清掃業 向いてない人

『清掃業はやめたほうがいいの?』
『清掃員の正社員はきついの?』
『清掃の仕事は恥ずかしいの?』

このような方に向けて記事を書いています。

仕事が簡単そうだと思って清掃業に就職したら、作業が大変すぎてストレスがやばい…と悩んでいる方も多いです。

結論からいうと、清掃業に向いてない人の特徴は、以下のとおりです。

  • 不潔さへの耐性がない
  • 仕事の効率が悪い
  • 体力に自信がない
  • 注意力が足りない
  • 体臭や嫌な臭いに過敏
  • 人間関係が苦手
  • 清掃の仕事に興味がない
  • 環境への関心が薄い
  • 高収入を求めている

自分に向いてない仕事を選んでしまうと、『頑張っても成果が出ない』『モチベーションが上がらない』『毎日がストレスとの戦い』などの問題に直面します。

ですから、転職で失敗しないためにも、今のうちに『自分に向いてる仕事』と『自分に向いてない仕事』をしっかり分析しておくのがおすすめですよ。

ドフラ
こんにちは。元倉庫作業員のドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、清掃業を辞める人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に元清掃員の方から聞いた体験談をもとに『清掃業に向いてない人の9つの特徴』から『清掃員から転職で失敗しない方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、清掃員の未来に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐ自分に合う仕事が知りたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

清掃業に向いてない人の9つの特徴【清掃業はやめとけ!失敗談あり】

清掃業 向いてない人
清掃業を辞めようか迷っている人『仕事がラクそうだから清掃業に就職したけど、仕事のストレスがやばい…。自分は清掃業に向いてないのかな?』

このような悩みもありますよね。

結論をいうと、清掃業に向いてない人の9つの特徴は、以下のとおりです。

  • 不潔さへの耐性がない
  • 仕事の効率が悪い
  • 体力に自信がない
  • 注意力が足りない
  • 体臭や嫌な臭いに過敏
  • 人間関係が苦手
  • 清掃の仕事に興味がない
  • 環境への関心が薄い
  • 高収入を求めている

ここからは、あなたが清掃業を辞めるべきかを判断できるように、『清掃業に向いてない人の9つの特徴』を一つずつ解説していきますね。

清掃業に向いてない人の特徴①:不潔さへの耐性がない

清掃業 向いてない人

清掃業に向いてない人の特徴の1つ目は、『不潔さへの耐性がない』です。

清掃業は、汚れやゴミと直接的に接する仕事です。

清潔さへの意識が低く、汚れに対する耐性がない人は、清掃業には向いていません。

清掃作業には、清潔な環境を維持することが求められるため、汚れに対する感受性が高い人は、清掃業の仕事はやめておいたほうがいいです。

※元清掃員の鈴村康太さん(27歳男性・仮名)が、『清掃員の正社員がマジできついと思った体験談』は以下の記事をどうぞ。

清掃業に向いてない人の特徴②:仕事の効率が悪い

清掃業 向いてない人

清掃業に向いてない人の特徴の2つ目は、『仕事の効率が悪い』です。

清掃業では限られた時間内に多くのタスクをこなす必要があるため、清掃員には時間を効果的に管理し、迅速に作業を進める能力が求められます。

清掃業は一定のスケジュールに従って行われることが一般的であり、遅れてしまったり、作業を適切にプランニングできない場合、クライアントや雇用主との信頼関係が損なわれる可能性があります。

清掃業に向いてない人の特徴③:体力に自信がない

清掃業 向いてない人

清掃業に向いてない人の特徴の3つ目は、『体力に自信がない』です。

清掃業は肉体労働であり、長時間の立ち仕事や重い物の持ち上げ、階段の上り下りなどが必要とされることがあります。

そのため、身体的な制約がある人や体力に自信がない人にとっては、清掃業の仕事は負担が大きいです。

実際に元清掃員から聞いた、体力に自信がなくて清掃業を辞めた体験談は、以下のとおり。

浅倉唯奈さん(26歳女性・仮名)
とにかく出勤日数が多すぎました。GW・お盆・年末年始は普通に出勤ですし、シフト制なので祝日も調整しない限り仕事でした。徐々に体力を消耗し、精神も消耗していきました…。

遠藤健さん(29歳男性・仮名)
自分が働いていた職場には体を壊して退職する人が多くいたのですが、やはり自分も同じように体を壊して清掃員を辞めることになりました。GW・お盆・年末年始も無休で働いており、今までやった仕事の中で1番きついと思いました…。

