大学中退 フリーター 詰み
大学中退フリーターから就職したい人『自分なりに就職活動を頑張っているけど、なかなか正社員で採用してもらえない…。やっぱり大学中退フリーターの就職は難しいの?』

このような方に向けて、記事を書いています。

結論からいうと、大学中退フリーターが就職に失敗する理由は、以下のとおりです。

  • 自己分析を行なっていない
  • 職業訓練や資格取得を検討しない
  • ポジティブな姿勢を持ってない
  • 継続的な学習とスキルアップがない
  • アルバイトやパートタイムの仕事を経験していない
  • 自己PRを磨いてない
  • 履歴書や職務経歴書を充実させていない
  • 積極的に面接に臨んでいない
  • 就職エージェントや求人情報サイトを活用してない

大学中退フリーターから就職するためには、まずは『大学中退フリーターが就職に失敗するパターン』を知っておくことが重要です。

『大学中退フリーターから就職できない人』と『大学中退フリーターから就職できる人』の違いがわかれば、これから人生をやり直すために、どのように行動すればいいかがわかりますよ。

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に就職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに就職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計985名の方にインタビューしてきたので、大学中退フリーターのリアルな就職事情をお伝えできると思います。

この記事では、20代半ばでフリーターから就職した僕が、『大学中退フリーターが就職に失敗する9つの理由』から『大学中退フリーターが就職を成功させる方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、大学中退フリーターの未来に不安を抱えている方でも、人生をやり直すための一歩が踏み出せるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『いますぐに正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

