20代で年収280万円の人が、転職して年収480万円を稼ぐためにはどうすればいいか?

結論から言うと、企業の営業職に転職すれば20代で年収480万円稼げるようになります。

今回は、実際に私が20代の転職で年収280万円から年収480万円への年収アップに成功した実体験をもとに話していきたいと思います。

スポンサーリンク

20代転職で年収280万円から年収480万円にする方法

国税庁の調査によると、20代前半では平均年収248万円、20代後半では平均年収344万円、というデータが出ております。ちなみに、ここから税金や社会保険料が引かれるため、手取りは平均年収からだいたい20%引いた額の198万円〜275万円ほどになります。

この年収を低いと思うか、高いと思うかは人それぞれですが、この記事を読んでいるあなたはこの年収に満足していないのだと思います。

一流大学を卒業していたり、医者や弁護士などの専門的な知識を持っていたりしないと、年収の高い会社や組織に入ることは難しくなります。ですから、20代の多くは普通の企業に就職することになり、年収250万円〜350万円くらいの給料で働くことになるのです。

学生時代のアルバイトに比べると、年収250万円でも給料を多くもらえているような錯覚に陥るかもしれませんが、日本の平均年収は432万円なので、それと比べると180万円くらい年収が低いということになります。

年収250万円ということは、年収186万円のアンダークラスと呼ばれる低賃金の労働者層と比べても、資産状況はそんなに大差ないということです。

20代の頃は知らないことも多いので、何となく就職先を選んでしまう方もたくさんいらっしゃいます。私も実際にそうでしたが、20代の頃はキラキラして見える業界や昔から憧れていた業界に就職したいと考えて、新卒でアパレル企業に就職した結果、初年度は年収260万円でした。

このように、なんとなく就職先を選んでしまうと年収280万円から抜け出せなくなってしまいます。しかし、今の仕事環境に執着しなければ年収を増やすことは簡単にできます。

実際に私はアパレル企業からIT系のベンチャー企業に転職して、年収280万円から年収480万円に年収を上げることができました。

就職する業界次第で20代の年収の上限が決まる

大前提として、年収480万円稼ぎたいと思っているなら、それが実現できる会社に就職しなければいけません。

新卒で入社する会社を選ぶときに、どの会社の求人票をみても、だいたい初任給が20万円くらいなので、それが当たり前なのだと思っている方が多いです。

まずは、就活で身についてしまったその固定概念を壊さなければいけません。20代は年収280万円しかもらえないというのは、その会社が勝手に決めたことです。世の中には20代でも年収500万円、1,000万円と稼いでいる人はいます。

では、この年収の上限はどのようにして決まるのでしょうか?

それは、その業界や会社が、どれだけの利益をあげることができるかで決まります。

たとえば、飲食業の平均年収は226万円、ビルメンテナンス業界は平均年収215万円と低めの年収になっており、産業廃棄物処理業は平均年収472万円、広告業は平均年収529万円と高めの年収になっています。

このように業界によって社員に分配される給料の額は最初から決まっているのです。だから、どれだけ努力して頑張っても、そもそもの会社が分配できる給与額の上限が低ければ、年収は一生低いままなのです。

年収を重視するのであれば、その業界や職業の平均年収を調べたうえで、転職活動をする方がいいです。

接客業で年収200万円台なら営業職に転職した方がいい

20代の方で、無資格・未経験で特に特別なスキルがない方の年収はだいたい年収200万円台です。

特に飲食業、美容業、ファッション業界でお仕事をされている方は、ホワイトカラー系の仕事をしている方に比べると年収が低くなる傾向があります。つまり、20代で年収が300万円以下の人たちはホワイトカラー系の仕事に転職すれば、年収が上がる可能性が高くなるということです。

20代で特別なスキルがなく、経験や資格もない。だけど、飲食業・美容業・ファッション業界で接客をしてきた経験があるという方に、オススメの転職がホワイトカラー系の企業で営業職に挑戦することです。

飲食・美容・アパレル業界で接客をしてきた方には、コミュニケーション能力に長けている方がたくさんいらっしゃいます。このコミュニケーション能力を存分に生かせる職業が営業なのです。

飲食業、美容業、アパレル業の給料が安いのは、販売している商品の単価が低いからです。飲食業ならランチで1,000円、居酒屋でも客単価は5,000円くらいです。美容院は客単価が3,000円〜10,000円、アパレルだと客単価は3,000円〜20,000円くらいです。ここから仕入れなどの経費が引かれていきますので、会社に残る利益はほんのわずかです。

残る利益が少ないのですから、分配される人件費が少ないのは当然のことです。

ホワイトカラー系の企業であれば、扱っている商品の単価が50万円、100万円、1,000万円、1億円となりますので、1件の契約が取れれば、利益が数十万円〜数百万円、数千万円となるわけです。これだけの利益が会社に残れば、社員に分配されるお金も大きくなるということです。

