清掃業 体壊す
清掃業を辞めようか迷っている人『今まで清掃員の仕事を頑張ってきたけど、体力的にきついと思う日が増えてきた…。清掃業で働き続けると体壊すかな?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、清掃業は体壊すといわれる理由は、以下のとおりです。

  • 長時間の肉体労働
  • 姿勢の問題
  • 重い物の持ち運び
  • 清掃時の埃やアレルゲン
  • 作業中の事故リスク
  • ストレスと精神的負担

特に『清掃業に向いてない人』が清掃の仕事をやっている場合、肉体的にも精神的にもストレスがたまるので、清掃員を続けるのは相当ツライはずです。

ドフラ
こんにちは。元倉庫作業員のドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、清掃業を辞める人のリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に元清掃員の方から聞いた体験談をもとに『清掃業は体壊すといわれる6つの理由』から『清掃業に就職しないほうがいい人の特徴』までを解説していきます。

この記事を読めば、清掃員の未来に不安を抱えている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分で読める内容ですので、それでは見ていきましょう〜。

『今すぐ自分に合う仕事が知りたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

清掃業が体壊す6つの理由【清掃の仕事は手抜きできない!体験談あり】

清掃業 体壊す

この記事では、僕が実際に元清掃員の方にインタビューさせてもらった、ガチの体験談と清掃業を辞めた理由を紹介しています。

先に結論をいうと、清掃業は体壊すといわれる理由は、以下のとおり。

  • 長時間の肉体労働
  • 姿勢の問題
  • 重い物の持ち運び
  • 清掃時の埃やアレルゲン
  • 作業中の事故リスク
  • ストレスと精神的負担

ただし、清掃業を続けるかどうかは、本人の価値観の問題なので、清掃業が良いとか悪いとかの話ではありません。

でも、この記事を読んでいるあなたは、清掃業で働き続けることに不安があるはずです。

ここからは、あなたが清掃業を辞めるべきかの判断材料として、『清掃業は体壊すといわれる6つの理由』を一つずつ解説していきますね。

清掃業が体壊す理由①:長時間の肉体労働

清掃業 体壊す

清掃業は体壊すといわれる理由の1つ目は、『長時間の肉体労働』です。

清掃業は、広いエリアを掃除したり、物品や家具を移動させたりするなど、継続的な肉体労働が求められる場合があります。

長時間ずっと同じ動作を行うことで、特定の筋肉や関節に負担がかかり、筋肉の疲労や筋肉痛が発生する可能性がある。

また、清掃員は汚れた場所や不快な匂いのある環境での作業、屋内や屋外での清掃作業、高所作業、化学物質の取り扱いなど、さまざまな環境や条件で仕事をしなければいけません。

これにより、清掃員は身体的な負担や不快感などのストレスが大きくなり、清掃の仕事がきついと感じるようになります。

さらに、体が十分な休息を取れない場合、慢性的な疲労が蓄積され、健康を損なうこともある。

実際に元清掃員から聞いた、長時間労働や肉体労働に対するコメントは、以下のとおり。

浅倉唯奈さん(26歳女性・仮名)
とにかく出勤日数が多すぎました。GW・お盆・年末年始は普通に出勤ですし、シフト制なので祝日も調整しない限り仕事でした。徐々に体力を消耗し、精神も消耗していきました…。

『清掃業=仕事がラクそう』というイメージもありますが、実際は体力が必要な場面も多いですし、365日稼働だから希望の休日が取れないというストレスもありますね。

※元清掃員の錦戸浩二さん(28歳男性・仮名)が、『清掃員がみじめだと思った体験談』は以下の記事をどうぞ。

清掃業が体壊す理由②:姿勢の問題

清掃業 体壊す

清掃業は体壊すといわれる理由の2つ目は、『姿勢の問題』です。

清掃業務では、しゃがんだり、屈んだり、伸びたりすることが頻繁にあります。

特に長時間ずっと同じ姿勢で作業を続けることは、腰、背中、肩などの部位に負担をかけ、筋肉や骨格に問題を引き起こす可能性があります。

不適切な姿勢は、腰椎椎間板ヘルニアや関節の痛みといった問題を引き起こすリスクもある。

実際に元清掃員から聞いた、体を壊すことに対するコメントは、以下のとおり。

遠藤健さん(29歳男性・仮名)
自分が働いていた職場には体を壊して退職する人が多くいたのですが、やはり自分も同じように体を壊して清掃員を辞めることになりました。GW・お盆・年末年始も無休で働いており、今までやった仕事の中で1番きついと思いました…。

