26歳 就職 遅い
26歳で就職したい人『26歳まで就職しないできたけど、このまま30歳になったら人生やばい気がする…。でも26歳で就職は遅いのかな?どうすれば就職できるの?』

このような方に向けて記事を書いています。

就職活動に失敗してフリーターになったり、夢を叶えるためにフリーターになったり、26歳でフリーターを続けている方には様々な事情があると思います。

でも26歳になると、周りの友人のほとんどが社会人になり、急に『フリーターのままだとやばいかも…』という危機感が強くなりますよね。

しかし、いざ就職しようと思っても、何から手をつけたらいいのかわからず、結局フリーターから抜け出せない人も多いです。

では26歳のフリーターが人生やり直すためには、どうすればいいのか?

結論からいうと、26歳のフリーターが今すぐにやるべきことは、次の3つです。

  • フリーター向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

上記のとおり。

世の中には、26歳フリーターの就職をサポートしてくれる『転職エージェント』があるので、とりあえずここに相談するのが1番早いです

しかも全て無料で利用できるので、あなたのリスクはゼロ。これを利用しない手はないですよね。
26歳フリーターにおすすめの転職エージェント3社【すべて無料】

ドフラ
こんにちは。26歳までフリーターだった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計978名の方にインタビューしてきたので、26歳フリーターのリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、26歳でフリーターから就職した僕が、『26歳で就職できない人の特徴』から『26歳のフリーターが就職して人生やり直す方法』までを解説していきます。

この記事を読めば、26歳の就職が遅いと感じている方でも、人生を変えるための一歩が踏み出せるようになります。

3分ぐらいで読める内容なので、さっそく見ていきましょう〜。

『今すぐにフリーターから正社員に就職したい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

26歳の就職は遅い?遅くなっても就職できた理由【体験談あり】

26歳 就職 遅い
26歳で就職を考えている人『26歳になって就職を考え始めたけど、正社員の経験がないから就職できるか不安…。26歳の就職は遅いの?』

このような疑問もありますよね。

記事を書いている僕自身も、26歳までフリーターを続けていたので、あなたの気持ちは痛いほどよくわかります。

結論をいうと、26歳の就職は遅くないです。

実際に、労働政策研究・研修機構の就業構造基本調査によると、25歳〜29歳の就職率は『25.5%』となっています。

年齢別にみると、就職率は以下のとおり。

  • 15〜19歳:29.9%
  • 20〜24歳:32.7%
  • 25〜29歳:25.5%
  • 30〜34歳:18.1%
  • 35〜39歳:15.5%
  • 40〜44歳:15.6%

(引用元:若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状(P72)

