清掃の仕事 恥ずかしい
清掃の仕事がツラい人『清掃業は世間的なイメージが悪すぎる。清掃の仕事は恥ずかしいとか言われるとみじめな気持ちになる…。なんでこんなに底辺の扱いを受けるの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、清掃の仕事が恥ずかしいといわれる理由は、以下のとおりです。

  • 社会的地位の低さ
  • 報酬の不足
  • 身体的な労働と厳しい環境
  • 社会的な評価の欠如
  • 専門スキルの欠如と自己成長の不足

ただし、清掃業は世の中に必要な仕事であり、清掃員の中には清掃の仕事に誇りを持って、前向きに働いている人もいます。

しかし上記のような理由から、『清掃の仕事=恥ずかしい』『掃除の仕事=恥ずかしい』というイメージが強すぎて、肩身の狭い思いをしている清掃員も多いです…。

ドフラ
こんにちは。26歳まで倉庫作業員だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計975名の方にインタビューしてきたので、清掃の仕事を辞める人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に元清掃員の方から聞いた体験談をもとに『清掃の仕事が恥ずかしい理由』から『清掃員から転職で失敗しない方法までを解説していきます。

この記事を読めば、清掃員の未来に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分で読める内容ですので、それでは見ていきましょう〜。

『今すぐに清掃員を辞めたい!』という方は、第9章の『清掃の仕事から転職する前にやっておくべきこと』から先に目を通してくださいね!

清掃の仕事が恥ずかしい理由【若い人はみじめ?底辺扱いされる?】

清掃の仕事 恥ずかしい

この記事では、僕が実際に元清掃員の方にインタビューさせてもらった、ガチの体験談と清掃の仕事を辞めた理由を紹介しています。

先に結論をいうと、清掃の仕事が恥ずかしいといわれる理由は、以下のとおり。

  • 社会的地位の低さ
  • 報酬の不足
  • 身体的な労働と厳しい環境
  • 社会的な評価の欠如
  • 専門スキルの欠如と自己成長の不足

ただし、清掃の仕事を続けるかどうかは、本人の価値観の問題なので、清掃の仕事が良いとか悪いとかの話ではありません。

でも、この記事を読んでいるあなたは、少なからず清掃員の未来に不安があるのだと思います。

ここからは、あなたが清掃の仕事を辞めるべきかの判断材料として、『清掃の仕事が恥ずかしいと言われる5つの理由』を一つずつ解説していきますね。

清掃の仕事が恥ずかしい理由①:社会的地位の低さ

清掃の仕事 恥ずかしい

清掃の仕事が恥ずかしいと言われる理由の1つ目は、『社会的地位の低さ』です。

清掃の仕事は、低賃金であることが多いため、社会的な地位が低い職業と見なされることがあります。

世の中には『清掃員=仕事がラクそう』というイメージがあり、『清掃員は専門的なスキルを持たず、重要な仕事ではない』と誤解している人もいます。

そのため、『清掃員は高い教育を受けていない』『清掃業が低所得者によって主に担われている』などの先入観をもたれることもある。

これにより、清掃の仕事が社会的に見下される職業とみなされ、他の人々から『清掃の仕事=恥ずかしい』『掃除の仕事=恥ずかしい』『清掃員=底辺』と思われることも…。

実際に元清掃員から聞いた、清掃員の社会的地位が低いと感じた体験談は、以下のとおりです。

篠原麻耶さん(24歳女性・仮名)
大学病院で清掃の仕事をしていたのですが、病院内の医師や看護師に挨拶してもほぼ無視でした。病室を掃除するときに看護師に確認をとるのですが、その時の態度もかなり冷たくて泣きそうでした…。

寺田由樹さん(35歳女性・仮名)
ある会社のオフィス清掃を担当していたのですが、ほとんどの社員が挨拶をしても無視でした。宅配便や弁当の宅配業者には挨拶をしているのに、なぜ自分には挨拶をしてくれないなろう…と惨めな気持ちになりました。

