ホテル清掃 やばい
ホテル清掃の仕事がツラい人『ホテル清掃は世間的なイメージが悪すぎる。ホテル清掃は恥ずかしいとか言われると本当にみじめ…。なんでこんなに底辺の扱いを受けるの?』

このような方に向けて記事を書いています。

仕事が簡単そうだと思ってホテルの清掃員に就職したら、作業が大変すぎてストレスがやばい…と悩んでいる方も多いです。

結論からいうと、ホテル清掃がやばい理由は、以下のとおりです。

  • ホテルの客室清掃はきつい
  • ホテル清掃は恥ずかしい
  • 客室清掃のノルマをこなせない
  • 給料が低い
  • マナーの悪い客がいる
  • 長時間労働がきつい
  • 将来のキャリアに不安がある

ホテル清掃の仕事は大変なわりに、世間的なイメージが低いため、ホテル清掃で働く限り、仕事がきつい状況からは解放されません…。

ドフラ
こんにちは。元倉庫作業員のドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、ホテル清掃を辞める人のリアルな情報をお伝えできると思います。

今回は、僕が実際に元ホテル清掃員の方から聞いた体験談をもとに『ホテル清掃がやばい7つの理由』からホテル清掃から異業種への転職で失敗しない方法までを解説していきます。

3分で読める内容ですので、それでは見ていきましょう〜。

『自分に向いてる仕事が知りたい!』という方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるほうが早いかもです。

ホテル清掃がやばい7つの理由【汚い?恥ずかしい?体験談あり】

ホテル清掃 やばい

この記事では、僕が実際に元清掃員の方にインタビューさせてもらった、ガチの体験談とホテル清掃を辞めた理由を紹介しています。

先に結論をいうと、ホテル清掃がやばい理由は、以下のとおり。

  • ホテルの客室清掃はきつい
  • ホテル清掃は恥ずかしい
  • 客室清掃のノルマをこなせない
  • 給料が低い
  • マナーの悪い客がいる
  • 長時間労働がきつい
  • 将来のキャリアに不安がある

ただし、ホテル清掃の仕事を続けるかどうかは、本人の価値観の問題なので、ホテル清掃が良いとか悪いとかの話ではありません。

でも、この記事を読んでいるあなたは、ホテル清掃の仕事を続けることに不安があるはずです。

ここからは、あなたがホテル清掃を辞めるべきかの判断材料として、『ホテル清掃がやばい7つの理由』を一つずつ解説していきますね。

ホテル清掃がやばい理由①:ホテルの客室清掃はきつい

ホテル清掃 やばい

ホテル清掃がやばい理由の1つ目は、『ホテルの客室清掃はきつい』です。

ホテルは多数の客室を持っており、ホテルの清掃員は、限られた時間内に多くの部屋を清掃しなければなりません。

ホテルの客室清掃は、時間に制約されることで、慎重な清掃が難しく、スタッフは急ぎ足で作業を行う必要があります。

特にチェックアウト後、新たな宿泊客がチェックインする前は、迅速に清掃を完了させることが求められます。

また、ホテルは顧客に快適さと清潔さを提供することが期待されるため、清掃基準は非常に高く設定されており、細部にわたり掃除しなければいけません。

そのため、ホテルの清掃員は、常に高い品質を求められるプレッシャーを感じることになります。

宿泊客が部屋を汚したり、トラブルが発生したりすると、ホテルの清掃員は、難易度の高い汚れや緊急事態への対応力や判断力を求められるケースもある。

さらに、ホテル清掃では、部屋の清掃やベッドメイキングをするために重い家具やベッドの移動をしたり、一日中立ちっぱなしで作業したりすることもあり、体力的な負担がきついと感じる人も多いです。

実際に元ホテル清掃員から聞いた、客室清掃がきついと思った体験談は、以下のとおりです。

佐々木恭子さん(28歳女性・仮名)
ビジネスホテルの清掃をやっていたのですが、掃除機かけやベッドメイキング、ユニットバスの掃除を1日やり終えると、かなり体力を消耗していました。中腰で長時間の作業をしていたため、腰痛にも悩まされました…。

鈴村佳奈さん(35歳女性・仮名)
ビジネスホテルの清掃では、10時から15時までの間に11部屋・20ベッドの清掃を終わらせて、次の日の準備や備品の補充、共有部分の掃除もやらなければいけなかったので、かなり大変でした…。

清掃の仕事は『簡単でラクそう」というイメージもありますが、実際は体力仕事が多くて、めちゃくちゃハードですね。

ホテル清掃がやばい理由②:客室清掃は恥ずかしい

ホテル清掃 やばい

ホテル清掃がやばい理由の2つ目は、『客室清掃は恥ずかしい』です。

ホテルの清掃員の仕事は、目立たない裏方の仕事であり、清掃員が客室や共用部分を清潔に保つことで、ホテルを利用するお客様の満足度に貢献しています。

しかし、その貢献が目に見えにくいため、ホテル清掃の仕事の重要性が十分に認識されないことがあります。

世の中には『清掃員=仕事がラクそう』というイメージがあり、『清掃員は高い教育を受けていない』『清掃業が低所得者によって主に担われている』などの先入観をもたれることもある。

