スーパー 正社員 恥ずかしい

『スーパーの正社員は恥ずかしいの?』
『スーパーの正社員の将来性はどうなの?』
『スーパーの正社員はきついって本当?』

このような方に向けて記事を書いています。

結論からいうと、スーパーの正社員に限らず、どんな仕事でも、社会から必要とされている時点で立派です。

しかしそのいっぽうで、『スーパーの正社員=恥ずかしい』『スーパーの正社員=将来性がない』などのイメージを持っている方がいるのも現実です。

では、なぜスーパーの正社員は恥ずかしいのか?

その理由は、以下のとおり。

  • 給料が安い
  • 特別なスキルが必要ない
  • 社会的な評価が低い
  • 名札や制服を着用しなければいけない
  • お客様と接触する機会が多い
  • バイトやパートと間違えられる
  • 将来のキャリアに不安がある

しかしながら、スーパーの仕事に誇りを持っている方は、世間体や周囲の視線など気にしないので、スーパーの正社員が恥ずかしいなんて思いません。

ですから、スーパーで働くことが恥ずかしいと感じる方は、そもそも『スーパーの仕事が自分に向いていない』『スーパー以外の仕事に興味がある』などの根本の原因があるはずです。

ドフラ
こんにちは。26歳まで底辺労働者だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計978名の方にインタビューしてきたので、スーパーの正社員のリアルな情報をお伝えできると思います。

今回は、僕が実際に話を聞いた元スーパー正社員の方の体験談をもとに、『スーパーの正社員が恥ずかしい理由』から『スーパーから転職で失敗しない方法』までを解説していきたいと思います。

この記事を読めば、自分がスーパーの正社員に向いていないかがわかるので、スーパーを辞めるべきかを判断できるはずです。

3分で読める内容なので、それではいきましょう〜。

『今すぐ自分に合う仕事が知りたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

スーパーの正社員が恥ずかしい理由7選【元スーパー社員の失敗談あり】

スーパー 正社員 恥ずかしい

なぜ『スーパーの正社員は恥ずかしい』といわれるのか?

結論をいうと、スーパーの正社員が恥ずかしい理由は、以下のとおりです。

  • 給料が安い
  • 特別なスキルが必要ない
  • 社会的な評価が低い
  • 名札や制服を着用しなければいけない
  • お客様と接触する機会が多い
  • バイトやパートと間違えられる
  • 将来のキャリアに不安がある

とはいえ、スーパーで働く人の中には、『スーパーの正社員は楽しい!』『スーパーに就職して良かった!』という方もいますので、スーパーの仕事が自分に合っているかどうかが1番大事かと。

ここからは、あなたがスーパーの正社員を辞めるべきかを判断できるように、『スーパーの正社員が恥ずかしい理由』を一つずつ解説していきますね。

スーパー正社員は恥ずかしい理由①:給料が安い

スーパー 正社員 恥ずかしい

スーパーの正社員が恥ずかしい理由の1つ目は、『給料が安い』です。

スーパーマーケット業界は競争が激しく、価格競争が繰り広げられています。

そのため多くのスーパーが、顧客の獲得と維持のために価格を抑えることを求められており、その結果として利益率が低下します。

また、スーパーは需要の大きさに対応するため、大量の従業員を雇用しており、これもスーパーの正社員の給料が安くなる原因です。

つまり、『スーパーの利益率が低い&大量の従業員を雇用→正社員一人あたりの給与を安くするしかない』ということ。

実際にDODAが発表した『平均年収ランキング(業種別の平均年収/生涯賃金)』によると、スーパーの正社員の平均年収は356万円です。

ほかの業種と比較すると、年収の差がはっきりわかります。

  • 総合電機メーカー:545万円
  • ITコンサルティング:461万円
  • ゼネコン:455万円
  • 総合商社:446万円
  • Webマーケティング:422万円
  • スーパー:356万円

上記のように、ほかの業界で働く正社員と給料を比べてしまうと、スーパーで働く自分の給料が安くて、恥ずかしくなるということですね。

※元スーパー正社員の小島聡さん(25歳男性・仮名)が、『スーパーを辞めた体験談』は以下の記事をどうぞ。

スーパー正社員は恥ずかしい理由②:特別なスキルが必要ない

スーパー 正社員 恥ずかしい

スーパーの正社員が恥ずかしい理由の2つ目は、『特別なスキルが必要ない』です。

スーパーの正社員の仕事は、商品の陳列・レジ業務・棚卸し・清掃などの単純作業が多いため、特別なスキルや資格がなくても働けます。

その結果、『スーパーの仕事=誰でもできる簡単な仕事』というイメージを持たれやすい。

実際にスーパーでの業務は、高度な技術的スキルや専門知識が求められることが少なく、自分の能力や才能を活かせない仕事だと感じる人もいます。

スーパーの正社員で身につくスキルは、主にコミュニケーション力や協調性なので、専門的なスキルを重視している方にとっては『スーパーの正社員=何もスキルがなくて恥ずかしい』となるようです。