坂井涼菜さん(27歳女性・仮名)
オフィスビルで清掃の仕事をしていたのですが、すれ違ったときに挨拶をしても無視する職員もいました。自分が清掃員だから挨拶をしなくてもいい人間だと思われているようで、正直ムカつきました…。

このような社会的地位の低さから、清掃の仕事に誇りを持てなくなり、清掃員を辞めてしまう人も多いです。

※元清掃員の錦戸浩二さん(28歳男性・仮名)が、『清掃員がみじめだと思った体験談』は以下の記事をどうぞ。

清掃の仕事が恥ずかしい理由②:報酬の不足

清掃の仕事 恥ずかしい

清掃の仕事が恥ずかしいと言われる理由の2つ目は、『報酬の不足』です。

清掃の仕事は、特別なスキルや専門知識があまり必要ないため、ほかの職種に比べて報酬が低い傾向があります。

清掃業は競争が激しく、契約金額を下げるために業者間の入札が行われることもあり、雇用主側は『できるだけ賃金を抑えなければいけない』という課題を抱えています。

これらの要因によって、清掃員の賃金が低くなり、労働条件や生活水準の向上が難しくなることも多いです。

実際に元清掃員から聞いた、報酬の不足に対するコメントは、以下のとおりです。

遠藤貴一さん(36歳男性・仮名)
会社内の雰囲気は和気あいあいとしていて、楽しく働けたのですが、給料が安かったため辞めるざるを得なかったです。年に2千円しか昇給しないので、このペースでは生活は厳しくなるいっぽうだと思いました…。

安田大地さん(29歳男性・仮名)
入社3年目の社員と入社15年目の社員で、賞与の金額がほぼ同じだったため、個人に対する評価制度に疑問を感じました。仕事を頑張っても頑張らなくても給料が同じという環境のせいで、モチベーションの低い社員も多かったです…。

ちなみに、清掃員の平均年収は270〜290万円ほどなので、日本の平均年収443万円と比較すると、170万円近くも年収が低いことになります。

清掃員は『長時間労働をしても、経済的に十分に報われない』と感じることもあるため、経済的な不安や不満が大きくなりやすいです。

将来的に年収アップしたいと考えている方は、清掃業から異業種に転職するほうが早いかもです。

※元清掃員の鈴村康太さん(27歳男性・仮名)が、『清掃員の正社員がきついと思った体験談』は以下の記事をどうぞ。

清掃の仕事が恥ずかしい理由③:身体的な労働と厳しい環境

清掃の仕事 恥ずかしい

清掃の仕事が恥ずかしいと言われる理由の3つ目は、『身体的な労働と厳しい環境』です。

清掃の仕事は身体的な労働が主体であり、重い物を運ぶ、床を掃除する、ゴミを片付けるなど体力を使う作業が多いです。

また、清掃員は汚れた場所や不快な匂いのある環境での作業、屋内や屋外での清掃作業、高所作業、化学物質の取り扱いなど、さまざまな環境や条件で仕事をしなければいけません。

これにより、清掃員は身体的な負担や不快感などのストレスが大きくなる可能性もあり、清掃の仕事は『肉体労働できつい=底辺』というイメージになり、『底辺の仕事=恥ずかしい』となるわけです。

実際に元清掃員から聞いた、身体的な労働と厳しい環境に対するコメントは、以下のとおり。

神野恭介さん(24歳男性・仮名)
夏は炎天下で作業しなければならず、冬は雪でも関係なく仕事でした。肉体労働は体力的にきついので、歳をとったら続けられないと思いました…。

浅倉唯奈さん(26歳女性・仮名)
とにかく出勤日数が多すぎました。GW・お盆・年末年始は普通に出勤ですし、シフト制なので祝日も調整しない限り仕事でした。徐々に体力を消耗し、精神も消耗していきました…。

