

チャンスの扉を開けっぱなしにしておく

これまでキャリアアップやキャリア設計が大切だといわれてきましたが、これからの時代は、王道の出世ルートを歩むことではなく、時代や環境が変わっても、自分で自分の居場所を切り拓ける人がめちゃめちゃ強いです。

自分で仕事をつかみ、自分らしく生きていける人は、大手企業で働いている人よりも安定していると言えます。大手企業で働いていても、急なリストラがあったり、AIやロボットに作業が置き換わったり、終身雇用が崩壊したりなど、何が起こるかわからない時代になってしまいました。

これからは自分でチャンスをつかみにいく時代です。チャンスをつかむためには、チャンスの扉を開けっぱなしにしておく必要があります。

どんどん自分にチャンスが入ってくるようにしておいて、その中から自分の資質を踏まえて、横の山になりそうなチャンスをつかみにいくのです。「地道にコツコツ働いていれば、誰かが見てくれている」という時代は昭和で終わっています。地道にコツコツ同じ仕事をしていると、ずっと同じ仕事しか回ってきません。

自分の市場価値を高めたいなら、自ら行動してチャンスをつかみにいくことが大切なのです。これは転職活動をしたほうがいいという話ではなく、社外や市場に目を向けることが大切だという話です。

求人情報サイトや人材紹介会社に届く前の美味しい求人情報は「人」から入ってくることが多いです。

友人や知人からの紹介で求人情報が入ってくると、実際の職場の状況がわかりやすいですし、年収などの交渉もしやすくなります。人気のある企業ほど人からの紹介による「リファーラル採用」での入社がほとんどです。ちなみに、人気企業のメルカリの中途採用の90%はリファーラル採用です。

だから、チャンスの扉を開けっぱなしにして、いつでもチャンスが入ってくる環境をつくておくことが大切なのです。

まとめ

最後に「仕事を辞める決断をするための5つの判断基準」をまとめておきます。

  • 結果を出した上で仕事に飽きてしまった
  • 年収の伸びしろに不満がある
  • 仕事内容に興味を持てない
  • 職場の人間関係にうんざりしている
  • 労働環境に不満がある

今の仕事を辞めるかどうかで、迷っている方はたくさんいらっしゃいます。

「このまま会社に居続けた方がいいのではないか・・・」「転職して失敗したらどうしよう・・・」などの理由で動けずにいる方がほとんどです。

仕事を辞める決断にも転職をする決断にも、自分が納得できる理由と根拠があれば、迷いがなくなります。

まずは悩む前に「自分がなぜ仕事を辞めたいと思っているのか?」「転職して手に入れたいものは何か?」を明確にしておきましょう。

あなたにとって最適なタイミングで仕事を辞める決断をしてくださいね。

スポンサーリンク