これにより、ホテルの清掃員は社会的に見下され、他の人々から『ホテルの清掃員=底辺』『客室清掃=恥ずかしい』と思われこともあり、ホテルの清掃員の中にはみじめな気持ちになる人も多いです。

実際に元ホテル清掃員から聞いた、客室清掃の仕事をみじめに感じた体験談は、以下のとおりです。

佐藤有希子さん(25歳女性・仮名)
ホテルの客室清掃をやっていたのですが、若い女性が清掃の仕事をしていると、『定職に就けなかったのか?』『人と話すことが苦手で裏方の仕事を選んだのか?』という周りの視線を感じました…。

村上奈々さん(35歳女性・仮名)
ホテルの客室清掃をやっていたのですが、お客の中には明らかにこちらを見下している態度の人もいて、めちゃくちゃムカついたことがあります。差別せずに同じ人間として接することができないのはおかしいと思いました…。

周囲から『清掃の仕事なんて恥ずかしいから辞めたら?』と言われて、みじめな気持ちになり、ホテルの清掃員を辞めてしまった人もいます。

ホテル清掃がやばい理由③:客室清掃のノルマをこなせない

ホテル清掃 やばい

ホテル清掃がやばい理由の3つ目は、『客室清掃のノルマをこなせない』です。

ホテルの客室清掃には一定の時間枠が設定されており、その中で一定数の部屋を清掃しなければなりません。

ホテルはお客様に快適な環境を提供するため、客室清掃に高い清潔基準を設けていることも多く、ホテルの清掃員は部屋の隅々まで徹底的に掃除しなければならず、清掃業務には時間がかかります。

特に部屋が混雑している時期や大規模なホテルの場合、時間的な制約が大きくなり、客室清掃のノルマの達成が難しくなります。

また、ホテルの清掃員の人数が不足している場合、各清掃員が担当する客室の数が増え、部屋の清掃にかかる負担が大きくなり、ノルマの達成が困難になることもある。

実際に元ホテル清掃員から聞いた、客室清掃のノルマに対するコメントは、以下のとおりです。

石田莉子さん(25歳女性・仮名)
ホテル清掃をやっていたのですが、『4.5時間で11部屋』というノルマがこなせず、体力的にも精神的にもキツかったです。リネンで指がカサカサになったり、腰痛や腕の痛みもあったりしたので辞めました…。

竹下飛鳥さん(37歳女性・仮名)
ホテル清掃をやっていたのですが、ノルマが『4時間で8部屋』『5時間で10部屋』で、ほとんどの部屋がダブルかクイーンなので、いつも時間をオーバーしていました。仕事が終わって家に帰ると、疲れすぎて家事はしばらく放置でした…。

ホテル清掃の仕事は、清潔さとスピードを求められるので、体力や精神力に自信がある人じゃないと、やっていけないですね。

ホテル清掃がやばい理由④:給料が低い

ホテル清掃 やばい

ホテル清掃がやばい理由の4つ目は、『給料が低い』です。

清掃業は一般的に低賃金の業界であり、自分の給料に不満を感じて、ホテルの清掃員を辞める人も多いです。

清掃員の平均年収は270〜290万円ほどなので、日本の平均年収443万円と比較すると、170万円近くも年収が低いことになります。

実際に元清掃員から聞いた、給与の低さに対するコメントは、以下のとおりです。

遠藤貴一さん(36歳男性・仮名)
会社内の雰囲気は和気あいあいとしていて、楽しく働けたのですが、給料が安かったため辞めるざるを得なかったです。年に2千円しか昇給しないので、このペースでは生活は厳しくなるいっぽうだと思いました…。

中村彰宏さん(25歳男性・仮名)
日々の業務を問題なく終わらせれば、上から特に何も言われることもなく、働きやすい環境でした。でも給料が安くて将来が不安だったので、転職しようと思いました。

将来的に年収アップを考えている方は、ホテルの清掃員で働いているままだと、いずれ限界を感じそうですね。

ドフラ
自分の適正年収が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料年収診断』を受けるのがおすすめですよ。

ホテル清掃がやばい理由⑤:マナーの悪い客がいる

ホテル清掃 やばい

ホテル清掃がやばい理由の5つ目は、『マナーの悪い客がいる』です。

ホテルの利用者の中にはマナーの悪い客もいるため、これによってホテルの清掃員の掃除の時間や手間が増え、仕事の負担が大きくなることもあります。

たとえば、マナーの悪い客の行動は、以下のとおり。

  • 食べ物を床やベッドに食べ散らかす
  • 客室で毛染めを利用して、壁や床に染料を付着させたままにする
  • シャンプーやリンスの容器の中身を全て持って帰る
  • お風呂に汚物を放置したままにする
  • 禁煙ルームなのに部屋でタバコを吸う
  • 部屋中に香水をかけて、チェックアウト後もにおいが消えない