清掃会社の中には、1日3〜5件の現場に入る会社もあるようで、かなりハードですよね。

※元清掃員の鈴村康太さん(27歳男性・仮名)が、『清掃員の正社員がきついと思った体験談』は以下の記事をどうぞ。

清掃業が体壊す理由③:重い物の持ち運び

清掃業 体壊す

清掃業は体壊すといわれる理由の3つ目は、『重い物の持ち運び』です。

清掃業務では、大きなゴミ袋や廃棄物を持ち運んだり、清掃機器や洗浄器具などの重い機材を運んだりすることもあります。

重い物を持ち上げたり運んだりすることは、筋肉、腱、靭帯に負担をかけることがあり、捻挫や肉離れ、腰椎の損傷などが起こるリスクがある。

清掃業では、体力を多く消耗する労働が求められるため、長時間の肉体労働や不規則な勤務時間により、疲労が蓄積しやすくなります。

疲労が溜まると、仕事中の注意力低下や作業ミスが増加するだけでなく、日常生活においても充分な睡眠を取ることが難しくなり、睡眠不足が生じる可能性もあります。

実際に元清掃員から聞いた、仕事の過酷さに対するコメントは、以下のとおり。

神野恭介さん(24歳男性・仮名)
夏は炎天下で作業しなければならず、冬は雪でも関係なく仕事でした。肉体労働は体力的にきついので、歳をとったら続けられないと思いました…。

重村達彦さん(43歳男性・仮名)
会社が人手不足だったため、社員の扱いが酷かったです。台風と大雨なのにマンションの空室清掃を命じられ、重い洗剤や清掃器具を持って現場まで電車で向かわなければいけない日が1番きつかったです…。

肉体労働は、体力のある若い時はいいかもしれませんが、40代50代になった時のことを考えると、仕事を続けられるか不安になりますよね。

清掃業が体壊す理由④:清掃時の埃やアレルゲン

清掃業 体壊す

清掃業は体壊すといわれる理由の4つ目は、『清掃時の埃やアレルゲン』です。

清掃業は、埃やほこり、カビ、ペットの毛、花粉などのアレルゲンと直接接触する可能性が高いです。

これらのアレルゲンはアレルギー反応を引き起こす可能性があり、特にアレルギー体質の人々にとって健康リスクとなります。

また、清掃業では洗剤・漂白剤・除菌剤など、化学物質を使用することも多く、化学物質が皮膚への刺激やアレルギー反応を引き起こすこともある

清掃業が体壊す理由⑤:作業中の事故リスク

清掃業 体壊す

清掃業は体壊すといわれる理由の5つ目は、『作業中の事故リスク』です。

清掃業は、床や階段、バスルームなどの滑りやすい場所で作業することが多いため、転倒や転落などの事故が発生するリスクがあります。

清掃員が使用する清掃機器には、振動や騒音を発生させるものがあります。

これらの機器を長時間にわたって使用することで、筋肉や神経に負担をかけたり、ストレスや聴力障害を引き起こしたりすることもある。

また、清掃業務を行う場所は、時に狭いスペースや高所での作業が求められることがあります。

狭い場所では身体を無理にねじったり、高所ではバランスをとるために不自然な姿勢をとることがあり、ケガや身体への負担が増加する可能性があります

実際に元清掃員から聞いた、作業の大変さに対するコメントは、以下のとおり。

米田亮太さん(37歳男性・仮名)
朝9時から夕方5時まで清掃作業をやったあとに、追加で次の現場を入れられる日がほとんどで、終電で帰ることも多かったです。忙しい時は翌朝5時まで作業することもあり、体力的に限界でした…。

会社にもよると思いますが、清掃業は体力に自信がない人には、かなりハードな印象です…。

※元清掃員の方にインタビューした、『清掃員をやめた理由8選』は以下の記事をどうぞ。

清掃業が体壊す理由⑥:ストレスと精神的負担

清掃業 体壊す

清掃業は体壊すといわれる理由の6つ目は、『ストレスと精神的負担』です。

清掃業は目立たない裏方の仕事であり、清掃員が公共の場所や建物を清潔に保つことで、病気の予防や安全の確保に貢献しています。

しかし、その貢献が目に見えにくいため、清掃の仕事の重要性が十分に評価されないことがあります。

そのため、清掃業はほかの専門的な職種と比較すると、社会に対する貢献が軽視されることもあり、これが清掃員の自己肯定感や自己評価を低くする原因になる。

世の中には『清掃員=仕事がラクそう』というイメージがあるため、『清掃員は高い教育を受けていない』『清掃業が低所得者によって主に担われている』などの先入観をもたれることも多いです。