飲食・美容・アパレル業界で働いている方で、年収200万円台の人生に疑問を感じている方は、ホワイトカラー系の営業職への転職を将来の選択肢に入れてみてください。飲食・美容・アパレルは外からみるとキラキラしてかっこいい世界に見えますが、30代40代になっても続けていけるかと言われると微妙です。

キラキラしている世界だからこそ、若い人でないと成り立たない部分もあるのです。30代40代になっても現場でバリバリ働き続けるのは体力的にも精神的にも限界がきますし、歳をとるにつれて周囲の視線もキツくなっていきます。年齢を重ねるにつれて、自分のポジションも変えていかないと生きづらくなってしまうのです。

アパレル業界から営業に転職して年収280万円から年収480万円になった

ここからは実際に私が体験した話をしていきます。

私はもともとアパレル企業で商品企画の仕事をしていました。学生時代にファッションが好きだったので、アパレル業界で働きたいと思い、某アパレル企業に就職しました。私服で働けますし、自分で考えたデザインの服を世に出せるので、仕事自体は楽しかったのですが、入社して3年経っても年収は280万円でした。

これは私の能力が劣っているせいで年収280万円になっているのではなく、私の同僚も先輩も上司も皆、私と大差ない給料だったのです。これを知った時に「この会社は長く働く会社じゃない」と思い、退職を決意しました。

最初は同じアパレル業界のほかの会社に転職しようと思っていましたが、いろいろと調べていくうちに年収280万円なのは私がいた会社だけではなく、同業他社も同じくらいの給与水準なのだということがわかっていきました。私はこの事実に気づいたことで、アパレル業界ではないほかの業界へ転職することに決めました。

アパレル業界では年収300万円以下の求人票がほとんどでしたが、業界を広げて仕事を探すと年収400万円、500万円が現実的に可能な会社がたくさんありました。

勤めていたアパレル企業を退職した後で200冊以上のビジネス書を読み、自分の思考をアップデートさせていた影響もあり、私はIT系のベンチャー企業で営業にキャリアチェンジすることを決めました。

営業として交渉力やコミュニケーション力を身につけることは、将来的に自分の財産になる、と判断したのです。

転職後、実際にベンチャー企業の営業として働いてみてわかったことは、20代で年収400万円を稼ぐことはそんなに難しくないということです。

その証拠に私は転職後1年で年収480万円になりました。アパレル企業に勤めていた頃は年収280万円だったので、そこから200万円も年収が上がったことになります。

無資格未経験から年収400万円以上を目指すなら営業が1番稼ぎやすい

私はもともとアパレル企業で商品企画の仕事をしていたので。もちろん営業は未経験でした。接客経験でいうと、展示会にやってくるバイヤーへの商品説明と学生時代にアルバイ

トをしていたアパレルショップくらいです。

IT系の資格は何も持ってなかったですし、経験もほとんどない状態で始めた営業の仕事ですが、入社後1年で年収480万円を実現することができました。

あなたが今、20代で飲食・美容・アパレル業界では接客経験があるなら、営業として成功できる確率はかなり高いです。

実際に同じ会社で働いていた同僚で、この業界出身の人たちのほとんどが未経験からすぐに結果を出していました。

私のこの体験からも、接客経験があるなら20代でも営業として年収480万円を稼ぐことはできるということです。

ここまでの内容は私が実際に体験したものなので、20代で接客経験がある方なら実現可能な内容です。20代で年収280万円から480万円まで増やしたいという方は、営業職へのキャリアチェンジに挑戦してみてください。

ここから先はあなたのメンタルブロックの問題です。実現したいことができるかどうかは、自分ができると思っているかどうかで決まるのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめです。

  • 20代の転職で年収280万円から年収480万円にすることは可能
  • 就職する業界次第で20代の年収の上限が決まる
  • 接客業で年収200万円台なら営業職に転職した方がいい
  • アパレル業界から営業に転職すれば年収が200万円増える
  • 無資格未経験から年収400万円以上を目指すなら営業が1番稼ぎやすい

今回は私の経験を踏まえて、20代転職で年収280万円から年収480万円にする方法について話しました。世の中は知っているか知らないかで見えるものが全然違ってきます。20代が年収280万円というのは会社が勝手に決めていることなので、20代でも自分次第で年収は400万円、500万円と増やすことはできるということを、まずは理解することが大切です。

飲食・美容・アパレル業界で接客経験がある方はホワイトカラー系の会社で営業職にキャリアチェンジすれば年収280万円から年収480万円になることも可能なので、年収アップしたいと思っている方はぜひチャレンジしてみてください。

このサイトには自分を変える思考法をまとめてあります。人生や仕事で迷ったときに、このサイトから何かのヒントを見つけてもらえればと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
おすすめの記事