実際に元ホテル清掃員から聞いた、マナーの悪い客に対するコメントは、以下のとおりです。

植田麻里さん(26歳女性・仮名)
ホテルの客室清掃をやっていたのですが、食べかすなどのゴミをあり得ないほど散乱させる人もいました。飲みかけのペットボトルや缶が20本ぐらい部屋に転がっていることもあり、わざと散らかしているのだと思いました…。

北川絵理さん(28歳女性・仮名)
ホテルの客室清掃をやっていた時に、壁にケーキの汚れが付いていることがありました。しかし、それは小さな汚れではなく、大きな円形をしており、パイ投げをした後のような感じでした…。

世界的には『日本人=マナーが良い』というイメージですが、ホテルの清掃員を困らせてしまう人もいるようですね。

ホテル清掃がやばい理由⑥:長時間労働がきつい

ホテル清掃 やばい

ホテル清掃がやばい理由の6つ目は、『長時間労働がきつい』です。

ホテルは多数の客室を持っており、ホテルの清掃員は1日に多くの部屋を掃除しなければなりません。

ホテルは清潔で快適な環境を提供することが求められるため、ホテルの清掃員は細部まで徹底的な掃除をしなければならず、清潔基準の維持に時間がかかります。

そのため、客室数が多いほど、ホテル清掃員の作業負担も増え、長時間労働になりやすいです。

また、会社に在籍するホテル清掃員が人手不足の場合、各清掃員が担当する客室清掃のノルマが増えてしまい、ノルマを達成するために残業せざるを得ない状況になることもある。

実際に元ホテル清掃員から聞いた、長時間労働に対するコメントは、以下のとおりです。

緒方奈帆さん(25歳女性・仮名)
ホテルの客室清掃をしていましたが、休憩なしで朝8時から夜23時までひたすら肉体労働でした。常に人手不足だったため、パートやアルバイトには無理して残業してもらうしかありませんでした…。

三浦紗江さん(32歳女性・仮名)
ホテルの客室清掃をやっていたのですが、ほぼ毎日1〜2時間の残業がありました。繁忙期には通常のノルマの倍以上をやらされる日もあり、休憩が取れないことも多かったです…。

会社にホテル清掃員の人数が足りていればいいのですが、人手不足の会社だと、どうしても残業や休日出勤が多くなりますね…。

ホテル清掃がやばい理由⑦:将来のキャリアに不安がある

ホテル清掃 やばい

ホテル清掃がやばい理由の7つ目は、『将来のキャリアに不安がある』です。

ホテルの清掃員は、一般的には専門知識やスキルを必要とせず、比較的簡単に就職しやすい職種です。

現実にホテル清掃の仕事で経験する業務は、ほかの仕事に応用しにくいため、長期的なキャリアの観点からみると、スキルアップや自己成長が難しいです。

そのため、『ホテル清掃員の仕事は将来性がないかもしれない…』と不安になり、ホテル清掃員から転職を決意する人もいます。

また、ホテル清掃員の収入が低いことも、将来の経済面の不安材料になります。

実際に元清掃員から聞いた、将来のキャリアに不安を感じた体験談は、以下のとおりです。

山川海斗さん(27歳男性・仮名)
自分の担当業務が良くも悪くも同じことのくり返しだったので、仕事が退屈になってしまい、ずっと清掃員を続ける未来が不安になりました…。将来のキャリアを考えた結果、環境を変えようと思いました。

将来的にキャリアアップが難しいという理由で、ホテル清掃員を続けるモチベーションが下がり、ホテル清掃の仕事を辞める人も多いですね。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

ホテル清掃がやばい7つの理由【まとめ】

この記事のまとめです。

  • ホテルの客室清掃はきつい
  • ホテル清掃は恥ずかしい気持ちになる
  • 客室清掃のノルマをこなせない
  • ホテル清掃は給料が低い
  • ホテルにマナーの悪い客が来ると大変
  • 客室清掃は長時間労働がきつい
  • ホテル清掃は将来のキャリアが不安になる
  • 行動しないときつい人生はずっと続く
  • とりあえず転職エージェントに登録すべき

今回の内容は、僕が元ホテル清掃社員の方から実際に聞いた話がもとになっています。

なんとなくホテル清掃に就職したものの、ホテル清掃の仕事に、精神的にも肉体的にも限界を感じている方は多いです。

でも環境を変えるのは勇気がいるので、今のままではマズイと思いながらも、なかなか行動できない気持ちもわかります。

しかしそのまま放置していると、年齢的に手遅れになり、『一生ホテル清掃から抜け出せない…』という末路が待っています。

ホテル清掃から転職して新しい未来を手に入れるか、そのままホテル清掃のきつい仕事に耐え続けるか…。

人によって価値観はちがうので、どちらを選んでもOKです。

あとは、あなた次第。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
今すぐ転職できない方は、以下の記事で『無料適職診断テスト』を紹介していますので、試しにやってみてくださいね。