これにより、清掃業が社会的に見下される職業とみなされ、他の人々から『清掃員=底辺』『清掃の仕事=恥ずかしい』と思われることも…。

実際に元清掃員から聞いた、清掃員の社会的地位が低いと感じた体験談は、以下のとおりです。

篠原麻耶さん(24歳女性・仮名)
大学病院で清掃の仕事をしていたのですが、病院内の医師や看護師に挨拶してもほぼ無視でした。病室を掃除するときに看護師に確認をとるのですが、その時の態度もかなり冷たくて泣きそうでした…。

寺田由樹さん(35歳女性・仮名)
ある会社のオフィス清掃を担当していたのですが、ほとんどの社員が挨拶をしても無視でした。宅配便や弁当の宅配業者には挨拶をしているのに、なぜ自分には挨拶をしてくれないなろう…と惨めな気持ちになりました。

坂井涼菜さん(27歳女性・仮名)
オフィスビルで清掃の仕事をしていたのですが、すれ違ったときに挨拶をしても無視する職員もいました。自分が清掃員だから挨拶をしなくてもいい人間だと思われているようで、正直ムカつきました…。

山村萌香さん(29歳女性・仮名)
ある会社のオフィス清掃の担当だったときに、女性社員から『掃除機のコードが椅子に当たってる!』『デスクの近くのホコリを早く掃除して!』と冷たい対応をされたり、舌打ちをされたりすることもありました。会社の全員から見下されているようで惨めでした…。

これらの要因によって、精神的なストレスが大きくなり、清掃員を辞めてしまう人も多いです。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

清掃業はやめたほうがいい?【若い人が失敗する理由は超簡単です】

清掃業 体壊す

世の中には『清掃業=体壊す』『清掃員の正社員=きつい』というイメージもあり、若い人が清掃員になることに対して、否定的な意見を言う人もいます。

では、清掃業はやめたほうがいいのか?

結論をいうと、清掃業の仕事を選ぶかどうかは、本人の価値観の問題なので、清掃業を辞めるかどうかは、あなた次第です。

つまり、清掃業が良いとか悪いとかの話ではない、ということ。

しかし現実問題として、清掃業で働くことには、以下のデメリットがあります。

  • スキルが身につかない
  • 社会的な評価が低い
  • 給料が安い
  • 体力的にきつい
  • キャリアアップが難しい

この中でも、特に『給料の安さ』に限界を感じて、清掃業を辞める人が多い印象です。

清掃員の平均年収は270〜290万円ほどなので、日本の平均年収443万円と比較すると、170万円近くも年収が低いことになります。

たとえば、DODAが発表する『20代男性・女性の平均年収』『30代男性・女性の平均年収』によると、20代30代の平均年収は以下のとおり。

  • 20歳:271万円
  • 21歳:267万円
  • 22歳:277万円
  • 23歳:286万円
  • 24歳:305万円
  • 25歳:331万円
  • 26歳:351万円
  • 27歳:369万円
  • 28歳:383万円
  • 29歳:395万円
  • 30歳:407万円
  • 31歳:416万円
  • 32歳:427万円
  • 33歳:431万円
  • 34歳:434万円
  • 35歳:442万円
  • 36歳:454万円
  • 37歳:462万円
  • 38歳:472万円
  • 39歳:471万円

上記の年収をみると、清掃業で働いている人は、24歳以上の平均年収を稼ぐことが難しいということになります。

もちろん、清掃業は世の中に必要な仕事ですし、清掃員として働くことが悪いわけではありません。

価値観は人それぞれなので、どの仕事を選んでもいいと思います。

ただし、清掃業で働き続けることに少しでも不安を感じるなら、清掃業以外の仕事も視野に入れたほうがいいかもしれませんね。

ドフラ
自分の適正年収が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料年収診断』を受けるのがおすすめですよ。

清掃業が体壊す6つの理由【まとめ】

最後に、清掃業が体壊す6つの理由をまとめておきます。

  • 長時間の肉体労働
  • 姿勢の問題
  • 重い物の持ち運び
  • 清掃時の埃やアレルゲン
  • 作業中の事故リスク
  • ストレスと精神的負担

今回は元清掃員の方の体験談も踏まえて、清掃業の仕事の実態を紹介しました。

清掃業は仕事が簡単そうにみえるので、楽に働けると思って就職する人も多いです。

しかし、それと引き換えに、給料やスキルアップなど、多くのことが犠牲になることも事実…。

清掃業で働くことのメリットとデメリットを比較した上で、ぜひあなたの納得できるキャリアを選んでくださいね。

ドフラ
今すぐ転職できない方は、以下の記事で『無料適職診断テスト』を紹介していますので、試しにやってみてくださいね。