※元スーパー社員の寺田康平さん(41歳男性・仮名)が、『39歳でスーパーを辞めた時に後悔した体験談』は以下の記事をどうぞ。

スーパー正社員は恥ずかしい理由③:社会的な評価が低い

スーパー 正社員 恥ずかしい

スーパーの正社員が恥ずかしい理由の3つ目は、『社会的な評価が低い』です。

スーパーの正社員は、ほかの職業に比べて報酬が低いため、一部の人からは社会的な地位が低いと見なされることがあります。

また、スーパーの正社員の仕事は、物品の陳列やレジ業務、清掃などの肉体労働が中心のため、専門性が低いと思われることも多いです。

これらが原因で、自分がスーパーの正社員であることを恥ずかしく思い、友人や知人に自分がスーパーで働いていることを言わない人もいます。

※元スーパー店員の佐藤未央さん(23歳女性・仮名)が、『スーパーの正社員を辞めた時の体験談』は以下の記事をどうぞ。

スーパー正社員は恥ずかしい理由④:名札や制服を着用しなければいけない

スーパー 正社員 恥ずかしい

スーパーの正社員が恥ずかしい理由の4つ目は、『名札や制服を着用しなければいけない』です。

スーパーの正社員は、一般的に名札をつけるため、自分の名前や役職、仕事の詳細を他の人に知られやすいです。

これにより、自分がスーパーの正社員として働いていることが世間に知られてしまい、他人の目を気にし始める人も多い。

また、スーパーの正社員は特定の制服や作業服を着用しなければならず、仕事着がファッション的にダサいと思われることもあります。

オフィスワークで働く人はスーツ、アパレル業界や美容業界で働く人は私服のため、ほかの業界の比較して、スーパーの正社員の服装を恥ずかしいと感じる人もいますね。

スーパー正社員は恥ずかしい理由⑤:お客様と接触する機会が多い

スーパー 正社員 恥ずかしい

スーパーの正社員が恥ずかしい理由の5つ目は、『お客様と接触する機会が多い』です。

スーパーの正社員は、日常的に多くの人々と接することが求められ、お客様の要望やクレームに対応しなければならない場面もあります。

時には厳しいお客様やトラブルに巻き込まれることもあるため、プレッシャーやストレスを感じることがあります。

また、接客業では常に笑顔や親切な態度を意識する必要があるため、疲労やモチベーションの低下に悩むことも多い…。

このように、お客様から理不尽なクレームを受けても、笑顔で親切に対応しなければいけない自分の立場を恥ずかしいと感じる人もいるようです。

※元スーパー青果担当の西山優二さん(26歳男性・仮名)が、『スーパーの正社員を辞めた時の体験談』は以下の記事をどうぞ。

スーパー正社員は恥ずかしい理由⑥:バイトやパートと間違えられる

スーパー 正社員 恥ずかしい

スーパーの正社員が恥ずかしい理由の6つ目は、『バイトやパートと間違えられる』です。

スーパー業界では、正社員の割合よりも非正規雇用(アルバイトやパートタイム)の割合が高いため、スーパーで働く人々を一律に非正規雇用とみなす人もいます。

また、スーパーの正社員の業務内容は、バイトやパートがやる作業と重複したり、類似したりすることも多いです。

たとえば、商品の陳列やレジ業務などは、正社員もパートもアルバイトも共通して行う仕事のため、お客様からバイトやパートと間違えられることもあります。

さらに、スーパーの正社員と非正規雇用のスタッフが、同じ制服を着用する場合もあるため、お客様からすると、正社員か非正規雇用かを判断するのは難しいです。

このように、『正社員で働いているのにバイトやパートと間違えられる現状』を恥ずかしいと思う人も多いようです。

※元スーパーの正社員21名にインタビューした、『スーパーの正社員を辞めた時の退職理由』は以下の記事をどうぞ。

スーパー正社員は恥ずかしい理由⑦:将来のキャリアに不安がある

スーパー 正社員 恥ずかしい

スーパーの正社員が恥ずかしい理由の7つ目は、『将来のキャリアに不安がある』です。

スーパー業界の正社員の給与水準は、ほかの職種や業界に比べて低く、30代40代以降のキャリアに不安を感じる人も多いです。

また、社内の管理職や役員のポジションが埋まっており、昇進やキャリアアップの機会が限られることもあります。

さらに、スーパー業界は競争が激しく、市場の変化や消費者のニーズに対応するための組織や業務の再編成によって、将来的にリストラ対象になることも…。

これらの要素によって、『スーパーの正社員=将来性がない』という印象になり、『将来性のない業界で働いている自分=恥ずかしい』となるようです。

スーパー正社員は恥ずかしい理由【まとめ】

最後に、『スーパー正社員は恥ずかしい理由7選』をまとめておきます。

  • 給料が安い
  • 特別なスキルが必要ない
  • 社会的な評価が低い
  • 名札や制服を着用しなければいけない
  • お客様と接触する機会が多い
  • バイトやパートと間違えられる
  • 将来のキャリアに不安がある

どんな仕事を選ぶかは、本人の価値観の問題なので、スーパーの正社員の仕事が良いとか悪いとかいう話ではありません。

しかし、今の段階で『スーパーの正社員は恥ずかしい…』『スーパーで働き続けるのが不安…』『スーパー以外の仕事にチャレンジしたい…』という方は、今すぐに行動するべきです。

なぜなら、スーパーから異業種に転職するなら、1歳でも若いほうが圧倒的に有利だからです。

未経験者を採用する企業の多くが、20代の若い人材に来てほしいと考えているため、行動を先延ばしにしていると、年齢が原因で転職できなくなるリスクもあります。

実際に世の中には、30代でスーパーを辞めた後に転職先が決まらず、日雇い派遣まで転落した…という人もいますからね。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
今すぐ転職できない方は、以下の記事で『無料適職診断テスト』を紹介していますので、試しにやってみてくださいね。