清掃業 クズ
清掃業の仕事がツラい人『清掃業は世間的なイメージが悪すぎる。清掃業はクズとか言われると本当にみじめ…。なんでこんなに底辺の扱いを受けるの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、清掃業がクズだといわれる理由は、以下のとおりです。

  • 低賃金になりやすい
  • 仕事の価値が見過ごされる
  • 社会的な偏見がある
  • 仕事の厳しさと身体的負担
  • キャリアの将来性がない

ただし、清掃業は世の中に必要な仕事であり、清掃員の中には清掃の仕事に誇りを持って、頑張っている人もいます。

しかし上記のような『清掃業=クズ』というイメージが強すぎて、肩身の狭い思いをしている清掃員も多いです…。

ドフラ
こんにちは。元倉庫作業員のドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきましたが、元清掃員の方の話を聞いていると、本当に大変な労働環境の中で頑張っているんだな…と尊敬します。

でも、底辺な扱いを受けたり、みじめな気持ちになったりすると、ストレスもたまりますよね。

『せっかく就職したから頑張りたいけど、清掃業がこんなにクズ扱いされるとは思わなかった…』というのが本音ではないでしょうか?

今回は、僕が実際に元清掃員の方から聞いた話をもとに『清掃業がクズだといわれる5つの理由』から『清掃員から転職で失敗しない方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、清掃員の未来に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分で読める内容ですので、それでは見ていきましょう〜。

『今すぐ自分に合う仕事が知りたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

清掃業がクズだといわれる理由【底辺?きつい?】失敗談あり

清掃業 クズ

この記事では、僕が実際に元清掃員の方にインタビューさせてもらった、ガチの体験談と清掃業を辞めた理由を紹介しています。

先に結論をいうと、清掃業がクズだといわれる理由は、以下のとおり。

  • 低賃金になりやすい
  • 仕事の価値が見過ごされる
  • 社会的な偏見がある
  • 仕事の厳しさと身体的負担
  • キャリアの将来性がない

ただし、清掃業の仕事を続けるかどうかは、本人の価値観の問題なので、清掃業が良いとか悪いとかの話ではありません。

でも、この記事を読んでいるあなたは、少なからず清掃業の未来に不安があるのだと思います。

ここからは、あなたが清掃業を辞めるべきかの判断材料として、『清掃業がクズ扱いされる5つの理由』を一つずつ解説していきますね。

清掃業がクズ扱いされる理由①:低賃金になりやすい

清掃業 クズ

清掃業がクズ扱いされる理由の1つ目は、『低賃金になりやすい』です。

清掃業は、一般的に特別なスキルや知識がなくてもできる仕事のため、比較的簡単に清掃員を採用することができます。

そのため、雇用主側にとっては『従業員の賃金を抑えることができる』というメリットがある。

また、清掃業は競争が激しく、契約金額を下げるために業者間の入札が行われることもあります。

これらの要因が、清掃員の賃金の低さにつながるのです。

実際に元清掃員から聞いた、給与の低さに対するコメントは、以下のとおりです。

遠藤貴一さん(36歳男性・仮名)
会社内の雰囲気は和気あいあいとしていて、楽しく働けたのですが、給料が安かったため辞めるざるを得なかったです。年に2千円しか昇給しないので、このペースでは生活は厳しくなるいっぽうだと思いました…。

安田大地さん(29歳男性・仮名)
入社3年目の社員と入社15年目の社員で、賞与の金額がほぼ同じだったため、個人に対する評価制度に疑問を感じました。仕事を頑張っても頑張らなくても給料が同じという環境のせいで、モチベーションの低い社員も多かったです…。

中村彰宏さん(25歳男性・仮名)
日々の業務を問題なく終わらせれば、上から特に何も言われることもなく、働きやすい環境でした。でも給料が安くて将来が不安だったので、転職しようと思いました。

清掃員の平均年収は270〜290万円ほどなので、日本の平均年収443万円と比較すると、170万円近くも年収が低いことになります。

ですから、将来的に年収アップを考えている方は、清掃業から異業種に転職するほうが早いかもです。

清掃業がクズ扱いされる理由②:仕事の価値が見過ごされる

清掃業 クズ

清掃業がクズ扱いされる理由の2つ目は、『仕事の価値が見過ごされる』です。

清掃業は見えない努力の結果が現れる仕事であり、清掃員が公共の場所や建物を清潔に保つことで、病気の予防や安全の確保に貢献しています。

しかし、その貢献が目に見えにくいため、清掃員の仕事の重要性が十分に認識されないことがあります。

また、清掃業は日常的に行われるため、人々はそれが当たり前と考え、感謝や評価を忘れがちです。

実際に元清掃員から聞いた、清掃業をみじめに感じた体験談は、以下のとおりです。

鈴村康太さん(27歳男性・仮名)
自分がやっていた仕事は、ペットボトルや空き缶や生ゴミの回収、玄関ホールや階段の掃き掃除やモップ掛けなどの誰でもできる単純労働で、人の目に触れることも多かったので、『なんで20代の自分がこんな仕事をしてるんだろう…』と惨めな気持ちになることが多々ありました…。

