今の世の中は、才能のある人たちがどんどん新しい分野に挑戦し、結果を残している時代です。こんな時代だからこそ、自分も何かやらなきゃ!と思う方は多いのですが、「やっぱり自分には才能がないからなぁ」とそこで諦めてしまう方も多いです。

結論から言うと、才能がなくても、毎日コツコツできる習慣があれば成功を手にすることは可能です。

今回は、自分には才能がないからできないと思っている方に向けて、「習慣は才能を超える」という話をしていきたいと思います。

習慣が才能を超える理由

仕事や人生で成功するためには、才能がないと無理だと思っている方はたくさんいます。でも、才能がないだけでやりたいことを諦めるのは、とてももったいないことです。

才能がなくても、毎日コツコツできる良い習慣を持っていれば、成功を手にすることは可能なのです。

世の中の成功者たちが全員、天才だったわけではなく、毎日やり続ける習慣を持っていたから成功できた人の方が多いのです。

あなたも成功を手に入れたいのなら、まずは思考を変える努力をしてください。これまで何十年と生きてきて、心と体に染み付いた習慣を変えるためには思考を変えることから始めなければいけません。

思考が変われば行動が変わり、行動が変われば習慣が変わり、習慣が変われば人生が変わります。

でも、いきなり大きく変えようとすると続かないので、ゆっくりと確実に変えていくのがいいです。

ここからは習慣が才能を変える理由について、各要点ごとに解説していきます。

良い習慣が人生を成功に導く

あなたはビジネスや人生で成功するためには何が大切だと思いますか?

才能?気質?財力?人脈?。どれもあったほうがいいですが、成功するために1番必要なのは良い習慣を身につけていることです。

経営学者のピーター・ドラッカーの言葉に「成果をあげるには、性格、強み、弱み、価値観、信条はいかようであってもよい。なされるべきことをなすだけでよい。成果をあげることは、習慣である。したがって、他の習慣と同じように身につけることのできるものである。そして身につけなければならないものである(『経営者の条件より』)。」という言葉があります。

ドラッカーの言葉からも、成果をあげるために必要なのは、特別な才能を持っていることではなく、良い習慣を持っていることだということがわかります。

では、良い習慣とはどんな習慣なのか?

たとえば、早起きです。多くの成功者が「早起きは成功の秘訣」と言っています。人間の脳は起床後2時間半〜4時間で最も活性化します。AppleのCEOティム・クック、スターバックスのCEOハワード・シュルツ、ディズニーのCEOロバート・アイガーらは、午前4時半に起床しています。起床後、仕事や個人の趣味などに時間を使い、まだほとんど誰も出社していない7時頃には会社に出社して仕事を開始しているそうです。

成功している人たちには成功している理由があります。良い習慣を持ち、それを毎日コツコツと続け、いい生活のリズムをつくっていくことは、成功するためにとても重要な要素だということです。

小さな習慣の違いが人生を大きく変える

習慣には繰り返しのパワーがあります。良い習慣が習慣化されると、ゆっくりと本質的な変化が起こっていきます。

ここで大事なのは、自分の中にどんな習慣を取り入れたくて、どんな習慣を取り入れたくないかです。

ここで、あなたの普段の習慣を思い出してみてください。あなたは次のうち、どちらの習慣を持っていますか?

  • 早朝に出社 or ギリギリの出社
  • 腹八分目 or 満腹
  • 階段を歩く or エスカレーターを使う
  • 感謝の言葉 or 文句や愚痴
  • 笑顔 or 不機嫌な顔

あなたがどちらの習慣を持っているかは別として、どちらの習慣が良いかはわかります。頭ではわかっているけど、頭で考えているのと違う行動をとってしまうのは習慣の性質なのです。

小さな習慣の積み重ねが人生をつくっていきますので、1つ1つの小さな習慣をプラスのものに変えていくことで人生は大きく変えられるのです。

プロフェッショナルの習慣

プロフェッショナルの人はどのような習慣を持っているのでしょうか?

たとえば、メジャーリーグで大活躍したイチロー選手の場合、特別に恵まれた体格を持った選手ではありません。それでもイチロー選手は、強靭な体格を持つ選手がたくさん集まるメジャーリーグで活躍することができました。

その理由は、イチロー選手の習慣力にあります。イチロー選手の言葉に「夢をつかむというのは一気にはできません。小さなことを積み重ねることで、いつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます。」という言葉があります。

高校時代のイチロー選手は毎日10分の素振りを1年365日、3年間続けたことで、強い気持ちを持てるようになった、というエピソードもあります。特別なことをするために特別なことをするわけではなく、特別なことをするために当たり前のことをするということです。

イチロー選手にはこの他にも習慣化していることがあり、必ず8時間の睡眠をとっていたり、体を柔らかくするためのストレッチの習慣があったり、怪我のリスクを最小限に抑えるために階段ではなくスロープをできるだけ使うようにしていたり、と成果を出すための習慣を徹底しています。

このことからもわかるように、仕事や人生を成功させるためには毎日の小さな習慣がとても大切だということですね。

習慣化の3つの効果

習慣化には大きく3つの効果があります。それがこちらです。

  • 成果を出す効果
  • コンディションを整える効果
  • 脳力を高める効果

成果を出す効果とは、エスカレータを使う代わりに階段を使う習慣を身につけることにより、体力がついたり、体脂肪率が減少したりする効果です。また、データ整理の良い習慣を身につけることで、仕事の効率が上がったり、良いコミュニケーションの習慣が身についたことで、上司や部下とも円滑に仕事がまわるようになったという効果も出てきます。

良い習慣を持つことが高い成果を出すために貢献してくれるということです。

コンディションを整える効果とは、良い食事の習慣があれば、長期的に安定したパフォーマンスを出すことができます。また、良い心の習慣があれば、普段からストレスや不安感の軽減ができ、うつ病などを予防する対策にもなります。

脳力を高める効果とは、物事に挑戦することや運動することにより、脳内のニューロンが新しく強い形で結びつくことを促し、脳の力を高めると言われています。

これは知力だけでなく、洞察力や判断力などの脳が関わるさまざまな力の向上につながります。また、習慣が定着してくると、意志の力も高まっていきます。

つまり、才能がなくても、習慣によって仕事や人生で成功することができるということです。

これは才能がないと悩んでいるビジネスマンにとって朗報だといえます。だから、才能がなくても諦めないでください。あなたの人生は可能性に満ちています。

スポンサーリンク

まとめ

今回の内容のまとめです。

  • 良い習慣が人生を成功に導く
  • 小さな習慣が人生を大きく変える
  • プロフェッショナルの習慣
  • 習慣の3つの効果

私は人間には無限の可能性があると信じています。何かに気づけるか気づけないか、視点を変えられるかどうか、で人生はどうにでもできます。だから、諦めずに自分の思考をアップデートさせていきましょう。

このブログが皆さんのヒントになれば嬉しいです。これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事