『清掃業=仕事がラクそう』というイメージもありますが、実際は体力が必要な場面も多いですし、365日稼働だから希望の休日が取れないというストレスもありますよね。

清掃の仕事が恥ずかしい理由④:社会的な評価の欠如

清掃の仕事 恥ずかしい

清掃の仕事が恥ずかしいと言われる理由の4つ目は、『社会的な評価の欠如』です。

清掃の仕事は目立たない裏方の仕事であり、清掃員が公共の場所や建物を清潔に保つことで、病気の予防や安全の確保に貢献しています。

しかし、その貢献が目に見えにくいため、清掃の仕事の重要性が十分に評価されないことがあります。

清掃の仕事は、ほかの専門的な職種と比較すると、社会に対する貢献が軽視されることもあり、これが清掃員の自己肯定感や自己評価を低くする原因になる。

また、清掃業は日常的に行われるため、人々はそれが当たり前と考え、感謝や評価を忘れがちです。

実際に元清掃員から聞いた、清掃業をみじめに感じた体験談は、以下のとおりです。

錦戸浩二さん(28歳男性・仮名)
商業施設の清掃員をやっていたのですが、ゴミをゴミ箱に捨てない人や家庭ゴミを大量に捨てようとする人がいたり、ひどい時は植木の中にゴミが捨てられていることもありました。マナー違反の人間が出したゴミを掃除しているときに『なぜ自分は清掃員をやっているんだろう…』とかなり惨めな気持ちになりました…。

山村萌香さん(29歳女性・仮名)
ある会社のオフィス清掃の担当だったときに、女性社員から『掃除機のコードが椅子に当たってる!』『デスクの近くのホコリを早く掃除して!』と冷たい対応をされたり、舌打ちをされたりすることもありました。会社の全員から見下されているようで惨めでした…。

このように、清掃の仕事に対する世間の評価によって、清掃員を続けるモチベーションを失ってしまう人もいます。

清掃の仕事が恥ずかしい理由⑤:専門スキルの欠如と自己成長の不足

清掃の仕事 恥ずかしい

清掃の仕事が恥ずかしいと言われる理由の5つ目は、『専門スキルの欠如と自己成長の不足』です。

清掃の仕事は、一般的に専門的なスキルや高度な知識を必要としない場合が多く、清掃員の中には『自己成長の機会が少ない』と感じる人もいます。

その結果、自分の職業である清掃員を『将来的にスキルアップやキャリアアップが難しい仕事』だと思ってしまい、仕事に対する自己価値を低く見積もる人もいる。

現実に清掃の仕事で経験する業務は、ほかの仕事に応用しにくいため、長期的なキャリアの観点からみると、清掃員はスキルアップや自己成長の機会が制限される可能性があります。

実際に元清掃員から聞いた、清掃員のキャリアの将来性に対するコメントは、以下のとおりです。

山川海斗さん(27歳男性・仮名)
自分の担当業務が良くも悪くも同じことのくり返しだったので、仕事が退屈になってしまい、ずっと清掃業で働き続ける未来に疑問を感じました…。将来のキャリアを考えた結果、環境を変えようと思いました。

鈴村康太さん(27歳男性・仮名)
清掃員の仕事を何年続けても、掃き掃除やモップ掛けが上手くなるだけだと思いました。また、職場には仕事中にギャンブルの話ばかりする人や他人の悪口ばかり言っている人が多く、ここは自分の居場所じゃないと感じました…。

スキルアップや自己成長が難しいという理由で、清掃の仕事を続けるモチベーションが下がり、清掃員を辞める人も多いですね。

清掃の仕事はやめたほうがいい?【若い清掃員が失敗する理由は超簡単です】

清掃の仕事 恥ずかしい

世の中には『清掃の仕事=恥ずかしい』というイメージもあり、若い人が清掃員になることに対して、否定的な意見を言う人が多いです。

実際に元清掃員の方の中には、自分が清掃の仕事をやっていることに対して、知人から以下のような発言をされた人もいます。

『まさか清掃の仕事?若いんだから辞めなよ!』
『清掃員はダサいし、汚いでしょ!』
『清掃の仕事なんて恥ずかしいから他の仕事を探したら?』

こんなことを言われたら、さすがにムカつきますよね…。   

では、若い人は清掃員を辞めるべきなのか?

