ネットの口コミなどを見ていると、「自分の給料が安い」と、嘆いている方が、たくさんいらっしゃいます。

なぜ、あなたは自分の給料が安いと感じるのでしょうか?

それは、会社が従業員をクビにできないからなのです。

今回は、その部分を話していきたいと思います

なぜ、あなたの給料が安いのか?

あなたの給料が安いのは、日本の企業が従業員をクビにできないからです。日本の制度には、会社が従業員をクビにできない、という制度があります。これによって、会社は従業員を雇用することに対して、大きなリスクを感じており、簡単には給料を上げられないのです。

その証拠に、大卒の初任給が20万円というのは、ここ20年間、ずっと変わっていません。これは、海外の企業では、考えられないことなのです。

ここからは、自分の給料が安いと思う人の特徴や、給料を高めるための対策について、解説していきたいと思います。

給料が安いと感じる人には2つのタイプがある

給料が安いと感じている人には、2つのタイプがあります。

1つ目のタイプは、「会社を信じて、社畜になる人」です。

社畜とは、台風の時も頑張って出勤し、自社の口コミに会社の良いところをたくさん書くなどして、会社のために自分の人生を捧げている人たちのことです。

この人たちは、今でも、終身雇用を信じていて、会社のために自分の人生を捧げれば、会社が一生、自分を守ってくれると思っています。

だから、会社は必要以上の給料を支払うことなく、安い給料で、社畜を雇用し続けることができるのです。

2つ目のタイプは、社畜ではない人で、「会社にぶら下がっているような社員」です。

この人たちはスキルがないので、その会社にしがみつくしかない人たちです。会社にしがみつく方法としては、自分で余計な仕事をどんどん作っていき、会社の中を複雑にしていくことで、自分の存在意義をつくるという方法です。

この人がいないと、「どこに書類があるか、わからない」「どうやってネット回線をつなぐか、わからない」など、無理やり自分にしかできない仕事をつくってしまうのです。

こんな状況があって、社員は辞めないし、会社は社員をクビにもできないわけですから、会社側は、社員の給料を上げようとはしないのです。

給料が安いと思うならルールを変えればいい

会社が社員を解雇できないのが原因で、社員の給料は上がらないわけですから、そもそものルールを変えなければいけません。

つまり、会社が社員を解雇できるような環境をつくるということです。

ぶら下がり社員は会社に必要ないので、このような社員が強制的に排除できるようになると、余計な仕事が減って、全体の効率がアップするので、残った社員に還元される給料が高くなっていくのです。

これが実現すると、成果を出さない無用な社員や、成果を出さない責任者もクビになるので、成果を出す人だけが残るわけですから、無駄な人件費が削減されて、一人当たりの成果に対しての報酬が増える、ということです。

日本のGDPは、他の先進国に比べると、劣っています。さらに、これからは少子高齢化によって、働く人たちも少なくなってしまうので、無能な社員ばかりの会社があると、日本を支えられなくなってしまう可能性も高いのです。

だから、あなたが自分の給料が安いと思っているなら、給料を高くするために行動しなければいけません。思考を変えて、行動を変えて、習慣を変えて、人生を変えていく必要があるのです。

自分が、これまで当たり前だと思っていたルールを変えていきましょう。「給料は会社が支給してくれるもの」「給料が安いのは会社のせい」「給料さえもらえればそれでいい」、このような思考では、あなたの市場価値は低いままですし、当然給料も上がりません。

給料を上げたいと思うなら、あなた自身が積極的に、給料が上がるような行動をすればいいのです。

自分の生産性が高ければ、給料は高くなる

自分の給料が安いと思うなら、まずは、自分の生産性が、どれだけあるのかを知ることから始めてください。生産性とは、あなたが会社に対して、どれだけの利益をもたらしているか、です。

あなたが、この1年で、会社に残している利益はいくらですか?

一般的には、従業員ひとり当たりの生産性が1000万円以上あれば、会社を経営するうえでは合格ラインといわれています。つまり、年間で1000万円の利益を会社に残せているなら、社員としての役割を最低限は、クリアできているということです。

利益とは、仕入れの金額、家賃、電気代、各種社会保険、人件費などの、会社を運営するために必要な経費を売上げから差し引いて、最後に残るお金のことです。

もし、あなたが、1年間で1000万円よりも少ない利益しか会社に残せていない、または、自分の給料よりも少ない利益しか会社に残せていないなら、会社にとって、あなたは赤字を垂れ流している社員ということです。

給料を上げたいと思うなら、自分の生産性を高めるためには、どうすればいいかを考えなければいけません。

お金は勝手に降ってきません。あなた自身が生み出せる利益の額次第で、あなたの市場価値は決まってくるのです。あなたが生み出せるお金が大きければ、会社はあなたに多額の給料を支払う価値があると、判断しますが、その逆は、ただの負債でしかないのです。

従業員を雇用するのは、投資と一緒です。会社は従業員に対して、給料という投資をして、給料以上の利益を生み出してもらう。そうしないと、会社は赤字を出し続けて、潰れてしまうのです。

給料を上げたいなら、常に自分の市場価値はいくらくらいなのか?を意識して、仕事をしてください。また、転職活動も、自分が生み出せるお金を大きくするためにやっていれば、あなたの希少価値はどんどん高くなって、給料も上がっていくはずです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 社畜と会社にぶら下がる社員は、自分の給料が安いと感じている
  • 給料が安いと思うなら、これまでのルールを変えればいい
  • 自分の生産性が高ければ、給料も高くなる

今回は「なぜ、あなたの給料が安いのか?」について、お伝えしました。会社に依存して生きていくのか、自分が主導で生きてくのか、この思考の違いによって、あなたの人生は大きく違ってきます。

給料が安いことに対して、自分に矛先を向けるのか、自分以外に矛先を向けるのかで、改善できるかどうかも変わってきます。自分は変えられますが、他人や環境は変えられません。給料を上げたいと思うなら、これを理解したうえで、自分の給料を高くするための行動をしなければいけないということですね。

申し遅れましたが、私は、採用コンサルタントのドフラエジルといいます。このサイトでは、自分を変える思考法をまとめてありますので、転職や人生でヒントが欲しくなったときに、このサイトを活用してもらえると嬉しいです。それではまた。

スポンサーリンク
おすすめの記事