このように、清掃員に対する世間の評価によって、清掃業で働くモチベーションが下がってしまう人もいます。

※元清掃員の鈴村康太さん(27歳男性・仮名)が、『清掃の仕事が恥ずかしいと思った体験談』は以下の記事をどうぞ。

清掃業がクズ扱いされる理由③:社会的な偏見がある

清掃業 クズ

清掃業がクズ扱いされる理由の3つ目は、『社会的な偏見がある』です。

清掃業に対する社会的な偏見やステレオタイプは、教育や社会的地位との関連性に由来することがあります。

清掃員が高い教育を受けていないという先入観や、清掃業が低所得者や移民労働者によって主に担われているというイメージも広まっています。

これにより、清掃業が社会的に見下される職業とみなされ、他の人々から『清掃業=クズ』『清掃業=底辺』『清掃の仕事=恥ずかしい』と思われることも…。

清掃業がクズ扱いされる理由④:仕事の厳しさと身体的負担

清掃業 クズ

清掃業がクズ扱いされる理由の4つ目は、『仕事の厳しさと身体的負担』です。

清掃業は肉体的な労働を伴う場合が多く、清掃員は長時間立ち仕事をしたり、重い物を運んだり、掃除や清潔化による身体的な負担を強いられます。

また、清掃業は屋内や屋外での清掃作業、高所作業、化学物質の取り扱いなど、さまざまな環境や条件で作業が行われることもある。

これにより、清掃員は身体的なストレスや健康へのリスクに直面する可能性もあり、清掃業の仕事は『肉体労働できつい=底辺』というイメージになるのです。

実際に元清掃員から聞いた、仕事の厳しさと身体的負担に対するコメントは、以下のとおり。

神野恭介さん(24歳男性・仮名)
夏は炎天下で作業しなければならず、冬は雪でも関係なく仕事でした。肉体労働は体力的にきついので、歳をとったら続けられないと思いました…。

浅倉唯奈さん(26歳女性・仮名)
とにかく出勤日数が多すぎました。GW・お盆・年末年始は普通に出勤ですし、シフト制なので祝日も調整しない限り仕事でした。徐々に体力を消耗し、精神も消耗していきました…。

『清掃業=仕事がラクそう』というイメージもありますが、実際は体力が必要な場面も多いですし、365日稼働だから希望の休日が取れないというストレスもありますよね。

※元清掃員の錦戸浩二さん(28歳男性・仮名)が、『清掃員はみじめだと思った体験談』は以下の記事をどうぞ。

清掃業がクズ扱いされる理由⑤:キャリアの将来性がない

清掃業 クズ

清掃業がクズ扱いされる理由の5つ目は、『キャリアの将来性がない』です。

清掃業は、一般的には専門知識やスキルを必要とせず、比較的容易に入りやすい職種です。

非正規雇用やパートタイムで働く清掃員も多く、雇用が不安定で低収入になりやすいです。

清掃業で経験する業務は、ほかの仕事に応用しにくいため、長期的なキャリアの観点から見ると、清掃員は自己成長やキャリアアップの機会が制限される可能性があります。

実際に元清掃員から聞いた、清掃員のキャリアの将来性に対するコメントは、以下のとおりです。

山川海斗さん(27歳男性・仮名)
自分の担当業務が良くも悪くも同じことのくり返しだったので、仕事が退屈になってしまい、ずっと清掃業で働き続ける未来に疑問を感じました…。将来のキャリアを考えた結果、環境を変えようと思いました。

鈴村康太さん(27歳男性・仮名)
清掃員の仕事を何年続けても、掃き掃除やモップ掛けが上手くなるだけだと思いました。また、職場には仕事中にギャンブルの話ばかりする人や他人の悪口ばかり言っている人が多く、ここは自分の居場所じゃないと感じました…。

スキルアップやキャリアアップが難しいという理由で、清掃業で働くモチベーションが下がり、清掃員を辞める人も多いです。

清掃業は楽そうに見える仕事ですが、実際に働いてみると結構きつい…。

ちなみに元清掃員の鈴村康太さん(27歳男性・仮名)は、27歳で清掃業からIT業界に転職したおかげで、年収は200万円アップしたそうです。

価値観は人それぞれなので、どの仕事を選んでもいいと思います。

でも今の段階で、『清掃業の仕事を続けるのは無理だ…』と思う方は、できるだけ早めに行動しておきましょう。

30歳に近づくほど、未経験の仕事に転職するのが難しくなりますからね。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

清掃業はクズだといわれる5つの理由【まとめ】

最後に、清掃業はクズだといわれる5つの理由をまとめておきます。

  • 低賃金になりやすい
  • 仕事の価値が見過ごされる
  • 社会的な偏見がある
  • 仕事の厳しさと身体的負担
  • キャリアの将来性がない

今回は元清掃員の方の体験談をもとに、清掃業の仕事の実態を紹介しました。

清掃業は仕事が簡単そうにみえるので、楽に働けると思って就職する人も多いです。

しかし、それと引き換えに、給料やスキルアップなど、多くのことが犠牲になることも事実…。

清掃業で働くことのメリットとデメリットを比較した上で、ぜひあなたの納得できるキャリアを選んでくださいね。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。