結論をいうと、清掃の仕事を選ぶかどうかは、本人の価値観の問題なので、清掃員を辞めるかどうかは、あなた次第です。

つまり、清掃の仕事が良いとか悪いとかの話ではない、ということ。

しかし現実問題として、清掃員には以下のデメリットがあります。

  • スキルが身につかない
  • 社会的な評価が低い
  • 給料が安い
  • 体力的にきつい
  • キャリアアップが難しい

この中でも、特に『給料の安さ』に限界を感じて、清掃員を辞める人が多い印象です。

清掃員の平均年収は270〜290万円ほどなので、日本の平均年収443万円と比較すると、170万円近くも年収が低いことになります。

たとえば、DODAが発表する『20代男性・女性の平均年収』『30代男性・女性の平均年収』によると、20代30代の平均年収は以下のとおり。

  • 20歳:271万円
  • 21歳:267万円
  • 22歳:277万円
  • 23歳:286万円
  • 24歳:305万円
  • 25歳:331万円
  • 26歳:351万円
  • 27歳:369万円
  • 28歳:383万円
  • 29歳:395万円
  • 30歳:407万円
  • 31歳:416万円
  • 32歳:427万円
  • 33歳:431万円
  • 34歳:434万円
  • 35歳:442万円
  • 36歳:454万円
  • 37歳:462万円
  • 38歳:472万円
  • 39歳:471万円

上記の年収をみると、清掃員として働く人は、24歳以上の平均年収を稼ぐことが難しいということになります。

もちろん、清掃の仕事は恥ずかしくないですし、清掃員は世の中に必要な立派な職業です。

しかし、将来的に稼げる年収を重視している方は、清掃員のままだと、いずれ限界がきそうですね。

ここからは、あなたが転職活動で失敗しないように、『清掃の仕事から転職する前にやっておくべきこと』を紹介しておきますので、ぜひチェックしてくださいね。

清掃の仕事から転職する前にやっておくべきこと

清掃の仕事 恥ずかしい

今の段階で、『清掃の仕事が恥ずかしい…』『清掃の仕事は底辺すぎる…』と思っている方は、そもそも清掃の仕事が自分に向いてる仕事ではない可能性が高いです。

そして、自分に向いてる仕事に就職できない最大の原因は、自分の強みや弱みを理解できていないからです。

つまり、自己分析が足りていない、ということ。

とはいえ、今まで自己分析をやったことがない人が、自分の強みや弱みを分析するのは大変だと思います。

そんな方のために、世の中には自己分析ツールが多く存在します。

その中でも、特におすすめなのが、無料適職診断テストが受けれる『ミイダス』ですね。

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。

ミイダスはすべて無料で利用できますし、面談や履歴書などの手間もないので、あなたにリスクはありません。

合計4種類の診断テストを無料で受けれるのですが、特に『コンピテンシー診断』がおすすめです。

下記のとおり、自分に向いてる仕事を順番に教えてくれるので、職種選びの参考になりますよ!

清掃の仕事 恥ずかしい

さらに『適性の低い職種』も表示してくれるので、自分に合わない仕事を選ぶリスクも回避できますよ。

ドフラ
ちなみに僕は事務職や公務員の適性が低かったです。
清掃の仕事 恥ずかしい

下記の『パーソナリティの特徴』という項目では、自分の個性や特徴を数値化してくれるので、客観的なデータをもとに自己分析も可能ですよ!

清掃の仕事 恥ずかしい

清掃の仕事から転職で失敗したくない方は、ミイダスの無料適職診断テストで『自分に向いてる仕事』や『自分の強みと弱み』を調べておいてくださいね。

ミイダス :3分で登録完了。面談&履歴書なしでOK。無料適職診断テストあり。780,000人が登録。