一般的に、採用活動をしている企業側からすると、離職期間が長い人の印象は、あまり良くないです。

それはなぜかというと、企業の採用担当者は、離職期間が長い人を採用することに対して、不安を抱いているからです。

結論を言うと、離職期間の長い人が、転職を成功させるためには、離職期間を好印象になるように変換して、採用担当者の不安を解消してあげればいいのです。

今回は、この部分について、話していきたいと思います。

スポンサーリンク

離職期間が長くても面接でポジティブに変換すればいい

企業の採用担当者は、入社後、しっかり働いてくれる社員を探しているので、転職回数が多い人や離職期間が長い人など、何か問題がありそうな人を採用するのを嫌がります。

自分の判断で、変な人を採用してしまい、すぐに辞められたり、問題を起こされたりすると、採用担当者の社内での評価が下がってしまいます。

ですから、離職期間が長い人は、面接で必ず、採用担当者から離職期間についての質問をされます。

この質問に対して、どのように答えるかによって、内定が取れるかとうかが決まってくるのです。

つまり、離職期間が長くても、面接をする採用担当者の不安が解消されるような理由を伝えることができれば、内定をもらえる可能性が高くなるということです。

ここからは、離職期間を好印象に変換するためのポイントをお伝えしていきます。

離職期間が長くても必ず真実を話す

まずは、大前提として、面接で嘘をついてはいけません。

離職期間が長いことに対して、後ろめたさがあったとしても、面接では、必ず真実を話さなければいけません。

「離職期間は、資格取得のために勉強していました」とか言って、嘘をついても、何百人と面接をしてきている採用担当者の目はごまかせません。

もし、嘘を見破られたら、絶対に信用されないので、不採用になるのは確実です。最悪の場合、あなたが面接で嘘をついたという事実が、外に漏れてしまう可能性もあるのです。

大切なのは、面接で、離職期間が長いという真実をどのように伝えるか、です。

離職期間をポジティブな印象に変換して伝える

離職期間が長いことについて、嘘をついてはいけませんが、その伝え方は自由です。

離職期間に対して、ネガティブな印象を持っている採用担当者が多いので、これをポジティブな印象に変換する必要があります。そのためには、この離職期間の伝え方が、めちゃめちゃ重要なのです。

離職期間をポジティブに変換する例を3つご紹介します。

  1. 前職がハードすぎて、心身を整えるために、長期間の休みを取っていた。→前職で体調を崩してしまい、体調を整えるために時間を使っていました。また、この期間は、とても貴重な時間だったので、自分が本当にしたいことは何かを見つめ直すために使っていました。
  2. なかなか内定が取れず、離職期間が長引いてしまっている。→現在、こだわって転職活動をしているので、時間がかかってしまっています。また、面接で自分のことをうまく伝えることができず、自分の力不足もあって、離職期間が長引いてしまっています。
  3. 起業してみたが、うまくいかなかった。→起業にチャレンジして、いろいろと試行錯誤してやってみましたが、自分でビジネスをやってみて、初めてビジネスの難しさがわかりました。貴重な経験ができたので、この経験を活かして、前向きに転職することを決めました。

このように、離職期間が長い理由を、そのまま伝えるのではなく、採用担当者にポジティブな形で伝わるように変換することが、めちゃめちゃ重要です。

採用担当者が、離職期間が長い理由をポジティブに受け取ってくれれば、内定がもらえる可能性も高くなります。

なぜ、採用担当者は離職期間について質問するのか?

そもそも、なぜ、採用担当者は、あなたの離職期間について質問するのでしょうか?

それは、採用担当者が、あなたの離職期間が長いことに対しての、納得できる理由がほしいからです。

ですから、どうやって伝えれば、相手が納得してくれて、前向きにとらえてくれるかをしっかり考えたうえで、面接に臨むべきなのです。

その場しのぎの受け答えで、何とか面接を終えても、あなたの面接中の話し方や姿勢、視線の動きで、あなたが嘘をついているかどうかは、簡単にバレてしまいます。

だから、真実に基づいて、離職期間が長いことを、ポジティブな印象にするためのストーリーを自分の中で腑に落ちるまで、イメージしたうえで、面接に臨んでください。

離職期間の理由を志望動機に繋げられると最強

離職期間が長い理由を、ポジティブに変換できるイメージができたら、さらに、志望動機につなげられると、内定がもらえる可能性がグッと高くなります。

さきほど紹介した、「 離職期間をポジティブに変換する例」の1つ目をピックアップして、考えてみましょう。

この人は、「前職がハードすぎて、心身を休めるために、離職期間が長くなっている。」→「前職で崩してしまった体調を整えるのと、本当に自分がやりたいことを見つめ直すために時間を使ったので、離職期間が長くなってしまった。」→ここからさらに、「その結果、今までの経験を活かして、御社の求人にチャレンジしたいと思い、今回、志望させていただきました。」、という形で、最終的に志望動機に変換していけると、採用担当の印象が、さらによくなります。

「離職期間が長い」という事実は変えられないので、面接では、このように工夫することが大切なのです。

採用担当者にとって、離職期間が長い求職者を採用するのは、とても不安です。

ですから、その不安を払拭できるように、ポジティブな離職期間の理由を伝え、さらに、そこから志望動機につなげて伝えることができれば、あなたの印象は好印象になり、転職も成功しやすくなるということですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 採用担当者は、離職期間が長い人を採用することに不安がある
  • 離職期間をポジティブに変換すれば、採用担当者の不安が解消される
  • 採用担当者は、納得できる理由がほしいから、離職期間の質問をする
  • 離職期間が長い理由を志望動機に繋げられると、転職成功にグッと近づく

今回は、離職期間が長くても、面接で好印象に変換できれば、転職も成功しやすくなる、という話をしました。離職期間が長くなってしまった事実は変えられないので、それをどのように相手に伝えるかが、めちゃめちゃ重要だということですね。

現在、転職活動中の方で、離職期間が3ヶ月、半年、1年と、長くなってしまっている方は、今回の内容を参考にしていただければと思います。

このサイトには、自分を変える思考法をまとめてあります。皆さんにとって、有益な情報を提供できるようにサイトを運営しておりますので、これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事