神野恭介さん(24歳男性・仮名)
夏は炎天下で作業しなければならず、冬は雪でも関係なく仕事でした。肉体労働は体力的にきついので、歳をとったら続けられないと思いました…。

米田亮太さん(37歳男性・仮名)
朝9時から夕方5時まで清掃作業をやったあとに、追加で次の現場を入れられる日がほとんどで、終電で帰ることも多かったです。忙しい時は翌朝5時まで作業することもあり、体力的に限界でした…。

仕事で疲労が蓄積する可能性もあるため、自身の健康状態との適合性も考慮して、清掃業をやめるべきかどうかを考えたほうがいいですね。

清掃業に向いてない人の特徴④:注意力が足りない

清掃業 向いてない人

清掃業に向いてない人の特徴の4つ目は、『注意力が足りない』です。

清掃業では、細かい汚れや部分的な清掃を求められることがあります。

たとえば、隅々まで掃除するために細部に注意を払ったり、特定の汚れを集中して取り除いたりする必要があります。

そのため、注意力が低く、細かい作業に集中できない人は、清掃業には向いていません。

清掃業に向いてない人の特徴⑤:体臭や嫌な臭いに過敏

清掃業 向いてない人

清掃業に向いてない人の特徴の5つ目は、『体臭や嫌な臭いに過敏』です。

清掃業では、時には不快な臭いや強い匂いにさらされることがあります。

清掃中に嫌な臭いに対して過敏であるために、作業の集中力やパフォーマンスが低下する場合、清掃業は適していないでしょう。

臭いに対する感受性が高い人が清掃業を選ぶと、仕事のモチベーションや快適さにも影響を与える可能性が高いです。

清掃業に向いてない人の特徴⑥:人間関係が苦手

清掃業 向いてない人

清掃業に向いてない人の特徴の6つ目は、『人間関係が苦手』です。

清掃業では、時には他の人々とのコミュニケーションや協力が必要です。

清掃員には、チームでの作業やクライアントとの対応が求められることもあります。

そのため、人間関係が苦手で、協調性やコミュニケーション能力に欠ける場合、清掃業には向いていません。

実際に元清掃員から聞いた、清掃業の人間関係で悩んだ体験談は、以下のとおり。

鈴村康太さん(27歳男性・仮名)
清掃員の仕事を何年続けても、掃き掃除やモップ掛けが上手くなるだけだと思いました。また、職場には仕事中にギャンブルの話ばかりする人や他人の悪口ばかり言っている人が多く、ここは自分の居場所じゃないと感じました…。

就職や転職で失敗しないためには、『どんな人と一緒に働きたいか?』を考えておくことも大切ですね。

清掃業に向いてない人の特徴⑦:清掃の仕事に興味がない

清掃業 向いてない人

清掃業に向いてない人の特徴の7つ目は、『清掃の仕事に興味がない』です。

清掃業では、時には細かい部分の掃除や詳細な作業が必要とされることがあります。

たとえば、細かい隙間や角を掃除したり、汚れの付いた表面を丹念に清掃したりすることもある。

このような清掃の詳細な作業に興味や関心がなく、単調な作業が苦手な人は、清掃の仕事に向いてない可能性が高いです。

実際に元清掃員から聞いた、清掃業の将来性に疑問を感じた体験談は、以下のとおりです。

山川海斗さん(27歳男性・仮名)
自分の担当業務が良くも悪くも同じことのくり返しだったので、仕事が退屈になってしまい、ずっと清掃業で働き続ける未来に疑問を感じました…。将来のキャリアを考えた結果、環境を変えようと思いました。

スキルアップや自己成長が難しいという理由で、清掃業で働くモチベーションが下がり、清掃員を辞める人も多いですね。

※元清掃員の錦戸浩二さん(28歳男性・仮名)が、『清掃員はみじめだと思った体験談』は以下の記事をどうぞ。

清掃業に向いてない人の特徴⑧:環境への関心が薄い

清掃業 向いてない人

清掃業に向いてない人の特徴の8つ目は、『環境への関心が薄い』です。

清掃業は、環境をきれいに保つことに関わる仕事で、清潔な環境の維持や廃棄物の適切な処理が求められます。

そのため、環境への関心や意識が低く、清潔さやリサイクルなどに対する配慮がない人にとっては、清掃業は向いていないでしょう。

清掃業に向いてない人の特徴⑨:高収入を求めている

清掃業 向いてない人

清掃業に向いてない人の特徴の9つ目は、『高収入を求めている』です。

清掃業の仕事は、特別なスキルや専門知識があまり必要ないため、ほかの職種に比べて収入が低くなりやすいです。

また、清掃業は競争が激しく、契約金額を下げるために業者間の入札が行われることもあり、雇用主側は『できるだけ賃金を抑えたい』と考えています。

これらの要因によって、清掃員の給料が安くなり、労働条件や生活水準の向上が難しくなることもある。

実際に元清掃員から聞いた、収入の低さが原因で清掃業を辞めた体験談は、以下のとおりです。

遠藤貴一さん(36歳男性・仮名)
会社内の雰囲気は和気あいあいとしていて、楽しく働けたのですが、給料が安かったため辞めるざるを得なかったです。年に2千円しか昇給しないので、このペースでは生活は厳しくなるいっぽうだと思いました…。