大学中退フリーターが就職に失敗する理由①:自己分析を行なっていない

大学中退 フリーター 詰み

大学中退フリーターが就職に失敗する理由の1つ目は、『自己分析を行なっていない』です。

自分の得意なことや興味を持っている分野、将来の目標などを考え、自己分析を行いましょう。

これにより、自分に合った職種や業界を見つけることができます。

大学中退フリーターが就職に失敗する理由②:職業訓練や資格取得を検討しない

大学中退 フリーター 詰み

大学中退フリーターが就職に失敗する理由の2つ目は、『職業訓練や資格取得を検討しない』です。

大学中退者でも、職業訓練や資格取得を通じてスキルを身につけることができます。

自分が就きたい職種に求められるスキルや知識を確認し、それに合った訓練や資格を取得することで、就職の競争力を高めることも可能です。

大学中退フリーターが就職に失敗する理由③:ポジティブな姿勢を持ってない

大学中退 フリーター 詰み

大学中退フリーターが就職に失敗する理由の3つ目は、『ポジティブな姿勢を持ってない』です。

大学中退やフリーターという経歴を持っている場合でも、ポジティブな姿勢を持つことが重要です。

過去の失敗や困難な経験を振り返るのではなく、将来への意欲や成長への意欲をアピールしましょう。

自信を持って行動し、積極的な姿勢を周囲に示すことで、就職活動や職場での印象を良くすることができます。

大学中退フリーターが就職に失敗する理由④:継続的な学習とスキルアップがない

大学中退 フリーター 詰み

大学中退フリーターが就職に失敗する理由の4つ目は、『継続的な学習とスキルアップがない』です。

就職後も成長し続けるために、継続的な学習とスキルアップを心掛けましょう。

業界のトレンドや技術の変化に敏感になり、自分自身を常にアップデートすることが重要です。

新しいスキルや知識を身につけることで、自己成長の機会を広げることができます。

大学中退フリーターが就職に失敗する理由⑤:アルバイトやパートタイムの仕事を経験していない

大学中退 フリーター 詰み

大学中退フリーターが就職に失敗する理由の5つ目は、『アルバイトやパートタイムの仕事を経験していない』です。

大学中退フリーターとしての経験を活かし、アルバイトやパートタイムの仕事を経験してみましょう。

これにより、職場での基本的なスキルや社会人としてのマナーを身につけることができます。

また、人脈を広げるチャンスにもなります。

大学中退フリーターが就職に失敗する理由⑥:自己PRを磨いてない

大学中退 フリーター 詰み

大学中退フリーターが就職に失敗する理由の6つ目は、『自己PRを磨いてない』です。

自己PRは就職活動において非常に重要ですので、自分の強みや成果を的確に伝える能力を磨きましょう。

面接やエントリーシートなどで自己PRを行う際には、具体的な事例や数値などを交えてアピールすると効果的です。

大学中退フリーターが就職に失敗する理由⑦:履歴書や職務経歴書を充実させていない

大学中退 フリーター 詰み

大学中退フリーターが就職に失敗する理由の7つ目は、『履歴書や職務経歴書を充実させていない』です。

大学中退者としての経験やアルバイトの経験など、自分の持っているスキルや実績を具体的にまとめましょう。

履歴書や職務経歴書にそれらを盛り込み、自己PRをしっかりと行うことが重要です。

大学中退フリーターが就職に失敗する理由⑧:積極的に面接に臨んでいない

大学中退 フリーター 詰み

大学中退フリーターが就職に失敗する理由の8つ目は、『積極的に面接に臨んでいない』です。

面接の機会があれば、自分の強みや意欲をアピールするように心がけましょう。

面接前には企業や業界についての情報収集を行い、自信を持って臨むことが大切です。

大学中退フリーターが就職に失敗する理由⑨:就職エージェントや求人情報サイトを活用してない

大学中退 フリーター 詰み

大学中退フリーターが就職に失敗する理由の9つ目は、『就職エージェントや求人情報サイトを活用してない』です。

就職エージェントや求人情報サイトを活用し、自分に合った求人情報を収集してください。

登録や相談などを行うことで、専門家のアドバイスや情報提供を受けることができます。

以上が『大学中退フリーターが就職に失敗する9つの理由』です。

とはいえ、世の中には、大学中退フリーターから行動して、人生のやり直しに成功している方はたくさんいます。

大学中退フリーターから人生をやり直した事例は、以下のとおりです。

大学中退フリーターからIT企業に就職して、大卒よりも高収入を稼げるようになった。【春岡高貴さん/26歳男性・大学中退・仮名】
春岡高貴さんのインタビュー記事

大学中退フリーターからベンチャー企業に就職して、大卒社員と同じ部署で同じ業務ができている。【七瀬絢香さん/21歳女性・大学中退・仮名】

大学中退フリーターから建設業界の大手企業に就職して、安定した職場で働きながら、現在は国家資格の取得を目指している。【山下剛史さん/26歳男性・大学中退・仮名】
山下剛史さんのインタビュー記事

つまり、大学中退フリーターでも行動すれば人生変えれる、ということ。

ちなみに、記事を書いている僕自身も26歳まで年収190万円のフリーターだったので、ぶっちゃけ「これは詰みかも…」と思っていました。

しかしその後、友人の紹介で就職エージェントを利用した結果、フリーターからIT企業に就職することができ、その2年後には年収500万円になり人生が変わりました。

こんなにダメダメだった僕でも人生やり直せたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、必ず人生変えれると思いますよ。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の就職エージェントを利用して、フリーターから年収500万円のIT企業に就職できましたよ。

大学中退フリーターが就職するまでにやるべきこと

大学中退 フリーター 詰み

ここでは、大学中退のフリーターの方が、就職するまでの具体的なステップを紹介していきます。

大まかにいうと、次のとおりですね。

①就職エージェントに登録する
②担当アドバイザーに自己分析を手伝ってもらう
③担当アドバイザーに自分の強みを活かせる求人を紹介してもらう
④担当アドバイザーと相談しつつ、応募する求人を決める
⑤担当アドバイザーに履歴書・職務経歴書を作ってもらう
⑥担当アドバイザーに書類を応募してもらう
⑦担当アドバイザーに面接日程を調整してもらう
⑧担当アドバイザーに企業ごとの面接対策をやってもらう
⑨企業の面接を受ける
⑩担当アドバイザーに面接後の感想を伝える
⑪担当アドバイザーから企業からの選考結果を受ける
⑫担当アドバイザーと相談しつつ、内定が出た会社の中から入社する企業を決める

上記のとおり。

これを見て気づいた方も多いと思いますが、『担当アドバイザーがほとんどやってくれるじゃん!』という感じですね。

就職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーの人が付いてくれて、かなり手厚くサポートしてくれます。

ただし、大手の就職エージェントやハイクラス求人専門の就職エージェントだと、ここまで担当アドバイザーが手厚くフォローしてくれないこともあるので、注意が必要です。

なぜなら、大手エージェントやハイクラス専門エージェントに登録する転職者は、転職経験があったり、社会人としての実績も豊富だったりするので、そこまで手厚くサポートしなくても転職できるからです。

そのため大学を中退した人が利用するべきなのは、『学歴や職歴に自信のない方向けの就職エージェント』ですね。

このような就職エージェントは、フリーターや大学中退などの就職支援実績が豊富なので、学歴や職歴のない人でも安心して利用できます。

ちなみに、僕が利用した就職エージェントも、『学歴や職歴に自信のない方向けの就職エージェント』です。

ぶっちゃけ就職エージェントに登録すれば、担当アドバイザーがほぼやってくれるので楽ですね。(アドバイザーは大変だと思いますが…感謝)

ドフラ
『学歴や職歴に自信のない方向けの就職エージェント』はこちらの記事にまとめてありますので、ぜひチェックしてくださいね。

大学中退フリーターが就職に失敗する9つの理由【まとめ】

最後に、『大学中退フリーターが就職に失敗する9つの理由』をまとめておきます。

  • 自己分析を行なっていない
  • 職業訓練や資格取得を検討しない
  • ポジティブな姿勢を持ってない
  • 継続的な学習とスキルアップがない
  • アルバイトやパートタイムの仕事を経験していない
  • 自己PRを磨いてない
  • 履歴書や職務経歴書を充実させていない
  • 積極的に面接に臨んでいない
  • 就職エージェントや求人情報サイトを活用してない

いまは『大学中退フリーターの自分の未来』が不安かもしれませんが、今日からの行動次第で、人生はどうにでもできます。

世の中には、大学中退フリーターでも採用してくれる会社はありますし、入社後に出世して役職に就いたり、年収アップしたりする人もいます。

とはいえ、今までフリーターの経験しかない方が、自分ひとりで就職を成功させるのは、かなり大変だと思います。

ちなみに僕は20代半ばの時に、自分ひとりで就活した結果、30社に応募して、書類選考28社落選・面接2社落選・内定ゼロ…という最悪の失敗経験があります。

僕は就活に失敗し続けた後、最終的に『学歴や職歴に自信のない方向けの就職エージェント』に登録して、なんとか正社員に就職できました。

ですから、自分ひとりで就活を成功させる自信がない方は、最初から『就職エージェント』を利用しておくのがおすすめですよ。

就職エージェントはすべて無料で利用できるので、まずは気軽に登録してみましょう。

ちなみに、就職エージェントの選び方にはコツがあるので、よろしければ、こちらの記事もどうぞ。

ドフラ
大学中退から就職で失敗したくない方は、以下の記事で紹介する就職エージェントを利用するのがおすすめですよ。