僕がインタビューしてきた方の中にも、26歳で就職した人はたくさんいます。

■春岡高貴さん(26歳男性・仮名)
26歳で居酒屋バイトからWebマーケティング企業に就職。
参考記事:春岡高貴さんのインタビュー記事

■山下剛史さん(26歳男性・仮名)
26歳でカラオケ店バイトから建設業界の大手企業に就職。
参考記事:山下剛史さんのインタビュー記事

■加藤竜二さん(26歳男性・仮名)
26歳でパチンコ店バイトからIT企業に就職。

上記のとおり。

ちなみに、記事を書いている僕自身も、26歳の時に倉庫作業のアルバイトをするフリーターからIT企業の営業職に就職しています。

ですから、あなたも26歳なら就職できるはず。

ただし、年齢が上がるほど、未経験からの就職は難しくなるので、1歳でも若いうちに行動するのが安全です。

ここからは、あなたが26歳の就職で失敗しないように、『26歳で就職できない人の5つの特徴』を解説していきますね。

26歳の就職が遅いと感じる人必見!26歳で就職できない人の5つの特徴

26歳 就職 遅い

26歳で就職できない人の特徴は、以下の5つです。

  • 自信がない
  • すぐに行動しない
  • こだわりが強い
  • 情報不足
  • 相談できる相手がいない

ここからは、それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

26歳で就職できない人の特徴①:自信がない

26歳 就職 遅い

26歳で就職できない人の特徴の1つ目は、『自信がない』です。

自信がないと、自分の強みや実績を適切にアピールできず、採用担当者に十分な魅力を伝えることができません。

企業の面接官は、個々の応募者がどのような価値を持っているのかを理解したいと考えるため、自己PRがうまくできないと不採用になりやすいです。

また自信がないと、面接や対人コミュニケーションにおいて緊張しやすくなります。

面接では自分を的確に表現し、相手との良好な対話を進めることが求められます。

しかし、自信がないと言葉に詰まってしまったり、声が小さくなったりするため、これが採用の際に不利になることもある。

さらに、自信がない人は適切なモチベーションを維持することが難しくなります。

就職活動は一定の努力と忍耐が必要であり、挫折感や失敗からくるモチベーションの低下が起こりやすいです。

モチベーションが低いままだと、積極的な行動や努力が不足し、結果として就職できない人も多い。

記事を書いている僕も26歳までフリーターだったので、自分に自信が持てず、面接で落とされる日々が続きました。

その後、自己分析をして過去の成功体験を振り返ったことで、面接で何をアピールすればいいかが少しずつわかってきました。

自信がない人は、自己分析をやってみるのが良いと思います。

26歳で就職できない人の特徴②:すぐに行動しない

26歳 就職 遅い

26歳で就職できない人の特徴の2つ目は、『すぐに行動しない』です。

就職市場では求人数が限られており、特に人気のある職種や企業では多くの競争があります。

行動が遅いと、ほかの応募者よりも先に求人にアクセスし、適切な情報やチャンスを得ることが難しくなり、就職できない状態が続きます。

また企業はスピード感を重視するため、求人募集から面接までのプロセスが長引くと、企業はほかの候補者を優先する可能性もある。

すぐに行動できない人は、企業の期待に応えることができず、採用の機会を逃すことも…。

現代のビジネス環境は急速に変化しており、柔軟性や迅速な判断が求められます。

『行動が遅い人=変化に対応する能力が低い人』となり、企業が求める適応力に欠けると見なされることもある。

ちなみに、僕もずっと行動を先延ばしにしていたので、すぐに行動できない人の気持ちは良くわかります。

僕の場合は、同世代の友人のほとんどが正社員に就職したことがきっかけで、めちゃくちゃ焦って、そのまま勢いで就職できました。

いま振り返ると、30歳に近づくほど未経験からの就職は難しくなるので、あの時に行動しておいて本当に良かったと思います。

26歳で就職できない人の特徴③:こだわりが強い

26歳 就職 遅い

26歳で就職できない人の特徴の3つ目は、『こだわりが強い』です。

こだわりが強い人は、自分が求める条件や環境が合わないと、就職しようとしない傾向があります。

希望する条件に完全に合う仕事を見つけるのはほぼ無理なため、妥協できない人は選択肢が限られ、いつまで経っても就職できません。

求人に求める条件のこだわりが強いと、企業の採用担当者から『職場での調整が難しい人』『職場での柔軟な対応ができない人』という印象を持たれ、不採用になる可能性が高いです。

また、常に理想の会社や仕事を追い求める姿勢は、就職活動に対しるストレスやプレッシャーにつながります。

『自分に合う求人が見つからない…』という状態が続くと、就職活動そのものがストレスフルとなり、就職に対するモチベーションが低下することもある。

ちなみに、僕も26歳で就職活動を始めたばかりの頃はハイクラス求人にばかり応募していて、30社に応募して内定ゼロだった…という恥ずかしい失敗をしています。

その後、自分のこだわりを捨てたことで、就職に対する視野が広がり、『まずは自分のスキルや経験を積み上げることを最優先にしよう』と考えるようになりました。

最終的にIT系のベンチャー企業に就職することになりましたが、自分にはベンチャー企業の雰囲気が合っていたので、求人へのこだわりを捨てて良かったと思っています。

26歳で就職できない人の特徴④:情報不足

26歳 就職 遅い

26歳で就職できない人の特徴の4つ目は、『情報不足』です。

就職活動では『世の中にどんな業界や企業があるのか?』『26歳から始めれる職種にはどんな仕事があるのか?』を知っておくことが重要です。

情報が足りないと、自分の適性に合った職種や業界を見つけるのが難しく、結果として適切な求人に応募できない可能性があります。

求人だけでなく、就職活動では業界や市場のトレンドを理解することも大事です。

情報が不足していると、将来性のある業界や市場を見逃す可能性があり、長期的なキャリアの展望が制限されることがあります。

就職活動を成功させるためには、応募する企業について事前に十分調べておくことが大切です。

なぜなら企業の文化や価値観、業績などを理解することで、適切な志望動機や自己アピールを作れるからです。

情報が不足していると、面接やエントリーシートで企業に興味を持っていることをアピールするのが難しくなります。

ちなみに、僕も最初は業界や職種の知識が全然なかったので、なんとなくのイメージで『アパレル業界の企画職』を希望していました。

しかしその後、自分なりに業界や市場のトレンドを調べたり、ビジネス系の書籍を100冊以上読んだりした結果、希望は『IT業界の営業職』に変わり、実際にIT企業の営業職に就職しました。

業界の将来性や個人に身につくスキルを考えると、いまの仕事を選んで良かったと思うので、情報収集は大事ですね。

※元フリーターの春岡高貴さん(26歳男性・仮名)が、『26歳でフリーターからIT企業に就職した体験談』は以下の記事をどうぞ。

26歳で就職できない人の特徴⑤:相談できる相手がいない

26歳 就職 遅い

26歳で就職できない人の特徴の5つ目は、『相談できる相手がいない』です。

就職活動では、経験者や専門家のアドバイスが非常に有益です。

そのため就職のことを相談できる相手がいない場合、適切なアドバイスを得ることができず、履歴書や面接の対策も不十分となり、採用される可能性が低くなります。

求人情報や企業に関する情報を入手する際も、相談できる相手がいないと情報の共有ができません。

適切な情報が得られないと、自分に合った職種や企業を見つけるのが難しくなり、内定がもらえない状況が続くリスクがある。

就職活動はストレスの多いプロセスであり、不安や緊張がつきものです。

そのため相談できる相手がいないと、心理的に不安定な状態となり、就職するモチベーションが低下することも…。

僕も26歳で就活を始めた時は自分ひとりでやっていましたが、就職の軸が決まらないこととサボってしまうことが原因で、就職活動がうまくいきませんでした。

しかしその後、転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の正社員に就職することができ、その2年後に年収500万円になり人生が変わりました。