安田大地さん(29歳男性・仮名)
入社3年目の社員と入社15年目の社員で、賞与の金額がほぼ同じだったため、個人に対する評価制度に疑問を感じました。仕事を頑張っても頑張らなくても給料が同じという環境のせいで、モチベーションの低い社員も多かったです…。

中村彰宏さん(25歳男性・仮名)
日々の業務を問題なく終わらせれば、上から特に何も言われることもなく、働きやすい環境でした。でも給料が安くて将来が不安だったので、転職しようと思いました。

ちなみに、清掃員の平均年収は270〜290万円ほどなので、日本の平均年収443万円と比較すると、170万円近くも年収が低いことになります。

清掃員は『長時間労働をしても、経済的に十分に報われない』と感じることもあるため、経済的な不安や不満が大きくなりやすいです。

そのため、将来的に年収アップしたいと考えている方は、清掃業に向いてない可能性が高いです。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

清掃業に向いてない人はどうすればいい?【失敗する理由は超簡単です】

清掃業に向いてない

世の中には『清掃員=底辺』『清掃の仕事=恥ずかしい』というイメージもあり、若い人が清掃員になることに対して、否定的な意見を言う人が多いです。

では、若い人は清掃員を辞めるべきなのか?

結論をいうと、清掃員の仕事を選ぶかどうかは、本人の価値観の問題なので、清掃員を辞めるかどうかは、あなた次第です。

つまり、清掃員の仕事が良いとか悪いとかの話ではない、ということ。

しかし現実問題として、清掃員には以下のデメリットがあります。

  • スキルが身につかない
  • 社会的な評価が低い
  • 給料が安い
  • 体力的にきつい
  • キャリアアップが難しい

この中でも、特に『給料の安さ』に限界を感じて、清掃員を辞める人が多い印象です。

清掃員の平均年収は270〜290万円ほどなので、日本の平均年収443万円と比較すると、170万円近くも年収が低いことになります。

また、DODAが発表する『20代男性・女性の平均年収』『30代男性・女性の平均年収』によると、20代30代の平均年収は以下のとおり。

  • 20歳:271万円
  • 21歳:267万円
  • 22歳:277万円
  • 23歳:286万円
  • 24歳:305万円
  • 25歳:331万円
  • 26歳:351万円
  • 27歳:369万円
  • 28歳:383万円
  • 29歳:395万円
  • 30歳:407万円
  • 31歳:416万円
  • 32歳:427万円
  • 33歳:431万円
  • 34歳:434万円
  • 35歳:442万円
  • 36歳:454万円
  • 37歳:462万円
  • 38歳:472万円
  • 39歳:471万円

上記の年収をみると、清掃員として働く人は、24歳以上の平均年収を稼ぐことが難しいということになります。

もちろん、清掃業は世の中に必要な仕事ですし、清掃員として働くことが悪いわけではありません。

しかし、将来的に年収アップやキャリアアップを考えるなら、若いうちに清掃業から収入の高い業界に転職するほうが良いですね。

ドフラ
自分の適正年収が知りたい方は、以下の記事で紹介する『ミイダスの無料年収診断』を受けるのがおすすめですよ。

清掃業に向いてない人の9つの特徴【まとめ】

最後に、清掃業に向いてない人の9つの特徴をまとめておきます。

  • 不潔さへの耐性がない
  • 仕事の効率が悪い
  • 体力に自信がない
  • 注意力が足りない
  • 体臭や嫌な臭いに過敏
  • 人間関係が苦手
  • 清掃の仕事に興味がない
  • 環境への関心が薄い
  • 高収入を求めている

自分に向いてない仕事を選んでしまうと、『頑張っても成果が出ない』『モチベーションが上がらない』『毎日がストレスとの戦い』などの問題に直面します。

ですから、転職で失敗しないためにも、今のうちに『自分に向いてる仕事』と『自分に向いてない仕事』をしっかり分析しておくのがおすすめですよ。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。