26歳なら、まだ間に合います。

あとは、あなたが行動するかしないか、だけです。

こんなにダメダメだった僕でも人生変えれたわけですから、この記事を読むほど意識の高いあなたなら、必ず人生変えれると思いますよ。

ドフラ
僕が『26歳でIT企業に就職するまでにやったこと』が知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

26歳のフリーターが就職で失敗しない方法を伝えます!

26歳 就職 遅い

では26歳でフリーターの方が、就職で失敗しないためには、具体的にどうすればいいのか?

結論をいうと、『26歳フリーターに特化した転職エージェント』に無料登録すればOKです。

26歳フリーターの就活の流れは、次のとおりです。

  • フリーター向けの転職エージェントに無料登録する
  • 担当アドバイザーに無料で就職相談する
  • 自分に合う仕事を紹介してもらい応募してみる

転職エージェントに登録すれば、あとは担当アドバイザーが就職までサポートしてくれるので、めちゃくちゃ楽です。

でも就活を自分ひとりでやろうとすると、企業選びから面接対策まで全部自分でやらないといけないので、かなり大変です。

ちなみに、記事を書いている僕は、フリーターのときに自分ひとりで就活して、30社応募しても内定ゼロという失敗をしています…。

僕のような失敗をしたくなければ、最初からプロに頼るのがおすすめですね。

26歳フリーターに特化した転職エージェントには、フリーターからの就職事例がたくさんあるので、とりあえず登録してみて、『自分にはどんな仕事が選べるのか?』を聴いてみるのはいかがですか?

行動しないと、人生は何も変わりません。むしろフリーター期間が長いほど、損することが増えていきます。

『今すぐフリーターを辞めろ』とは言いませんが、徐々に行動して変えていかないとですね。

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の正社員に就職できましたよ。

26歳のフリーターがやばい理由【手遅れになる前に行動しよう】

26歳 就職 遅い

26歳でフリーターの状態が続くと、以下のデメリットがあります。

  • 経済的な安定がない
  • 社会保障の不安がある
  • キャリアが停滞する
  • 自己成長の機会が制限される
  • 社会的な孤立と信用の低下
  • 自己評価の低下と精神的ストレス
  • スキルが身につかない
  • 就職市場での競争力が低下する
  • 将来への不安が大きい

上記のとおり。

※26歳のフリーターがやばい理由については、こちらの記事で詳しく解説しています。
⇒参考記事:26歳フリーターがやばい理由【就職は遅い?手遅れ?失敗談あり】

ちなみに、DODAの『20代の平均年収』によると、26歳の平均年収は370万円(26歳男性:395万円・26歳女性:346万円)です。

  • 20歳:275万円
  • 21歳:274万円
  • 22歳:286万円
  • 23歳:302万円
  • 24歳:329万円
  • 25歳:351万円
  • 26歳:370万円
  • 27歳:385万円
  • 28歳:399万円
  • 29歳:409万円

記事を書いている僕は、26歳の時に年収190万円しか稼げないフリーターだったので、同世代の平均年収の半分ほどしか稼ぐ力がなく、この事実を知ってかなり焦りました…。

年収のことを考えると、できるだけ若いうちに正社員に就職しておいたほうが良いかと思います。

とはいえ、26歳以降もフリーターを続けるかどうかは、本人の価値観の問題なので、26歳のフリーターが良いとか悪いとかの話ではありません。

これからどう行動するかは、あなたの自由です。

ただし、今の段階で『26歳でフリーターのままだとやばいかも…』と思う方は、ぜひこの機会に行動しておいてくださいね。

30歳に近づくほど、未経験からの就職は難しくなりますから…。

ドフラ
フリーターから正社員への就職に失敗したくない方は、以下の記事で紹介する転職エージェントを利用するのがおすすめですよ

26歳の就職が遅いと思うなら今すぐに行動しよう!それしかないです

26歳 就職 遅い

『いつかフリーターを抜け出したい…』と思いつつ、なかなか行動できない人もいますよね?

でも、もしあなたが26歳なら、今すぐにフリーターを辞めるべきです。

なぜならフリーターから正社員に就職するときに、『年齢が高いほど不利になるから』です。

未経験の人材を採用する企業側は、『入社後の教育のしやすさ』や『活躍できる期間の長さ』を評価します。

そのため、26歳の人材と29歳の人材を比較したときに、両者の指導のしやすさや将来性を考えて、年齢の若い26歳の人材が採用されやすいです。

ですから、人生を振り返って後悔したくない方は、今すぐに行動しておいてくださいね。

あとは、あなた次第です。

今から行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
僕は26歳の時に下記の転職エージェントを利用して、フリーターからIT企業の正社員に就職できましたよ。